北海道羊蹄山|スノーボード遭難男性の名前や顔画像は?事故現場や原因は?
Kanenori @ Pixabay

羊蹄山にスノーボードをしに行き、行方不明となっていた札幌市に住む30代の男性がきょう午前発見されましたが、その後死亡が確認されたと報じられました。

「北海道羊蹄山|スノーボード遭難男性の名前や顔画像は?事故現場や原因は?」と題し、事故の詳細について調べていきます。

北海道羊蹄山|スノーボード遭難事故の報道内容

羊蹄山にスノーボードをしに行き、行方不明となっていた男性がきょう午前発見されましたが、その後死亡が確認されました。
羊蹄山で行方が分からなくなっていたのは、札幌市に住む30代の男性です。男性はきのう、スノーボードをするため、喜茂別コース登山口から1人で入山したとみられ、男性の車は羊蹄山の喜茂別コース登山口に止めてありました。捜索はきょう午前6時半すぎ、警察や消防など24人態勢で再開され、午前9時半ごろ、警察などとは別で捜索を行っていた知人が山の中腹で男性を発見しました。男性は消防のヘリで札幌市内の病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

北海道羊蹄山|スノーボード遭難事故の事故現場は?

報道によると、札幌市に住む30代男性が遭難した現場は、北海道羊蹄山になります。

スノーボードをするため、喜茂別コース登山口から1人で入山したとみられていて、男性の車は羊蹄山の喜茂別コース登山口で止めてあるところを発見されたようです。

男性は警察とは別で捜索を行っていた知人により山の中腹で発見され、消防ヘリで札幌市内の病院に搬送されましたが、死亡が確認されたということです。

羊蹄山の喜茂別コース登山口の場所は以下の通りです。

住所:〒044-0213 北海道虻田郡喜茂別町字比羅岡

スポンサーリンク

北海道羊蹄山|スノーボード遭難事故で亡くなった30代男性の名前や顔画像は?

現時点で判明している30代男性の情報は以下のとおりです。

名前:不明
年齢:30台
住所:北海道札幌市
顔画像:不明
Facebook:不明

報道によると、北海道札幌市に住む30代男性とのことです。

詳細が分かり次第、追記していきます。

北海道羊蹄山|スノーボード遭難事故の事故原因は?

亡くなった30代男性は一人で入山したとのことで、事故原因などは分かっていません。

ネット上では、ひとりでバックカントリーに行ったのでは?という意見も見られました。

バックカントリーとは手付かずの自然が残っているエリアのことを指すようで、スキーやスノボーを楽しむ人にとっては人気スポットでもあるようです。

ただし、あくまでもコース外であることから事故の危険性も高くなることが指摘されています。

今回はバックカントリーだったかは正式には発表されていませんが、単独での雪山は非常に危険であることは間違いなさそうです。

ネットの反応

スポンサーリンク
おすすめの記事