神戸大学コロナ感染の20代男子学生は誰でどこ住み?ドイツ旅行で感染?

神戸大学の20代男子学生3人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

3人は3月中旬にドイツ旅行に行っていて、帰国後に体調不良となり感染が判明したようです。

この時期に感染拡大が深刻なヨーロッパに旅行に行くこと自体非難されて当然のように思いますが、今回は神戸大学という関西の名門大学の学生だったこともあり、より一層落胆の声が大きくなっているようです。

「神戸大学コロナ感染の20代男子学生は誰でどこ住み?ドイツ旅行で感染?」と題し、詳細を確認していきます。

神戸大学20代男子学生3人が新型コロナウイルスに感染!ドイツ旅行で感染!?

神戸大学の20代男子学生3人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

報道によると、男子学生3人は3月12日~16日に関西空港を経由しドイツ旅行に行っていたようです。

3人とも帰国後に発熱などの体調不良を訴え、検査の結果、新型コロナウイルスの陽性であることがわかりました。

3人とも帰国後には大学には立ち寄っていないため、大学内での感染拡大の心配をないとのことです。

 

この報道を受けてネットでは、「なぜこの時期にヨーロッパに行くの?」「神戸大学なので学はあるはずでは?」などの声が上がっていました。

3月中旬であれば既にヨーロッパでも感染が深刻になっていて、ドイツも入国制限をする直前の状態だったはずです。

神戸大学という名門大学に入学する学識はあっても、常識が理解できていなかったとしか思えません。

「感染したのは自己責任」という声もありましたが、感染して自分ひとりで治せるのであればそれで良いと思いますが、少なくとも医療関係者にとってはとても迷惑な話ですし、今後感染拡大すると病床の確保など、いろいろなところに影響があるのではないでしょうか?

神戸大学コロナ感染の20代男子学生3人は誰?

今回感染が確認された神戸大学の20代男子学生3人について、現時点で判明している情報をまとめます。

西宮市12例目

  • 名前:不明
  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 住所:西宮市
  • 職業:学生
  • 3月12日~16日 ドイツ旅行
  • 3月26日 発熱
  • 3月27日 せき、39.2度の発熱
  • 3月28日 市内の医療機関を受診
  • 3月31日 新型コロナウイルス陽性

神戸市37例目

  • 名前:不明
  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 住所:神戸市
  • 職業:学生
  • 3月12日~16日 ドイツ旅行
  • 3月27日 発熱
  • 4月1日 市内の医療機関を受診
  • 4月2日 新型コロナウイルス陽性

八尾市(大阪府374例目)

  • 名前:不明
  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 住所:八尾市
  • 職業:学生
  • 3月12日~16日 ドイツ旅行

 

3人はそれぞれ西宮市、神戸市、八尾氏に住む神戸大学生のようです。

八尾市の大学生については行動歴や症状経過などの詳細情報については発表されていませんでしたが、残り2人はドイツ旅行から帰国後約1か月くらいで症状を発症しているようです。

となると、発症までの期間が長いため、ドイツ旅行が感染源ということは断定できなさそうですね。

ただ、3人でドイツ旅行に行っており、3人とも感染しているため、ドイツでの感染の可能性が高いのは間違いないのでしょうか?

となると、潜伏期間が長すぎるような気がするのですが・・・。

今回の新型コロナウイルスはまだ分かっていないこともたくさんあると思いますので、気を付け過ぎくらい慎重な行動をする方が良さそうですね。

神戸大学の場所はどこ?

神戸大学の場所はどこかについて調べてみたいと思います。

住所: 〒657-8501 兵庫県神戸市灘区六甲台町1−1
電話: 078-881-1212

神戸大学20代男子学生3人がドイツ旅行でコロナ感染にネットでは厳しい声

神戸大学コロナ感染の20代男子学生は誰でどこ住み?ドイツ旅行で感染?まとめ

「神戸大学コロナ感染の20代男子学生は誰でどこ住み?ドイツ旅行で感染?」と題し、詳細を確認していきました。

海外渡航歴のある方の感染が相次いで確認されていますが、ここ数日は東京など都市部から地方への移動でも各地で感染者が相次いでいますね。

どちらも自己中心的な考えが問題の本質のような気がしますので、この緊急事態では本当に周りの方のことも考えて危機感や責任感をもって行動して欲しいですよね。