各務原市・可児市のコロナ感染者は誰で病院はどこ?行動歴や感染経路は?

3月22日、岐阜県内で各務原市の20代男性と可児市の70代男性が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

両市とも新型コロナウイルス感染者は初めてとのこと。

岐阜県内では5人の感染者が確認されていて、今後の感染拡大も心配ですね。

「各務原市・可児市のコロナ感染者は誰で病院はどこ?行動歴や感染経路は?」と題し詳細を確認していきます。

各務原市の20代男性と可児市の70代男性が新型コロナウイルスに感染!行動歴や感染経路は?

3月22日、岐阜県内で各務原市の20代男性と可児市の70代男性が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

報道によると、行動歴や症状の経過については以下のとおり。

各務原市の20代男性

各務原市の20代男性
  • 3月8日~17日 スペイン・フランスに滞在
  • 3月19日 38度台の発熱、頭痛、倦怠感、感染痛、筋肉痛
  • 3月20日 せき
  • 3月21日 帰国者・接触者相談センターに相談、医療機関を受診
  • 3月22日 新型コロナウイルス陽性

ネット上でも、多数批判の声が上がっていますが、なぜこの時期にスペインやフランスにいったのか理解に苦しみます。

ここ数日は海外からの帰国者の感染が相次いで確認されていますが、スペインやフランスは新型コロナウイルス感染拡大が深刻なヨーロッパでも、イタリアに次いで危険な地域。

この時期の渡航は感染しても仕方がないと思います。

ご自身だけの問題であればそれで良いのですが、周りにも迷惑がかかることを自覚するべきで、その場合は何らかの責任を取る覚悟で行くべきだと思います。

男性は同居家族ひとりとともに旅行していたようですので、もう一方も濃厚接触者として検査を受けているようです。

可児市の70代男性

可児市の70代男性
  • 3月16日 せき、倦怠感、食用く低下
  • 3月17日 微熱のため、美濃加茂市の医療機関を受診
  • 3月21日 症状が悪化し、救急車で別の医療機関に搬送、入院
  • 3月22日 新型コロナウイルス陽性

現時点で男性の感染経路は分かっていないようです。

男性には基礎疾患があり、肺炎を発症しており重症とのこと。

現在は人工呼吸器をつけての治療を受けており、年齢も高齢であることから、容体がとても心配ですね。

男性は家族2人と同居しているため、家族を濃厚接触者として検査するようです。

すでに一人は微熱や咳の症状があることから、感染している可能性がありそうですね。

各務原市の20代男性と可児市の70代男性は誰で病院はどこ?

今回感染が確認された各務原市の20代男性と可児市の70代男性について、現時点で判明している情報をまとめます。

各務原市の20代男性

名前:不明
年齢:20代
住所:岐阜県各務原市
職業:不明

これ以上の情報は風評被害や個人情報の観点から発表されることはなさそうですね。

帰国者・接触者相談センターに相談してから医療機関を受診していることから、受診した病院は感染症指定医療機関の可能性が高そうですね。

岐阜県内の医療機関について、詳細はこちらの記事にまとめています。

  • 岐阜赤十字病院
  • 大垣市民病院
  • 岐阜県厚生農業協同組合連合会 中濃厚生病院
  • 岐阜県立多治見病院
  • 岐阜県厚生農業協同組合連合会 飛騨医療センター 久美愛厚生病院

このうちのどれかの病院の可能性が高そうです。

可児市の70代男性

名前:不明
年齢:70代
住所:岐阜県可児市
職業:無職

こちらの男性も居住地が「岐阜県可児市」であることが発表されています。

男性は美濃加茂市の医療機関を最初に受診しているそうで、どこの病院か気になりますね。

院内感染などが発生しなければ良いのですが。

現時点ではどこの病院かは発表されていないようですが、消毒作業などが必要になる可能性があり病院ホームページなどで発表があるかもしれません。

新しい情報が入り次第、更新していきます。

各務原市・可児市のコロナ感染者は誰で病院はどこ?行動歴や感染経路は?まとめ

「各務原市・可児市のコロナ感染者は誰で病院はどこ?行動歴や感染経路は?」と題し詳細を確認していきました。

海外旅行から帰国した方の感染報道を見るたびに、本当に嫌な気持ちになってしまいます。

私の周辺には子どもが学校に行けなくて親子ともに大変な思いをして過ごしている方もいますし、私自身も子どもの保育園登園を自粛しています。

そのような人が大勢いる中で旅行で感染・・・。

しかも感染する可能性の高い地域での感染・・・。

周りに迷惑をかける行為は、もはや自己責任だけでは済まないと思うのですが。

昨日にはK1イベントの強行開催も話題となっていましたが、なぜそのようなことができるのか。

もっと危機感と責任感をもった行動をして欲しいと思いました。