Fukushima50|映画無料視聴フル動画配信!脱DVDレンタル!
提供元:U-NEXT

Fukushima 50のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、Fukushima 50のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します。

\作品概要はコチラをタップ/

映画『Fukushima 50』ってどんな作品?

映画『Fukushima 50』は、門田隆将さんの『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』というドキュメンタリー小説が原作

「Fukushima 50」は、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の際、福島第一発電所で事故後も働いていた約50名の作業員に対して、ヨーロッパやアメリカなどのメディアが与えた呼び名です。

私も公開初日に見て映画館で号泣してしまいましたが、感想は賛否分かれていますね。まだまだ、終わりの見えない問題なので、どう描くのか、が難しいと思いますが、映画を見て、震災について考えるだけでも価値のある映画だと思います。

ぜひ多くの人に見て欲しい映画『Fukushima 50』のフル動画無料視聴方法、あらすじや感想評価をご紹介します。

\本日から【10月24日】まで無料!/

『Fukushima 50』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

Fukushima 50の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)10社について、Fukushima 50の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
×
30日間無料
月額2417円
×
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円

この中でも以下の理由でU-NEXTがおススメ。

U-NEXTの最大の魅力は、なんといっても業界No1の圧倒的な作品数。

しかも、31日間の無料トライアルが用意されているので、業界ナンバーワン!の見放題作品を思い存分楽しめます!

\解約OK!簡単無料登録♪/

※無料期間中の解約で→0円。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、ご覧ください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料トライアル期間が業界トップクラスの31日間
無料トライアル期間中に600ポイントがタダでもらえる
無料トライアル期間中に解約OK
毎月もらえるU-NEXT会員ポイント1,200ポイント
1つの契約で最大4人でシェアできる(ファミリーアカウント)
フルHD画質/4K画質&高音質(DOLBY DIGITAL PLUS)
マルチデバイス対応(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)
コンテンツのダウンロードOK
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
最新作がすぐに視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

人気ドラマ
人気アニメ・キッズ
  • アナと雪の女王2
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 鬼滅の刃
  • あひるの空
  • NARUTO-ナルト-
  • 僕のヒーローアカデミア

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

\人気作品も豊富/

 

無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

ただし、次の理由からおすすめできません

  • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
  • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
  • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

といった事例が報告されています。

最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

\安心、安全に/

 

映画『Fukushima 50』の作品情報

基本情報

作品名Fukushima 50
原題
原作死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発(門田隆将)
制作年2020年
製作国日本
制作会社(配給会社)「Fukushima 50」製作委員会、松竹、KADOKAWA
公開年(公開日)2020年3月6日
上映時間(話数)122分
公式サイトhttps://www.shochiku.co.jp/cinema/lineup/fukushima_50/
公式Twitterhttps://twitter.com/fukushima50jp
公式Facebookhttps://www.facebook.com/fukushima50jp/
公式Instagram
主題歌

あらすじ

「Fukushima50」は、多くの関係者証言をもとにした門田隆将著のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を実写化した作品です。

2011年3月11日に起きた東日本大震災により、福島第一原子力発電所事故が発生しました。

事故発生以降も所内に留まり、未曽有の事態を防ごうとした作業員たちの奮闘を描いたヒューマンドラマです。

 

2011311午後2時46分。

日本観測史上最大となる、マグニチュード9.0、最大震度7の地震が発生し、福島第一原子力発電所は10メートル超の巨大津波に襲われる。

発電所は浸水により全電源を喪失、原子炉の冷却不能に陥り、このままではメルトダウン (炉心溶融) が起き、はかり知れない甚大な被害がもたらされる事態となった。

未曽有の危機を防ごうと、吉田昌郎所長(渡辺謙)と伊崎利夫(佐藤浩市)をはじめとする現場作業員は、発電所内に留まり原子炉制御のため奮闘を開始する。

全体指揮の統括役である吉田所長は部下たちを激励し、一方で本社や官邸の状況把握のしきれていない様子や後手の対応に、憤りをあらわにする。

そして、原子炉建屋を管理する当直長の伊崎と「最終手段はベント(原子炉内の蒸気を抜き、圧力を下げる作業)」と互いの認識を確かめ合う。

近隣の住民を避難させ、ベント作戦がついに始まる。

この作業は、人間が原子炉内へ突入し手動で弁を開けるという、世界でも過去に例のない手段だった。

余震が続くなか、作業員たちは「自分がやらねば日本が死ぬ」と決死の覚悟で作業を進めていく。

 

事故発生以降も発電所に留まった地元福島出身の作業員たちは、世界中のメディアから 敬意を込め、“Fukushima 50”(フクシマ フィフティ)と呼ばれました。

日本壊滅の危機が迫る状況の中、何が起きていたのか?真実が明らかになります。

本作品でメガホンを取ったのは、若松節朗監督

日本アカデミー賞等で選出された「ホワイトアウト」「沈まぬ太陽」の他、「空母いぶき」などの大作を手がけています。

彼はテレビドラマ演出家の出身で、代表作ドラマには「振り返れば奴がいる」「やまとなでしこ」等があります。

主演を務めるのは、佐藤浩市さんと渡辺謙さん。

映画業界を代表する俳優がタッグを組んでいます。

デリケートで重いテーマを扱った本作品へのオファーがあった際、互いに共演俳優の名前を聞いて、「それならこの大きいテーマも完成できる!」と出演を決められたそうです。

演技をする上でも、実際の関係者に当時の状況を綿密にリサーチして挑まれており、迫真の演技とリアルな完成度が見ものです。

災害の負のイメージをそのまま伝えるだけでなく、災害に翻弄されながらも懸命に危機を乗り越えようとする人間の熱い思いが描かれた、後世に残すべき映画です。

キャストとスタッフ

映画『Fukushima 50』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

キャスト

キャスト
  • 伊崎利夫:佐藤浩市
  • 吉田昌郎:渡辺謙
  • 前田拓実:吉岡秀隆
  • 浅野真理:安田成美
  • 野尻庄一:緒形直人
  • 大森久夫:火野正平
  • 平山茂:平田満
  • 井川和夫:萩原聖人
  • 伊崎遥香:吉岡里帆
  • 滝沢大:斎藤工
  • 伊崎智子:富田靖子
  • 内閣総理大臣:佐野史郎
  • 加納勝次:堀部圭亮
  • 矢野浩太:小倉久寛
  • 工藤康明:石井正則
  • 本田彬:和田正人
  • 内藤慎二:三浦誠己
  • 山岸純:須田邦裕
  • 宮本浩二:金井勇太
  • 小宮弘之:増田修一朗
  • 西川正輝:堀井新太
  • 小川昌弘:邱太郎
  • 松田宗介:池田努
  • 福原和彦:田口トモロヲ
  • 樋口伸行:皆川猿時
  • 佐々木明:小野了
  • 望月学:天野義久
  • 五十嵐則一:金山一彦
  • 内閣官房長官:金田明夫
  • 経済産業大臣:阿南健治
  • 首相補佐官:伊藤正之
  • 原子力安全委員会委員長:小市慢太郎
  • 原子力安全・保安院院長:矢島健一
  • 竹丸吾郎:段田安則
  • 小野寺秀樹:篠井英介
  • 辺見秀雄:前川泰之
  • 伊崎敬造津:嘉山正種
  • 前田かな:中村ゆり
  • 福島民友新聞記者:ダンカン
  • 松永:泉谷しげる
  • ジョニー:ダニエル・カール
詳細を見てみる

佐藤浩市さんは、1980年に俳優デビューし、1981年『青春の門』でブルーリボン賞新人賞を受賞。『ザ・マジックアワー』、『愛を積むひと』、『起終点駅 ターミナル』、『64 -ロクヨン- 前編/後編』など多くの映画に出演し、存在感のある演技力を評価されています。

この投稿をInstagramで見る

 

rkyh(@yuuuuuukaho)がシェアした投稿

舞台へのオファーは「自分は映像で際立つ役者である」ということを理由に、映像作品への出演のみ行っているそうです。

渡辺謙さんは、世界で活躍する、日本を代表する俳優の一人です。演劇集団 円を経て、NHK大河ドラマ『独眼竜 伊達政宗』で大河ドラマ史上最高の平均視聴率を叩き出し、一躍全国的な人気俳優となりました。当時に眼光の鋭さが脳裏に焼き付いて離れません。

この投稿をInstagramで見る

 

Watanabe Ken [渡辺謙](@watanabe_ken_)がシェアした投稿

1989年、映画初主演を前に急性骨髄性白血病に倒れますが、約1年間の闘病の末に俳優業に復帰。2003年のアメリカ映画『ラストサムライ』出演により、アカデミー賞助演男優賞賞などにノミネートされるなど、注目されました。

クリント・イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』で海外映画初主演。また、ブロードウェイ・ミュージカル『王様と私』でトニー賞・ミュージカル部門主演男優賞にノミネートされるなど、世界的で活躍。日本でも上演されましたね。

また、『明日の記憶』や『沈まぬ太陽』などの日本映画にも出演し、様々な賞を受賞しています。

スタッフ

スタッフ
  • 監督:若松節朗
  • 原作:門田隆将
  • 脚本:前川洋一
  • 製作代表:角川歴彦
  • エグゼクティブプロデューサー:井上伸一郎
  • 製作:堀内大示、大角正、布施信夫、井戸義郎、丸山伸一、安部順一、五阿弥宏安、飯塚浩彦、柴田建哉、岡畠鉄也、五十嵐淳之
  • 企画:水上繁雄
  • 企画プロデュース:椿宜和
  • プロデューサー:二宮直彦
  • 撮影:江原祥二
  • 照明:杉本崇
  • 録音:鶴巻仁
  • 美術:瀬下幸治
  • 衣装:加藤哲也
  • へアメイク:齋藤恵理子
  • サウンドデザイナー:柴崎憲治
  • 編集:廣志良
  • 音楽:岩代太郎
  • 演奏:五嶋龍、長谷川陽子、東京フィルハーモニー交響楽団
  • 特撮:三池敏夫
  • VFX監督:三池敏夫
  • スクリプター:幸縁栄子
  • キャスティング:椛澤節子
  • 技術指導:平野勝昭
  • ラインプロデューサー:梶川信幸
  • 音楽プロデューサー:小野寺重之
詳細を見てみる

監督の若松節朗さんは、ADなどを経て、『振り返れば奴がいる』、『やまとなでしこ』など人気ドラマを演出しました。映画監督としては、『ホワイトアウト』、『沈まぬ太陽』で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞しています。

脚本の門田隆将さんは、ジャーナリストでノンフィクション作家です。2008年7月、光市母子殺人事件の遺族について描いた『なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日』を刊行し、ドラマ化されました。

福島第一原発事故後に現地取材し、2012年『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』と、2014年『記者たちは海に向かった―津波と放射能と福島民友新聞』を刊行。

そのほかの著書に『風にそよぐ墓標―父と息子の日航機墜落事故』、『汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語―』などがあります。

脚本の前川洋一さんは、『OUT〜妻たちの犯罪〜』、『陽だまりの樹』、『下町ロケット』、『孤高のメス』など多くのドラマの脚本を手がけています。

2006年『大麦畑でつかまえて』により文化庁芸術祭大賞受賞。2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の脚本を担当しました。

口コミ・感想・評価

「Fukushima 50」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

「そもそもFukushima 50を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

ニュースでは知れなかった大切なことを学べる映画

原発の危機に立ち向かっていく姿に感動

この映画は東日本大震災のときに起きた、原発の様々なトラブルについて取り扱った映画で私達がニュースだけでは知ることが出来なかった、職員たちの努力や原発に何が起こったかなどを知ることが出来たので、映画としてはもちろん東日本大震災の資料として勉強になりました。特に原発の作業員一人一人の心の中にスポットをあて、その人の葛藤や怒りなどをストレートに表現していたところも良かったと思います。映画としてドラマチックに誇張しすぎることもなく、リアルな感じで物語が進行していくのでリアリティがあり、そのおかげで映画に入り込むことができました。この映画を観終わった後、自分たちがこうして普通に生活していられるのはあのときの作業員たちの頑張りがあったからなんだなと改めて実感できた映画です。
しょうすけ(20代・男性)
詳細を見てみる

自民党独裁下のプロパガンダ映画

大本営発表の映画

実際に遠い昔の話で自分が見聞きしたようなことではないフィクションを描いた作品なら完全に同意したであろう内容であり、話の作り方ストーリーの流れ、そういったものを肯定する意見も増えるのでありましょう。しかしながらわずか10年未満前の話であり、そこまで古くない自分たちが実体験した東日本大震災による福島原子力発電所の人災は記憶に新しいどころか、時刻々と流れてくる政府の対応や放射性物質の情報など、今でも思い出す部分が多いので記憶に新しいのであります。そういった自分たちが記憶している福島原子力発電所対応の真偽は今や裁判でも明らかになっており、完全に当時の与党民主党が悪であるというスタンスで描かれているこの映画は見るに耐えないです。
買い枝野(40代・男性)

日本人なら誰もが知っているであろうあの事故をテーマにした映画

あの日を忘れない

2011年に日本で起こった東日本大震災。その後に起こった福島第一原発事故をテーマに扱った作品です。佐藤浩市、渡辺謙といった大御所俳優がキャストに名を連ねます。感想としては、ある種の再現VTRを見せられているような感覚に陥りました。キャストが豪華な再現VTR。こういうことが現場で実際に起こっていたんだなぁと思いあの日々を思い出しました。テレビニュースで燃料棒とか圧力容器とかの専門用語が飛び交い、CMがACの広告しか流れなくなったあの日々のことを。忘れてはならないと思います。自分もニュース越しですが、知ってるし、体験していることがテーマなので、内容はすっと入ってきました。ベテラン俳優勢揃いなのでエンターテイメント作品としても鑑賞に耐えうるものです。
フェンブレイド(30代・男性)

日本社会を如実に表現した作品

原発の姿を鮮明に描いています。

原子力発電現場の動きを鮮明に描いている作品でもし自分達がこのような現場にいたとしたらどれほどの思いを抱いて行動できるのか、ここに関わる現地の、現場にいた人達が覚悟をもって力を注いでいたということが赤裸々に展開されている奥が深い内容になっている作品に感じられました。日本の政治のスピードが今話題のコロナ案件においていまいち遅い傾向にある印象がありますが、そういった日本社会や日本政治の雰囲気みたいなものもうまく表現されていて共感というかいろいろな側面をきれいに描写されている気がしました。これからこの国で生きていく上でいろいろと考えなくてはいけない勉強させてもらうような部分もあり、感動的な部分もある重厚な目を逸らしてはいけない内容な作品だと思えました。
GJA(30代・男性)

佐藤浩市ファンにオススメ

日本人の悪いところ

原発事故という重く、負の遺産となってしまった経験を美談にしていると思います。同じく原発事故を取り扱った「チェルノブイリ」を見たあとだと、圧倒的に内政が足りないし原発事故の犠牲となった人々の生活に対する眼差しや、現場で働く人々への敬意があるようでないとわかってしまうのです。「いのちをかけて」「愛する人のために」という主題が邦画界隈では大人気ですが、なぜその人たちがそのような状況に追い込まれたのかをもっと掘り下げないと、薄っぺらくてお涙ちょうだいの物語に成り下がってしまいます。典型的な「兵は有能、将は無能」の話になっていたのも残念でしたし、役者の演技もクサくて暑苦しいのでせっかく出てきた涙も引っ込みます。
町田(20代・女性)

歴史的事故の裏で戦い続ける人々を描いた大作映画

想像以上の熱量でした

出たか、といった感じの福島原発事故をテーマにした映画。しかし、この問題を映像化した作品はいくつもありますが、間違いないこの作品が一番の大作かと思われます。徹底的に現場目線で描かれる物語や、渡辺謙、佐藤浩市、緒形直人、火野正平等らが固めるベテラン俳優人の熱演、最新CGやドローン技術を用いた緊迫感のある映像は、映像作品としての完成度をきつく引き締めており、前評判から受けていた印象よりも遥かに見応えのある作品となっていました。しかし一つ気になるのが、当時の首相だった菅総理大臣と関係者達があまりにも無能で役立たずである様に描かれているという事でした。物語の都合上という範疇を超え、特定政権への批判・政治的主張と取れなくも無いレベルに達しており、制作班の政治的思想が見え隠れしているようで、少し気が散ってしまいました。
れぶなな(30代・男性)

その他ネットの口コミ・感想・評価

詳細を見てみる

https://twitter.com/XKBDF7tVPo8QcFD/status/1251421703034400768

あわせて見たいおススメ作品

ここでは『Fukushima 50』とあわせて、『Fukushima 50』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
吉岡秀隆のおススメ関連作品

これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

映画『Fukushima 50』のまとめ

Fukushima 50のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。 Fukushima 50を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

※本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。