\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ってどんな作品?

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は、イギリスの児童文学作家であるJ・Kローリングによる児童向けのファンタジー小説『ハリー・ポッター』の第4巻の映画化です。

ホグワーツ魔法魔術学校の4年生になったハリー・ポッターが、闇の魔法使いヴォルデモート卿の陰謀に立ち向かうストーリー。

ヴォルデモート卿役を『シンドラーのリスト』の名優レイフ・ファインズが演じ、また、ハリーとともに戦うセドリック・ディゴリー役を、後に「トワイライト」シリーズでブレイクするロバート・パティンソンが演じています。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のフル動画無料視聴映画、あらすじや感想評価をご紹介します!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月29日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

\本日から【10月29日】まで無料!/

 

\本日から【11月28日】まで無料!/

 

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpTELASAの4つのサービスで「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の作品情報

      基本情報

      作品名ハリー・ポッターと炎のゴブレット
      原題Harry Potter and the Goblet of Fire
      原作ハリー・ポッターと炎のゴブレット(J・K・ローリング)
      制作年2005年
      製作国アメリカ
      制作会社(配給会社)ワーナー・ブラザース、ヘイデイ・フィルムズ
      公開年(公開日)2005年11月26日
      上映時間(話数)157分
      公式サイト
      公式Twitterhttps://twitter.com/wizardingw_jp
      公式Facebookhttps://ja-jp.facebook.com/harrypotterjp/
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      作家J・K・ローリングの大人気小説『ハリー・ポッター』シリーズの第4巻

      ホグワーツ魔法魔術学校の4年生になった主人公ハリー・ポッターは、なぜか3大魔法学校対抗試合の代表選手に選ばれてしまいます。しかしそこには闇の魔法使いヴォルデモート卿の策略があり、今回もハリーに厳しい試練が訪れるのでした…。

       

      ホグワーツ魔法魔術学校も新学期が始まり、元「闇祓い」のマッド‐アイ・ムーディが「闇の魔術に対する防衛術」教授に就任します。

      またこの年は、ホグワーツ魔法魔術学校、ダームストラング専門学校、ボーバトン魔法アカデミーの3校による三大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)が約100年ぶりに開催され、17歳以上の生徒から各校の代表が1人ずつ選ばれるとアルバス・ダンブルドアから発表があります。

      ハロウィーンの日、ダームストラング校とボーバトン校の生徒・各校長達がホグワーツに到着。

      その夜、ダンブルドアは代表選手を選び出す「炎のゴブレット」を生徒達に紹介し、立候補者たちが自分の名前を書いた紙をゴブレットの中に入れていきます。

      ゴブレットが選んだ名前のみが出ることになっており、ホグワーツからはセドリック・ディゴリー、ダームストラングからはビクトール・クラム、ボーバトンからはフラー・デラクールが出場することに決まりました。

      しかし、燃え続けるゴブレットの中から立候補していないハリーの名前があらわれます。戸惑うハリーですが、魔法契約のために辞退ができず、3大魔法学校対抗試合に4人目の代表者として異例の出場をすることに…。

      規定外のハリーの出場に生徒達から反感を買い、親友のロンからもいかさまを疑われて絶好状態になってしまいます。

      対抗試合の様々な難関を突破しなければならないハリーですが、実はその裏に復活を目論む闇の魔法使いヴォルデモート卿の陰謀があったのです…。

       

      今回『炎のゴブレット』でメガホンを引き継いだのは、『フォー・ウェディング』『フェイク』で知られる『マイク・ニューウェル』監督

      本シリーズ初のイギリス人監督であり、自身もホグワーツ校のような寄宿舎で育ったことから本編の日常の細かい部分にリアリティがあります。

      ハリーとロンが授業中に隠れてメモを回していたのをスネイプ先生に見つかり、容赦なく頭をはたかれるシーンなんかは監督自身のエピソードだそうです。

      本シリーズ初監督でありながら、対抗試合、ヴォルデモート卿の復活とボリュームある本作を見事に仕上げました!

      キャストとスタッフ

      『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ( 小野賢章)
      • ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント(常盤祐貴)
      • ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン(須藤祐実)
      • シリウス・ブラック:ゲイリー・オールドマン
      • アルバス・ダンブルドア:マイケル・ガンボン
      • ミネルバ・マクゴナガル:マギー・スミス
      • セブルス・スネイプ:アラン・リックマン
      • ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン
      • アラスター・“マッド・アイ”・ムーディ:ブレンダン・グリーソン
      • セドリック・ディゴリー:ロバート・パティンソン
      • ビクトール・クラム:スターニスラフ・イワネフスキー
      • フラー・デラクール:クレマンス・ポエジー
      • ピーター・ペティグリュー:ティモシー・スポール
      • ヴォルデモート卿:レイフ・ファインズ
      • リータ・スキーター:ミランダ・リチャードソン
      • イゴール・カルカロフ:プレドラグ・ビエラク
      • オリンペ・マクシーム:フランシス・デ・ラ・トゥーア
      • フィリウス・フリットウィック:ワーウィック・デイビス
      • アーガス・フィルチ:デビッド・ブラッドリー
      • パーシー・ウィーズリー:クリス・ランキン
      • フレッド・ウィーズリー:ジェームズ・フェルプス
      • ジョージ・ウィーズリー:オリバー・フェルプス
      • ジニー・ウィーズリー:ボニー・ライト
      • モリー・ウィーズリー:ジュリー・ウォルターズ
      • アーサー・ウィーズリー:マーク・ウィリアムズ
      • エイモス・ディゴリー:ジェフ・ラウル
      • ドラコ・マルフォイ:トム・フェルトン
      • ネビル・ロングボトム:マシュー・ルイス
      • チョウ・チャン:ケイティ・ラング
      • ビンセント・クラッブ:ジェイミー・ウェイレット
      • グレゴリー・ゴイル:ジョシュ・ハードマン
      • シェーマス・フィネガン:デボン・マーレイ
      • ディーン・トーマス:アルフィー・イーノック
      • パーバティ・パチル:シェファーリ・チョウドリー
      • パドマ・パチル:アフシャン・アザド
      • ナイジェル:ウィリアム・メリング
      • 嘆きのマートル:シャーリー・ヘンダーソン
      • コーネリウス・ファッジ:ロバート・ハーディ
      • バーテミウス・クラウチ:ロジャー・ロイド=パック
      • バーテミウス・クラウチ・Jr.:デビッド・テナント
      詳細を見てみる

      レイフ・ファインズは、イギリス出身。王立演劇アカデミー卒業後、ナショナル・シアターやロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで舞台俳優として活躍し、1995年のブロードウェイ公演『ハムレット』に主演し、トニー賞を受賞

      この投稿をInstagramで見る

       

      Filmes & Filmes(@filmesefilmes)がシェアした投稿

      1992年『嵐が丘』でヒースクリフ役でスクリーン主演デビュー。1993年、『シンドラーのリスト』でアカデミー助演男優賞ノミネート。1996年には『イングリッシュ・ペイシェント』ではアカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。

      『タイタンの戦い』、『レッド・ドラゴン』、『愛を読むひと』、『ハート・ロッカー』など多くの作品に出演。映画『グランド・ブタペスト・ホテル』に主演し、英国アカデミー賞主演男優賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞を獲得しています。

      ロバート・パティンソンは、2005年、本作で本格的にスクリーンデビュー。2008年公開の「トワイライト」シリーズで一躍人気俳優となり、若い女性を中心とした熱狂的なファンを獲得しました。

      この投稿をInstagramで見る

       

      Robert Pattinson(@robertpattinsonofficial)がシェアした投稿

      『サーカス象に水を』、『ベラミ』、『ザ・ライトハウス』など主演作が続いています。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:マイク・ニューウェル
      • 製作:デビッド・ハイマン
      • 製作総指揮:デビッド・バロン、ターニャ・セガッチアン
      • 原作:J・K・ローリング
      • 脚本:スティーブ・クローブス
      • 撮影:ロジャー・プラット
      • 美術:スチュアート・クレイグ
      • 衣装:ジェイニー・ティーマイム
      • 編集:ミック・オーズリー
      • 音楽:パトリック・ドイル
      • テーマ曲:ジョン・ウィリアムズ
      • 視覚効果監修:ジム・ミッチェル
      詳細を見てみる

      監督のマイク・ニューウェルは、ハリー・ポッターシリーズ初めてのイギリス人映画監督。1977年に映画監督としてデビュー。

      1994年公開の『フォー・ウェディング』で英国アカデミー賞とセザール賞を受賞しました。主な監督作品は『大いなる遺産』、『恋する予感』、『フェイク』、『コレラの時代の愛』、『ガーンジー島の読書会の秘密』など。

      脚本のスティーブ・クローブスは、アメリカ出身。1984年、『月を追いかけて』で脚本家デビュー。映画「ハリー・ポッター」シリーズでは『不死鳥の騎士団』以外すべての脚本を手がけています

      『アメイジング・スパイダーマン』、『ファンタスティック・ビースト』シリーズなどの脚本を担当。ファンタジー映画の印象が強いですね。

      製作のデビッド・ハイマンはイギリスの映画プロデューサー。「ハリー・ポッター」シリーズの映画化権を獲得、全8作のシリーズをプロデュースしました。

      他に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、『マリッジ・ストーリー』、『パディントン』など多くの映画の製作を手がけています。

      口コミ・感想・評価

      「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもハリー・ポッターと炎のゴブレットを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      大人でも子供でも楽しめる壮大なファンタジー

      魔法学校での青春

      ハリーポッターシリーズと言えば、かなり有名な作品なので聞いたことがある人は多いかもしれません。この「炎のゴブレット」は第四作目です。この作品では主人公のハリーが通っている魔法学校で繰り広げられる魔法大会の話がメインになります。ハリポタシリーズでは、どのシリーズでも壮大な魔法や、魔法生物が登場するのですが、今作ではドラゴンも登場し、かなり迫力のある魔法が繰り広げられます。ファンタジー映画が好きな人には特におススメの映画です。更に、今作ではハリーと、親友のロンの友情にちょっとした亀裂が…。魔法だけではなく、ティーンエイジャー特有の繊細な気持ちを表現しているのもハリポタシリーズの魅力です。大人が観ても懐かしい気持ちを思い出せますし、学生が観ても共感する部分が多いと思います。
      ゆう(30代・女性)
      詳細を見てみる

      青春を満喫できる貴重なストーリー

      青春してくれてうれしい

      わたしはこの炎のゴブレットがハリーポッターシリーズで1番目にすきな作品です。海外の子供らしく学校の行事を楽しんで、恋をして、ドレスをきてダンスをする。魔法学校だけど普通の学生と変わらない思い出を作っていてとても楽しくなれるからです。そう思えばホグワーツは体育祭も文化祭も毎年あるわけではないからかわいそうかもしれません。わたしのお気に入りのシーンは、やはりハーマイオニーがとってもかわいいドレスで階段から降りてくるシーンです。ハリーポッター シリーズの中でもとっても心が穏やかになれ楽しめるところなので、ここでいつも心を休ませて後半に臨んでいます。ぜんぜんロンが誘ってくれないことにイライラしてくるハーマイオニーがかわいくてしかたありません。
      もちのん(20代・女性)

      結構ガチな魔法を駆使した海外作品

      魔法の楽しさと熱い青春が感じられました。

      作中では、三大魔法学校の対抗試合なるものが開催される内容になっていて若々しく青春感のカラーが色濃く出ている作品で友情めいた展開もしっかりあるので心温まる内容になっているのが観ていて一番に伝わってきましたがどこか、暗い雰囲気も漂っている空気感もあってうちの子供は他の作品に比べて怖がってしまう場面もありました。個人的に一番気になったシーンとしてはハリーに嫉妬しまくるロンを観ているとちょっとかわいらしいなとあどけなさを感じてしまいました。男の目線でいうとしたら、ダンスパーティの相手を探すシーンなんかは明らかに必死な感じがひしひしと画面から出てくるのが面白く同性としても気持ちがなんとなくわかるスッキリする場面でした。
      GJA(30代・男性)

      ファンタジー映画の良さが全面に映像として現れている作品

      映像面の強化

      ハリーポッターシリーズ全般に言えることですが、シリーズ通しで見るとボリューム満点で面白い作品群なのですが、作品単体ですと割と微妙だったりします。いちいち作品毎にキャラクターや世界設定を説明する余裕も時間もないからそれはある意味当然と言えるでしょう。物語の構成がこの頃からやや複雑になってきますので、前提知識が頭にインプットされていないと少々理解する上できつい面も出てくるころかと思います。しかし、映像面ではハリーとドラゴンが交戦するシーンのグラフィックがすごいです。戦闘シーンに尺を使われて奇想天外なホグワーツの授業シーンや恋愛のシーンは少なめという印象。映像シーンの凄さでストーリーを凌駕するくらい映像はいいと思いますのでアクション映画として捉えるということもできるかと思いました。
      ドラゴンハート(30代・男性)

      王道ファンタジーの代表、胸きゅん魔法ストーリー

      1度は憧れる魔法ファンタジー、ポッターの初恋の行方は・・・

      まさに小説で読んでいた世界が再現されているのが、見所のハリーポッターシリーズ、今作は迫力のあるシーンが盛り沢山!クィディッチワールドカップの迫力ある試合から始まり、突然の奇襲戦。そして魔法学校三校の対戦試合などもドラゴンの再現度等、圧巻の出来で惚れ惚れしちゃいます。学校対決に使われる闘技場の凄さに言葉を失うと思います。シリーズ毎に魔法の凄さに驚くばかりですが、今回ハリーとハーマイオニー、ロンの3人に絡んでくる新キャラ達にも目が離せなくなります。それぞれの初恋の模様が繊細に書かれていてキュン死に間違いなし!1番はラストに待ち構える、ヴォルデモート郷と死喰い人との対戦とセドリックとの友情・・・ココが1番見てほしいポイントです!
      日向夏(30代・女性)

      ハリーポッターシリーズ一番の青春時代

      ハリーの青春時代

      今作はハリーポッターシリーズ第4作目。シリーズの中でもっともハリーの青春時代を一緒に体感できる一作だったように思う。今作の見どころは、三大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)が実施され競い合いながら、ハリーやハリーを巡る登場人物の中で、新たな友情や淡い初恋が芽生え始めるところだ。ハーマイオニーファンも楽しめると思う。前作より登場人物が増え、後に不死鳥の騎士団のメンバーとなる重要人物達の初登場もあるので、シリーズをみる上では外せない一本だ。今作も、三大魔法学校対抗試合と同時にお馴染みのヴォルデモートとの闘いもあるが、ラストのハリーの大事な友人のまさかの死には、涙を流さずにはいられないだろう。
      lickey(20代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』とあわせて、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      ダニエル・ラドクリフのおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のまとめ

      「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【11月29日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

      あわせて読みたい