新型コロナ|都内で感染した70代タクシー運転手の入院先の病院は?

東京都内で新たにタクシー運転手の日本人男性1人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。

「新型コロナ|都内で感染した70代タクシー運転手の入院先の病院は?」と題し、70代タクシー運転手の入院先の病院について調べてみたいと思います。

新型コロナ|都内70代タクシー運転手の感染確認

東京都内で新たにタクシー運転手の日本人男性1人が新型コロナウイルスに感染していたことが新たに分かった。

関係者によると新たに感染が確認されたのは、東京都内に住むタクシー運転手の70代の日本人男性。男性は中国からの観光客などを乗せて、羽田空港と都心部などを行き来していたという。

都内で感染が確認されたのは、これで4人目で、国内での感染確認は248人となった。

新型コロナ|都内で感染した70代タクシー運転手の入院先の病院は?

東京都内で新たにタクシー運転手の日本人男性1人については、現在都内の病院で治療中と報じられています。

どこの病院かは特定されていませんが、東京都内で「特定感染症指定医療機関」「第一種感染症指定医療機関」「第二種感染症指定医療機関 」に指定されている医療機関は以下の通りです。

  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院
  • 東京都立駒込病院
  • 東京都立墨東病院
  • 益財団法人東京都保険医療公社 荏原病院
  • 自衛隊中央病院
  • 公益財団法人東京都保健医療公社 荏原病院
  • 公益財団法人東京都保健医療公社 豊島病院
  • 青梅市立総合病院
  • 東京医科大学八王子医療センター
  • 国家公務員共済組合連合会 立川病院
  • 日本赤十字社東京都支部 武蔵野赤十字病院
  • 公立昭和病院
  • 国民健康保険町立八丈病院

これらの医療機関のいずれかで治療を受けていると思われます。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク
おすすめの記事