\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「地獄の黙示録 ファイナル・カット」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「地獄の黙示録 ファイナル・カット」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「地獄の黙示録 ファイナル・カット」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『地獄の黙示録 ファイナル・カット』ってどんな作品?

CGなしの壮大なスケールの映像と、衝撃的な迫力を体験してみませんか?

『地獄の黙示録 ファイナル・カット』は、フランシス・フォード・コッポラ監督が1979年に発表し、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した戦争大作「地獄の黙示録」を、没入感や臨場感を実現するなど長年望むかたちに再編集とデジタル修復した最終版です。

物語の舞台はベトナム戦争が激化する1960年代末、アメリカ陸軍のウィラード大尉が特殊任務命令を受け、カンボジア奥地で軍規に背いて独自の王国を築いているカーツ大佐の暗殺を遂行する、というストーリー。戦場の狂気的状況に正気を失っていく兵士たちや、あまりにも残酷で無残なベトナム戦争の闇を描いています。

主演のカーツ大佐は「ゴッド・ファーザー」でアカデミー主演男優賞受賞のマーロン・ブランド、ウィラード大尉を「ウォール街」のマーティン・シーンが演じます。

監督は「ゴッド・ファーザー」でアカデミー賞の作品賞を含む3部門を受賞したフランシス・フォード・コッポラ。上述のとおり、1979年に「地獄の黙示録」を発表し、カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞しています。

数々の伝説を残した戦争映画の傑作最終版『地獄の黙示録 ファイナル・カット』について、フル動画配信をスマホで無料視聴する方法やあらすじ、感想評価もあわせてご紹介します。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「地獄の黙示録 ファイナル・カット」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「地獄の黙示録 ファイナル・カット」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

\本日から【2月26日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2659円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「地獄の黙示録 ファイナル・カット」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『地獄の黙示録 ファイナル・カット』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

地獄の黙示録 ファイナル・カットの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「地獄の黙示録 ファイナル・カット」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2659円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpTELASAの4つのサービスで「地獄の黙示録 ファイナル・カット」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「地獄の黙示録 ファイナル・カット」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「地獄の黙示録 ファイナル・カット」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYA DISCAS TVトップ画像

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,659円(税込)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『地獄の黙示録 ファイナル・カット』の作品情報

      基本情報

      作品名地獄の黙示録 ファイナル・カット
      原題Apocalypse Now: Final Cut
      原作
      制作年2019年
      製作国アメリカ
      制作会社(配給会社)KADOKAWA 
      公開年(公開日)2020年2月28日
      上映時間(話数)182分
      公式サイトhttp://cinemakadokawa.jp/anfc/
      公式Twitter
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      CGなし、戦争映画の金字塔『地獄の黙示録』を再編集とデジタル修復した最終版『地獄の黙示録 ファイナル・カット』です。

      フランシス・フォード・コッポラが監督し、戦場の狂気と異様な光景に正気を失っていく兵士たち、残酷で無残なベトナム戦争の闇を描いて、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞しました。

      激化したベトナム戦争中、カンボジアのジャングルで軍規に背いて独自の王国を築くカーツ大佐の暗殺をアメリカ陸軍のウィラード大尉が特殊任務命令として遂行する物語です。

       

      1969年のカンボジア。ベトナム戦争も終わる頃になってアメリカ陸軍の将校ウィラード大尉はベトナムに戻ってきました。

      サイゴンで暇をつぶしながら指令を待っていたウィラード大尉は、情報司令部のコーマン中将と副官のルーカス大佐に呼ばれます。

      CIA諜報部員として要人暗殺の経験があるウィラード大尉に、元グリーンベレー隊長のカーツ大佐の暗殺指令が下りました。

      非常に優秀な軍人だったカーツ大佐は、ベトナム人を4人殺し正気を失って、軍規を破りカンボジアのジャングルに逃げ込み、現地人からは神と崇められて独自の王国を築いていると聞かされます。

      カーツ王国はヌン川の上流にあり、海軍の河川哨戒艇で川を上っていくよう指示されました。

      ウィラード大尉は河川哨戒艇のリーダー・ジョージ、元プロサーファーのランス、料理を修行していたジェイ、一番若いタイロンと国境へ向かいつつ、カーツ大佐の経歴を確認するのでした。

      空の騎兵隊・キルゴア中佐がナパーム弾で援護し、危険地帯を切り抜けて補給基地へ到着します。

      基地ではプレイメイトたちの慰問が行われていましたが、興奮した兵士の乱入で打ち切りに。

      その後、アメリカ軍の最終拠点ド・ラン橋に到着しましたが、敵の攻撃を受けてタイロンを失ってしまいました。

      なおもカーツ王国を目指して進めていきましたが、原住民の攻撃によって今度はジョージを失ってしまいます。

      その頃、ウィラード大尉は、自分と同じ任務を背負ったコルビー大尉がカーツ大佐と共にいる事を知りました。

       

      カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールだけでなく、アカデミー賞撮影賞と音響賞を受賞にも輝き、映画史に名を残す名作です。

      撮影時のオリジナル・ネガフィルムの映像を初めて使用し、最新のデジタル修復を施したことで、暗い場面でも細部まではっきりと見えるクリアな映像になりました。

      また、音声は劇場公開版のプリントマスターが使用したことで、ヘリコプターや投げ槍の音、爆発やナパーム弾の音などが迫力あるサウンドで復活し、コッポラ監督も納得の出来栄えです。

      コッポラ監督は『公開した当時は、戦争映画としては異色でシュールだったが、今見れば少しもおかしくない』『40年を経て最高の形になった』と自分の好きな新バージョンの本作に自信を見せました。

      出演者もマーロン・ブランドやデニス・ホッパーら今は亡き名優に加え、ローレンス・フィッシュバーンやハリソン・フォードなど今も活躍する面々の若かりし頃が見られることも、見どころの1つですね!

      圧倒的なスケールでCGを使わない本物の迫力が、ラストへ向かってどんどん増していく『狂気』の光景と『いつ殺されるわからない』という不安を描いた本作は、今見ておくべき映画となっています。

      キャストとスタッフ

      映画『地獄の黙示録 ファイナル・カット』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ウォルター・E・カーツ大佐:マーロン・ブランド
      • ビル・キルゴア中佐:ロバート・デュヴァル
      • ベンジャミン・L・ウィラード大尉:マーティン・シーン
      • タイロン・“クリーン”・ミラー:ローレンス・フィッシュバーン
      • ルーカス大佐:ハリソン・フォード
      • 報道カメラマン:デニス・ホッパー
      詳細を見てみる

      主演のカーツ大佐役、マーロン・ブランドはアメリカ、ネブラスカ州出身です。

      この投稿をInstagramで見る

       

      CINEMORE(@cinemore_official)がシェアした投稿

      1950年『男たち』(日本未公開)で映画デビューし、『欲望という名の電車』で世界的な大スターになりました。

      『乱暴者』で反抗的な若者を演じ新しいタイプのスターとして大注目されます。

      当時は革ジャンとジーンズでオートバイにまたがるスタイルは若者にとって革新的だったようです。

      『波止場』でアカデミー賞主演男優賞受賞

      『ラストタンゴ・イン・パリ』と『ゴッドファーザー』に出演。ゴッドファーザーの老け役でアカデミー主演男優賞に選ばれたが、人種差別への抗議を理由に受賞拒否し、話題になりました。

      その後、『ミズーリ・ブレイク』、『地獄の黙示録』、『D.N.A』、『ブレイブ』に出演。

      『地獄の黙示録』では原作・脚本のカーツ大佐とは全く違った外見、法外なギャラ要求と契約・演技態度などにより、コッポラ監督を大変、悩ませたそうです。

      数あるハリウッド俳優の中でも大胆不敵、超個性的な人だったのですね。

      1978年『スーパーマン』では、ギャラの高い俳優世界一としてギネス記録に残ります。

      2004年に呼吸不全と心不全によって亡くなりました。遺作は、2001年『スコア』です。

      生きておられたら、すごくカリスマ的な演技を披露してくれていたことでしょうね。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:フランシス・フォード・コッポラ
      • 製作:フランシス・フォード・コッポラ
      • 共同製作:フレッド・ルース、グレイ・フレデリクソン、トム・スターンバーグ
      • 脚本:ジョン・ミリアス、フランシス・フォード・コッポラ
      • 撮影:ビットリオ・ストラーロ
      • 美術:ディーン・タボウラリス
      • 編集:リチャード・マークス
      • 音楽:カーマイン・コッポラ、フランシス・フォード・コッポラ
      • 音響デザイン:ウォルター・マーチ
      • ナレーション:マイケル・ハー
      詳細を見てみる

      フランシス・フォード・コッポラ監督はアメリカ、デトロイト出身です。

      1961年、カリフォルニア大学(UCLA)映画コース在学中に監督作「グラマー西部を荒らす」を発表。1962年に「ディメンシャ13」で長編映画監督デビューします。

      『雨のニューオリンズ』、『パリは燃えているか』、『禁じられた情事の森』などの作品の脚本を執筆しました。

      ワーナー・ブラザースで、第1作の『THX 1138』で酷評され、契約を破棄されてしまいます。

      その後、1972年「ゴッドファーザー」が世界的ヒットし、第45回アカデミー賞で作品賞を含む3部門を受賞「ゴッドファーザー PART II」も、第47回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞を受賞

      1979年の『地獄の黙示録』はカンヌ国際映画祭グランプリを獲得します。

      この頃のコッポラ監督は飛ぶ鳥を落とす勢いだったでしょうね。

      『ドラキュラ』を監督してからは、製作者としての活躍を中心としておられます。

      父は音楽家のカーマイン・コッポラ、妹は女優のタリア・シャイア。息子のロマンと娘のソフィアは映画監督、甥は俳優のニコラス・ケイジ。

      映画業界で活躍する血筋の一族ですね。

      口コミ・感想・評価

      「地獄の黙示録 ファイナル・カット」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも地獄の黙示録 ファイナル・カットを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      黒ばかり

      黒から出てくる光や黒から出てくる炎などすべてのシーンの始まりが黒から始まるものばかりで黒をイメージしたホラー的映画だと感じました。黒のイメージしっかりと印象に残っていてこの映画を表すには黒としかいうことができません。ベトナム戦争を描いた作品ですが、戦争はここまで人を黒くさせるのか戦争で頭がおかしくなってしまいその人には色が黒しかなくなってしまったのかなどたくさんの意味を持っているんだろうと個人的には感じました。映像だけではなく音響もその場にしっかりとあっていて緊迫感がでていました。鳥肌が立つシーンもかなり多く怖いと感じる場面ばかりでした。しばらくは黒色がだめになりそうです。しかし、戦争のことを知るには一番の映画です。
      すず(20代・女性)
      詳細を見てみる

      ベトナム戦争を題材にした作品

      戦争などちょっと怖めな作品でした。

      戦争を初め、いろいろと怖いものを表現したような作品でCGを使っていないと後で知ったのでクオリティを考えるとかなり高いような気がするほど衝撃的な作りになっていると思えました。ヘリコプターなんて作り物だと感じましたが迫力がしっかりあり、追撃していくシーンも疾走感みたいなものが展開されているのでドキドキしながら観れると思います。銃撃戦やアメリカ軍が圧倒的な雰囲気で一気に攻めこんでくるシーンなんかはもう圧巻で言葉を失ってしまいましたが戦争にはやはり犠牲がつきものというか何ともいたたまれない気持ちが出てきてどこか複雑な思いもよぎる作品でした。スリリングな内容にはなっていますが、作品として観る分には十分面白い個性的な内容になっています。
      GJA(30代・男性)

      上流も下流も狂っている戦場を、オリジナル・ネガフィルムを用いてデジタル修復した映像で体験する。

      この戦場ではまともではいられない

      東南アジアの戦場で彼の王国を築いてしまったカーツ大佐を暗殺する密命を受けたウィラード大尉と彼を運ぶ哨戒艇の兵士たちの、河をいわば地獄へとさかのぼっていく旅の物語です。下流では戦争の欺瞞あるいは狂気をサーフィン狂のキルゴア中佐が体現していますが、河をさかのぼるにつれて、欺瞞と狂気が戦場に蔓延していくようです。そこで生き残るには体を保護色に塗り、心を狂気によって保護しなければならないのかと思えます(ウィラードとカーツの見かけが似てくる)。「劇場公開版」から「特別完全版」に追加されながら「ファイナル・カット」から消えたのは主にプレイメイトたちが兵士に体を売るシーン。惜しいようですが、戦争よりも彼女たちの生きるアメリカ社会について考えさせてしまうシーンであったと思います。戦争の狂気という問題に「ファイナル・カット」の方がいっそう収れんしているようです。
      じゃやーなか(50代・男性)

      ベトナム戦争の狂気世界を追体験する作品

      ベトナム戦争映画の先駆け

      ズバリこの映画の感想は、人間の狂気がこの世で一番恐ろしい!です。登場人物は皆、戦場の狂気的状況に正気を失っており、ベトナム戦争とはこんなにも無残な世界であったのかとあらためて考えさせられる。ワーグナーの「ワルキューレの騎行」をBGMに空挺ヘリ部隊がベトナムの村を攻撃する名シーンは劇場の大スクリーンで観る価値ありです。そして豪華キャストも見どころのひとつです。カーツ大佐をマーロン・ブランド。キルゴア中佐(サーフィンをするために敵部隊を村ごと焼き払うサーフィン狂)をロバート・デュヴァル。主役のウィラード大尉をマーティン・シーン。ルーカス大佐をハリソン・フォード(若い!)。報道カメラマンをデニス・ホッパーといったところです。
      ぽこ(40代・男性)

      「ヒーローが悪を倒す」というような勧善懲悪で、ありきたりな映画に飽きた人たち、また、良い者・悪いものが入り混じったような人間・世界を描いた映画が好きな人にオススメな作品。

      極限下での人間のカオスが見たいなら・・・

      監督のコッポラが言うように、この映画では戦争の恐怖や狂気だけでなく、そこに存在する人間の嘘や道徳的ジレンマまでもが映し出されています。助演男優賞も獲得した名優ロバート・デゥバル演じるアメリカ軍ギルゴア大佐は、ラジオカセットからワルキューレを爆音で流し、サイゴンの森にナパーム弾を投下します。そしてナパームのカラフルな煙が立ちのぼる中で、サーフィンに興じようとする。あの有名なシーンです。時代の善と悪の両面。ファイナルカット版ではそうした面が一層強調されています。若い兵士たちの士気を鼓舞するために、サイゴンの森に投下される肌を露出した大量の踊り子たち。ドアーズとストーンズの音楽がそうしたカオスを的確に表現しています。そしてそのカオスは、ベトナム戦争のカオスというだけでなく、天才コッポラ自身のカオスでもあります。『地獄の黙示録』は、コッポラによる、壮大で芸術的なプライベートフィルムだと感じました。
      shuichiro(20代・男性)

      より豪奢になったワルキューレが騎行してくる作品。

      一番好きな地獄の黙示録です。

      フランシス・フォード・コッポラの手によって1979年に公開された名作「地獄の黙示録」。公開40年記念のリマスター版になります。物語の内容を端的に話せば「ベトナム戦争の狂気を描いた」等という陳腐な表現になってしまうのですが、この作品は徹底して「映像」と「音」による表現にこだわっており、単純に映像作品として非常に高い評価を受けた作品となっています。その作品の根幹である「映像」と「音」がリマスタリングという事は、他の作品のリマスターよりも深い意義があり、作品の質をより一層引き上げる事に成功しているのです。ドラマを追いかける様な作品ではありませんが、ドンパチ嫌いな方にもぜひ一度、とオススメしたい作品です。180分と割と長尺なので注意しましょう。
      れぶなな(30代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『地獄の黙示録 ファイナル・カット』とあわせて、『地獄の黙示録 ファイナル・カット』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      マーティン・シーンのおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『地獄の黙示録 ファイナル・カット』のまとめ

      「地獄の黙示録 ファイナル・カット」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2659円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「地獄の黙示録 ファイナル・カット」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【2月26日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年4月 時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。