「無料(タダ)じゃないの?」チャーター機利用者に8万円請求へ【新型コロナウイルス】
Free-Photos @ Pixabay

日本政府はチャーター機で帰国する在留邦人に対し、片道分の正規のエコノミー料金、約8万円を請求する方針であることを発表しました。

これについて、ネット上では賛否両論が巻き起こっています。


今回の速報について、概要およびネットの反応をまとめます。

あわせて読みたい

速報概要

速報の概要は以下のとおりです。

 政府は新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中国湖北省から、政府のチャーター機で帰国する在留邦人に対し、片道分の正規のエコノミー料金を請求する方針だ。

外務省によると、1人当たりの負担は約8万円(税別)になる見通し。




帰国する方に約8万円を請求する方針について、ネット上では賛否両論巻き起こっていますが、要約するとだいたいこのような意見です。

賛成派
  • 民間機をチャーターしているので、費用を請求するのは当たり前。
  • 値段よりもチャーター機を飛ばしてくれたことを褒めるべき。
反対派
  • 緊急事態で人命救助みたいなものだから、税金を使うべき。
  • 選挙資金や桜を見る会、河井杏里にはたくさん税金使うのに、なんでここで使わないの?

今回の8万円請求には、反対意見や違和感を感じている人が大多数でしたが、どちらかというと「8万円の請求」という金額の話しよりも、「税金の使い方」がおかしいと感じる人が多いようでしたね。

個人的にもそれには同意で、そもそも安倍政権での「政治とカネ」問題がここまで起こっていなければ、今回のニュースでこれほど大騒ぎになることはなかったと思います。

「政治とカネ」問題に対する説明責任をきちんと果たさない限りは、いつまでたってもこのような議論や批判は収まりそうにないですね。

世論を届けるためには、むしろこのような議論があった方が望ましいような気もしますね。

ネットの反応

賛成派

反対派

 

その他

おすすめの記事