「中国以外で感染者数第1位」新型肺炎 国内の感染者20人に【新型コロナウイルス】

武漢から日本政府のチャーター機で帰国した邦人のうち、新たに3人から新型コロナウイルスが検出されたと発表されました。

国内での感染は計20人となりました。

報道内容とネットの反応をまとめます。

あわせて読みたい

報道内容

厚生労働省は1日、中国・武漢市から日本政府のチャーター機で帰国した邦人のうち、新たに3人から新型コロナウイルスが検出されたと発表した。

【写真ニュース】新型コロナウイルス、分離成功

うち1人は、陰性と一度判断されたが再検査で陽性と判明した。

3人中1人は症状がない。日本国内で確認された感染者は、無症状の5人を含む計20人となった。

同省によると、感染が確認された40代男性は、1月29日に最初のチャーター機で帰国し、発熱やせきの症状がみられたため同日から入院。1回目の検査では陰性と判断されたが、追加検査でウイルスが検出された。現在は熱が下がり、症状は改善傾向という。

また、30代と40代の男性2人は、1月31日の第3便で帰国。40代男性は38度台の発熱があり、検査したところ陽性反応が出た。30代男性には症状が出ていない。

 

3人中1名の方は、1月29日の最初のチャーター機で帰国された方ですが、1回目の検査で陰性と判断され、追加検査で新型コロナウイルが検出されたようです。

今回の新型コロナウイルスは、1回目の検査で陽性と判断されないケースが複数見受けられます。

となると、これまでの検査でも無症状感染しているにもかかわらず、検査で陰性と判断されてしまったケースがなかったか、気になりますね・・・。

仮に1回目が陰性であっても、陽性反応が出るまで何回検査すればOKという基準はあるのでしょうか?

もしないようなら、ウイルス検査でも100%感染者を特定するのは難しいのかもしれませんね。

厚生労働省のホームページに3名の方に関する情報が掲載されていましたので、ご紹介しておきます。

1人目

患者14例目
(1)年代:40代
(2)性別:男性
(3)居住地:調査中
(4)症状、経過:
1月31日 第3便で帰国。国立国際医療研究センターにおける診察時に咳と38℃台の発熱を認めたため検査を行ったところ、陽性。
(5)行動歴:
本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。
中国において、肺炎患者との明確な接触は確認できていない。

2人目

患者15例目
(1)年代:40代
(2)性別:男性
(3)居住地:中華人民共和国
(4)症状、経過:
1月26日より咳が出現。1月29日の帰国時に37℃台の発熱と咳を認め、入院となった。1回目の検査は陰性。その後、喀痰を用いて追加検査を行ったところ、陽性との結果を得た。
症状は改善傾向であり、2月1日現在、咳は少々残るものの、解熱している。
(5)行動歴:
本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。
中国において、肺炎患者との明確な接触は確認できていない。

3人目

無症状病原体保有者5例目
(1)年代:30代
(2)性別:男性
(3)居住地:調査中
(4)症状、経過:
1月31日 第3便で帰国。症状はなく、念のため検査で陽性。
(5)行動歴:
本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。
中国において、肺炎患者との明確な接触は確認できていない。

ネットの反応

スポンサーリンク
おすすめの記事