やむを得ない事情ってなに!公開しろ!と大炎上!千葉ホテルから11人帰宅で【新型コロナウイルス】
geralt @ Pixabay

武漢市からチャーター便で帰国し、千葉県のホテルに滞在している日本人のうち、計11人がやむを得ない事情で国内の自宅などに戻ったことが明らかになりました。

ネット上では、「やむを得ない事情とは?」「やむを得ない事情って何!」「やむを得ない事情なら公開すべき!」などのコメントともに大炎上状態です。

「やむを得ない事情」とはいったい何だったのでしょうか?

今回は、この話題について調べてみました。

新型コロナ|「やむを得ない事情」報道概要

厚生労働省は5日、中国湖北省武漢市からチャーター便で1月末に帰国し千葉県のホテルなどに滞在している邦人のうち、計11人がやむを得ない事情で国内の自宅などに戻ったと明らかにした。健康状態の確認は続ける。

厚労省によると帰宅したのは1月29日に帰国した第1便の1人、30日の第2便の8人、31日の第3便の2人。詳しい理由は明らかにしていない。これとは別に、2月3日には身内の不幸を理由に帰宅した人がいた。

政府は帰国者に対し、検査で陰性だった場合でも最長2週間、宿泊先に滞在し、症状が出ないかどうか経過観察するよう要請している。

 

これまでに、中国湖北省武漢市から日本人を帰国させるためのチャーター便が3便出ており、日本人計565人が日本に帰国しました。

日本政府からも最長2週間滞在するよう通達があったため、帰国した方は千葉県のホテルに滞在しています。

ところが、その中で11人の方が「やむを得ない事情」で自宅に戻ったそうです。

しかも1人ではなく11人も!?

いったいどういうことなのでしょうか?

新型コロナ|「やむを得ない事情」とは?

今回の新型コロナウイルスでは、2003年に大流行したSARSの中国本土での死亡者数をすでに上回っており、現時点で中国本土では560人以上の方が亡くなっています。

日本国内でも日を追うごとに感染者数が増加しており、直近も感染者の方が観光ツアーに参加していたことが判明していることから、これまで以上に感染拡大が懸念されています。

そのような緊急事態と言えるときに、感染の可能性が非常に高い方が自宅に帰宅できるのはなぜなのでしょうか?

今回帰宅した11人のほかに、2月3日に帰宅した方は「身内の不幸」とのことでした。

では、なぜ今回帰宅した11人については明確な理由を公表せず、「やむを得ない事情」なのでしょうか。

現在横浜港に帰着しているクルーズ船にも10名の方の感染が確認されていることから、その他乗客乗務員は船内で14日間の滞在を余儀なくされています。

報道によると、乗客の中には糖尿病を患っている外国籍の方も搭乗しており、食事が3食出ない状況で健康への影響に不安を抱えたまま、船内に閉じ込められている状態になっているそうです。

この外国籍の方が「やむを得ない事情」に当てはまらないないのに、他にどのような理由があるのでしょうか。

もしかすると本当に納得せざるを得ない「やむを得ない事情」というのがあるのかもしれません。

ただ、先日帰宅した2人の方は、下記理由で帰宅したことが判明しています。

  • 症状が出てないから大丈夫
  • 帰国したのだから、さっさと家に帰りたい

このような前例を日本政府が許したからこそ、今回の報道についても大炎上する事態となっていると思います。

日本政府には、より厳正に対処してもらうか、より正確な情報を開示するか、国民がもっと安心できる対応をしてもらいたいですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

おすすめの記事