\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「人間失格 太宰治と3人の女たち」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「人間失格 太宰治と3人の女たち」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「人間失格 太宰治と3人の女たち」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ってどんな作品?

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、小説家・太宰治の代表作のひとつである人間失格』の誕生秘話を、太宰治自身と彼を愛した妻と愛人たち、3人の女性の目線から、事実を元に描いたフィクションとして映画化した作品です。

「ヘルタースケルター」「Diner ダイナー」などの蜷川実花さんがメガホンを取り、究極のダメ男でモテ男として描かれた色気溢れる主人公の太宰治を小栗旬さん、太宰を取り巻く3人の女性を宮沢りえさん沢尻エリカさん二階堂ふみさんらが務めます。

その他にも、藤原竜也さんをはじめ高良健吾さん、成田凌さん、千葉雄大さん、瀬戸康史さんら豪華キャストが脇を固めた本作。

蜷川実花監督の鮮やかな色彩際立つ映像美と、小栗旬さんと3人の女性陣の圧巻の演技、そして魅惑的な絡みは必見です!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「人間失格 太宰治と3人の女たち」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「人間失格 太宰治と3人の女たち」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【12月27日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「人間失格 太宰治と3人の女たち」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『人間失格 太宰治と3人の女たち』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

人間失格 太宰治と3人の女たちの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「人間失格 太宰治と3人の女たち」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
14日間無料
月額925円
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年11月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpTELASAの4つのサービスで「人間失格 太宰治と3人の女たち」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「人間失格 太宰治と3人の女たち」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「人間失格 太宰治と3人の女たち」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の作品情報

      基本情報

      作品名人間失格 太宰治と3人の女たち
      原題
      原作
      制作年2019年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)「人間失格」製作委員会、松竹、アスミック・エース
      公開年(公開日)2019年9月13日
      上映時間(話数)120分
      公式サイトhttp://ningenshikkaku-movie.com/
      公式Twitterhttps://twitter.com/nsmovie2019
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/NSmovie2019/
      公式Instagramhttps://www.instagram.com/nsmovie2019/?hl=ja
      主題歌

      あらすじ

      太宰治が亡くなる直前に完成させ、“世界で最も売れている日本の小説”として今もなお読み継がれている「人間失格」

      その誕生秘話を、太宰治と3人の女性たちの関係とともに描いたオリジナル作品「人間失格 太宰治と3人の女たち」。

      この話題作でメガホンをとったのは世界で活躍している写真家でもあり、「さくらん」、「ヘルタースケルター」などを手掛けた蜷川実花監督

      脚本には「紙の月」の早船歌江子さんが担当。

      天才作家、太宰治のスキャンダラスな恋と人生をゴージャスでロマンティックな世界観で作り上げた、R15+指定の衝撃の作品です。

      1964年人気作家として活躍していた太宰治。妻・美知子と2人の子供がいたが、自分のことを支持してくれる作家志望の静子と関係を持ち、激しく愛し合います。

      その静子が書いていた日記をもとにして、「斜陽」を生み出しています。「斜陽」はベストセラーとなり、社会現象を巻き起こしたのですが、文壇からはその内容が批判されることになり、太宰治は本当の傑作とは何か追求し始めます。

      そんなある日、未帰還の夫を待つ富江と知り合い、彼女とも関係を持ち、溺れていきます。

      二人の愛人に子供が欲しいと迫られる中、夫の才能を信じる妻の美知子はそんな太宰治を辛抱強く支え続け、その妻の言葉が、「人間失格」の執筆へと突き動かしていくのです…。

      そんな太宰治を演じたのは、数々の話題作で主演を務め、2020年公開予定の「ゴジラVSコング」でハリウッドデビューも果たす小栗旬さんです。

      大幅な減量もしながら、究極のダメ男でモテ男、才能と色気にあふれるかつてない太宰治を作り上げています。

      そして太宰を支え続けた正妻・美知子役を宮沢りえさん。作家を目指す愛人・静子役を沢尻エリカさん。最後の女となった富江役に二階堂ふみさん

      この3人が魅せる圧巻の演技力、スキャンダラスなシーンに、誰もが目を奪われるのではないのでしょうか。

      さらには藤原竜也さん、高良健吾さん、成田凌さんなど豪華キャストが集結したことでも話題となり、見どころの一つとなっていますね。

      蜷川監督は「人間失格」を映画化しないかと言われたそうですが、3人の女性が残した手記を見たときに、太宰本人があまりにもおもしろく、オリジナルで作ってみたいと思ったそうです。

      そして太宰役は小栗旬さんしかいないと思いオファーしたとインタビューで答えています。

      色々と問題の多い太宰治ですが、小栗旬さん演じる太宰治はやっぱり魅力たっぷりで、引き込まれていきますね。

      キャストとスタッフ

      映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 太宰治:小栗旬
      • 津島美知子:宮沢りえ
      • 山崎富栄:二階堂ふみ
      • 太田静子:沢尻エリカ
      • 山谷花純
      • 片山友希
      • 木下隆行
      • 稲垣来泉
      • 宮下かな子
      • 山本浩司
      • 壇蜜
      • 近藤芳正
      • 伊馬春部:瀬戸康史
      • 佐倉潤一:成田凌
      • 太田薫:千葉雄大
      • 三島由紀夫:高良健吾
      • 坂口安吾:藤原竜也
      詳細を見てみる

      小栗旬さんは、2003年より蜷川幸雄さん演出の舞台に出演。『タイタス・アンドロにカス』のロンドン公演で「小栗旬は信じられないほど美しく演じた」という現地での評価を得ました。

      この投稿をInstagramで見る

      小栗旬isキング(@oguri_shunshunfan)がシェアした投稿

      『花よりだんご2 リターンズ』の花沢類役でブレイクし、映画では『キサラギ』や『クローズZERO』などが大ヒット。映画『シュアリー・サムデイ』にて映画監督デビューも果たしました。ドラマ『信長協奏曲』、映画『銀魂』、舞台『髑髏城の7人』など、多くの映画、ドラマ、舞台に出演しています。

      2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では主演が決まっています。楽しみですね。

      宮沢りえさんは、11歳の時にデビューし、CM『三井のリハウス』の初代リハウスガールを務めたことで注目。また、18歳の時ヘアヌード写真集『San Tafe』が話題になりました。

      この投稿をInstagramで見る

      隊長(@nekotaicho214)がシェアした投稿


      激やせ報道などありましたが、女優としての活動の幅が広がるにつれて、女優としての評価が高まり、映画『たそがれ清兵衛』、『父と暮らせば』、『紙の月』、『湯を沸かすほどの熱い愛』などの演技で数々の賞を受賞。本作の正妻役でも心を掴まれる演技を見せています。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:蜷川実花
      • 脚本:早船歌江子
      • 製作総指揮:大角正、佐野真之
      • 製作代表:高橋敏弘、豊島雅郎、木下直哉、三宅容介、山本将綱、藤田浩幸、金谷英剛、宮崎伸夫
      • エグゼクティププロデューサー:吉田繁暁
      • 企画:池田史嗣
      • プロデュース:池田史嗣
      • プロデューサー:秋田周平、宇田充
      • ラインプロデューサー:阿部智大
      • 撮影:近藤龍人
      • 照明:藤井勇
      • 録音:松本昇和
      • 美術:Enzo
      • 装飾:前田陽
      • 衣装:青木茂
      • へアメイク:HAMA
      • スタイリスト:長瀬哲朗
      • ヘアメイクディレクション:稲垣亮弐
      • 編集:森下博昭
      • 音楽:三宅純
      • 音響効果:伊藤瑞樹
      • 音楽プロデューサー:高石真美
      • 主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ、チバユウスケ
      • 助監督:吉田亮
      • VFXスーパーパイザー:オダイッセイ
      • アソシエイトプロデューサー:秋吉朝子
      • アシスタントプロデューサー:松田裕佑
      • 記録:松村陽子
      • 制作主任:後藤一郎
      • 制作担当:木村広志
      • ラインプロデューサー補:山田智也
      詳細を見てみる

      監督の蜷川実花さんは、カメラマンとして、土屋アンナさん、成宮寛貴さん、大塚愛さんなど多くのアーティストの写真集を撮影するととともに、多くの写真展も行なっています。独特の鮮やかな色の花と色使いが個性的で、見ていると華やかな気持ちになりますよね。

      この投稿をInstagramで見る

      ninagawamika(@ninagawamika)がシェアした投稿

      2007年『さくらん』で映画監督デビュー。『ヘルタースケルター』、『Diner ダイナー』に続く本作は4作目の映画監督作品です。本作の中でも随所に蜷川さんらしい花と色使いを楽しむことができます。

      脚本の早船歌江子さんは2010年『おみやさん7』で脚本デビューし、『ラッキーセブン』、『ビブリア古書堂の事件手帖』などのテレビドラマや、映画『紙の月』の脚本を執筆。また、『OTHER DESERT CITYS』、『お気に召すまま』などの戯曲翻訳も手掛けています。

      音楽の三宅純さんは、パリを拠点に活動する音楽家です。CM、映画、アニメ、コンテンポラリーダンスなど幅広く作品を手がけています。2011年、ヴィム・ヴェンダース監督の映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』への楽曲提供で、アカデミー賞にノミネートされるなど、国際的にも高く評価されています。

      口コミ・感想・評価

      「人間失格 太宰治と3人の女たち」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも人間失格 太宰治と3人の女たちを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      ドキドキする美しさを味わえる美術作品

      視覚で楽しむ太宰作品

      蜷川ワールドと太宰作品の視覚的な相性がとても良い作品だと思いました。原作に忠実ではないかもしれませんが、監督は『人間失格』をこのように受け取ったのだな。と『人間失格』蜷川実花考察を見せられた感覚でした。一方、そこまでやったにも関わらずいわゆる文豪と呼ばれる人が続々と現れるのは大衆受けを狙った感じがして惜しいとも感じました。個人的には藤原竜也さん演じる坂口安吾くらいにしておいて、太宰対男の構図も、もう少し深く見てみたかったです。主演の小栗旬さんも気怠いクズ男感満載で適役だと感じましたが、一番グッときたのは宮沢りえさん演じる美知子です。本心が見えにくいと感じた美知子と菖蒲の花背景のラストシーンは、「嬉しい知らせ」という花言葉に意味があったりして…と軽くゾッとしたのを覚えています。
      さくら(20代・女性)
      詳細を見てみる

      大人の恋愛ドラマ

      3人の女性が主役

      蜷川実花さんの作品ということで、色彩豊かでとても色合いがきれでした。それぞれの登場人物たちの特徴がわかるような色使いで、キャラクターたちが印象に残りました。特に太宰を取り巻く3人の女性たちが、魅力的で色っぽくて美しく描かれていたのは蜷川さんならではでないかと思いました。太宰のだめ男っぷりはこの作品で初めて知りましたが、人間身のあふれる人で、だからこそ女性たちが魅入られてしまうのかなと思いましたが、3人の女性を演じた宮沢りえさん・沢尻エリカさん・二階堂ふみさんはそれぞれ違った女性像で違った愛の形があり、太宰が落ちるのもうなずけるような魅力たっぷりの人間たちで、作品全体を通して主軸となっているのはこの女性たちかなと感じるほどです。
      尽くすタイプ(30代・女性)

      美しく妖艶で哀しい、大人なエンターテインメント

      作品を知っていても知っていなくても太宰治への興味が増す

      蜷川実花作品は色彩鮮やかな映像と主題歌の組み合わせだけでも毎度おしゃれで妖艶で鳥肌が立ってしまうのですが、今回もスカパラの曲が最高に作品を際だててくれました。三人の女たちだけでなく、太宰を取り巻く男性も含めた人間たちが各々太宰に振り回されていく様が生々しく、しかし美しく描かれていて、彼のそのどうしようもないはずなのにカリスマ性溢れる人柄から、太宰治作品を手に取ってみたくなる、そんな映画です。本当にどうしようもないんだけど、人たらしとはこういう人の事を言うんでしょうね。藤原竜也さん演じる坂口安吾も良い味出してました。太宰治作品にかけた演出もアツいです。作品のファンの方もきちんと楽しめる内容になっていると思います。
      筑紫(30代・女性)

      キャストを堪能できる映画

      三人三様の愛に引きつけられる映画

      とにかく小栗旬が魅力的な映画!勢いのある色気で様々な女性を引きつけてしまう一面もありつつ、女性にしか頼れなくなるどうしようもない弱さもあり、小栗旬が演じる太宰治に引きつけられます。それを囲む女性陣を見ているのもとても楽しい。天真爛漫で、自分が愛され相手の一番になることを当たり前のように感じている沢尻えりか、一見堅物のようだが狂気的なほどに小栗旬に執着し全てを捧げる二階堂ふみ、家庭を顧みない小栗旬に静かに少しずつ傷つきながら家庭を守る宮沢りえ、三人三様のキャストが見ていてとても面白い!また随所で花の艶やかさが際立つシーンがあり、さすが蜷川実花監督だなーと感じました。太宰治を題材としながらも、このキャスト・監督を堪能するための映画だと感じます。うまく物事が運んでいるときだけが良いときではなく、人は情けなくてもいいし、浮き沈みがあって当然、そのマイナスな面も魅力になるんだなと感じさせられました。
      おぼん(30代・女性)

      人は選ぶが、映像美、人間の生き様に興味がある人にとっては最高の作品。

      壮絶な人生を彩る殺到的な色彩美

      太宰治といえば『人間失格』、『斜陽』、『ヴィヨンの妻』等いくつもの名作を生み出したことで有名な文豪であることは皆さんご存知かと思います。一方で、彼は自殺願望があったこと女性関係が激しかったことなどでも知られています。この映画はこの彼の人間らしい一面が赤裸々に語られた作品です。太宰治の生き様が突き刺さってくるように感じました。それを際立たせているのが蜷川実花監督特有の圧倒的な色彩美。木製建築や和服、砂の地面など地味な色が多い時代の中で、場面のアクセントとして現れる色鮮やかな花の描写が目の裏に鮮明にのこります。太宰治と3人の女達の生々しい生き様と、それを彩る派手すぎるのではないかというくらい鮮やかな花々、どんどん画面に引き込ませていく作品です。
      MaRi99(20代・女性)

      妖艶かつ、女の強さとそれを振り回す男のヒューマンラブ

      それぞれの女性の強さ、妖艶さが色鮮やか

      監督が蜷川実花、ということでおそらく色鮮やかで美しい背景で描かれるのかなと予想しつつ、原作の大まかな内容を知った状態で映画を見ました。小栗旬演じる太宰治の自由人さがなんとも作家らしい印象を受けました。書くことが人生の全てという感じで、作品をより高度なものにするために愛人を作る太宰治。現代の日常生活において交際相手にされたら嫌なことですが、太宰治だったら許せてしまう…。出会う愛人の1人目、沢尻エリカ演じる太田静子の素直な少女のような素直さがなんとも愛らしかったです。2人目の二階堂ふみ演じる山崎富栄は素朴で温厚そうな女性に見えるにも関わらず本能のまま太宰治を求める感じがかなりギャップでした。何と言っても、宮沢りえ演じる本妻の強さ。自由奔放な太宰治を妻としていかなる時も支え、まだ幼い子供たちを守り抜く母の姿が魅力的でした。
      とっと(10代・女性)

      フィクションとは思えないくらいリアルを感じるスリリングな作品

      あの文豪の実話を元にした名作が現代に蘇る!
      まず最初に思ったことは、監督のセンスがキラリと光る作品であるということでした。小説では暗澹たるものが終始漂っていますが、破茶滅茶な生き方や数々の修羅場をありありとユーモラスに映し出すあたりは蜷川実花さんらしいなと感じました。また、主役の太宰を演じる小栗旬さんが本当に太宰に見えてくるので、全く違和感がありませんでした。ほかにも藤原竜也さんや宮沢りえさん、沢尻エリカさん、二階堂ふみさんと豪華キャストの演技力に脱帽させられてしまいました。本妻、愛人、死を共にする女、それぞれ三者三様の心模様とそれに振り回されて破滅していく太宰の交錯する葛藤が見事に表現されていると思いました。結末を知っているだけに、観ていて複雑な気持ちになりますが、一人の文豪が夜に送り出した不朽の名作の誕生秘話を知ることができてよかったです。
      ゆい(40代・女性)

      太宰の遺作「人間失格」の制作秘話を3人の女性を絡めて描いた作品。

      セクシーに描かれていた。
      太宰治がすごくセクシーに描かれていました。だらしない、どうしようもない男ですが、やはりそういう男には母性本能をくすぐられるのでしょうか。ダメな女たちだと思いつつ、彼女たちの気持ちがわからなくない、そんな気持ちになりました。とくに、二階堂ふみさんの演じた山崎富栄がすばらしかったです。最初は結婚してるのにって感じなのに結局は離れられなくなるところが女だなって感じです。私は太宰治のことは詳しくないのでよくわからないところもありましたが、太宰がその時に描いた作品なども出てきて、太宰ファンにはうれしいのではないでしょうか。また、三島由紀夫など、太宰治と同時期の作家も出てきて、本好きの心をくすぐるところがありました。
      マイ3(30代・女性)

      一度は聞いたことある太宰治の人生を美化しつつもしっかり描いている作品。キャストも豪華で映像も昔の風情も描かれていてお勧めです。

      太宰の人生と関わった女性たちについて考えさせられる
      この作品では小栗さん演じる太宰治に翻弄されている三人の女の様子を描いたもので、妻、愛人、最後を共にした女が出てきます。太宰は子供もいるのですがほかの女の人に手を出したりそのせいで失敗したり壮絶な女関係や最期まで書かれていておもしろかったです。妻で子供もいる賢い女、太宰に惚れないと思っていたけど惚れてしまって愛が重たい女、太宰に惹かれ愛人としての自分の幸せをつかむ女など、それぞれ立場も見た目も全然違うタイプの三人の女性の幸せとは、愛とはと考えさせられる作品です。個人的には三人の中でも妻がやはり強く子供のことも考えて一番太宰のことをわかっていそうだなと感じました。太宰もそんな妻のことをほかの女性と関係を持っていても愛していることには変わりがないのではないかと考えました。また、監督を蜷川実花さんがされてるので映像も綺麗で、色彩豊かな印象に残る映像美もありおすすめです。
      ワン(20代・女性)

      太宰治の作品とそれに振り回された女性のストーリーです。

      太宰治の駄目さ加減が飛びぬけてる。
      映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』を見て思ったのは、太宰治が女性と心中したという事件は知っていたけど、太宰治ってこんなに駄目な人間だったんだなと驚きました。はっきりいって人間のクズと言って良いほど自分勝手で弱く、自己中な人間だったんだなと映画を見ていて思いました。こんな駄目な人間にどうして女性が夢中になるのか不思議で仕方がありません。映画の中で太宰治の小説の執筆の様子なども描かれていましたが、口頭でそれを筆記させるというやり方が驚きました。筆記でいろいろ推敲してという感じではなく、太宰治自身の頭の中にすでにストーリーが出来上がっていて、それを記述しているだけだという感じがして、実際にそういう風に作品を執筆していたとしたら本当に天才的な頭脳と発想力の持ち主だったんだなと思いました。それにしても太宰治の駄目さ加減が飛びぬけていて驚いたというのが、一番の感想です。
      すぎ(40代・男性)

      わかりやすい展開で誰でも楽しめる作品

      女たちのラストに注目
      ラストシーンの美津子、静子、富栄を見どころに感じました。作中で美津子が目を通した太宰の遺書には「お前を誰よりも愛していました」と書かれていました。ラスト美津子がたくさんの涙を流す場面が印象的ですが、何人も愛人がいても一番に愛されていたことに感極まったのでしょう。さらに静子は太宰との間に念願の子どもを授かり、ラストシーンでは我が子を大事そうに抱いています。富栄は太宰が道端で意識を失って死にかけていたところを助けます。愛する人を助けられたことは富栄にとって幸せだったと思われます。太宰が亡くなる前と亡き後を観ていると、彼に愛された女たちはそれぞれ幸せだったのではないかと考えました。女たちのラストにぜひ注目したい作品です。
      E.I.(30代・女性)

      音声が無くても映像だけでも楽しめるような、すごく美しい世界観の作品

      共感はできないけれども面白い映画
      太宰治がどんな人かよく知らなくても1回でわかるストーリー。何よりも出演陣がすごく豪華。小栗旬、沢尻エリカ、二階堂ふみ、宮沢りえ。正直最初はキャスト目当てで観に行ったけれども、蜷川実花の世界観によって一気に魅了された。蜷川実花のイメージは「おいらん」のような鮮やかで華やかなものであったが、この作品は鮮やか・華やかというよりは落ち着いた・艶やかな印象。正直太宰治の生き方にも3人の女にも全く共感はしなかったけれども、それでも面白く、あっという間に見終わった。仕事終わりに映画館へ観に行ったが、難しい描写も無く、するすると内容が入ってくるのがよかった。シーンの一つ一つが1つの映像作品として成り立つような世界観を描いていて、それだけでも見る価値はあると思う。
      ミロカロス(20代・女性)

      二階堂ふみさんの大ファンになりそうな作品

      二階堂ふみさんの代表作
      太宰治の作品の中で最も好きで、最も理解することに時間がかかったのが人間失格でした。ですがこの映画を通して、太宰治を客観的に見ることができて、作品への理解がより深まったように感じました。3人の女たちとありますが、私にとってはもう二階堂ふみさんの演技力がすごすぎて…少女と悪女を併せ持つ表情、色気、そして男を翻弄させるような喋り方。全てが完璧すぎました。小栗旬さん演じる太宰治は、この二階堂ふみさんの役柄があってより一層深いものになったと私は確信しています。これはもう脚本及び演出の力の見せ所が良かったと言うしかないでしょう。作品全体もとても芸術的で、色鮮やかな中で堕ちていく主人公を見るのは心地よさすら感じました。
      オレンジ(30代・女性)

      演技も映像も楽しめる映画

      新しい太宰の視点
      太宰治に関するドラマやドキュメンタリーは色々ありますが、本作は太宰治にスポットをあてつつ、妻や不倫関係にあった女性たちにもスポットをあてた新しいタイプの作品です。ただ、本作は蜷川実花監督作品なので、映像と演技をを楽しむタイプ。完全ノンフィクションではなく、実話をベースにした感じなのでドラマ性もありつつ蜷川幸雄さん直伝の演出法を楽しめます。小栗旬さんや沢尻エリカさん、宮沢りえさんなどの演技派俳優が集結した作品しているため、大胆で繊細な演技が鑑賞でき、最初から最後まで色々な意味で華やか。本当の太宰治を知らない方にはちょっとショッキングかもしれませんが、新しい邦画を見たい方や刺激を求める方におすすめです。
      R13(30代・女性)

      人と映像の美しさを堪能しまくれる作品

      華麗なる映像美と俳優陣の凄み
      まず何といってもその映像美には圧倒されます。監督は写真家でもある蜷川実花なので、ぶっちゃけ映像の美しさのために観賞しても問題ないくらいです。場面場面に使われる色彩の鮮やかさに驚かされます。そしてもちろん、凄みは映像のカラフルさだけではありません。出ているキャストの布陣が完璧です。主演の太宰治ははっきり言ってクズ人間として描かれます。ですが、だからこそ醸し出される色気がたまりません。美男子であるのは当然ながら、その美貌を当たり前のように使って、浮気をばんばんします。それなのに憎めないキャラクターとなっているのは、キャラクターが突き抜けているからでしょう。その自然な演技に絆されること請け合いです。また、脇を固める女優さんたちも素晴らしい。誰もが太宰になびくのですが、それぞれの女性の仲の深め方も三者三様違ってそこも楽しむことが出来ます。妖艶な魅力がたくさん詰まっている映画です。ぜひともおすすめです。
      しみじみ(20代・男性)

      美しさと恐ろしさに彩られた女と男の愛憎劇

      美しさと恐ろしさの共存
      この作品は太宰治の半生を再編集し、写真家であり映画監督でもある蜷川実花の色彩に彩られています。歴史や文学に興味が無くても大丈夫です。美しい映像作品としても非常に価値が高いため、見ている間に世界観に引き込まれていきます。蜷川実花と言えば花のモチーフが有名ですが、本作でもその特色を余すこと無く発揮しています。助演女優の3人も美しく、それぞれに個性があります。物語は太宰と妻、2人の愛人が主軸になって展開していきます。太宰は大人の魅力と少年の様な愛らしさが描かれています。正妻は熟成された女性の哀愁が漂い妖艶です。若くて花がある愛人2人が、太宰の魅力に惑わされ人生を狂っていく姿には目を見張るものがあります。美しさの傍ら、太宰を巡って時に熱く時に冷たい女同士の争いが恐ろしく、魅力的な作品です。
      miu(20代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『人間失格 太宰治と3人の女たち』とあわせて、『人間失格 太宰治と3人の女たち』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      蜷川実花のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』のまとめ

      「人間失格 太宰治と3人の女たち」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「人間失格 太宰治と3人の女たち」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【12月27日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。