病院
DarkoStojanovic @ Pixabay

ここ数年前からあまり見かけない、病気ではないのかとネット上でも噂の絶えない評論家・コメンテーターの宮崎哲弥さん。

どうやらアスペルガー症候群ではないかという憶測も飛び交っているようです。

そこで今回は、そんな宮崎哲弥さんのプロフィールなどから順に調べ、真相を確かめていきたいと思います。

宮崎哲弥のプロフィール、経歴、学歴

宮崎哲弥さんといえば、あらゆるジャンルを扱った討論スタイルのテレビ番組「そこまで言って委員会NP」でのパネリストとしての姿を思い起こす方も多いのではないでしょうか。

宮崎哲弥のプロフィール・経歴
  • 名前:宮崎哲弥
  • 生年月日:1962年10月10日
  • 出身地:福岡県久留米市
  • 出身校:慶応義塾大学文学部社会学科
  • 職業:評論家、コメンテーター、研究開発コンサルティング会社「アルターブレイン」副代表、2006年4月より京都産業大学客員教授、2008年4月より相愛大学客員教授

コメンテーターとしてのご活躍だけではなく、会社の副代表や相愛大学客員教授にも就任されているのですね。

ところで、宮崎哲弥さんが副代表を務める研究開発コンサルティング会社「アルターブレイン」とは一体何だろうと思い調べてみました。

しかし、殆ど情報はなく、唯一見つかったのがこちら。

どうやら宮崎哲弥さんの個人事務所のようでした。

アルターブレイン・・・。

調べてみたところ「アルター」は哲学用語で「他者の持つ自我」という意味で使われるようです

「ブレイン」は頭脳ですが、転じて「知的指導者」という意味でも使われるのだとか。

うーん、難しそうな議論をしていそうですね。

では、学歴をもう少し詳しく見ていきましょう。

学歴
  • 久留米工業大学附属高等学校(現 祐誠高等学校) 卒業
  • 早稲田大学教育学部 中退
  • 慶応義塾大学文学部社会学科 卒業
  • 慶応義塾大学法学部法律学科 学士入学→中退

少年期には不登校にもなったという宮崎哲弥さんですが、勉強はきっちりとされていたようですね。

早稲田大学ではお酒におぼれて体調を崩してしまったようですが、再度受験をして慶応義塾大学文学部社会学科に合格

その後の法律学科ではまた中退していますので、精神的に安定しない青年期を送られていたようですが、コメンテーターとしての発言からも感じられるように、本当に頭の良い方なのですね。

最近見かけないのは病気が原因!?

数年前まではバラエティー番組にCMにと引っ張りだこだった宮崎哲弥さん。

種々の番組に出演してはコメンテーターとして、他社の意見をしっかりと聞き、ご自身の考えをはっきりと述べられていました。

ですが、最近あまり見かけないと言われているようです。

果たして本当でしょうか?

まずは2019年のテレビのレギュラー出演番組を調べてみました。

  • スッキリ
  • ありえへん∞世界
  • 教えて!ニュースライブ正義のミカタ

こちらに加えて2018年までは「報道ランナー」にもレギュラー出演していました。結構出ていますね。

2020年に入ってからもすでに「スッキリ」と「ありえへん∞世界」には出演されています。

また、相愛大学客員教授としてはこちらのような公開授業も行っているようですよ。

2019_miyazaki_3cool.jpg

出展:相愛大学

やはり「そこまで言って委員会NP」を降板したことが噂の始まりでしょうか。

「そこまで言って委員会NP」は、同時間帯の他局番組の中でも視聴率1位を取ることが多かった番組

そのレギュラー出演者でありながら他局の番組にも多数出演していたともなれば、確かにテレビをつければいつでも目にする人物となっていたはず。

そんな状態から考えれば、あまり見かけなくなったと言えるでしょうね。

実際に「そこまで言って委員会NP」を降板した2015年以降、テレビでの活動が減ったことがわかりましたが、その原因とは一体何なのでしょうか。

「そこまで言って委員会NP」降板の理由は、司会の辛坊治郎との確執や長い放送期間の間に変わってしまった番組への不満といった話もありますが、かつてのラジオ番組では「体調不良で仕事を制御した」と話していたこともあり、病気で太っているのではないか、はたまたアスペルガーなのではないかとの疑惑まで上がっています。

では、

  1. 病気で太っている疑惑
  2. アスペルガー疑惑

以上2点について検証してみましょう。

病気で太っている疑惑

テレビでお見かする印象ではそれほど太ったようには思えませんが、公開されている画像で比べてみました。

2015年の宮崎哲弥さん

2018年の宮崎哲弥さん

2020年の宮崎哲弥さん

いかがでしょうか。

うーん、あまりお変わりないように思えますね。

念のため画像検索をしてたくさんの写真を見比べてみると、確かに画像によっては太っているようにも見えるものがありましたが、私は病気という印象は受けませんでした。

宮崎哲弥さん画像検索結果

アスペルガー疑惑

宮崎哲弥さんの話し方が独特で一方的のようであったり、人の顔を覚えるのが苦手、コメンテーターとして自分の意見をはっきりとおっしゃるので場の空気が読めないのではないかといった理由から、アスペルガー疑惑がよく取り沙汰されています。

アスペルガーとは脳の障害で、現在は他の自閉性障害と一緒に自閉症スペクトラムという名称に統一されています。

しかし、一般的にはまだアスペルガー症候群と呼ばれることが多く、自閉症のひとつのタイプで知能の遅れがないものをいいます。

特徴としてよく挙げられるのが、「話し方が独特」「空気が読めない」「他者への興味が希薄」「一般的な暗黙のルールがわからない」「関心のあることだけに異常に没頭する」「記憶力がいい」などです。

宮崎哲弥さんの議論の仕方には、一度自分が話し出したら他者の発言に気付かず一気に話し続けたり、相手の意見を逆手にとって徹底的に論破するといった一方的な要素があるため「話し方が独特」「空気が読めない」などと言われ、アスペルガー症候群と結び付けられてしまうのでしょう。

本人も「人の顔を覚えるのが苦手」と話していたり、番組中に突然キレたといった話もあり、噂にとどまらない部分もあるようです。

しかし、障害かどうかの診断は普段の様子からだけでは難しいようです。

また、どんな人も一部の特徴が当てはまることはよくあることなので、アスペルガー症候群の特徴によく当てはまるように思えても決めつけは避けた方がよさそうです。

テレビの中の人ということもあり、コメンテーターとしての役柄を演じている可能性もありますしね。

スポンサーリンク

まとめ

2015年レギュラー番組降板以降、出演番組数は減りましたが色々と活躍されていることがわかりました。

いつも見ていた番組から姿を消すと、あまり見かけなくなったと感じるものですね。

ラジオ番組での発言などから始まったのでしょう病気の噂も、テレビ以外でのお仕事もこなされている現状ではあまり根拠はないようでしたね。

アスペルガー疑惑はなんとも言えませんが、場の空気を破って意見を言うことも評論家やコメンテーターとしては必要な要素だと思います。

これからも精力的に活動して欲しいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

おすすめの記事