大阪市コロナウイルス感染40代男性会社員は誰で自宅会社住所はどこ?行動歴感染経路入院先病院は?
qimono @ Pixabay

大阪で2人目の新型コロナウイルスの感染者が発表されました。

大阪市に住む40代男性会社員とのことで、現在府内の医療機関に入院されているとのことです。

「大阪市コロナウイルス感染40代男性会社員は誰で自宅会社住所はどこ?行動歴感染経路入院先病院は?」と題し、詳細を確認していきます。

大阪市40代男性会社員新型コロナウイルスに感染!府内2人目!

大阪で2人目の新型コロナウイルスの感染者が発表されました。

報道内容や大阪府ホームページから行動歴や感染経路などをまとめると以下のとおりです。

  • 2月15日~17日 2月25日に札幌市で感染が判明した府民の方と行動
  • 2月20日 発熱、咳の症状。新幹線で大阪府外へ移動
  • 2月21日 発熱、咳、頭痛の症状。大阪府外から新幹線で大阪市内へ移動。大阪市内の自宅に戻る。
  • 2月22日 大阪府内を移動
  • 2月23日 大阪市内の自宅に滞在
  • 2月24日 大阪市・枚方市を移動。帰国者・接触者相談センターに相談
  • 2月25日 大阪市内の自宅に滞在
  • 2月26日 大阪府内の医療機関A(帰国者・接触者外来)を受診
  • 2月27日 PCR検査を実施し、検査陽性が判明。大阪府内の医療機関Bに入院

    2月20日に初めて発熱や咳の症状が出てからは、常にマスクを着用し外出されていたようです。

    感染経路は不明とのことですが2月15日~2月17日の3日間、札幌市で感染が判明した府民の方と行動を共にしていたとのことで、ここで感染された可能性が高そうです。

    この男性は2月20日に症状が出て以降、新幹線で大阪府外を往復されていたり、大阪府内を移動されていたリと、行動範囲が広いようですので、その間の移動経路も気になるところですね。

    また、2月20日の夜には大阪府外の宿泊施設で1泊されているでしょうから、どの宿泊施設に宿泊されていたかも気になります。

    現在は医療機関に入院されているようです。

    大阪市コロナウイルス感染40代男性会社員は誰で自宅や勤務先の会社住所はどこ?

    今回、大阪府内で2人目となった新型コロナウイルスに感染した40代男性会社員について、現時点で判明している情報についてまとめます。

    名前:不明
    年齢:40代
    住所:大阪府大阪市
    職業:会社員

    40代男性会社員の住所は大阪府の大阪市内であることが分かっています。

    勤務先の会社については公表されていません。

    おそらく風評被害や個人情報の観点から、これ以上詳細な情報が発表されることはなさそうですね。

    ただし、通勤経路や移動経路などはしっかりと調査してもらい、できれば公表してもらいたいですよね。

    なんとなく近くに住んでいた、のような情報だと、逆に府民の方の不安を煽るだけになってしまうような気がします。

    今回の男性は発症後に府外にも行っているなど行動範囲が広いことから、より詳細な情報提供をお願いしたいですね。

    スポンサーリンク

    大阪市コロナウイルス感染40代男性会社員の入院先の病院は?

    今回感染した40代男性会社員はどの病院に入院しているのでしょうか?

    大阪府内の新型コロナウイルスの感染者受け入れ先病院や指定医療機関について、詳しくは以下の記事で紹介しました。

    大阪府ではまだ2人目の感染者であり、男性が大阪市内にお住まいということから、指定医療機関にも指定されている「大阪市立総合医療センター」の可能性が高いかもしれませんね。

    大阪市立総合医療センターの情報については以下のとおりです。

    住所: 大阪府大阪市都島区都島本通2-13-22
    電話: 06-6929-1221
    最寄り駅: 都島駅[2]から徒歩約3分

    ネットの反応は?

    まとめ

    「大阪市コロナウイルス感染40代男性会社員は誰で自宅会社住所はどこ?行動歴感染経路入院先病院は?」と題し、詳細を確認してみました。

    ネットでも声があがっていましたが、個人的にも「もっといるのでは?」という印象を持っています。

    中国人観光客の日本国内の人気観光地では大阪も上位に入っていますし、まだ確認されていない感染者が多くいる可能性があります。

    全国すべての公立小中高休校が休止されるなど、ここに来てようやく政府も動き出した感がありますが、私たちひとりひとりが危機感を持って行動しないといけないですね。

    おすすめの記事