レッドクリフ Part I|映画無料視聴フル動画(字幕/吹替)!脱Pandora/Dailymotion!
提供元:U-NEXT
この記事では、映画『レッドクリフ Part I』のフル動画配信を無料視聴する方法や、あらすじやキャスト、感想&評価についてもあわせてご紹介します!

\作品の概要を知りたい方はこちらをクリック!/

映画『レッドクリフ Part I』ってどんな作品?

映画『レッドクリフ Part I』は、中国の英雄伝『三国志』の有名なエピソード、『赤壁の戦い』を描いた歴史アクション大作の前編です。

今作品は、観客動員数400万人、興行収入50億円突破と大ヒットを記録しました!

監督を務めるのは、『ミッション:インポッシブル2』や『フェイス/オフ』などを手掛けた、アクション映画の巨匠ジョン・ウー。

キャストもとても豪華で、トニー・レオン、金城武さん、リン・チーリンなどアジアを代表する大スター達が集結し、『三国志』の人気キャラクターを演じています!

オリジナルの人物・甘興役を中村獅童さんが演じたことでも話題になりましたね。

今回は、映画『レッドクリフ Part I』のフル動画配信をスマホで無料視聴する方法と、あらすじ&感想評価などをご紹介します!

結論から言うと、動画配信サービスのU-NEXTであれば、今すぐ映画『レッドクリフ Part I』を無料視聴いただけます!!

その理由も丁寧に解説していきますね♪

映画『レッドクリフ Part I』を今すぐ無料で見る!

映画『レッドクリフ Part I』のフル動画を無料視聴する方法をご紹介します。

映画『レッドクリフ Part I』の動画配信状況

映画『レッドクリフ Part I』が配信されている動画配信サービスは次のとおりです。

※本ページの情報は2020年03月時点のものです。
最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

U-NEXT
Amazonプライム ×
Hulu ×
Netflix ×
FODプレミアム ×

この中でも新規登録で【31日間】の無料トライアルキャンペーンのある『U-NEXT』がダントツオススメです!

へぇ~、『U-NEXT』っていうサービスがいいのかー。もっと詳しく知りたいな。

U-NEXTがダントツオススメな理由

『U-NEXT』がダントツオススメな理由はつぎのとおりです。

オススメポイント!
  1. 無料トライアル期間が31日間で、無料期間が一番長い!
  2. 無料トライアル中にすぐに600ポイントもらえる!(新作映画1本分が実質無料)
  3. 最新作もすぐに見れる!(DVD発売より前に見られる作品も)
  4. 見放題作品が140,000本以上と業界No.1
  5. 動画以外にも雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスも充実!
  6. マルチデバイス対応だから、お手持ちのパソコン、スマホ、タブレット、テレビでいつでも好きな時に見れる!
  7. Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、外出時に通信量を気にせず見れる!
  8. 1つの契約で最大4台まで同時視聴可能だから、家族とシェアもできる!
  9. 登録が簡単!
  10. 解約も簡単!

見放題作品が140,000本と業界No.1のうえに、雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスも充実。

始めの1本を見終えても、その後も見切れないくらい幅広い作品を楽しむことができますね♪

なるほど、これはいいかもね!無料トライアル期間が31日間もあるから、一度試してみようかな。登録は簡単なんだっけ??

無料視聴までの流れ

好きな映画を無料で視聴するまでの流れを簡単に説明します。

無料視聴までの流れ
  1. 31日間無料トライアルに登録する
  2. お好きな見放題作品を楽しむ
  3. 登録後31日以内に解約する ポイント追加料金は一切なし!

31日間の無料トライアル期間中に、残念ながら見たい作品がなくなったという場合は、期間内に解約をすれば一切料金はかかりません!

見放題の映画や、国内や海外ドラマ、そして漫画や雑誌まで、一通り気になる作品を試してみて、合うか合わないか判断してみるのが良いと思います!

U-NEXTのサービスが気に入って無料トライアル終了後も継続して理由する場合には、毎月1,200ポイントがもらえますので、ポイントを使って最新作が追加料金なしで見れたり、映画館のチケットに交換できたり、ポイントの使い勝手が良いのも魅力です♪

さらに登録時には、いつまでに解約すれば料金が発生しないのかを表示してくれているので、解約ミスも防ぎやすくなっています!

スケジュールアプリなどにメモしておけば、解約ミスは防げそうだな~

さらに詳しい登録方法&解約方法については、こちらの記事で画像付きで説明しています!

これさえ読めば、簡単にできちゃいますよ~♪

最新作はポイントを利用して視聴する

『U-NEXT』には、つぎの2種類の作品が用意されています。

  1. 見放題作品
  2. レンタル作品

このうち、『②レンタル作品』はU-NEXTのポイントが利用でき、1作品550ポイントほどで見ることができます。

見放題作品は無料で見れるけど、レンタル作品はお金がかかるってこと??

安心してください!無料で見れますよっ!

無料トライアルへの登録時点で600ポイントがタダでもらえるので、最新作も無料で見れることになります!

じゃぁ、新規登録すれば、最新作でも無料で見れるってことね!ここまでわかれば安心して登録できるね♪

無料動画投稿サイトYouTube/Pandora/Dailymotion/9tsu/MioMio/FC2/B9で見れる?

これらの無料動画投稿サイトのなかで、一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

ただし、次の理由からおすすめできません

  • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多く
  • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
  • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

といった事例が報告されています。

最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

んー、無料動画投稿サイトって怖いんだなー・・・

これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

目次に戻る

映画『レッドクリフ Part I』のあらすじと予告編PV

アジア映画最大規模となる100億円の製作費を投じて作られた映画『レッド・クリフPart I』。中国の三国志演義の赤壁の戦いを基に、天下統一を目論む曹操との戦いを描いた歴史アクション大作です。

 

1800年前、300年続いた漢王朝が衰退し各地で反乱が起こり始めた頃、天下統一を狙う曹操は圧倒的な勢力で北の領土を奪い、そして朝廷までも支配しました。

曹操は、劉備と孫権が守る南の領土を支配すべく、まずは劉備のもとへ軍を進めるのでした。

80万人の軍を率いる曹操に対し、軍勢2万人の劉備はなす術もなく領土を追われることとなります。

いち早く庶民を逃した劉備。ですが、この事が裏目に出てしまい妻・麇婦人とまだ赤ん坊の劉備の息子が逃げ遅れてしまうこととなります。

曹操軍に襲われながら、息子を抱え逃げ惑う麇婦人。間一髪のところで、助けにきた劉備軍の趙雲が1人で曹操軍に立ち向かい、子供を助けることに成功します。

ですが、麇婦人は自分が足手まといになってしまうと思い、井戸に身を投げて自害してしまいました。

その後、劉備軍の将軍・関羽と張飛の活躍で、曹操軍は一度撤退することになります。

明らかに劣勢であり、軍が全滅するのも時間の問題だと考えた劉備軍の天才軍師・諸葛亮孔明は、劉備にある提案をします。

それは、曹操にまだ支配されていない孫権と手を組み、共に曹操を倒すというものでした。

驚いた劉備でしたが、他に残された道もないため、その提案を受け入れます。

孔明は1人孫権の元へ向かい同盟を組むよう、説得を試みました。ですが孫権の保守的な臣下が戦を拒む声をあげた為、少し考えさせて欲しいと言い残し、孫権はその場を離れてしまいました。

その後孔明は、孫権が兄と慕っている司令官・周瑜の元へ出向き、今度は周瑜の説得を試みようとしました。

そこへ周瑜の妻・小喬が可愛がっている馬が難産だとの報告が入り、自宅へむかう周瑜。周瑜を追いかけ、周瑜邸にむかった孔明はお産を手伝うことになります。

孔明の助けにより無事仔馬が生まれ、信用するようになった周瑜は、孫権に劉備との同盟を結ぶよう提言。このことにより、劉備と孫権は同盟を結びました。

孫権に降伏を迫っていた曹操は、劉備と孫権が同盟を結んだことを知ると、2000隻の大船団を率いて、決戦の地・赤壁へと向かうのでした・・・。

 

孫権軍の司令官・周瑜役をトニー・レオンが演じたほか、劉備軍の軍師・諸葛亮孔明役を金城武さん、天下統一を目論む曹操役をチャン・フォンイーが演じています。

当初、周瑜役をチョウ・ユンファ、諸葛亮孔明役をトニー・レオンで製作するはずでした。

ですが、アンド・リー監督作品に出演していたトニー・レオンが、撮影が長引いてしまったことによる心身不良で降板。代役として、金城武さんが孔明役を演じることになります。

すると、今度はチョウ・ユンファがクランクイン初日に降板を表明。その為、トニー・レオンが監督に支援を申し出、周瑜役で出演することとなります。

突然のキャスト変更を余儀なくされた本作でしたが、後編の『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』と合わせ、興行収入100億円を超える大ヒットを記録。日本でも、大きな話題になりました。

また、前売り鑑賞券の限定特典として、本作の登場人物をモチーフとしたキューピー人形が登場。周ピー・孔ピー・曹ピーのほか、ジョンウー監督をモチーフとしたウーピーもあり、商品化されるほどの大人気商品となりました。

目次に戻る

映画『レッドクリフ Part I』のキャストとスタッフ

映画『レッドクリフ Part I』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

映画『レッドクリフ Part I』のキャスト

キャスト
  • 周瑜:トニー・レオン
  • 孔明:金城武
  • 曹操:チャン・フォンイー
  • 孫権:チャン・チェン
  • 尚香:ビッキー・チャオ
  • 趙雲:フー・ジュン
  • 小喬:リン・チーリン
  • 劉備:ユウ・ヨン
  • 魯粛:ホウ・ヨン
  • 孫叔材:トン・ダーウェイ
  • 驪姫:ソン・ジア
  • 関羽:バーサンジャブ
  • 張飛:ザン・ジンシェン
  • 黄蓋:チャン・サン
詳細を見てみる

今作品で、周瑜を演じるトニー・レオンは、1962627日生まれの香港出身の人気俳優です。

View this post on Instagram

#トニーレオン#tonyleung#梁朝偉

A post shared by St_eco (@st_eco119) on

18歳の時にTVBの訓練所試験に合格。その翌年、芸能界入りを果たし、イー・トンシン監督の『野獣たちの掟』で映画デビューを果たします。

その後主演を務めた、ホウ・シャオシェン監督作品『非情城市』が、中国語圏映画では初のベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。

他にも、日本で大ヒットを記録した『恋する惑星』や『ブエノスアイレス』など、ウォン・カーウァイ監督作品に多く出演し、2000年公開の『花様年華』では、カンヌ国際映画祭男優賞を受賞しました。

その続編にあたる、2004年公開の作品『2046』では、木村拓哉さんとダブル主演を務めており、第24回香港電影金像奨最優秀主演男優賞を受賞しています。

受賞歴が多く、世界でも評価が高いトニー・レオン。まさにアジアを代表するスターですね!

孔明を演じる金城武さんは、19731011日生まれの台湾出身の俳優です。

1993年『ワンダーガールズ東方三峡2』で映画デビュー。

トニー・レオンも出演している『恋する惑星』のほか『天使の涙』などウォン・カーウァイ監督の人気作品にも出演し、大スターの仲間入りを果たします。

その後、金城武さんは日本でも活躍の場を広げ、1998年のフジテレビドラマ『神様もう少しだけ』では、主人公の石川啓吾役を演じています。

ちなみにこのドラマでは、当時高校生だった深田恭子さんと共演したことでも話題になりました!

映画『レッドクリフ Part I』のスタッフ

スタッフ
  • 監督:ジョン・ウー
  • 脚本:ジョン・ウー、カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ
  • 製作総指揮:ハン・サンピン、松浦勝人、ウー・ケボ、千葉龍平、チン・ウェン・ハン、キム・ウデク、ユ・ジョンフン、ジョン・ウー
  • 製作:テレンス・チャン、ジョン・ウー
  • 撮影:リュイ・ユエ、チェン・リー
  • 音楽:岩代太郎
  • アクション撮影:コリー・ユン
詳細を見てみる

ジョン・ウーは、1946年5月1日生まれの中国・広東省出身で、1973年『カラテ愚連隊』で監督デビューを果たします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

隊長(@nekotaicho214)がシェアした投稿 -

1986年に発表された『男たちの挽歌』が出世作となり、その後も『ブロークン・アロー』や『ペイ・チェック 消された記憶』などを手掛けました。

アクション映画で有名なジョン・ウーですが、実は暴力否定論者であり、劇中に出てくるジョン・ウーのシンボル、白い鳩は平和を意味しているそうです。

他にも、『男たちの挽歌』での二丁拳銃、『ミッション:インポッシブル2』のスローモーションアクションが、ジョン・ウーを代表する名シーンです。

ジョン・ウーが、18年間の構想期間をかけた映画『レッドクリフ Part I』では、どんな名シーンが生まれたのか?とても楽しみですね!

 

大注目なのが、音楽を担当する岩代太郎さんです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

promax_inc.(@promax_inc)がシェアした投稿 -

ビートたけしさん主演の『血と骨』、千利休の人生を描いた『利休にたずねよ』なども担当した、日本映画を代表する作曲家で、日本アカデミー優秀音楽賞に過去4回もノミネートされている有名な方です。

皆さんご存知の、金曜ロードショーのスターリンが登場するオープニング曲も、岩代太郎さんが作曲されています。

映画『レッドクリフ Part I』では、岩代太郎さんが手がけた壮大なスケールのサウンドにも大注目!

目次に戻る

映画『レッドクリフ Part I』の口コミ・感想・評価は?

三国志好きには楽しめる映画

新解釈があって新鮮でした

これまで曹操が呉を攻め入る理由が領土を目的だと考えられていましたが、ラストに実は周瑜の奥さんである小喬を手に入れるためというのに驚きました。曹操が若い時に一目ぼれして追いかけた結果、歴史に残る大規模な戦となってしまったという解釈は三国志が好きでこれまで色々な三国志を見ても描かれていなかったエピソードだったので、新鮮でした。そして、家臣たちが攻め入る理由について語るシーンがありますが、一人の女性のために戦を起こすのかと少し呆れられた言われ方をされた時にはこれまでの冷血で豪快な曹操のイメージとは異なり、人間的な執着感が垣間見えました。さらに小橋の姿絵を見ているシーンには一途な感じに意外にも好感が持てました。
井上(30代・男性)
詳細を見てみる

歴史ものが好きな方にはオススメの作品

壮大なスケール

当時、三国志に興味があった頃でゲームの三国無双にもハマっていました。タイムリーな感じで赤壁の戦いが映画化されるとなったときはうれしかったですね。出演されているキャストさんや壮大なスケール感、BGMなどにしても素晴らしい映画だと思います。正直、そのシーンいるかな?と思うところもありますが、全体的にはおもしろいし、いい映画を見たな!と思える作品です。諸葛亮孔明役に、日本でもおなじみの金城武さんが演じているので、そちらも見所です。とにかくかっこいい。頭の良さがしびれますね。10年も前の作品ですが、決して古くささを感じずに新鮮な気持ちで見られると思います。三国志ファンなら一度は絶対に見ておくべき映画です。
ojiji(30代・女性)

見ないと損をする、見れば納得できる作品

100憶で製作した値打ちのある、スケールの大きな作品

三国志に興味のある方は、赤壁の戦いは有名な話です。監督は巨匠ジョン・ウーで、撮影する角度、距離間のうまさを感じます。中国の広大な土地での呉の孫権、蜀の劉備が手を組んで、魏の曹操に戦いを挑んで行くシーンに迫力があります。曹操軍の大軍が押し寄せてくるシーンを鳥観図の様に撮影している処は見どころです。曹操の大軍は80万の兵と2000隻の戦艦ですから、迎え撃つ軍は呉と蜀の2国とは言え、人数では到底及びません。それを孔明の策略で、少ない軍勢ながら、上手く、難局を乗り越えているシーンは見事なものです。孔明が呉と手を結ぶ為に、1人で後の国に交渉に出かけ、10万本の矢を集めることができれば、手を結ぶとなり、一夜にして集めた話は有名です。10万本の矢を集めることを容易くやってのけるシーンを孔明役である金城武がコミカルで演じていたので、面白いシーンもあります。周瑜(トニーレオン)とその妻 小喬(リン・チーリン)のお互いを思いやり、国の為に、自分の命をかけている処は感動できるシーンです。2008年公開で、製作費100憶円をかけたことで話題にもなり、興収ランランキングで何週も1位を獲得したことは納得できます。小説で読む三国志も面白いですが、実写でスケールの大きさを見ながら、赤壁の戦いを知るのは非常に良いです。
風林火山(50代・男性)

痛快爽快壮大アクション大作

アクション好きにはたまらない!

北方謙三などの小説三國志を読まれている人にとっては、三國志のほんの一部分を切り抜いた感じです。三國志、三國志演義のどちらかと言われれば、間違いなく「三國志演義」ですね。レッドクリフ2に繋がる為の序章の感じもあり、物足りないと感じる方も多いかも。ただし、そこはジョン・ウー監督作品です。アクション好きにはたまらないと思います。過去のジョン・ウー監督作品にあったシーンがちらちら見られて、「使い回し」って感じる場面もあります。あと、趙雲推しの感じがするのも、中国系の映画の傾向です。ワイヤーアクションやCGなどをこれでもかと使い、壮大な世界観は表現されており、その辺を中心に痛快時代劇って感じで見ると面白いと思います。
たかべぇ(50代・男性)

赤壁の戦いの良さが詰まっている

映像が綺麗

感想といたしましては、赤壁の戦いを見事に再現していて凄く見どころがたくさんありました。赤壁の戦いで戦う前段階までを描いており、赤壁の戦いが起きるまでにそれぞれの軍がどれだけの準備をしていたのかを見事に描いており凄く良かったです。呉軍に関しましては、蜀軍と同盟を結ぶシーンがすごく印象的でした。孫権が悩みに悩みぬいて同盟を結んで曹操軍に挑む決意を固めるというシーンなのですが、孫権の覚悟が見えるシーンですごくカッコ良かったです。また、序盤のシーンの趙雲が劉備の子供を助けるシーンもすごくカッコ良かったです。あんなにかっこいい武将がいるんだなと思いました。また、映像が全体的に綺麗で凄く見応えがありました。
ももか(20代・男性)

歴史モノとアクションの良さが融合した大作!

三国志を知らない人も楽しめる歴史アクションの大作!

レッドクリフは日本の公開では2作に分けて公開されました。その前編となるレッドクリフPart I。レッドクリフのベースは中国の歴史として有名ないわゆる三国志のお話。歴史と聞いただけで興味が持てない方や三国志ってなんだっけ?という方もたくさんいらっしゃると思います。そんな人にもレッドクリフは超オススメができる映画です!歴史モノとして見るのではなく、超豪華に人も衣装も何から何までして作ってあるアクション映画だと思っていただければ間違いはありません。国同士の戦いをどんな風にするのか、そこに人も気持ちはどう関わってくるのか。もちろん恋愛だって絡んできますし、イケメンも美女だって登場します!歴史をエンターテイメントとして見て学ぶこともできてしまいますよ。前編は題名ともなっているレッドクリフ=赤壁の戦いに至るまでのお話です。オススメの歴史アクション大作です。
アムリタ(30代・女性)

その他ネットの口コミ・感想・評価

詳細を見てみる

目次に戻る

映画『レッドクリフ Part I』とあわせて見たいおススメ作品

ここでは、『レッドクリフ Part I』とあわせて、U-NEXTで視聴可能なおススメ関連作品をいくつかご紹介します!
人気のおススメ関連作品

これらの作品はごく一部になりますが、すべてU-NEXTで視聴が可能となっています。

ぜひ31日間の無料期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

映画『レッドクリフ Part I』のまとめ

映画『レッドクリフ Part I』のフル動画配信をスマホで無料視聴する方法をご紹介してきました。

本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

目次に戻る