\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「悼む人」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「悼む人」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「悼む人」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『悼む人』ってどんな作品?

映画『悼む人』は、2015年に公開された、第140回直木賞を受賞した天童荒太さんのベストセラー小説の映画化

事件や事故に巻き込まれて亡くなった人々を「悼む」ため全国を放浪する青年を中心に、悼む人の必要性、目的、人間の死生観などを浮き彫りにしていく物語です。

主人公・静人役を高良健吾さん、静人の旅に同伴するヒロイン・奈義倖世役に石田ゆり子さん

劇場公開の初週の全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)では、初登場8位にランクインしました。

映画『悼む人』の映画無料視聴フル動画、あらすじやキャスト、感想や評価をご紹介します!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「悼む人」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「悼む人」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

\本日から【11月20日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

『悼む人』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

悼む人の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「悼む人」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpの3つのサービスで悼む人の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 無料登録後はすぐに悼む人が視聴できる
  • 悼む人が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • 無料トライアルの登録も解約もとっても簡単

U-NEXTの最大の魅力は、なんといっても業界No1の圧倒的な作品数。

しかも、31日間の無料トライアルが用意されているので、業界ナンバーワン!の見放題作品を思い存分楽しめます!

ちなみに、U-NEXTでは、

  1. 見放題作品(無料コンテンツ)
  2. ポイント作品(有料コンテンツ)

の2種類のコンテンツが用意されており、悼む人は1つ目の見放題作品(無料コンテンツ)に該当します。

よって、

  1. 31日間無料トライアル登録
  2. 悼む人を無料視聴

の2ステップで、悼む人を簡単に無料で楽しむことができるうえ、無料登録時にタダでもらえる600ポイントで本来課金が必要な新作も実質0円で見れるんです。

\解約OK!簡単無料登録♪/

※無料期間中の解約で→0円。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければいつでも解約可能ですので、安心して動画見放題の世界をお気軽に体験してみてください。

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

人気ドラマ
人気アニメ・キッズ
  • アナと雪の女王2
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 鬼滅の刃
  • あひるの空
  • NARUTO-ナルト-
  • 僕のヒーローアカデミア

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

\人気作品も豊富/

 

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「悼む人」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『悼む人』の作品情報

      基本情報

      作品名悼む人
      原題
      原作天童荒太
      制作年2015年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)東映
      公開年(公開日)2015年2月14日
      上映時間(話数)138分
      公式サイトhttp://www.itamu.jp/
      公式Twitterhttps://twitter.com/itamu214
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      映画『悼む人』は、2015年に公開された、第140回直木賞を受賞した天童荒太さんのベストセラー小説の映画化

      事件や事故に巻き込まれて亡くなった人々を「悼む」ため全国を放浪する青年を中心に、悼む人の必要性目的人間の死生観などを浮き彫りにしていく物語です。

       

      坂築静人は死者を悼むために全国を放浪しています。

      それは独特で、舞っているようにも祈っているようにも見えます。

      彼は幼い時、大好きな祖父を事故で亡くし、大学時代にも親友を失っています。

      それはあまりにもショックな出来事でした。

      そして、1年後自分が親友の死を忘れてしまっていることに衝撃を受けるのでした。

      人の死に対する苦悩を抱き続けた彼は死と真っ直ぐに向き合うため、死者を悼む旅をすることを決意します。

      ある日、事件現場を取材していた記者・蒔野は、奇妙な行動をする青年・静人と出会います。それは悼んでいる最中の静人でした。

      蒔野は死者を悼む旅をしているという静人の印象に強く興味を惹かれます。

      社内でも性悪説の持ち主で、猜疑心に取りつかれたような蒔野は、静人の化けの皮を剥ごうと彼の調査を始めました。

      一方静人は、とある殺害現場に立ち寄り悼もうとした時に、倖世という女性に出会います。

      殺人事件の加害者で夫婦であった倖世は、彼が人を悼んでいると聞いて興味を持ったようで静人とともに旅をすることになりました。

      静人の家族の末期癌の母と妊娠して一人で育てる覚悟の妹の美汐は、彼の行動は理解できないけれども、旅の帰りを待っています。

      様々な背景を持ち、形は違えど死と関わるそれぞれの人々たち。

      死者を悼む静人を起点に、彼らは死に対して向き合い始めまるのでした。

       

      主人公・静人役を「軽蔑」、「横道世之介」の高良健吾さん、静人の旅に同伴するヒロイン・奈義倖世役に「マチネの終わりに」の石田ゆり子さん。

      奈義倖世の夫の亡霊を井浦新さん、新たな命を授かる静人の妹を貫地谷しほりさん、偽悪的にふるまい続ける雑誌記者に椎名桔平さん、最後まで死と闘い続ける母・巡子に大竹しのぶさんが脇を固めます

      監督は「明日の記憶」、「はやぶさ HAYABUSA」の堤幸彦さん、「泥棒家族」、「風が強く吹いている」の大森寿美男さんが脚本を担当しました。

      今作品は第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞を受賞しています。

      それぞれの苦悩が深く心に沁み、死者の生前の行いに思いを寄せながら意志を持って生きていく各登場人物の視点は必見で、生と死について考えさせてくれる作品になっています。

      キャストとスタッフ

      映画『悼む人』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 坂築静人:高良健吾
      • 奈儀倖世:石田ゆり子 
      • 甲水朔也:井浦新
      • 坂築美汐:貫地谷しほり
      • 蒔野抗太郎:椎名桔平
      • 坂築巡子:大竹しのぶ
      詳細を見てみる

      高良健吾さんは、2005年、ドラマ『ごくせん』で俳優デビューし、2006年、『ハリヨの夏』で映画デビュー。廣木隆一監督作『M』や、蜷川幸雄監督作『蛇にピアス』で注目を集めました。

      この投稿をInstagramで見る

       

      高良健吾(@kengo_kora_fan)がシェアした投稿

      2011年『軽蔑』で日本アカデミー賞新人俳優賞し、2012年『横道世之介』でブルーリボン賞主演男優賞などを受賞

      『苦役列車』、『シン・ゴジラ』、『月と雷』などの映画や、NHK連続テレビ小説『おひさま』、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』などのドラマに出演しています。

      石田ゆり子さんは、1988年、ドラマ『海の群星』で女優デビュー。1997年『不機嫌な果実』で不倫に溺れる妻を演じて清純派のイメージを打ち破りました。

      この投稿をInstagramで見る

       

      石田ゆり子(@yuriko_isida_fan_account)がシェアした投稿

      2004年『北の零年』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。『サヨナライツカ』、『死にゆく妻との旅路』、『記憶にございません!』、『マチネの終わりに』などに出演しています。

      井浦 新さんは、1998年、是枝裕和監督作『ワンダフルライフ』の主演で俳優デビュー。『ピンポン』にて注目を集め、『蛇にピアス』、『空気人形』、『かぞくのくに』など様々な作品に出演し、特に『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』や『キャタピラー』など晩年の若松孝二監督作に多く出演しています。

      この投稿をInstagramで見る

       

      tatsuya_yamanaka_(@tatsuya_yamanaka_)がシェアした投稿

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:堤 幸彦
      • 原作:天童荒太「悼む人」(文春文庫刊)
      • 脚本:大森寿美男
      • 音楽:中島ノブユキ
      詳細を見てみる

      監督の堤 幸彦さんは、テレビ番組のディレクターとして働いた後、CMやPVを手がけ、1988年、オムニバス映画『バカヤロー! 私、怒ってます』の一編「英語がなんだ」で映画監督デビュー。

      1991年『![ai-ou]』で初めて長編映画を監督しました。ドラマ『金田一少年の事件簿』、『ケイゾク』、『池袋ウエストゲートパーク』、『トリック』などで、独特のユーモアと映像センスでファンを獲得。

      2005年、映画『明日の記憶』で日本アカデミー賞の優秀作品賞を受賞し、以降、『20世紀少年』3部作や『BECK』、『はやぶさ HAYABUSA』ドラマ『SPEC』とその劇場版『SPEC 天』も大ヒットしました。

      脚本の大森寿美男さんは、1990年代、劇団「自家発電」を旗揚げし、作演出を手掛け、また俳優としても出演。1997年には『男的女式』が第3回日本劇作家新人戯曲賞にノミネート

      ドラマ『泥棒家族、『トトの世界〜最後の野生児〜』において「社会に対する確かな視線」が評価され、当時史上最年少で第19回向田邦子賞を受賞しました。

      2009年『風が強く吹いている』で映画監督としてデビューし、2009年ヨコハマ映画祭および日本映画批評家大賞において新人監督賞を受賞しています。

      口コミ・感想・評価

      「悼む人」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも悼む人を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      世界観が素敵な映画

      いろいろと考えさせられる深い映画

      原作は直木賞を受賞した天童荒太先生が映画いている小説です。物語の全般的に重く、映画を通してかなりきれいなストーリーになっています。なので万人受けするような映画にはなっておらず、見る人を選ぶ映画だと思います。ただ、みておいて損はない映画だと思うので、もし心に余裕がある人はぜひ一度見てほしいです。主演は高良健吾さんが演じられているのですが、演技力が高く、見事に主演んお坂築を演じられています。ヒロインの石田ゆり子さんも妖艶な演技を演じられており上手でした。ただ、原作を超えられたかといえば少し厳しいところもあり原作ファンには満足できない可能性が高いです。もし、小説に興味がある方は一度映画から見てみてはいかがでしょうか。
      NOMURA(30代・男性)
      詳細を見てみる

      愛と死をテーマとした壮大な作品

      とても世界観のある映画

      原作を未読で観たのですが、「とても世界観がある映画だな」と感じました。愛や死がテーマになっており、壮大でずっしりと重いです。なので、観る人によって、ストーリーを受け入れるか受け入れないかで、評価は分かれるかなと感じました。「人の死に対してどう向き合っていけばいいのか」「死が人の心の中にどう残るのか」など、この映画に登場してくる人物によって、様々な捉え方があると言うことが気付かされました。特に、「高良健吾」さんの演技はとても良かったです。こういう静人のような繊細な役はとても合っているなと思いました。しかし、石田ゆりこのクセの強いラブシーンは必要だったのかと感じました。それ以外はとても良かっただけに残念でした。
      なんだかなぁ(30代・男性)

      生と死と愛を教えてくれる映画でした。

      一つひとつのセリフが良いです。

      “死”や“命”について考えさせられる映画でした。私は身近な人の突然の死を経験した事が無いので、まだ人の命の尊さを知りません。向き合い、受け入れるという事が今までに一度もありませんが、もしそういう瞬間が訪れた時、この作品を思い出したいです。登場人物それぞれの視点に立つと、色々な捉え方があって…大切な事に気づかされた気がします。全体的に暗い雰囲気で進んでいきますが、テンポは悪くないので中だるみする事もなく見終える事が出来ました。高良くんの配役が良かったし、大竹しのぶさんの演技力は流石ですね。本当に素晴らしい女優さんです。とても良い作品でした。原作に忠実に再現されているようなので、原作も読んでみたいな。
      とんぷ(20代・女性)

      死と生きることを考えさせられた作品

      原作に忠実な作品でした。

      原作を忠実に再現している数少ない作品でありながらも重厚感のある人間の深い部分をえぐるような内容に拳をような強さが感じられる内容だったと思います。ストーリー的には人間の死について問われているような題材になっていてそこにまつわる愛情まで派生しているという、生きていくことと日々死に近づいていく中でいつかおとずれるであろう死に向き合い方を考えさせられて興味深い雰囲気が漂っていました。あらゆる視点から価値観や世界観があるということからもう少しフレキシブルに見つめなきゃいけないのかなと勉強にもなりました。どんな人においても生きていること、行き続けているというその事だけでも意味のあるとても尊い事であると改めて噛み締められた作品でした。
      GJA(30代・男性)

      世の中には自分よりもっと大変な人がいると気づかせてくれる作品

      めちゃくちゃ苦しいストーリー

      とにかく重い映画だった。私は当時失恋をし、『悼む人』を観たらなんとなく癒してもらえるんじゃないかという期待を抱き、レンタルした。なんのなんの、癒すどころか胸が痛く苦しくなってしまった。余計にしんどくなったよ、本当に。。映画は終始どよーんとした空気の中、高良健吾くんの神妙な面持ち、笑顔美人の石田ゆり子さんもずっと眉間にしわを寄せているし。こんなにも重くて暗い映画観たことないよ。それはでも仕方がないことだ。だって「悼む」ということは、何か暗い過去があっての供養ということだから、明るい映画な訳がないよね。この映画、唯一ドキドキしたシーンがあった。それは、高良健吾くんと一緒に旅する石田ゆり子さんとのキスシーン。とても愛を感じ、同時にとても哀しいシーンだった。失恋を引きずっていた私は、きっともう二度と会うことのないだろう二人をみて、涙したよ。こんなにも美しく、哀しいキスシーンはなかった。
      るり(40代・女性)

      マニアにおすすめ、じっくりと思いに浸りたい方向けの映画

      生と死を考えさせられると同時に生き方も死に方に影響することを感じさせてくれる映画です

      この映画は、生と死を考えさせてくれる映画で、全体としてのイメージはやや暗い感じです。最初は、高良健吾に興味があり見ることになったのですが、死者の生前の行いに思いを寄せるという表現力の高さが問われる演技も見事に演じているところがすごいなと思いました。また、悼み方が少し奇妙な感じがするところも独特で、思わず引き込まれていく要素のある映画でした。映画の主人公の奇妙な行動のせいで残念な思いをする家族や、その行動をすることでの新たな出会いもあり、坂築静人が奈儀倖世を愛したいけれど素直になれない気持ちの表現も切なくやり切れない気持ちになります。同時に独特なラブシーンもところどころにあり、この映画の雰囲気をより一層原作に近い感じに仕上げていることが伝わりました。
      さらみ(40代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

       

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『悼む人』とあわせて、『悼む人』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      椎名桔平のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『悼む人』のまとめ

      「悼む人」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

      超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \31日間無料トライアルキャンペーン中/

      ※無料期間中の解約で→0円。

      ※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。