横浜港クルーズ船で14日間隔離!?31人中10人以上新型コロナ陽性反応!
851878 @ Pixabay

横浜港沖に停泊しているクルーズ船について、ウイルス検査で約10人以上の乗船者に新型コロナウイルスの感染が確認されたことが発表されました。

番組中の船内アナウンスによると、クルーズ船の乗船者は14日間は船内での滞在を余儀なくされるそうです。

今回の報道内容とネットの反応をまとめます。

横浜港クルーズ船で14日間隔離!?31人中10人以上新型コロナ陽性反応!

横浜港沖に停泊しているクルーズ船について、ウイルス検査で約10人の乗船者に新型コロナウイルスの感染が確認されたことが分かりました。

大型客船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員は約3700人で、3日夜から検疫が行われています。また、発熱などの症状がある人やその濃厚接触者合わせて133人から検体を採取し、ウイルス検査をしました。厚生労働省によりますと、症状がある人の検査は終了し、約10人の乗船者に感染が確認されたということです。また、横浜消防によりますと、この後に10人を病院へ搬送する予定で、横浜港にある横浜海上防災基地で待機を始めました。

現在横浜港沖に停泊しているクルーズ船で、新型コロナウイルスの検疫が行われており、発症がある人、その濃厚接触者合わせて133人が対象となっているようです。

現時点で9割の方の検疫が完了しており、約10人の方に陽性反応が出たようです。

133人の方のみが検疫対象となっており、現時点で31人中10人の方に陽性反応が出たようです。

乗客乗員全員で3700人であることを考えると、もっと感染者がいる可能性が高いですね。

朝の情報番組「モーニングショー」の番組中に船内アナウンスが流れ、乗客乗員は14日間このまま船内に滞在するとのことです。

たとえ豪華客船とはいえ、14日間も感染の恐怖と闘いながら船内に滞在するのは精神的につらいでしょうね。

ネットの反応

 

スポンサーリンク
おすすめの記事