\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「武士の家計簿」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「武士の家計簿」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「武士の家計簿」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『武士の家計簿』ってどんな作品?

映画『武士の家計簿』は、歴史学者の磯田道史さんの著書『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』を原作にした映画です。

原作はノンフィクションで、加賀藩の下級藩士の家に残された、約37年間の入払帳や書簡から日常風景や風習を分析しています。金銭の出し入れから当時のことを知るのは面白そうですよね。

映画は2010年に公開され、藩内の政争や幕末の動乱に巻き込まれていく父子の様子を堺雅人さんと伊藤祐輝さんが演じています。ぴあ初日満足度ランキングでは第3位を獲得し、特に地元の石川県では注目度が高かったようです。

サムライ・シネマ『武士の家計簿』のフル動画無料視聴方法、あらすじや感想評価をご紹介します。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「武士の家計簿」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「武士の家計簿」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【12月28日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「武士の家計簿」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『武士の家計簿』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

武士の家計簿の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「武士の家計簿」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpの3つのサービスで「武士の家計簿」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「武士の家計簿」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「武士の家計簿」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『武士の家計簿』の作品情報

      基本情報

      作品名武士の家計簿
      原題
      原作武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新
      制作年2010年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)アスミック・エース、松竹
      公開年(公開日)2010年12月4日
      上映時間(話数)129分
      公式サイト
      公式Twitter
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      原作、「武士の家計簿(加賀藩御算用者)の幕末維新」を映画化した、家族の物語です。

      刀ではなくそろばんで家族を守った侍、猪山直之を境雅人さんが演じ、「家族ゲーム」で芸術選奨新人賞を受賞した森田芳光監督がメガホンを握りました。

      そろばんバカと呼ばれた下級武士が、妻の支えを得ながら、一家と藩の財政を切り盛りしていく姿を描いた、異色時代劇です。

       

      幕末から明治、激動の時代を知恵と愛で生き抜いたある家族が居ました。

      代々加賀藩の御算用者(経理係)として、財政に携わってきた下級武士の猪山家八代目直之は、家業のそろばんの腕を磨き出世していきます。

      しかし、親戚付き合いや、養育費、冠婚葬祭と、身分が高くなるにつれ出費も増えるという、武家社会の構造的な問題に直面した直之は、「家計立て直し」を宣言し、家財を売り払い、妻のお駒に支えられつつ、家族一丸となって倹約生活を実行していくことになります。

      見栄や世間体を捨ててでも直之が守りたかったもの、我が子に伝えたかった思いとは一体何だったのでしょう……。

      時流に惑わされることなく、つつましくも堅実に生きた猪山三世代にわたる親子の絆と家族愛を描いた物語です。

       

      今作は、時代劇でありながら殺陣のシーンは一切なく、聞こえてくるのは刀と刀のぶつかる音とは異なり、そろばんを弾くパチパチとした音だけという、まさに異色の時代劇です。

      近年よく耳にするようになった「断捨離」という言葉ですが、この作品にはまさにそのお手本となる、質素ながらも満ち足りた生活のヒントが数多く散りばめられています

      森田監督自身も、これまでの時代劇に無い、新しい視点で武士の生活を描くことにこだわっており、一尾の魚を有効活用し、家族団らんでお膳を囲む姿や、手書きの碁盤で囲碁に熱中する姿など、知恵と愛情あふれた暮らしをユーモアを交え表現することに力を入れたそうです。

      主演の堺さんは、そろばん初心者だったにもかかわらず、名人級の先生から指導を受け、自宅でもひたすら自主練を行い、作中では見事なそろばん捌きを披露しています。

      そろばんの腕で昇進した直之が、その腕前を披露するシーンは一見地味そうに見えますが、圧巻でした

      先行き不透明な現代だからこそ見て欲しい、私たちの生活にも通ずるものがある、幕末維新の激動の時代を、たくましく生き抜いた主人公一家の姿に胸を打たれる作品です。

      一度こうすると決めたことは曲げない、直之の倹約に対する姿勢に、ちょっと節約してみようかな?断捨離もたまにはいいかな?と思わせてくれる映画なので、浪費家でもそうでない方も、ぜひ一度ご覧になってみてください

      キャストとスタッフ

      映画『武士の家計簿』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 猪山直之:堺雅人
      • 猪山駒:仲間由紀恵
      • 猪山常:松坂慶子
      • 西永与三八:西村雅彦
      • おばばさま:草笛光子
      • 猪山信之:中村雅俊
      • 猪山成之:伊藤祐輝
      • 猪山政:藤井美菜
      • 嶋田久作
      • 宮川一朗太
      • 小木茂光
      • 茂山千五郎
      詳細を見てみる

      堺雅人さんは、1992年、早稲田大学在学中に劇団『東京オレンジ』の旗揚げに参加し、看板役者として活躍。「小劇場のプリンス」と呼ばれていたそうです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      yamato(@sakaimasato_fan_actor)がシェアした投稿

      2004年、NHK大河ドラマ『新撰組!』の山南敬助役で注目され、映画『壁男』で初主演し、『アフタースクール』、『クライマーズ・ハイ』、『南極料理人』、『ゴールデンスランバー』など多くの映画に出演。

      テレビドラマ『リーガルハイ』、『半沢直樹』などの大ヒットで、国民的俳優となり、NHK大河ドラマ『真田丸』では主人公の真田信繁を演じました。本作では、日本アカデミー賞優秀主演男優賞などを受賞しています。

      仲間由紀恵さんは、1995年、ドラマ『日本一短い母への手紙2』でデビュー。2000年、テレビドラマ『TRICK』でブレイクし、その後主演した『ごくせん』シリーズで人気を確かなものにしました。

      この投稿をInstagramで見る

       

      @nkmyukiefanがシェアした投稿

      2006年、NHK大河ドラマ『功名が辻』で主演を務め、2008年『私は貝になりたい』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。2011年『美しい隣人』で悪役を演じ、新たな魅力を開花させました。

      紅白の司会を4回務めるなど、幅広く活動しています。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:森田芳光
      • 原作:磯田道史
      • 脚本:柏田道夫
      • エグゼクティブプロデューサー:飛田秀一、豊島雅郎、野田助嗣、原正人
      • プロデューサー:元持昌之
      • 音楽:大島ミチル
      • 撮影:沖村志宏
      • 照明:渡辺三雄
      • 録音:橋本文雄
      • 編集:川島章正
      • 美術:近藤成之
      詳細を見てみる

      監督の森田芳光さんは、大学時代から自主映画を制作し、1978年『ライブイン・茅ヶ崎』でぴあフィルムフェスティバルのPFFアワードに入選しました。1981年、『の・ようなもの』で長編映画監督デビュー。

      1983年、松田優作さん主演の『家族ゲーム』で芸術選奨新人賞などを受賞し、高い評価を獲得。製作総指揮を務めたオムニバス映画『バカヤロー! 私、怒ってます』では、当時新人だった中島哲也監督や堤幸彦監督を起用しました。

      ベストセラー小説を映画化した『模倣犯』や『失楽園』は大きな話題となり、また、オリジナル脚本の『わたし出すわ』や『(ハル)』では独特の世界観を作り上げています。

      2011年12月20日、急性肝不全のために急逝。2012年公開の『僕達急行 A列車で行こう』が最後の作品となりました。日本アカデミー賞優秀監督賞、ブルーリボン賞監督賞などを様々な作品で受賞しています。

      脚本の柏田道夫さんは、『桃鬼城伝奇』などの歴史小説の執筆や、シナリオの講師などもしています。本作の他に『一茶』、『武士の献立』、『二宮金次郎』などの映画の脚本を書いています。

      口コミ・感想・評価

      「武士の家計簿」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも武士の家計簿を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      江戸時代の奮闘を描写した日常的作品

      作品としてはキレイな印象がありました。

      江戸時代の終わり頃を舞台にしている作品て借金の返済に奮闘しながらもめくるめく幕末の世界を生き抜いていく人間達の生活を展開させていく物語ですが、あまり作品全体に盛り上がりというか起伏みたいなものが感じられなかったので2点とさせていただきました。その当時を表現するという意味合いとしてはクオリティが高く演技面でも整えられた印象は受けましたが、肝心の役者さんがあまりにきれい過ぎるためなのか逆に美化された作品内容に感じられました。もう少し崩してもいいんじゃないかなと思えるところがあり、仲間由紀恵さんに至ってはただの美人な日本女性という雰囲気がみなぎっていてちょっと逆に作品のテイストにマッチしていないような気がしました。たた堺雅人さんのセリフ展開については相変わらずの圧巻でした。
      GJA(30代・男性)
      詳細を見てみる

      堺雅人さんファン必見の家族ドラマ、実在の家計簿から生まれた作品

      見栄や世間体を捨てても家族を守り抜く男らしさを、堺雅人が熱演!!

      堺雅人さんファンでしたら必見の映画!幕末から明治にかけた激動の時代を家族と力をあわせて生きぬく、加賀藩経理係の武士、境雅人さん主演の作品です。刀ではなく「そろばん」で家族を守った堺雅人演じる武士猪山直之は、家財道具を一掃しそれらを借金の返済にあてることを決断する。妻である仲間由紀恵さんや、母役を演じる松坂慶子さんなど豪華キャスティングなのも見所のひとつ!!猪山家の人々が一丸となって倹約生活を実行していく家族ドラマですが、実際に実在した家計簿をもとにつくられた作品という所も興味深いですね。見栄や世間体を捨てても誠実を通し家族を守りぬく強さを、直之を通し堺雅人さんの男らしさ、父親らしさが垣間見れるのは間違いないでしょう。
      miffy_03(40代・女性)

      良くも悪くもクソ真面目な作品

      真面目すぎるのが欠点な映画

      堺雅人、仲間由紀恵と大河ドラマ出演歴のある有名俳優、女優で固められた主演陣はさすがのキャリアともいうべき演技力を発揮しています。物語のテーマは「あちらを立てればこちらが立たず」です。なぜ武士の家計簿なのかというとストーリーの大筋が、借金が膨れ上がった武家が借金を整理するために家の中にある物を売却、収入、支出を記述する入払蝶をつけ始めたことに由来します。倹約すれば、メンツが立たず、メンツを立てれば借金がかさんでいくというジレンマがこの物語のテーマです。そこがメインのためか、感動的な人間ドラマやコメディーというよりかはどちらかというとノウハウや当時の経理システムを理解してへぇ~と思うような作品に終始している感じがしてエンターテイメント作品としてはやや物足りなさを感じざるを得ませんでした。
      ドラゴンハート(30代・男性)

      お金ないのに結婚式!お葬式!武士の節約術が勉強になる映画

      チクリとくる算盤侍の静かな戦い

      猪山家の家計が逼迫してしまったのは、戦をしなくなったのに武士の華やかだった時代をまだ引きずっていたからじゃないでしょうか。武士が刀を使わず事務方の仕事をするようになった幕末期には、よく見られた状態なのかもしれません。「友禅の着物を手放したくない」とゴネる母はその象徴の様だと感じました。他家への体裁を保ちたいと考えてしまいがちなところや、直之が子どもと「来月分からの前借は手段としてどうなのか」と問答する場面は、現代の中流家庭にも似た景色がありそうでチクリとさせられます。算盤侍としての細かな計算の結果、経費がおかしいと指摘しても上が取り合わないというのは、いわゆる裏金ですよね。個々が苦労しているにも関わらず政治の世界では裏金が動いていて、誰かが楽々と得をしているなんて!幕末の時代と武士の生活を覗き見しながら、人間って時代を経ても変わらないんだななんてことも考える映画です。
      ぼん(40代・女性)

      小さな数字にまでこだわり家計簿といった形で家を守った男のお話。

      時代劇とは違った武士の日常

      時代劇と言ったらやはりちゃんばら、刀を片手に立ち回る姿や印籠・桜吹雪を出して平伏させる姿がすかっとします。でもそれとはまったく異なるこの映画、地味ですがこれもまた江戸時代の武士の姿であり興味深く見ることが出来ました。不況の時代に家計をやりくりする世の奥さん方にはきっと高い共感を呼ぶ作品だと思います。ただ、男性が見ても面白さはいまいち分からないかもしれません。むしろ、「昔は男の人だってそろばん片手に節約を頑張っていたのよ」と奥さんに言われる事必至なので避けて通りたい映画となるでしょう。でも理論的に突き詰めていくのは男性こそが合っていそう。男性が外で働いて女性は家事といった世の中だったとはいえ、こういった仕事を任される武士がいたというのは納得できる部分も多々あります。
      ソニー(40代・女性)

      見ているだけでほっこりした気持ちになれる作品

      非常に斬新

      「武士の家計簿」は幕末の武士の生活を読み解いた磯田道史氏の同名著作が原作の映画です。「武士は食わねど高楊枝」なんて言葉があるように武士はとにかく見栄を張るモノといったイメージが強かった分タイトルから意表を突かれた感じになりました。そしてストーリーは出世したことで出費が増えて家計が窮地に追いやられたので倹約生活をするといった内容です。地味な映画なの?と設定だけでツッコミどころ満載の作品ですが、実は堺雅人と仲間由紀恵が夫婦役を演じていて、出演陣は豪華です。それに激動の時代に家族で助け合って断捨離をして、堅実に生きていく姿にほっこりしました。幕末と言えば新選組が活躍した時代ですが、それと真逆の殺陣シーンはなくそろばんの音が鳴り響くシーンはある意味斬新でした。
      イック(40代・女性)

      その他ネットの口コミ・評価・感想

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『武士の家計簿』とあわせて、『武士の家計簿』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      松坂慶子のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『武士の家計簿』のまとめ

      「武士の家計簿」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「武士の家計簿」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【12月28日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。