\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『ハリーポッターと謎のプリンス』ってどんな作品?

『ハリーポッターと謎のプリンス』は、2009年に公開された映画で、J・K・ローディングの著者であるファンタジー小説シリーズ『ハリーポッター』の第6巻を原作として製作されました。

今作は、ホグワーツ魔法魔術学校の6年生になった主人公の魔法使いハリー・ポッターが、邪悪で凶悪なる魔法使いヴォルデモートとの最終対決に向けて、ヴォルデモートの過去や弱点を模索する一年間が描かれています。

シリーズの大人気キャラクターであるハーマイオニーを演じる、エマ・ワトソンは当初今作への出演続投に対してあまり乗り気ではなかったそうですが、最終的にはハーマイオニー役を続投することを決めたそうです。

今でこそ、ハーマイオニーと言えばエマ・ワトソン!ですが、こんな裏話があったとは意外ですよね!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月26日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

ハリー・ポッターと謎のプリンスの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpTELASAの4つのサービスで「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本も無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の作品情報

      基本情報

      作品名ハリー・ポッターと謎のプリンス
      原題Harry Potter and the Half-Blood Prince
      原作ハリー・ポッターと謎のプリンス(J・K・ローリング)
      制作年2009年
      製作国アメリカ
      制作会社(配給会社)ワーナー・ブラザース、ヘイデイ・フィルムズ
      公開年(公開日)2009年7月15日
      上映時間(話数)153分
      公式サイト
      公式Twitterhttps://twitter.com/wizardingw_jp
      公式Facebookhttps://ja-jp.facebook.com/harrypotterjp/
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      ヴォルデモートの過去と弱点に迫る本作は、ハリー、ロン、ハーマイオニーの恋が大きく動き、多くのハリポタファンを魅了する重要な作品です。

      今後に続く非常に多くの伏線が隠されてる作品でもあります。要チェックですね!

      ホグワーツ魔法魔術学校の6年生となったハリー・ポッター。史上最悪の魔法使いであるヴォルデモートが復活し、激しい攻撃によって、異常気象や異変が続きました。このことを憂うダンブルドア校長は、なんとかしてヴォルデモートを倒す方法を見つけようと考えていました。ハリーも居合わせる中、ダンブルドア校長は以前、学生時代のヴォルデモートを教え子に持つホラス・スラグホーンに、魔法薬学教授として再び教鞭をとるように説得しました。その後、ダンブルドア校長はハリーに、「これから一年間、自分の個人レッスンを受けてほしい」と頼みます。ダンブルドア校長に依頼されて、魔法を使い、ヴォルデモートと初めて会った時のダンブルドア校長の記憶をハリーは見ます。

      ヴォルデモートことトム・リドルはウール孤児院にいた、変わっていることで孤立している少年でした。ダンブルドア校長は彼に、魔法の使い方と制御を身につけるためにホグワーツへ来いと、声をかけます…。また、ハリーはスラグホーンの授業で元生徒の寄贈による古い魔法薬学の教科書を手に入れます。そこには「半純血のプリンス」と署名されていました。その教科書には、魔法薬学以外にもさまざま魔法に対する書き込みがあり、やがてハリーは次第にその教科書に夢中になっていきます…。

      本作は映画評論家たちからは概ね高評価を受け、デヴィット・イェーツ監督の演出が賞賛され、ジム・ブロードベントの演技は「完璧」と評価されました。

      本作は、アカデミー賞やグラミー賞などの様々な部門にノミネートされ、MTVムービー・アワードの悪役賞をトム・フェルトンが受賞。

      また、全世界では9億3441万6487ドルを売り上げ、これは『アバター』に次いで2009年で2位、歴代19位の成績です。素晴らしいですね。

      また、海外での映画タイトルは、作中に出てくる教科書にちなみ「harf blood price」ですが、日本では「半純血」が差別用語に当たるとのことで、タイトルが「謎のプリンス」と意訳されています。

      キャストとスタッフ

      『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ (小野 賢章)
      • ロン・ウィーズリー … ルパート・グリント (常盤 祐貴)
      • ハーマイオニー・グレンジャー … エマ・ワトソン (須藤 祐実 )
      • ホラス・スラグホーン … ジム・ブロードベント (森 功至)
      • ベラトリックス・レストレンジ … ヘレナ・ボナム=カーター (高乃 麗 )
      • ルビウス・ハグリッド … ロビー・コルトレーン (斉藤 志郎)
      • アルバス・ダンブルドア … マイケル・ガンボン (永井 一郎 )
      • セブルス・スネイプ … アラン・リックマン (土師 孝也)
      • ドラコ・マルフォイ … トム・フェルトン (三枝 享祐)
      詳細を見てみる

      主人公ハリー・ポッターを演じるダニエル・ジェイコブ・ラドクリフ(Daniel Jacob Radcliff)は、ロンドン南西部にあるフラム出身で1989年7月23日生まれ。

      この投稿をInstagramで見る

      はんちゃん(@lady_____bug)がシェアした投稿

      イギリスの俳優として活躍していますが、俳優になったきっかけは彼が協調性運動障害を抱えていることもあり、学校生活がうまくいかず自分が心置きなく活躍できる場所を作るためだったそうです。

      1999年にドラマ『デビッド・コパフィールド』でデビュー。

      その頃に世界的人気小説となっていた『ハリーポッター』の映画化が構想されていましたが、オーディションが行われるも、なかなかハリーのイメージにある少年が見つからず難航していました。

      ですが、ある日ラドクリフが両親とともに芝居を観に行った際に偶然居合わせたスタッフがオーディションへの参加を促し、見事ハリー役に選出。

      シリーズ映画一作目である『ハリーポッターと賢者の石』は日本でも大ヒット作品となり、ラドクリフが来日した際には、ハリーの姿をひと目見ようと多くのファンが空港に押し寄せたそうです!

      この投稿をInstagramで見る

      (@yurika_s22)がシェアした投稿


      当初の映画製作陣の予定では、シリーズ2作目以降は主人公の成長に合わせて代役をたてる予定でしたが、あまりにもハリー役にラドクリフがはまっていたことや、彼が大人気となったことを受けシリーズ最終作まで続投されました。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:デビッド・イェーツ
      • 製作:デビッド・ハイマン、デビッド・バロン
      • 製作総指揮:ライオネル・ウィグラム
      • 原作:J・K・ローリング
      • 脚本:スティーブ・クローブス
      • 撮影:ブリュノ・デルボネル
      • 美術:スチュアート・クレイグ
      • 衣装:ジェイニー・ティーマイム
      • 編集:マーク・デイ
      • 音楽:ニコラス・フーパー
      • テーマ曲:ジョン・ウィリアムズ
      • 視覚効果監修:ティム・バーク
      詳細を見てみる

      原作者であるJ・K・ローディング(J. K. Rowling)は、イングランド・グロスタシャー州の出身で1965年7月31日生まれです。

      この投稿をInstagramで見る

      J.k. Rowling FC(@jk_rowling_club)がシェアした投稿


      J・K・ローディングはペンネームで、本名はジョアン・ローリング。

      イギリスの女性小説家兼脚本家で、代表作である『ハリーポッター』シリーズは世界的大ヒット作品となっていて、数々の賞を受賞し、累計4億部以上の本が出版されています。

      この記録は、史上最も売れたシリーズ作品となっていて、劇場版シリーズは2019年の時点で世界歴代12位の興行収入を記録しています。

      2007年7月21日にシリーズ最終巻となる『ハリーポッターと死の秘宝』が発売。

      2016年に公開された今作のスピンオフ作品となる『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』では、脚本も担当。

      この投稿をInstagramで見る

      natsuking(@natsuking3)がシェアした投稿


      彼女の年収は約1億2500万ポンドと言われていて、日本円にするとなんと約182億円になり、歴史上最も多くの報酬を得た作家となっています。

      2007年1月に経済誌フォーブス誌が発表したエンターテイメント界で活躍する女性で資産の多い女性トップ20で総資産1210億円で2位にランクインしていることからも、彼女の作品がどれだけ人気なのかが伺えますね!

      口コミ・感想・評価

      「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもハリー・ポッターと謎のプリンスを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      ハリーポッター達がついに核心に迫る作品。

      とてもダークな雰囲気漂う6作目

      ハリーポッターシリーズ第6作目、第6作目となるとハリー達もかなり大人になり逞しくなります。しかし、ハリー達の成長が見られる分、この作品は今までのシリーズとは比べ物にならないくらいダークな雰囲気です。悪役で最大のボス「ヴォルデモート」が完全復活しているため、それに対抗するためにハリー達も修行し成長します。そして、この作品では「ヴォルデモート」の弱点がついに判明します!6作目でやっと…という感じかもしれないですが、そこから大きな展開を迎えます。正直、ラストがあまりに衝撃でした。まさかあのキャラクターが…ってなります。序盤からラストの結末までとても重苦しいですが、次の死の秘宝に大きく繋がりますので、ぜひ観てください!
      アンダンテ(20代・男性)
      詳細を見てみる

      名作シリーズのじゅうような転換点となる作品。

      主人公は校長先生。

      10代の頃に賢者の石を見て以来、ハリーポッターシリーズは新作が公開されるたびに必ず視聴するようにしていました。さすがシャーロック・ホームズの国のイギリス作品らしく、毎回上質のミステリーのような巧妙な伏線に基づいた謎解きが展開されるのですが、今回の作品はその中でも意外性という意味においてずば抜けていたと思います。特に今回の話では、今まで陰からハリーを支え続けてきたダンブルドア校長先生が全面にクローズアップされ、ハリーと多くの時間行動をともにします。ハリーを守るために様々な苦難を自ら引き受けるダンブルドア校長の姿には感動させられずにはいられません。最後には誰しもが予想していなかった運命にダンブルドアが見舞われることになり、思わず涙してしまいました。最終作となる「死の秘宝」へと続く重要な伏線が数多く散りばめられた必見の作品です。
      みきたに(30代・男性)

      ハリーとドラコの本格的なバトルがみれるシーン

      真相に近づく

      ファンタジーなだけでなくどんどん物語の本筋に近づいてきたストーリーでした。入学したての頃は気の合わない友達のようなハリーとドラコも本格的に敵対チームになっていき、重いストーリーになっていった印象です。わたしは重めのストーリーの中にたまにでてくる幸運の液体のシーンや、惚れ薬を使うシーンなどのハリーたちが学校生活を楽しんでいるときがとてもすきなので今回もそのシーンで楽しめました。トイレでのハリーとドラコの決闘シーンでは序盤だとただの嫌な子だったドラコも親のために生き残るために必死で頑張っていたんだなと思いだんだんかわいそうになってきました。シリーズを通して、暖色系の洋服やインテリアが並んでいた前半と比べて寒色系で冷たい雰囲気のする後半でした。
      もちのん(20代・女性)

      疑心暗鬼になるダークストーリー

      だんだんと近づくあいつ

      ハリーポッターシリーズ6作品目「謎のプリンス」。5作目まではまだまだ遠く見えたボルデモートが一気に近くなった気がした作品です。炎のゴブレットで復活してどんどんハリーに近づいてきたボルデモートがとても怖いです。顔も存在も。作品全体がダークな感じで途中誰が味方で敵かわからず頭が混乱しました。一番の味方だったダンブルドア校長が殺されたときにはもう誰を信じてハリー達は進んで行けばいいんだ…と。しかも、スネイプ先生…どの作品もですがマルフォイには心底腹が立ちますね笑。弱すぎるんですよ、意思が。家系だから仕方ないとは言え。でもその後のスネイプ先生が流す涙。その場面ではいろいろな感情で私も涙が出ました。入学してからなぜが目の敵にされ、いびられるハリー。でもそれには深い愛があったんだなと。この後の作品にとても重要な内容なので是非見てほしいです。
      あみちゃぽ(20代・女性)

      例のあの人を倒す手段とは?そしてあの人が裏切り者⁈

      まさかのあの人が…。

      本作では、ついに”例のあの人”・ヴォルデモートを倒す手掛かりを見つけます。でもダンブルドアの命を狙った事件にハリーたちが巻き込まれ、ハラハラが止まりません。どんどん勢力を増してくる闇の陣営に不安を煽られながらも、見ずにはいられない作品です。そして今回は、ハリーたちの恋の行方も見どころの一つ。6年生になった彼らの中に芽生えた恋愛感情は、厄介でもあり初々しくもありました。また作品のタイトルでもあるように、「謎のプリンス」とは何なのか、これは最後にわかりますが驚きです。ここから最後の戦いへと繋がっていくのですが、まさかのあの人が裏切るなんて!と少し悲しくなりました。でも続きが気になります。少しも目の離せない展開にきっとハマること間違いなしの作品です。最終章を見る上でも欠かすことのできないので、ぜひ見ることをおススメします!
      ひなこ(20代・女性)

      ダークなハリーポッター

      ダークな様相を呈してきた

      ハリー演じるダニエル・ラドクリフが幼かったころのハリーポッターはもう見る影もありません。これは原作ストーリーの進行の都合上自然とそうなるわけですが、初めてハリーポッターと賢者の石を見た時を思い出すと、変わったなぁと思うと同時に少しさびしい感じがします。無垢だった子供が成長してしまったときのような感じです。それは嬉しいことなんですけれど、昔はよかったと思う感傷もあるという感じです。出演陣もヤングアダルトに成長し、ストーリーもそれに合わせたようにいつも以上に練られたものになっていて見ごたえがあります。ダンブルドアの炎の魔法のCGが特に素晴らしいです。CG技術の進化を感じざるを得ません。海を開くシーンもすごい。シリーズでは新章となっていますが、それでもやはり面白い。
      ドラゴンハート(30代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』とあわせて、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      ダニエル・ラドクリフのおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のまとめ

      「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

      超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \31日間無料トライアルキャンペーン中/

      ※無料期間中の解約で→0円。

      ※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

      あわせて読みたい