\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「川の底からこんにちは」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「川の底からこんにちは」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「川の底からこんにちは」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『川の底からこんにちは』ってどんな作品?

映画『川の底からこんにちは』は、2010年公開の、新人監督の登竜門「ぴあフィルムフェスティバル」でグランプリを受賞した石井裕也の商業映画デビュー作。

OL5年目の主人公が、急遽、田舎に帰り、家業のしじみ工場を急きょ継ぐように言われるところから始まる物語です。荒削りな部分もありつつ、愉快痛快な映画なので、コロナ疲れの方におすすめですよ。

主演は満島ひかりさん。2010年、第36回ヨコハマ映画祭日本映画ベストテン第6位を受賞、監督の石井裕也さんは第53回ブルーリボン賞の監督賞を史上最年少で受賞しました。

映画『川の底からこんにちは』の無料視聴フル動画の方法、あらすじ、キャストや感想評価をご紹介します!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「川の底からこんにちは」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「川の底からこんにちは」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月28日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「川の底からこんにちは」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

\本日から【10月28日】まで無料!/

 

\本日から【11月27日】まで無料!/

 

『川の底からこんにちは』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

川の底からこんにちはの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「川の底からこんにちは」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
×
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年5月 時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpの3つのサービスで「川の底からこんにちは」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「川の底からこんにちは」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「川の底からこんにちは」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『川の底からこんにちは』の作品情報

      基本情報

      作品名川の底からこんにちは
      原題
      原作
      制作年2009年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)ユーロスペース
      公開年(公開日)2010年5月1日
      上映時間(話数)112分
      公式サイトhttps://pff.jp/jp/collection/sawako-decids.html
      公式Twitter
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      石井裕也さんが監督を手掛けた「川の底からこんにちは」は、2010年に公開され「ぴあフィルムフェスティバル」でグランプリを受賞した作品です!

      満島ひかりさんが主演を務めており、どん底の女性が人生を懸命に這い上がっていく姿を描いたヒューマンコメディドラマです。

       

      しじみ工場を実家に持つ佐和子が上京をしてきて5年が経過しました。

      その間仕事も続かず、今回で5回目の会社。特にやりがいもなくやる気もない毎日。

      上司からひどいことを言われてもまるで上の空。無感情で働いています。

      そんな佐和子にも恋人がいました。それは上司の健一。

      会社ではある程度カッコイイ健一ですが、実はバツイチで編み物が趣味。

      恋人も、上京してから5人目。健一のことがとびきり好きという訳ではありませんが、なんとなく付き合っていました。

      「自分は中の下だ」と言いながら妥協で暮らす日々。

      ある日、父が入院したことを知った佐和子。病名は肝硬変。もう先が長くないとのことでした。

      久しぶりに涙を流す佐和子。健一に言われるまで涙を流していたことに気づきませんでした。それだけ感情が鈍っていました。

      一人娘である佐和子は、工場を継ぐ必要がありましたが、なかなか決心がつきませんでした。

      そんな時、健一は佐和子に相談もせず勝手に仕事を辞め、佐和子の父が経営するしじみ工場を継ぐためついていくと言い出します。

      佐和子も仕事を辞めることにし、健一と健一の娘・加代子と共に、5年ぶりに帰省することになりました。

      しじみ工場で働く日々が始まりましたが、一緒に働くパートのおばちゃん達とうまくいきません。

      佐和子は高校卒業後、駆け落ちで田舎を後にしており、それをよく思っていないおばちゃん達がたくさんいたからでした。

      ある日、幼馴染の友美と健一が浮気をし、娘の加代子を置いて家を出ていってしまいます。

      会社の経営も危うく、従業員のやる気もなく、パートのおばちゃんに嫌がらせをされ、挙句の果てに恋人が浮気までする始末。

      佐和子はついに爆発し・・・!!?

       

      最初は目標もやる気もなかった佐和子が、自らを「中の下」と称してひたむきに生きる姿をコミカルに描いた本作品。

      佐和子という主人公が、どこかその辺にいるような身近な存在に感じられ、親近感が湧いてくるのは、満島ひかりさんの演技力の賜物です。

      開き直りの精神で、決してキレイな部分だけでない人間の底力を、涙あり、笑いありで観ることができる作品です!

      最後のオチも面白いので、是非最後まで楽しんでみてください!

      キャストとスタッフ

      映画『川の底からこんにちは』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 木村佐和子:満島ひかり
      • 新井健一:遠藤雅
      • 新井加代子:相原綺羅
      • 木村忠男:志賀廣太郎
      • 木村信夫:岩松了
      詳細を見てみる

      満島ひかりさんは、1997年、5人組女性ユニット「Folder5」の前身「Folder」のメンバーとしてデビュー。同年『モスラ2 海底の大決戦』で子役として映画出演したのがスクリーンデビューです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      満島ひかり⭐️Yasa(@hikari_hiiikariii)がシェアした投稿

      同グループの活動停止後、女優として本格的な活動を始め、2009年、園子温監督『愛のむきだし』のヒロイン役を体当たりで演じて注目を集め、報知映画賞など数々の新人賞を獲得

      映画『悪人』、『北のカナリアたち』などの映画や、ドラマ『モテキ』、『Woman』、『カルテット』などで活躍。2016年、ドラマ『トットてれび』で若き日の黒柳徹子役を演じて話題となりました。

      志賀廣太郎さんは、俳優養成所の講師を経て、1990年、44歳にして劇団「青年団」へ入団、俳優として舞台を中心に活動。

      この投稿をInstagramで見る

       

      YUKO(@yu_ko1503)がシェアした投稿

      1998年『もう、ひとりじゃない』で映画に初出演。2005年、深夜ドラマ『THE3名様』で演じた「パフェおやじ」が若者の間で話題を呼び、スピンオフのオリジナルビデオ『【「THE3名様」スピンオフ】人生のピンチを救うパフェおやじの7つの名言』が制作されるなどしました。

      『アンフェア』、『ハゲタカ』、『半沢直樹』などの話題ドラマにて名脇役として活躍。連続ドラマ『三匹のおっさん』では、北大路欣也さんと泉谷しげるさんと共に主演を務めました。2020年4月20日永眠。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:石井裕也
      • 脚本:石井裕也
      • プロデューサー:天野真弓
      • 撮影:沖村志宏
      • 音楽:今村左悶、野村知秋
      • 美術:尾関龍生
      • 編集:高橋幸一
      詳細を見てみる

      監督・脚本の石井裕也さんは、2005年、大阪芸術大学の卒業制作『剥き出しにっぽん』が、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)でグランプリと音楽賞を受賞。

      アジア・フィルム・アワードで、アジアで最も期待される若手監督に贈られるエドワード・ヤン記念アジア新人監督賞を受賞するなど、自主制作作品が海外の映画祭で高く評価されました。

      本作にてブルーリボン監督賞を史上最年少の27歳で受賞。2013年、『舟を編む』は第37回日本アカデミー賞にて、最優秀作品賞や最優秀監督賞をはじめ6冠に輝き、若手の実力派監督として注目を集め、アカデミー外国語映画賞の日本代表作品に選出。

      2017年『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』では、第12回アジア・フィルム・アワードの監督賞を受賞しています。

      撮影の沖村志宏さんは、1992年日活撮影所に入社し、1993年伊丹十三監督『大病人』で初めて撮影助手として参加。2007年『サウスバンド』で撮影監督として本格デビュー。

      ぼかす映像や、時代劇の約束事に縛られない自由な撮影方法など、既定概念にとらわれず、作品に寄り添う映像作りで、高く評価されています

      口コミ・感想・評価

      「川の底からこんにちは」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも川の底からこんにちはを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      テーマは重いけど笑いながら楽しめるヒューマン・コメディ

      社歌が頭から離れない

      現在ほど名前が知られていなかった頃の石井裕也監督の作品で、自主映画感が満載につき、大手の商業映画しか鑑賞しない人には、派手さが感じられないかもしれません。しかし主人公・佐和子の雰囲気や、彼女をとりまく環境がとてもリアルで、すぐ近くにいる誰かのことを見ているようでした。目標もやる気もない佐和子が、失望と悲しみを繰り返し困難という壁にぶつかりながらも、現実に向き合い始めたことで人生が開けていくさまは、見ている自分がお灸をすえられたような気に…。活字で表現すると堅苦しいイメージですが、作品自体はコミカルに仕上げてあるので、クスクスと笑いながら楽しめます。そのうえ劇中に登場する木村水産の社歌が面白くて、一度聞くと頭から離れません。これから鑑賞するという人も、ぜひ一緒に歌ってみてください(笑)
      かにかに(40代・女性)
      詳細を見てみる

      前向きになれる映画でした。

      人間臭くてかっこいい!

      友人に勧められて見ました。「しょうがない」という言葉って、発する人間の性格や受け取る側の気持ちによって大きく左右するんだなって思いました。諦める事は決して悪ではないし、「しょうがない」と割り切って明るく生きるのも人生には大切な事だと、教えてくれました。とても爽快で、見終わった後は気持ちが軽くなっていました。登場人物それぞれが人間臭くて、見ていて気持ち良い世界でしたね。主人公さわこの、前半と後半の変化に注目して、また見たいと思います。満島ひかりさんの演技力、表情の一つひとつが良かったです。素敵な女優さんですね。共感できる言葉、つい感情移入してしまうシーンが多く、最後まで飽きずに見入ってしまいました。教えてくれた友人に感謝です。
      内藤パン(20代・女性)

      とぼけたムードでクスリと笑える名作。

      満島ひかりの個人的初遭遇作!

      今や数々の作品でその存在感を発揮している満島ひかりさんですが、当時はまだまだ無名でした。僕が初めて彼女の作品に遭遇したのが本作。全体的にとぼけたムードで、独特の家族愛を描き、時々くすりと笑わせてくれるこの映画(タイトルも中身を象徴していると思います)に、満島さんの存在感がバッチリ嵌っており、とても印象に残っています。舞台が田舎のしじみ工場っていうのも絶妙で、心に引っ掛かるセリフも多いのでコノ手の邦画ではオススメの一本です。石井裕也監督の出世作でもあるんですよね(満島さんとは本作で出会って後に結婚。もう別れちゃいましたが……)。この監督も個人的には名作が多いと思っているので、本作を気に入ったら後に撮った『あぜ道のダンディ』『ハラがコレなんで』なども見て欲しいです。監督の家族観などが上手く反映された作品になっております。
      KENTA(30代・男性)

      爽快感のあるまっすぐなサクセスストーリー

      満島ひかりさんがキラキラ輝いています!

      けっこう突き抜けた笑いがあるというかふっきれた感じで開きなおっていく姿を演じている満島ひかりさんがとてもキラキラ輝いている作品だなあと感じられました。ストーリー的には終始爽快感に包まれていてまあ人生なんとかなるだろうと楽観的な部分がありながらもとりあえずはやるしかないからといった失うものなどないような覚悟みたいなものがなんとなく見えてきました。困難があるけどもまずは一歩ずつでも前進していこうとする力がみなぎってくる姿みたいなものが描かれていて女性なのにとてもかっこいいなあと思いました。人間臭い感じが全面に出ている雰囲気がある作品で、長いセリフシーンがあったりなどメッセージ的にも心に刺さる印象のある作品に感じられました。
      GJA(30代・男性)

      女の底力がうかがえる作品

      頑張れる映画です

      この主人公はやはり満島ひかりさんが最適でしょう。何となくの退廃感とかピッタリ合っています。それにしても、上京5年目にして就職先5件目で彼氏5人目とはどれだけ流されて生きているのでしょう。良いとは言えない世の中ですでに人生を捨てている若い子というのはきっとたくさんいるはずです。良い会社に就職したからと言って・大金持ちの彼氏と結婚しても一生安泰とは言えないのですから、当然です。東京で過ごしていたからこその目線からの田舎の悪い所を浮き彫りにしてくれます。田舎暮らしにあこがれる人も多いですが、小さな世界で噂話が絶えるようなことはありません。でもそんな中でついに発揮されることとなったやる気、女の開き直りのパワーに圧倒されるのです。私も頑張ろうとなんだか自然に思えます。
      なほほ(40代・女性)

      父のために奮闘する

      ストーリーが安直

      ストーリーがよくあるような工場の再生の奮闘記という感じがして先が読めるような展開であまり好きではありませんでした。ある女の子が父親のネジ工場の再生について奮闘していくというストーリーなのですが、それにどこかなにかしらの変化は欲しかったです。また、主演は満島ひかりさんなのですが、演技に関しましてはいい役柄を演じているなと思います。満島さんの演技のおかげでみようかなと思わせてくれます。また、父親のネジ工場をここまで助けるという原動力はどこからいったい来ているのだろうと不思議に思うくらいすごく頑張って奮闘するのでそこには一生懸命さには感動をしてしまいます。
      もも(20代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

       

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『川の底からこんにちは』とあわせて、『川の底からこんにちは』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      志賀廣太郎のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『川の底からこんにちは』のまとめ

      「川の底からこんにちは」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「川の底からこんにちは」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【11月28日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年5月 時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。