五輪(オリンピック)中止や延期を検討すべきと大炎上!森喜朗組織委会長断言で
AnnaliseArt @ Pixabay

2月13日に、国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会が、東京五輪(オリンピック)の準備状況を確認するためのプロジェクトレビューが開催されました。

会合冒頭で組織委の森喜朗会長が「五輪(オリンピック)中止や延期を検討しない」と断言したことで、ネット上では大炎上。

「五輪(オリンピック)中止や延期を検討すべきと大炎上!森喜朗組織委会長断言で」と題し、炎上の詳細を調べてみたいと思います。

報道内容まとめ

東京五輪について国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会が準備状況を確認する会合のプロジェクトレビューが13日、東京都内で2日間の日程で始まった。

冒頭で組織委の森喜朗会長は、中国を中心に感染が拡大している新型肺炎に関し「東京大会の中止や延期は検討されていないことを改めてはっきり申し上げたい。政府と連携し、冷静に対応してまいりたい」と強調した。

東京五輪(オリンピック)中止や延期を検討すべきと大炎上!

森喜朗会長が、東京五輪(オリンピック)について「東京大会の中止や延期は検討されていないことを改めてはっきり申し上げたい。」と発言しました。

これに対してネット上では批判の声が殺到しています。

しっかりと検討したうえで、「東京大会の中止や延期の予定はない」とするなら何の問題もないものの、そもそも検討するらしないと断言する理由は何なのでしょうか?

本当に「リスク管理」という考え方がすっぽりと抜け落ちているような発言に聞こえます。

多くの方からこのような「利権追求なのでは?」という声も上がっています。

なぜこのタイミングでこのような発言になってしまったのでしょうか・・・。

本当にこのようなリスク管理能力の低い方が組織委の会長で良いものなのか、不思議でなりませんね・・・。

スポンサーリンク

五輪(オリンピック)中止や延期を検討すべきと大炎上!ネットの反応

スポンサーリンク
おすすめの記事