\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ってどんな作品?

「スター・ウォーズ」傑作シリーズの第3作品目、若きルーク・スカイウォーカーのエピソード完結編で旧三部作の最終章「エピソード6」に当たる『スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』。

ルーク・スカイウォーカーは囚われの身となっている盟友ハン・ソロを救出するべく故郷の惑星タトゥイーンへ戻り、ダース・ベイダーとの最後の戦いに臨む内容になっています。

主演の青年スカイウォーカー役は、「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」、「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還(復讐)」でサターン賞の最優秀主演男優賞受賞マーク・ハミル

監督は今作品で一躍有名になった「レガシー」のリチャード・マーカンド

世界的人気シリーズ「スター・ウォーズ」の旧三部作の最終章、映画『スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』について、フル動画配信をスマホで無料視聴する方法やあらすじ、感想評価もあわせてご紹介します。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

\本日から【11月20日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpの3つのサービスでスター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 無料登録後はすぐにスター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還が視聴できる
  • スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • 無料トライアルの登録も解約もとっても簡単

U-NEXTの最大の魅力は、なんといっても業界No1の圧倒的な作品数。

しかも、31日間の無料トライアルが用意されているので、業界ナンバーワン!の見放題作品を思い存分楽しめます!

ちなみに、U-NEXTでは、

  1. 見放題作品(無料コンテンツ)
  2. ポイント作品(有料コンテンツ)

の2種類のコンテンツが用意されており、スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還は2つ目のポイント作品(有料コンテンツ)に該当します。

よって、本来は視聴するのに課金が必要ですが、U-NEXTでは初回無料登録時に600ポイントがタダで貰えるので、

  1. 31日間無料トライアル登録
  2. 無料トライアルポイント600ポイント付与
  3. ポイント利用でスター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還を無料視聴

の3つのステップで、スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還を簡単に無料で楽しむことができるんです。

\解約OK!簡単無料登録♪/

※無料期間中の解約で→0円。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければいつでも解約可能ですので、安心して動画見放題の世界をお気軽に体験してみてください。

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

人気ドラマ
人気アニメ・キッズ
  • アナと雪の女王2
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 鬼滅の刃
  • あひるの空
  • NARUTO-ナルト-
  • 僕のヒーローアカデミア

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

\人気作品も豊富/

 

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の作品情報

      基本情報

      作品名スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
      原題Star Wars: Episode VI - Return of the Jedi
      原作
      制作年1983年
      製作国アメリカ
      制作会社(配給会社)ルーカスフィルム・20世紀フォックス
      公開年(公開日)1983年7月2日
      上映時間(話数)133分
      公式サイトhttps://www.disney.co.jp/studio/starwars/1317.html
      公式Twitterhttps://twitter.com/starwarsjapan
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/StarWars.jp/
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      「スター・ウォーズ」シリーズ傑作シリーズの第3作品目、若きルーク・スカイウォーカーのエピソード完結編、旧三部作の最終章『エピソード6』に当たる『スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』が今作品です。

      ルーク・スカイウォーカーは囚われの身となっている盟友ハン・ソロを救出するべく故郷の惑星タトゥイーンへ戻り、ダース・ベイダーとの最後の戦いに臨む内容になっています。

       

      惑星タトゥイーンへと向かったルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナ、ランド・カルリジアンは、大悪党ジャバ・ザ・ハットの宮殿に潜入します。

      一同はジャバの手中に落ち、処刑されそうになりますが、ルークの反撃から攻勢に出ます。

      ジャバのギャング一味は壊滅し、捕らえられていたハン・ソロの救出に成功、タトゥイーンを後にします。

      更なる修行を続けるため再び惑星ダゴバを訪れたルークは、老衰で死の床にあったジェダイ・マスター・ヨーダから驚くべき自身の出生の秘密を明かされます。

      そして、ジェダイの騎士になる最後の試練として、父ダース・ベイダーとの対決は不可避であることも告げられるのでした。

      一方、反乱軍は帝国軍が衛星エンドアに第2のデス・スターを建造しているとの情報をキャッチし、これを打ち破るため大規模な作戦を展開。

      ルーク、レイアやソロは、エンドアの原住民イォーク族の力を借り、デス・スターを守るシールド施設破壊に向かいます。

      そしてルークは、ダース・ベイダーをかつてのジェダイとしての魂を取り戻させようと、単身帝国軍のもとへ乗り込むのでした。

       

      主演の青年スカイウォーカー役は、「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」、「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還(復讐)」でサターン賞の最優秀主演男優賞受賞のマーク・ハミル、レイア姫役は「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のキャリー・フィッシャー、ハン・ソロ役は「インディ・ジョーンズ」シリーズのハリソン・フォード

      ランド・カルリジアン役は「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のビリー・ディー・ウィリアムズ、アナキン・スカイウォーカー役は「オズの魔法使い」のセバスチャン・ショウと「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」のヘイデン・クリステンセンが共演します。

      監督は今作品で一躍有名になった「レガシー」のリチャード・マーカンド

      第56回アカデミー賞では特別業績賞受賞、作曲賞、美術賞、録音賞、音響編集賞にノミネートされました。

      ソロ役のハリソン・フォードは、本作品でソロが死亡することを希望、脚本家のローレンス・カスダンも乗り気でしたが、ジョージ・ルーカスが許さず、実現しなかったそうです。

      ラストのダース・ベイダーの心の葛藤ルークを救いマスクを取るシーンは感動すること間違いなしです。

      キャストとスタッフ

      映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル/島田敏
      • ハン・ソロ:ハリソン・フォード/磯部勉
      • レイア姫:キャリー・フィッシャー/高島雅羅
      • オビ=ワン・ケノービ:アレック・ギネス/納谷悟朗
      • ランド・カルリジアン:ビリー・ディー・ウィリアムズ
      • C-3PO:アンソニー・ダニエルズ
      • チューバッカ:ピーター・メイヒュー
      • アナキン・スカイウォーカー:セバスチャン・ショウ
      • 皇帝:イアン・マクダーミド
      • ヨーダ:フランク・オズ
      • ダース・ベイダー(声):ジェームズ・アール・ジョーンズ
      • ダース・ベイダー:デビッド・プラウズ
      • R2-D2:ケニー・ベイカー
      • ピエット提督:ケネス・コリー
      • ボバ・フェット:ジェレミー・ブロック
      • ビブ・フォチューナ:マイケル・カーター
      • ウェッジ:デニス・ローソン
      • アクバー提督:ティム・ローズ
      • メイディン将軍:ダーモット・クロウリー
      • モン・モスマ:キャロライン・ブラキストン
      • ウィケット:ワーウィック・デイビス
      • パプルー:ケニー・ベイカー
      • ティーボ:ジャック・パービス
      • ログレイ:マイク・エドモンズ
      • チャーパ:ジェーン・バズビー
      • ニッキー:ニコラス・リード
      詳細を見てみる

      ルーク・スカイウォーカー役、主演のマーク・ハミルはアメリカ、カリフォルニア州出身です。

      この投稿をInstagramで見る

       

      🪐🪐🪐(@luke.skywalker.daddy)がシェアした投稿

      米ロサンゼルス・シティ・カレッジで演劇を専攻し、1970年、TV番組「ビル・コスビー・ショー」でデビュー。

      デビュー作の実写映画「スター・ウォーズ」で主人公のルーク・スカイウォーカーを演じ、大人気になり、続編「帝国の逆襲」、「ジェダイの帰還(旧題:ジェダイの復讐)」にも主演しサターン賞の最優秀主演男優賞受賞しています。

      2001年、映画「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」に出演後はアニメ「バットマン」のジョーカー役でアニー賞に2度ノミネートされています。

      また、近年はスパイアクション映画「キングスマン」、DCコミック原作のTV「THE FLASH フラッシュ」に出演しています。

      2015年、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」で再びルーク・スカイウォーカーで出演しました。

      レイア姫役のキャリー・フィッシャーはアメリカ、ビバリーヒルズ出身です。

      この投稿をInstagramで見る

       

      ちいちゃん210(@toyo210)がシェアした投稿

      1975年、「シャンプー」でスクリーンデビュー。

      ロンドン大学セントラル・スクール・オブ・スピーチ&ドラマで演技を学び、「スター・ウォーズ」のレイア姫で一躍有名になり、続編「帝国の逆襲」、「ジェダイの帰還(旧題:ジェダイの復讐)」にも出演します。

      2015年「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で約30年ぶりにレイアを演じ、2016年12月「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」にもコンピューター・グラフィックスとアーカイブ映像で「エピソード4」出演当時の姿で登場しています。

      2016年、ロンドンからロサンゼルスへ向かう飛行機内で心臓発作を起こし、一時は一命を取り留め安定したと伝えられましたが容態が急変し死去されました。

      2017年公開の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のレイア・オーガナ役が遺作になってしまいました。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:リチャード・マーカンド
      • 製作:ハワード・カザンジャン
      • 製作総指揮:ジョージ・ルーカス
      • 原案:ジョージ・ルーカス
      • 脚本:ローレンス・カスダン、ジョージ・ルーカス
      • 撮影:アラン・ヒューム
      • 美術:ノーマン・レイノルズ
      • 衣装:アジー・ゲラード・ロジャース、ニロ・ロディス=ジャメロ
      • 編集:ショーン・バートン、マーシア・ルーカス、デュウェイン・ダナム
      • 音楽:ジョン・ウィリアムズ
      • 特撮:リチャード・エドランド、デニス・ミューレン、ケン・ラルストン
      • 特殊メイク・クリーチャーデザイン:フィル・ティペット、スチュアート・フリーボーン
      • サウンドデザイン:ベン・バート
      詳細を見てみる

      監督のリチャード・マーカンドはイギリス、ウェールズ出身です。

      この投稿をInstagramで見る

       

      Mark Hamill(@markhamillforever)がシェアした投稿

      1970年からテレビシリーズなどを手掛けるようになります。

      1978年イギリス、アメリカ合衆国のホラー映画「レガシー」、「ビートルズの誕生」を監督。

      サスペンス作品「針の眼」がジョージ・ルーカスに評価され、『スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の監督に抜擢され、一躍有名になりました。

      「9月まで抱きしめて」、ミステリ・サスペンス映画「白と黒のナイフ」、ボブ・ディラン出演の映画「ハーツ・オブ・ファイアー」、アクション映画「ボディ・ターゲット」を監督。

      49歳のとき、ケントのロイヤルタンブリッジウェルズで脳梗塞によりお亡くなりになりました。

      まだまだ、これから活躍されそうだったのに残念です。

      今作品は若きルーク・スカイウォーカーのエピソード完結編で当初のタイトルは「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐」でしたが後年、『スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に変更されています。

      口コミ・感想・評価

      「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもスター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      完結編でもいいのでは?

      これが完結編でよかった

      この作品が完結編のほうが良かったのではないか、と思えるくらいスターウォーズシリーズで一番好きな作品です。ヨーダは亡くなり、戦火の発端となったジェダイ騎士は全て亡くなります。そしてジェダイ騎士として完成されたルークは、最後の戦いに挑み、父の犠牲を伴いながらも皇帝を倒し、宇宙に平和が訪れる、とそのまま完結しても十分成り立つ内容です。好きなのは、皇帝のフォースに圧倒されるルークが、「お父さん、助けて」とベイダー卿に訴え、その声に父親としての本能を取り戻したベイダー卿が皇帝を倒す、というシーンと、最後、森で皆に見守られながら葬られるシーンです。ベイダー卿は優しい父親に戻り、全て終わった、というのが鮮明に描かれていて、子ども心にすごく感動したのを覚えています。
      ハマゾウ(40代・男性)
      詳細を見てみる

      ダースベイダーとの決着に向けたスター・ウォーズ作品

      父親と子供と温かい姿をまとめられている感じがありました。

      エピソード5から約1年くらいの歳月が経過した話でいよいよダースベイダーとの決着に向けたまとまりのある内容になっているものの父親と子供の最終的な戦いを描いているようで愛情なるものが映っていて独特の美しさが感じられましたが、まず序盤のハット襲撃の場面にスピード感なる勢いがあって驚きがありましたが、森みたいな場所におけるスピーダーバイクにまたがってバトルをする場面はそれ以上に疾走感があってハラハラした臨場感のようなものが感じられました。感動的なものに関してはやはりイウォーク族の登場のところが和やかな雰囲気があって個人的に落ち着きがある感覚があり素敵で、さらにウィケットなんかはあどけなさみたいなものがあって作品に爽やかなアクセントになっていたと思います。
      GJA(30代・男性)

      人間味あふれる感動の作品

      感動のラスト

      ルークが主人公としてはシリーズラストの映画です。スターウォーズは映像や設定やキャラクターが素晴らしい映画ですが、本当にすごいのは正義のヒーローの映画ではないことだと思います。正義と悪、愛と憎しみ、父と子の間で揺れ動く人間の心を描いていて、考えれば考えるほど切なくなります。人間は一歩間違えれば悪の道に走ってしまうけど、その道を修正することもできるんだと教えてくれる映画です。この映画ではイウォークという熊の民族がでてきます。スターウォーズの中でも特に愛らしいキャラクターでとても好きです。何をしゃべっているのかわかりませんが、つぶらな瞳と動きに癒されます。もちろん反乱軍と帝国軍の戦いやシスとルークの戦いは迫力があって必見です。
      ゆかり(30代・女性)

      スターウォーズを代表する作品

      続きが気になる!

      スターウォーズエピソード6ジェダイの帰還を見て、エピソード5帝国の逆襲から1年後ジェダイとして覚醒した登場人物ルーク・スカイウォーカーがハン・ソロを救出にむかいます。スターウォーズおなじみのダースベイダーがでできます。ダースベイダーはフォースの力を操ってます。ここフォースを暗黒面から解放するために銀河帝国に戦いを挑みます。この作品での見どころはルークの実の父ダースベイダーとの戦いシーンです。ベーダーはルークの心を読みレイアが自分の娘である事を知りました。怒り湧いたルークがベーダの右腕を叩き斬るシーンが見どころ満載です。全体的にこの作品はスターウォーズの代表作品とも私はを思います。初めての方でも楽しめる作品なので、是非とも見てほしいです。
      ダイチ(20代・男性)

      親子愛が描かれた作品

      ラストに感動しました

      ラストがよかったです。これまで敵として常にルークの前に立ちはだかった父親のダースベイダーでしたが、ルークが皇帝に一方的にやられている中で父親であるダースベイダーに助けを求めた際、その声に応えてルークを救うシーンには感動しました。ダースベイダーからアナキンに戻った瞬間という感じでよかったです。さらに皇帝の攻撃によって死ぬ間際にはルークの腕に抱かれてダースベイダーがマスクを脱いで直接、ルークの顔を見たいと言ったシーンもよく、その後マスクを脱いでルークを見て亡くなったシーンは思わずウルっときてしまいました。そして、エンディングの夜空にはオビワンとダースベイダーの姿ではなくなったアナキンの姿が映った時には感動しました。
      スティーブ(30代・男性)

      若きルークの集大成を見ることができる映画です。

      初期のスターウォーズ完結

      若きルーク・スカイウォーカーのエピソード完結編になります。個人的にはこのシリーズの締めくくりとしてはとても素晴らしい終わり方だと思っています。ルークのジェダイとしての成長は凄まじいもので、反乱軍としても希望が持てるものでした。そして、ダースベイダーことアナキンの心の中の葛藤は想像に絶するものだったと感じます。この二人はお互いで親子であることを確信しているにもかかわらず、なぜ戦う必要があったのか、とても胸にくるものがありました。失った大切なものを取り戻すことがこのエピソードで多く見られます。炭素冷凍したハンソロを助けること、ダースベイダーの心を取り戻すこと、銀河系に平安を取り戻すこと、すべてがとても素晴らしく感じました。
      mom(40代・男性)

      その他ネットの口コミ・評価・感想

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』とあわせて、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      マーク・ハミルのおススメ関連作品
      ハリソン・フォードのおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のまとめ

      「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

      超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \31日間無料トライアルキャンペーン中/

      ※無料期間中の解約で→0円。

      ※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。