10万円でできるかな|ヤラセで打ち切り&番組終了?指示した担当チーフディレクターは誰で名前は?
mojzagrebinfo @ Pixabay

テレビ朝日で毎週月曜日に放送されるKis-My-Ft2(キスマイ)の冠番組「10万円でできるかな」の人気コーナー「宝くじ企画」で、ヤラセが発覚したと報じられました。

キスマイとサンドイッチマンがレギュラーを務め、キスマイが体を張ってロケ、サンドウィッチマンがロケVTRを厳しく検証するという趣向で人気となり、2019年4月に深夜からゴールデンに進出していました。

「宝くじ企画」でのヤラセはあったのでしょうか?

また、ヤラセがあったとすると、ヤラセを指示したのは誰だったのでしょうか?

今回は「10万円でできるかな|10万円でできるかな|ヤラセで打ち切り&番組終了?指示した担当チーフディレクターは誰で名前は?」と題し、話題の詳細について調査してみたいと思います。

10万円でできるかな|ヤラセ報道

テレビ朝日は12日夜、バラエティー番組「10万円でできるかな」(月曜後8・00)の“宝くじ企画”にヤラセが発覚したとデイリー新潮に報じられた件で、番組公式サイトに社内調査の結果と見解を発表。“宝くじ企画”については「当たりの傾向や法則を少しでも確認し、スクラッチの開け方をどう見せるかなどを検討するために、事前に10万円分以上の宝くじを購入したことがあったことは事実です。本番では新たにロケ中に購入したスクラッチ宝くじを使用しており、事前に傾向と法則の確認のために削ったスクラッチ宝くじを実際の撮影で使用することはありません」と釈明した。また、深夜時代の企画“10万円ランド”には不適切な演出があったと謝罪した。

番組はKis-My-Ft2が10万円を使い、体を張ったロケを敢行。サンドウィッチマンがロケVTRを検証する。2017年10月に深夜帯でスタートし、昨年4月にゴールデン帯に昇格した。

「一部報道について番組からのお詫びとご報告」と題した発表は以下の通り。

一部週刊誌において、弊社番組「10万円でできるかな」の放送内容に疑念がある旨の報道があり、社内調査を行いました。その結果をご説明させていただきます。

「スクラッチ宝くじ」企画については、当たりの傾向や法則を少しでも確認し、スクラッチの開け方をどう見せるかなどを検討するために、事前に10万円分以上の宝くじを購入したことがあったことは事実です。

仮に、当たりの法則を把握しても、削る前に「当たりくじ」を購入することは、スクラッチ宝くじの仕組み上不可能です。

本番では新たにロケ中に購入したスクラッチ宝くじを使用しており、事前に傾向と法則の確認のために削ったスクラッチ宝くじを実際の撮影で使用することはありません。

また、以前深夜帯で企画放送していた「10万円ランド」においては、天候不順で農作物が発育しなかったなどの理由により、通常の収穫期のイメージを放送しようと、他から購入したものを撮影に用いていたことが分かりました。これは不適切な演出であり、視聴者及び関係者の皆さまに深くお詫び申し上げます。

今回のヤラセ疑惑は、「デイリー新潮」が報じました。

これに対し、テレビ朝日が社内調査をした結果、下記のように見解を発表しています。

  • スクラッチの開け方をどう見せるかなどを検討するために、事前に10万円分以上の宝くじを購入したことがあったことは事実
  • 本番では新たにロケ中に購入したスクラッチ宝くじを使用している
  • 事前に傾向と法則の確認のために削ったスクラッチ宝くじを実際の撮影で使用することはない

この発表を見る限り、宝くじ企画についてはヤラセ疑惑を否定しています。

一方で、別企画について下記のように発表しています。

  • 以前深夜帯で企画放送していた「10万円ランド」では、天候不順で農作物が発育しなかったなどの理由で通常の収穫期のイメージを放送しようと、他から購入したものを撮影に用いていた

ん?こちらではヤラセを認めているようです。

指摘された「宝くじ企画」でヤラセ疑惑を否定し、指摘されていない別企画のヤラセを認めるって、なんか違和感を感じるのは私だけでしょうか・・・?

もともと番組企画自体にやましいことがあったのでは?と疑ってしまいますね。

10万円でできるかな|ヤラセで打ち切り&番組終了?

今回のヤラセ疑惑報道について、テレビ朝日側が一部認めたことで、ネット上では番組の打ち切りや終了を心配する声が多数上がっています。

こちらのコメントにあるように、2011年から放送されたフジテレビ系列のバラエティー番組「ほこ×たて」は、出演した企業からの告発などからヤラセ(もしくは不適切な演出)が発覚し、それが原因で2013年で打ち切りとなっています。

今回もテレビ朝日側が一部ヤラセ疑惑を認めているうえ、ヤラセがあったとすると番組企画自体が成り立たないため、打ち切りや終了となる可能性が高いと思われます。

一方でこのような意見をする方も一定数いらっしゃるようです。

確かに、子どもが楽しむショーとしてならありなのかもしれませんね(笑)

スポンサーリンク

10万円でできるかな|指示した担当チーフディレクターは誰で名前は?

「私達スタッフはチーフディレクターの指示で、当たりくじを仕込むため事前にスクラッチを買い込み、削る作業に当たっていました」

これは番組の人気企画のひとつである「宝くじ」を買うチャレンジに参加していた番組関係者の証言だとされています。

これにはネット上で「チーフディレクターは誰?」という声が上がっています。

また、同時に「北嶋一喜なのでは?」という声も上がっているようでした。

確認したところ、複数の媒体でチーフディレクターとして北嶋一喜さんの名前が挙がっているようですね。

こちらは「テレビステーション」というメディアがチーフディレクターである北嶋一喜さんに取材をする、という内容。

そして、こちらはWikipediaに記載されている内容。

番組スタッフの欄で、チーフディレクターとして北嶋一喜さんの名前が記載されていますね。

北嶋一喜さんが番組のチーフディレクターを担当していた可能性は高いですが、ヤラセを指示したかどうかは断定されていませんので、注意が必要ですね。

10万円でできるかな|ヤラセで打ち切り&番組終了?指示した担当ディレクターは?ネットの反応

スポンサーリンク
おすすめの記事