小林陵侑wikiプロフィール!かわいいうえに筋肉がヤバい!海外の反応も
Simon @ Pixabay

スキージャンプ選手として活躍している小林陵侑さん。

先月行われた「ジャンプ週間」では、惜しくも総合4位となり表彰台を逃しましたが、2018-19シーズンでは史上3人目となる4連勝を果たしていました。

今、海外で最も注目されている日本のスキージャンプ選手ということです。

それでは今回は、そんな偉業を成し遂げた小林陵侑選手について見ていきたいと思います。

小林陵侑さんのプロフィール

この投稿をInstagramで見る

 

kobayashi Ryoyu (Roy)🏠(@ryo_koba)がシェアした投稿 -

プロフィール
  • 名前:小林陵侑
  • 生年月日:1996年11月8日
  • 出身地:岩手県八幡平市
  • 家族構成:父・母・兄・姉・弟の6人家族
  • 身長:174cm
  • 体重:60kg
  • 出身校:盛岡中央高等学校
  • 所属クラブ:土屋ホームスキー部
  • ワールドカップデビュー:2016年

「陵侑」は「りょうゆう」と読みます。

読みも字面もあまり見ない珍しい名前ですね。

どんな意味を込めて名付けられたのかなと思っていると、ありました!

お父さんがインタビューで答えていました。

「陵は小高い丘のイメージ。人に紛れても目標を見失うことなく、少し小高いところに立って取り組むべきことが見られるように。侑は助けるイメージ。自分がよければいいというわけではない」

素敵ですね。

名づけられたご両親の思いが伝わります。

ちなみに、海外での愛称は「ROY」だそうです。

「りょうゆう」は海外では発音しにくいようですね。

出身校の盛岡中央高等学校は、県内有数の私立進学校でスキー部があるようです。

高校でスキー部と聞くと、雪国でない私は驚きますが、大雪の積もる岩手ならあってもおかしくないですね。

かわいくて筋肉がスゴイ!?

 

笑顔がかわいいですね!


お顔も素敵ですが、ジャンプ姿はもう美しいですね!

体のラインもすごく綺麗ですよね。

やはり、綺麗に飛ぶには整った体幹と筋肉が必要なのでしょうね。

身長174cm、体重60kgというのも頷けますね。

スポンサーリンク

小林陵侑さんの家族もスゴイ!

小林兄弟
出展:CHINTAIスキークラブ

両親について

お父さんである宏典さんは地元中学校の先生で、岩手県中学体育連盟の強化委員や専門部員を務めています。

そして、なんとクロスカントリーの指導者でもあり、後述するご兄弟と一緒に、幼少の頃から子供たちの才能を開花させるべく指導していたそうです。

お母さんについては情報はありませんでしたが、素敵なご兄弟を4人も育ててこられたのを見ても、きっと素晴らしい方なのだと思います。

兄弟について

兄である潤志郎さんもスキージャンプ選手です。

雪印メグミルクスキー部所属で、もともとはノルディック複合選手でしたが、東海大学2年次にジャンプに転向しています。

もともとジャンプが得意だったようで、翌年にはスキージャンプ・ワールドカップで日本代表入りしています。

そして、平昌オリンピックにも出場した相当な実力の持ち主です。

この投稿をInstagramで見る

 

今日もイメージトレーニングして寝ます😴 mental imagery training😪

小林潤志郎 Junshiro Kobayashi(@junshirokobayashi)がシェアした投稿 - 2019年 8月月7日午前10時33分PDT

姉の諭果さんもCHINTAIスキークラブ所属のスキージャンプ選手

ネットではかわいいと評判です。

確かにかわいいですね!

ワールドカップにも2度出場していますが、それほど成績は振るわなかったようです。

しかし、国内大会では何度も優勝されていました。

国内大会
第27回岩手県スポーツ少年団スキー大会スペシャルジャンプ小学生女子 - 優勝
第7回、8回ライオンズクラブ杯全国ジュニアサマージャンプ大会中学女子 - 優勝
第85回宮様スキー大会国際競技会ノルディックスキー・スペシャルジャンプ女子ラージヒル - 優勝
第88回全日本学生スキー選手権大会ノルディックスキー・スペシャルジャンプ女子1部 - 優勝

なんと、弟の龍尚さんもスキージャンプ選手です。

この投稿をInstagramで見る

 

OHAYOU 📸 @yukeniwasa #sapporo #ookurayama #skijump #tatsunaokobayashi #小林龍尚 #yukeniwasa #岩佐勇研

KOBAYASHI TATSUNAO 小林龍尚(@tatsunao_koba)がシェアした投稿 - 2019年 1月月16日午後5時13分PST

やはりよく似ていますね。

現在は兄、姉たちと同じ盛岡中央高校の3年生です。

実はこの龍尚さんも、スキーの世界で頭角を現してきているようで、

2019年の全国高校スキー大会と国民体育大会少年の部で2位の好成績を収めました。

また、同年の世界ジュニアノルディック選手権では個人戦で24位、団体戦で4位となりました。

日刊スポーツのインタビューでは

「兄の活躍は刺激になっている。一番目標としている選手だし、一番超えたい選手でもある。兄を超えるのは自分しかいないと思っている」

と語っていて、大きな存在である兄たちのプレッシャーにも負けていないようです。

今後が非常に楽しみですね!

海外での反応は?

「スキージャンプ週間」今シーズンはぎりぎりのところで表彰台に上がることが叶わなかったため、FIS(国際スキー連盟)の公式ツイッターでは大きく取り上げられることはまだありませんが、 お祝いのツイートがあがっていました。

昨シーズンは史上3人目の4連勝をいう快挙を成し遂げただけあって、欧州の多くのメディアが取り上げていました

特に、スキージャンプ週間の開催地であるドイツやオーストラリア、またポーランドなどヨーロッパのスキージャンプが人気の国々では、テレビでも小林陵侑選手の特集を組むなどかなりの人気のようです。

そして、こちらはポーランドの国営放送TVPのスポーツチャンネルのツイート。

記事内容を日本語翻訳されていたサイトがありましたので引用しておきます。

「小林陵侑とは誰ですか?”彼はまるでゲームで遊んでいるようだ”」
11戦中8勝。表彰台を逃したのは1回のみ。この数字の裏には何が隠されているだろうか?22歳の秘密とは?

その質問にはジャンパー自身が「アプローチポジション(助走姿勢)の変更です。今はより低い姿勢で滑ってます」と、クリスマス休暇に日本メディアに対してこう答えている。ヨーロッパの専門家たちはこの日本人が力強いリフレクションを持っており、飛躍において他を引き離している事に疑いを持っていない。その他には?再度小林の声を紹介しよう。
「他のジャンパーを研究しました。皆のジャンプから何かを得ています」
彼はフォーヒルトーナメント(スキージャンプ週間)の前にこう答えた。

今では、他が彼のジャンプから学ぶことができるだろう。
カミル・ストッフはワールドカップリーダーになることに対する精神的重圧には特に注意を払っていた。彼はグランドスラムへの道が如何に精神的荷重がかかるかをよく理解していたのだ。昨年、ポーランドのスタッフは彼をメディアから遠ざけるために多くの助けをした。2002年、スヴェン・ハンナヴァルドは疲労困憊し眠れないほどであった。この観点から小林を助けているもの…それは英語力の欠如であろう。通訳の助けを借りているにも関わらず、ジャーナリストは彼から簡単な答え以上のものを得ることができないのだ。

他の人々はこの日本人に対して何と言っているだろうか?

Richard Freitag(ドイツ):彼が成し遂げたことは素晴らしいことだ。まるで一瞬の出来事だった。

Werner Schuster(ドイツチームコーチ):スキージャンプ界に必要だった新しい血が入ったことはいいことだ。彼はまるで全てを楽しむ小さな子供のようだ。日本人は通常ヨーロッパへの適応に問題を持っている。食べ物、睡眠、順応。彼はまるでコンピューターゲームで遊んでいるかのようだ。

Andreas Goldberger(オーストリア元スキージャンパー):彼は群衆の声を全て理解しきっていないというアドバンテージを持っている。彼について何が言われてるか理解していない。彼について何が書かれているか理解していない。他の有名選手に比べて低いプレッシャーになっているだろう。

小林の登場はヨーロッパには衝撃であった。にも関わらず、彼はまだ自身の国では有名な存在ではない。「ジャンプしていない時は、所属している建設会社へ通っています」ドイツのテレビ局にそう答えている。22歳はこの状況を変えたいと思っている。彼は中心で注目を集めたいと思っているが、英語で会話することを好まない。彼は日本における大スポーツスターになりたいが、まだそうではない。「フォーヒルトーナメント(スキージャンプ週間)は日本ではあまり有名ではない」と、日出づる国から来たジャーナリストはSkokiPolska.plとのインタービューでそう語った。

過去何年もの間、日本の偉大なスキージャンパーは葛西紀明と高梨沙羅であった。小林の功績は彼ら二人の陰に隠れている。そして世界一の小林となるのはもっと難しいであろう…。ホットドッグ、ハンバーガー、チキンウイング早食い世界記録保持者の小林尊がリーダーだからだ。

小林陵侑選手への尊敬の念が伝わりますね。

最後のホットドッグのくだりは、ポーランド流のジョークでしょうか(笑)

愛を感じますね!

彼女や結婚は?

自身だけでなく、ご家族も素晴らしい小林陵侑さん。

やはり彼女の存在など気になりますよね。

検索をかけてみたり、インスタやツイッターを覗いてみたりしましたが、今のところ彼女の影はなさそうです。

代わりにと言ってはなんですが、兄の潤志郎さんが2019年4月に結婚されています。

お相手は一般人の方のようです。

ご本人の報告などはありませんでしたが、妹の諭果さんが「小林潤志郎選手の結婚式に参加したおはなし」と題して、その様子をブログに綴っていました。

お幸せに!

まとめ

小林陵侑さんは、自身だけではなくご兄弟も優れたスキージャンプ選手でした。

しかし、スキージャンプは日本では海外ほどの盛り上がりがないように思います。

スキージャンプ週間4連勝などという快挙はまだ史上3人しかいない中で、2人が日本人なのにもったいないですね。

小林一家の活躍で、これからもっともっと日本でも盛り上がっていってくれるといいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事