那覇ホテルロイヤルオリオンコロナ感染は誰で場所はどこ?行動歴や感染経路は?

3月23日、沖縄県那覇市のホテルロイヤルオリオンで働く20代外国籍の男性従業員が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

発症前にベルギーへの渡航歴があり、帰国後も2日間、ホテルで勤務していたとのこと。

ホテル内での感染や利用客への感染が心配ですね・・・。

「那覇ホテルロイヤルオリオンコロナ感染は誰で場所はどこ?行動歴や感染経路は?」と題し詳細を確認していきます。

那覇ホテルロイヤルオリオンの20代外国籍男性従業員が新型コロナウイルスに感染!行動歴や感染経路は?

3月23日、沖縄県那覇市のホテルロイヤルオリオンで働く20代外国籍の男性従業員が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

報道内容によると、行動歴や感染経路、症状経過について、

  • 3月5日~3月14日 ベルギー訪問
  • 3月16日 ホテル出勤
  • 3月17日 ホテル出勤
  • 3月18日 39度台の発熱とせき
  • 3月?日 保健所に相談、感染症指定医療機関を受診
  • 3月23日 新型コロナウイルス陽性

とのこと。

「3月16日」「3月17日」にホテルに出勤した際には、

  • 13人の利用客を接客
  • ホテルの従業員7人と接触

とのことで、沖縄県が感染者の特定を急いでいるようです。

ベルギー訪問の目的については報じられていませんでしたが、母国に帰国したのでしょうか?それとも旅行だったのでしょうか?

ベルギーでも感染者数が1700人を超えており、現在も急増しているようです。

海外からの帰国者の感染が相次いでいますが、この時期の海外渡航は本当に控えて欲しいですよね。

那覇ホテルロイヤルオリオンの20代外国籍男性従業員は誰でどこ住み?

今回感染が確認された男性について、現時点で判明している情報をまとめます。

名前:不明
年齢:20代
国籍:外国籍
住所:南部保健所管内
職業:ホテル従業員

居住地は「南部保健所管内」であることが発表されています。

沖縄県のホームページを見ると、4市5町6村が該当するようで、この地域に住む方はにとっては、どの市町村か気になりますよね・・・。

とはいえ、これ以上の情報は風評被害や個人情報の観点から発表されることはなさそうです。

念のため南部保健所管内図を掲載しておきますね。

出典:https://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/hoken-nan/documents/kannaizu.pdf

スポンサーリンク

那覇ホテルロイヤルオリオンの場所はどこ?

今回感染が確認された那覇市内のホテルロイヤルオリオンの場所を調べてみます。

住所:〒902-0067 沖縄県那覇市安里1丁目2−21
電話:098-866-5533
HP:royal-orion.co.jp

「那覇国際通り」に面しているようです。

空港からはモノレールで15分、牧志駅より徒歩3分の場所なので、ショッピングや観光にはとても立地のいい場所ですね。

南部保健所の対応がヒドイ!?

今回のホテルロイヤルオリオン従業員男性の感染に関する報道で気になる箇所が。

一方、指定医療機関が19日に保健所に連絡しましたが、保健所が検体を引き取りに来たのは2日後の21日だったということで、沖縄県はこの間の対応が適切だったかどうか調べることにしています。

なぜ、こんなにも対応がのんびりなのでしょうか?

沖縄県民はのんびりな方が多いとよく聞きますが、関係あるのでしょうか??

沖縄県内では感染者数が4人と、北海道や東京、愛知と比べて、感染者数はまだ少ない県なので、迅速な保健所も迅速な対応をするキャパシティーはあるかと思います。

感染拡大を抑え込むには一刻を争うと思いますので、しっかり迅速な対応をして頂きたいですね。

ネットの反応

まとめ

「那覇ホテルロイヤルオリオンコロナ感染は誰で場所はどこ?行動歴や感染経路は?」と題し詳細を確認していきました。

またまた、海外からの帰国者による感染が確認されましたね。

今回感染が確認された男性はベルギーへの渡航だったようですが、この方が何人なのか何の目的で渡航していたのかは報じられていません。

とはいえ、この時期でのヨーロッパ等の危険な地域への渡航は、周りの方にも迷惑になりますので、控えていただきたいですね。

おすすめの記事