\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ってどんな作品?

「スター・ウォーズ」大ヒットSFシリーズ第2作品目で、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする旧三部作の第2章「エピソード5」に当たる『スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』。

スカイウォーカーを捜すことに執念を燃やすダース・ベイダーは自由の戦士たち、ハン・ソロとレイア姫を捕らえ、救出に向かったスカイウォーカーと対峙する内容になっています。

主演の青年ルーク・スカイウォーカー役は、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」、「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還(復讐)」でサターン賞の最優秀主演男優賞受賞マーク・ハミル

監督はテレビ映画「レイド・オン・エンテベ」でエミー賞ノミネート「ネバーセイ・ネバーアゲイン」、「ロボコップ2」の巨匠アーヴィン・カーシュナーが務めます。

世界的人気シリーズ「スター・ウォーズ」の旧三部作の第2章、映画『スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』について、フル動画配信をスマホで無料視聴する方法やあらすじ、感想評価もあわせてご紹介します。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月30日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpの3つのサービスで「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の作品情報

      基本情報

      作品名スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
      原題Star Wars: Episode V - The Empire Strikes Back
      原作
      制作年1980年
      製作国アメリカ
      制作会社(配給会社)ルーカスフィルム・20世紀フォックス
      公開年(公開日)1980年6月28日
      上映時間(話数)124分
      公式サイトhttps://www.disney.co.jp/studio/starwars/1316.html
      公式Twitterhttps://twitter.com/starwarsjapan
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/StarWars.jp/
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』は、1980年に公開された大ヒットSFシリーズ「スター・ウォーズ」の第2作品目です。

      帝国軍の宇宙要塞デス・スターを破壊して、反乱軍が一矢を報いてから3年の月日が経ち、帝国軍は猛反撃を開始します。

      反乱軍は極寒の惑星であるホスに新たな秘密基地を築き、その時を窺っていましたが、帝国軍の攻撃によって基地からの撤退を余儀なくされ窮地へとたたされてしまいました。

      その一方で、ルークはフォースの修行のため、惑星ダゴバに居ると言われているジェダイ・マスターのヨーダのもとを訪れるというストーリーになっています。

       

      反乱軍は、何とか帝国軍の宇宙要塞デス・スターを破壊することに成功したが、帝国軍の猛追によって秘密基地の離脱を余儀なくされてしまいます。

      そして反乱軍は、雪の惑星であるホスに拠点を移しました。

      また、遅れに遅れてしまったジャバへの借金返済をすべくハン・ソロは、反乱軍を離れることを決めます。

      しかし、そんな中で雪男に襲われていたルーク・スカイウォーカーを助けているうちに帝国軍が惑星ホスを発見してしまったのです。

      その為帝国軍からの激しい攻撃を受けてしまった反乱軍は、更に撤退する事になってしまったのでした。

      そこで、ハンとチューバッカ、レイア姫のドロイドのC-3POは、ハンの船ミレニアム・ファルコン号に乗り脱出。

      その一方でルークとR2-D2は、オビ=ワン・ケノービの幻に教えられた惑星ダゴバへと向かっていました。

      そこには、ヨーダという名のジェダイ・マスターがいるとオビ=ワンの幻に教えられたからです。

      ルークがヨーダを探す中、ファルコン号はダース・ベイダー率いる帝国軍からの猛追を受けていました。

      そこで高速移動装置で逃げようとしましたが何故か装置が動かず、小惑星群へと逃げ込みます。

      船の修理をしながら、版は麗あと少しいい雰囲気になるのですが、それを邪魔するC-3PO。

      その頃ルークは、沼地の惑星ダゴバに不時着し、奇妙な年老いた宇宙人と出会ったのでした。

       

      明るい冒険物語であった前作とはまったく異なり、主人公たちが戦いに敗れてしまったことで逃走を余儀なくされるという危機迫る展開が繰り広げられていきます。

      そんな本作は、スターウォーズシリーズの中でも最高傑作と評されるほど、特にファンの間で人気の高い作品です。

      その理由のひとつは、「銀河史上最も有名かつ強力なジェダイ・マスター」「生ける伝説」と称され、スターウォーズシリーズをとおして人気の高いキャラクター「ヨーダ」が初登場する記念すべき作品であること。ヨーダは今やダースベイダーやR2-D2と並び、スターウォーズのシンボル的キャラクターとなっています。

      そして、主人公ルークと銀河帝国最強と謳われるダースベイダーとの直接対決が描かれていること。特にライトセーバーを使った緊迫感のある戦闘シーンは圧巻です。

      そして何と言っても最大の見どころは、スターウォーズシリーズ史上もっとも大きな秘密とされるダースベイダーの正体が解き明かされること。悪の象徴であったダースベーダーの苦悩とともに新たな希望も描かれています。

      そんな数々の名シーン、名台詞が詰め込まれた本作は、シリーズの中でも金字塔と言えるエピソードに仕上がっていますので、ぜひ前作のエピソード4をご覧になってからお楽しみください!

      キャストとスタッフ

      映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル/島田敏
      • ハン・ソロ:ハリソン・フォード/磯部勉
      • レイア姫:キャリー・フィッシャー/高島雅羅
      • オビ=ワン・ケノービ:アレック・ギネス/納谷悟朗
      • ランド・カルリジアンビリー・ディー・ウィリアムズ
      • C-3PO:アンソニー・ダニエルズ
      • ダース・ベイダー:デビッド・プラウズ
      • チューバッカ:ピーター・メイヒュー
      • R2-D2:ケニー・ベイカー
      • ヨーダ:フランク・オズ
      • ボバ・フェット:ジェレミー・ブロック
      • 皇帝(声):クライブ・レビル
      • ピエット提督:ケネス・コリー
      • ヴィアーズ将軍:ジュリアン・グローバー
      • オゼル提督:マイケル・シェアード
      • ニーダ艦長:マイケル・カルバー
      • ライカン将軍:ブルース・ボア
      • ゼブ:クリストファー・マルコム
      • ウェッジ:デニス・ローソン
      • ホビー:リチャード・オールドフィールド
      • ダース・ベイダー(声):ジェームズ・アール・ジョーンズ
      詳細を見てみる

      ルーク・スカイウォーカー役、主演のマーク・ハミルはアメリカ、カリフォルニア州出身です。

      この投稿をInstagramで見る

       

      @ssk_cinematic_studiosがシェアした投稿

      米ロサンゼルス・シティ・カレッジで演劇を専攻し、1970年、TV番組「ビル・コスビー・ショー」でデビュー。

      デビュー作の実写映画「スター・ウォーズ」で主人公のルーク・スカイウォーカーを演じ、大人気に。

      続編「帝国の逆襲」、「ジェダイの帰還(旧題:ジェダイの復讐)」でも主演、サターン賞の最優秀主演男優賞受賞しています。

      2001年、「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」に出演後はアニメ「バットマン」、「キングスマン」、DCコミック原作のTV「THE FLASH フラッシュ」に出演しています。

      2015年、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」で再びルーク・スカイウォーカーで出演しました。

      ハン・ソロ役、ハリソン・フォードはアメリカ、シカゴ出身。

      この投稿をInstagramで見る

       

      ゆーき(@yukun_sukinakotoaka)がシェアした投稿

      1966年、映画デビューはコロンビアの「現金作戦」。

      「スター・ウォーズ」のハン・ソロ役で一躍大スターに。

      「インディ・ジョーンズ」シリーズ、「ブレードランナー」でも大人気になり、「刑事ジョン・ブック 目撃者」でアカデミー主演男優賞にノミネートされました。

      「パトリオット・ゲーム」、「今そこにある危機」、「逃亡者」、「エアフォース・ワン」なども大ヒット。

      2015年、シリーズ第7弾「スター・ウォーズ フォースの覚醒」では、32年ぶりにハン・ソロ役を演じました。

      マーク・ハミル、ハリソン・フォードの近年の再登場にはワクワクしますね。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:アービン・カーシュナー
      • 製作:ゲイリー・カーツ
      • 製作総指揮:ジョージ・ルーカス
      • 原案:ジョージ・ルーカス
      • 脚本:リー・ブラケット、ローレンス・カスダン
      • 撮影:ピーター・サシツキー
      • 美術:ノーマン・レイノルズ
      • 編集:ポール・ハーシュ
      • 音楽:ジョン・ウィリアムズ
      • 特撮:ブライアン・ジョンソン、リチャード・エドランド
      • サウンドデザイン:ベン・バート
      詳細を見てみる

      監督のアービン・カーシュナーはアメリカ、フィラデルフィア出身。

      この投稿をInstagramで見る

       

      Kentarou(@kentarou_n)がシェアした投稿

      フィラデルフィアのテンプル大学などで音楽、美術、写真撮影技術などを学び、 南カリフォルニア大学映画芸術学部では映画撮影技術を学び、ドキュメンタリー映画のディレクターおよび撮影カメラマンとなりました。

      1959年、西部劇「The Rebel」の企画と監督も務めます。

      「The Luck of Ginger Coffey」などいくつかの作品を手がけ、「特攻サンダーボルト作戦」ではエミー賞最優秀監督部門を含む9部門にノミネートされました。

      彼を世界的有名人に押し上げたのが『スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』です。

      その後、「ネバーセイ・ネバーアゲイン」、「ロボコップ2」、テレビシリーズ「シークエスト」を監督。

      1976年、テレビ映画「レイド・オン・エンテベ / Raid on Entebbe」ではエミー賞にノミネート

      「最後の誘惑」では俳優としてデビュー。「沈黙の要塞」では映画監督役を演じます。

      2010年、アーヴィン監督は3年半に及ぶ肺がんとの闘病生活の末、ロサンゼルスの自宅で死去されました。

      監督は、製作総指揮のジョージ・ルーカスが南カリフォルニア大学の学生だったときの講師で、映画作りに関して多くの助言をしています。そのアーヴイン監督への信頼が『スター・ウォーズ』続編の監督を依頼する理由となりました。

      ルーカスは「世界は、偉大な監督であり、最も教養ある人物の一人を失った。彼と知り合えたことを誇りに思う。彼は同僚であり、友人だった。彼がいないことを寂しく思う」とコメントを残しています。

      口コミ・感想・評価

      「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもスター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      SF王道冒険活劇の1つの山場

      1stシーズンの一つの山場

      2020年でシリーズ生誕47周年と世界中を熱狂させて、今もファンから愛されている作品であるSTARWARS。「EP4〜6は1st、EP1〜3は2nd、EP7〜9は3rd」というのが公開の順番をシーズンに割り当てると1stの分岐点となる魅力ある一作品。そのEP5は山場の1つであるダースベイダーが多く出ている本作は見なければ損です。当時、皇帝を除いて銀河帝国最強と言われたベイダーとルークが直接相見える印象的な作品です。ネタバレない程度に言うと色んな意味で驚きます。前作でベイダーに殺されたルークの知人オビワン.ケノービと自身の父の仇と闘うルークは凄い見応えあります。ある意味もう1人の主人公ともいえるハン.ソロとレイアがこの作品でもキーパーソンになるのも見どころのひとつです。ルークが惑星ダゴバで出会った、かつては銀河の騎士ジェダイで最強でしたが老いで弱ってしまったマスター.ヨーダ、そして、マスコットキャラといえるドロイドのC-3POとR2ーD2のコンビはおなじみの兼ね合いがシリアスの中の癒し要素のバランス良く構成されています。
      Marchant(30代・男性)
      詳細を見てみる

      とにかくストーリーも登場人物もセットもカッコイイ作品

      帝国軍の強さ怖さが圧巻すぎる

      この作品はスターウォーズシリーズの第二弾(エピソード5)として私の前に現れました。小学生当時の私としては三角形の宇宙戦艦スター・デストロイヤーが画面に出現したときにはそのスケールに圧倒されました。雪の惑星ホスでの原生生物にまたがっていたり、帝国軍に見つかってしまった時の戦闘シーンは非常にワクワクさせられました。泥の惑星ダゴバにおいてルーク・スカイウォーカーにいたずらを仕掛ける小さな緑の老人がフォースの師となるヨーダであったことに意外さを感じさせました。小さくてよわよわしく見えたのが実は強大な力を持っていたことに驚かされました。最後の場面でルーク・スカイウォーカーは実の父であるダース・ベイダーとライトセーバーで戦うのですが、腕を切り落とされ殺されてしまうのではないかとひやひやしましたがファルコン号に助けられ安堵した当時を思い出しました。
      sunfish(40代・男性)

      スターウォーズを偉大な映画にしたエピソードです。

      重要な秘密が明かされます。

      スターウォーズ史上もっとも大きな秘密を明かされるエピソードです。この秘密はスターウォーズを初めて観る人間にしてみたらびっくりするものです。そして、その秘密はルークとレイアにとってはもちろんのこと、ダースベイダーにとっても辛いものであると同時に新たな希望になるものでもあります。また、伝説のジェダイでもある「ヨーダ」もここで初めて登場します。ルークも本格的なジェダイとなるための修行を行います。ルークの成長、もっとも重要な秘密、このエピソードはスターウォーズの金字塔となるエピソードです。スターウォーズはどこからみても充分に楽しめます。しかし、このエピソードに関しては絶対に一番最初に見る事はお勧めしません。必ずエピソード4を見てからにしてください。
      mom(40代・男性)

      衝撃な展開が待っている作品

      ダースベイダーの正体に衝撃を受けました

      ルークとダースベイダーとの決闘後のダースベイダーが自分がルークの父親であるという衝撃的な告白には驚きました。前作から悪役として登場していたダースベイダーが単なる善悪の象徴ではなくなった瞬間でもあり、なぜダースベイダーになったのかやルークと離れた理由など色々と想像させる展開がよかったです。さらにこれまでオビワンはルークの父親であるアナキンを殺したのがダースベイダーと言っていたのにまさかのダースベイダーがアナキンが暗黒面に落ちた姿で、そんなダースベイダーの姿を見て現実を受け止められないルークの表情が印象的でした。そして、そのままエンディングを迎えたので、親子として二人の関係がどうなるのか気になりました。
      フーミン(30代・男性)

      主要キャラクターが一番インパクトあるスター・ウォーズ作品

      ヨーダ初登場の記念すべき作品です!

      僕が生まれる前からの作品なのでDVDでしか観たことないのですが是非とも劇場で観てみたいくらいのスター・ウォーズシリーズの中でも素晴らしい作品に感じられました。なぜなら個人的に一番お気に入りキャラクターであったヨーダが初登場する記念すべき作品だからなんですけども、作られたのが1980年代前半というすごくレトロな作品の影響からなのかヨーダの雰囲気があまり立体感がなくてお人形みたいな見栄えがすごくかわいらしい印象が強かったです。ダースベイダーに関する部分もすごく秀逸なつくりになっている感があって、ダースベイダーがルークの父だということを公言するシーンがあるのですがそのシーンこそこの作品の見せ場の一つなんじゃないかなと最初観たときに感じられました。
      GJA(30代・男性)

      映画史に残るSF映画最高傑作。

      スターウォーズシリーズの最高傑作

      スターウォーズシリーズの中でも帝国の逆襲は最高傑作だと思います。前作よりも派手な戦闘シーンが多く、ライトセーバーを使って戦うシーンも多いです。この作品ではあの人気キャラクター・ヨーダが初登場します。初登場シーンのヨーダの後ろ姿が可愛くてたまりません。またルークやレイア、ハン・ソロのそれぞれの人間ドラマも前作より濃厚になり見応えがアップしています。前作に引き続きC-3POとR2-D2のドロイドコンビの可愛いやり取りも健在です。そしてこの作品での1番の見どころは、ダース・ベイダーとルークの対決シーンだと思います。映画史に残る名台詞が飛び出す名シーンは必見です。アクション、ドラマ、映像美、音楽、キャラクターと全て揃ったエンターテインメント性の高い作品です。
      ベック(30代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』とあわせて、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      マーク・ハミルのおススメ関連作品
      ハリソン・フォードのおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のまとめ

      「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【11月30日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。