\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「スパイダーマン3」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「スパイダーマン3」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「スパイダーマン3」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『スパイダーマン3』ってどんな作品?

2007年公開、サム・ライミ監督版スパイダーマン三部作の最終作である『スパイダーマン3』のご紹介です!

最愛の人メリー・ジェーンと将来を誓い合い、全てが順調だったピーター・パーカー。

しかし彼の前に、ニュー・ゴブリン、サンドマン、ヴェノムという3人の敵が現れ、未だかつて無い危機に見舞われることに…!

北米では週末興行収入が1億5110万ドルとなり、2006年に記録更新した『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の1億3560万ドルを超えて歴代1位となった本作

『トーマス・ヘイデンチャーチ』『トファー・グレイス』『ブライス・ダラス・ハワード』らを新たに迎え、サム・ライミ監督版『スパイダーマン』がついに完結です!ぜひこの機会にご覧ください!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「スパイダーマン3」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「スパイダーマン3」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月28日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「スパイダーマン3」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

\本日から【10月28日】まで無料!/

 

\本日から【11月27日】まで無料!/

 

『スパイダーマン3』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

スパイダーマン3の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「スパイダーマン3」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpHuludTVTELASAの6つのサービスで「スパイダーマン3」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「スパイダーマン3」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「スパイダーマン3」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『スパイダーマン3』の作品情報

      基本情報

      作品名スパイダーマン3
      原題Spider-Man 3
      原作スパイダーマン(スタン・リー、スティーヴ・ディッコ)
      制作年2007年
      製作国アメリカ
      制作会社(配給会社)コロンビア映画、マーベル・エンターテインメント、ローラ・ジスキン・プロダクションズ、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
      公開年(公開日)2007年5月1日
      上映時間(話数)140分
      公式サイトhttps://www.sonypictures.jp/he/775794
      公式Twitterhttps://twitter.com/spidermanfilmjp
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/SpiderManJapan/
      公式Instagramhttps://www.instagram.com/spidermanmovie/?hl=ja
      主題歌

      あらすじ

      「マーベル・コミック」の大人気アメリカン・コミック「スパイダーマン」の映画化第3弾となる今作は、新たな敵・ニュー・ゴブリンやサンドマン、ヴェノムが現れ、シリーズ最大の危機が訪れます!

      そしてさらなる力を得たピーターの中に潜む闇

      ピーターはこの闇に打ち勝ち、悪との戦いに終止符を打てるのか、注目です!

       

      ニューヨークを守るヒーローとして、人々に愛されるスパイダーマン。

      そのスパイダーマンの真の姿であるピーター・パーカーは、最愛の女性・メリー・ジェーンとの婚約を計画するなど、全てが順風満帆でした。

      一方で、かつては親友であったハリー・オズボーンとは、ハリーの父をスパイダーマンであるピーターが殺したという誤解が解けないまま、ピーターへの復讐の炎を燃やしていました。

      ハリーは自身をニューゴブリン化し、ピーターへの復讐の準備を着々と進めていました。

      そして訪れる復讐の日。

      激しい戦いの末、ハリーはスパイダーマンであるピーターに敗れ、記憶を失うことになります。

      そんな時、ピーターが慕っていた叔父・ベン・パーカーを殺した真犯人であるフリント・マルコは、刑務所を脱獄していました。

      警察官から逃げるマルコは、誤って電子分解装置の中に入り込んでしまい、サンドマンと化してしまいます。

      スパイダーマンへの脅威が近づいてきていることも知らず、恋人へのプロポーズの準備をするピーターですが、数々の功績により讃えられ、有頂天になったピーターは、落ち込んでいる恋人の気持ちにも気づかず、助けた女性にキスをするなど、恋人を呆れさせます。

      歯車が狂い始めたことに気が付いたピーターに忍び寄る、黒い生物。

      その生物はスパイダーマンの赤いスーツをみるみるうちに黒く染めていきました。

      黒いスーツに身を包んだピーターは気持ちが高揚し、さらなる力を手に入れたように感じました。

      しかしそれは、ピーターの心に潜む闇を支配し、攻撃的な面を増強させてしまう危険なものでした。

      ブラックスパイダーマンとなったピーターは、叔父のベンを殺したマルコがサンドマンだということを知り、復讐を図りますが――。

      さらにハリーの記憶が戻り、ニューゴブリン化したハリーとの2度目の対決!

      次々と起こるハラハラな展開に、目が離せません!

       

      シリーズ完結作となる今作は、前作「スパイダーマン2」に引き続きサム・ライミ監督がメガホンをとりました。

      次々と展開する圧巻のバトルシーンは、最新VFXが駆使され迫力満点です!

      さらに今作で初登場する、映画「サイドウェイ」で、第77回アカデミー賞・助演男優賞を受賞したマルコ役のトーマス・ヘイデン・チャーチや、「ジュラシック・ワールド」に出演したグウェン役のブライス・ダラス・ハワードなど、更に豪華になるキャスト陣にも注目です!

      キャストとスタッフ

      映画『スパイダーマン3』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ピーター・パーカー/スパイダーマン:トビー・マグワイア(猪野 学)
      • メリー・ジェーン:キルスティン・ダンスト(岡 寛恵)
      • ハリー・オズボーン/ニュー・ゴブリン:ジェームズ・フランコ(鉄野 正豊)
      • フリント・マルコ/サンドマン:トーマス・ヘイデン・チャーチ(石田 圭佑)
      • エディ・ブロック/ヴェノム:トファー・グレイス(森川 智之)
      • グウェン・ステイシー:ブライス・ダラス・ハワード
      • ジョージ・ステイシー:ジェームズ・クロムウェル
      • メイ・パーカー:ローズマリー・ハリス
      • J・ジョナ・ジェイムソン:J・K・シモンズ
      • ミス・ブラント:エリザベス・バンクス
      • カート・コナーズ博士:ディラン・ベイカー
      • ベン・パーカー:クリフ・ロバートソン
      • テレサ・ラッセル
      • ビル・ナン
      • ブルース・キャンベル
      • テッド・ライミ
      • パーラ・ヘイニー=ジャーディン
      詳細を見てみる

      前作に引き続き主人公のスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じたのは、俳優の『トビー・マグワイア』

      この投稿をInstagramで見る

       

      Yumi Yamauchi(@yuuumiiiis)がシェアした投稿


      1992年に放送されたテレビシリーズ『Great Scott!』で注目を集めた彼。

      1998年公開の『カラー・オブ・ハート』で主演を務め、本作『スパイダーマン』シリーズで主人公ピーター・パーカー / スパイダーマンを演じ、人気を不動のものにしました。

      そして本作でニュー・ゴブリンとなり、スパイダーマンの敵となったピーターの親友ハリー・オズボーンを演じたのは俳優の『ジェームズ・フランコ』

      この投稿をInstagramで見る

       

      @b.a.p.btsがシェアした投稿


      コメディドラマ『フリークス学園』でブレイクした彼、2001年のTV映画『DEAN ディーン』でジェームズ・ディーン役を演じゴールデングローブ賞を受賞しました。

      本シリーズで主人公の親友ハリー・オズボーン役を演じたことで世界的に知られるようになります。

      また、登山家のアーロン・リー・ラルストンの自伝『奇跡の6日間』を原作とした映画『127時間』では、アカデミー主演男優賞に初ノミネートされるに至りました。

      そして、新たな敵フリント・マルコ/サンドマンを演じたのは『トーマス・ヘイデン・チャーチ』

      この投稿をInstagramで見る

       

      Mollee Noren(@molleethedollee)がシェアした投稿


      ラジオDJとしてキャリアをスタートさせた彼、アレクサンダー・ペインから2004年公開の映画『サイドウェイ』への出演オファーを受け、この作品で全米映画批評家協会賞や放送映画批評家協会賞などの助演男優賞を受賞。アカデミー助演男優賞にもノミネートされ、注目を集めました。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:サム・ライミ
      • 製作:ローラ・ジスキン、アビ・アラド、グラント・カーティス
      • 製作総指揮:スタン・リー、ケビン・フェイグ、ジョセフ・M・カラッシオロ
      • 原作:スタン・リー、スティーブ・ディッコ
      • 原案:サム・ライミ、アイバン・ライミ
      • 脚本:サム・ライミ、アイバン・ライミ、アルビン・サージェント
      • 撮影:ビル・ポープ
      • 美術:ニール・スピサック、J・マイケル・リーバ
      • 衣装:ジェームズ・アシュソン
      • 編集:ボブ・ムラウスキー
      • 音楽:クリストファー・ヤング
      • テーマ曲:ダニー・エルフマン
      • 視覚効果監修:スコット・ストクダイク
      詳細を見てみる

      前作に引き続きメガホンをとったのは映画監督、映画プロデューサー、脚本家の『サム・ライミ』

      1981年公開のアメリカのスプラッター映画『死霊のはらわた』において監督・脚本を務め、カルト系映画の監督として人気を集めてきた彼ですが、本作『スパイダーマン』シリーズでさらに多くのファンを獲得しています。

      2007年4月16日、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントでは史上初となる東京でのワールド・プレミアが開催され、主要キャストとサム・ライミ監督、製作に関わった何人かが来日しました。

      本シリーズはとくに日本での人気が高く、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは日本での興行を最重要視し、日本公開を当初予定していた2007年5月5日からアメリカよりも早い5月1日に変更しています。

      また、2億5800万ドルという莫大な費用が製作費に投じられたことでも話題となりましたが、結果的に興行収入71億円を記録する大ヒットとなり、日本における2007年の年間興収ランキング洋画部門において3位にランクインするに至りました。

      サム・ライミ監督渾身のスパイダーマンシリーズ最終作、ぜひこの機会にお楽しみください!

      口コミ・感想・評価

      「スパイダーマン3」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもスパイダーマン3を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      胸アツ!ヒーローの正義について考えさせられるちょっぴり大人なスパイダーマン作品

      最後の最後まで見逃せない!葛藤する主人公:本当の正義とは!?

      サム・ライミ版スパイダーマンの最終話はほんとに胸熱でした。ピーター・パーカーが強くなればなるほどどんどん敵も強くなり、彼自身もどんどん力を欲していきます。最初はそこに確実な正義感があるのですが、段々それだけではなくなっていきます。また、そこに親友との気まずい関係や上手くいかない恋愛関係など日常の要素も関係してきてヒーローである前にやはりただの人間なのだと強く感じました。そんな人間味溢れる主人公の姿も見逃せません。それに今回の1番の敵たちは今までで最も最強だし、1人で戦うなんて絶対に無理です。しかし、この世界でヒーローはスパイダーマンしかいない…どうなっていくのでしょうか。ぜひ自分の目で見届けていただきたいです。
      ずず(20代・女性)
      詳細を見てみる

      子どもから大人まで、勇気を貰えます!

      大切なことを教えてくれるヒーローです。

      スパイダーマン三部作の完結編です。街を荒らすサンドマンを倒そうとするピーター。奴を倒す目的は、国の平和を守るためではなく、最愛の叔父を失った憎しみによるものでした。しかしサンドマンが叔父を殺害したのは単なる事故でした。本人の口から事実を知ったピーターはサンドマンを許します。戦闘の末に倒すのではなく、成仏として消えていく砂男のシーン…とても感動しました。この作品を通して学ぶことは「人を許す」という勇気です。許すって簡単ではありません。ピーターの涙には相当な決意があったでしょう。一方で親友ハリーの最期には涙が止まりませんでした。最愛の存在を亡くしたピーターは人として強くなり、スパイダーマンとしても無敵になるに違いありません。
      ゆいき(20代・女性)

      人の闇が垣間見えるアメコミ原作らしいヒーロー映画

      ヒーローが闇に落ちていく姿を描いたダークテイストな映画

      サム・ライミ監督が描くスパイダーマン3部作の3作目。この作品では、1部で主人公がヒーローを志すきっかけになった叔父の死にスポットを当てています。叔父を殺した犯人を知ったこと、そして心の闇を増幅する宇宙生物に寄生されたことで、主人公は黒いスパイダーマンへと姿を変え私怨のみで力を振るうのです。今回の敵であるサンドマンとのアクションもさることながら、描かれるのはやったらやり返されるという人間模様が凄いです。1部で父を殺されたことでスパイダーマンに復讐を誓った親友ハリーに狙われながらも、叔父の復讐を果たそうとするスパイダーマン。そして、スパイダーマンに寄生した宇宙生物との戦い。終始ダークな雰囲気を漂わせながら人間模様に目が離せない素晴らしい3作目になっています!
      ヤヨタマ1340(30代・男性)

      子供も大人も楽しめる映画

      監督がいい

      全作が、聞いたことある方も多いと思いますがサム・ライミ監督作品です、「呪怨」のリメイクや、「スペル」、「死霊のはらわた」シリーズなど、ホラーを作らせたらピカイチの監督作品ですが、ハッとさせる様なシュチュエーションなどは、やっぱり人の心理をわかってますね。このスパイダーマンは、今までのスパイダーマン作品よりより人間味がかなりあって共感する人達も多いかと思います。僕が初めに観たのは、高校生くらいの時でしたが、勉強と恋愛が両立できなかったり、友達関係もうまくいかなかったりした時もありましたが、主人公のピーターパーカー生き様や考え方が、とてもマッチしててピーターにイラついたり一緒に喜んだり、感情移入してしまってた事を思い出します。
      クモオトコ(30代・男性)

      ヒーロー好きはテンションが上がる作品

      ダークな展開が続く今作!

      正直いうと、今作のスパイダーマンはダークな展開が目白押しです!もちろん、それだけとっても面白いのです。まず、スパイダーマンを襲う黒い物体が不気味です。スパイダーマンに力を与えてくれる、いわば闇の力の存在ですが、寝ている所にも襲ってきて正直怖かったです。ただ、侵食された黒いスーツのスパイダーマンはとってもかっこいいです!次に、サンドマンというヴィランの存在です。見た瞬間、砂だ!こんな奴どうやって倒せばいいんだ!ってなります。攻撃も広範囲で迫力あってまたまた怖いです。そして、グリーンゴブリン!1と2の流れをしっかり繋いでくれました。わたし自身、正直グリーンゴブリンには思い入れがあるので、この展開には少し感動しました。サムライミ監督ありがとう。展開も凄いですが、ラストの結末には涙します。ぜひ観てくださいね!
      匿名(20代・男性)

      友情の大切さを実感できるヒーロー映画

      ハリーが助けに来るシーンに感動

      今作の最大の特徴は、スパイダーマンの敵が3人もいるということです。その3人はサンドマン、グリーンゴブリン、ヴェノムと原作マンガの方でも結構知名度の高いキャラクターで、それぞれが違った戦闘スタイルを駆使してスパイダーマンを苦しめていく姿はなかなかカッコよかったです。そして後半ではヴェノムとサンドマンによってスパイダーマンがほとんど死んでしまいそうになるところまで追い詰められ、もうダメかと思ったところに大親友であるハリーが助けに来るところはかなり感動しました。しかもハリーはスパイダーマンのことを今まで敵だと思いこんでいたので、その誤解が晴れたという部分でもすごく安心しました。エンディングはなかなかほろ苦いところもありますが、全体的に見ると凄く良い映画だったと思います。
      しゅんた(20代・男性)

      その他ネットの口コミ・評価・感想

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『スパイダーマン3』とあわせて、『スパイダーマン3』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      キルスティン・ダンストのおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『スパイダーマン3』のまとめ

      「スパイダーマン3」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「スパイダーマン3」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【11月28日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。