\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「カランコエの花」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「カランコエの花」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「カランコエの花」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『カランコエの花』ってどんな作品?

2017年の、LGBTを主題とした短編映画『カランコエの花』

レインボー・リール東京(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)グランプリをはじめ、国内各地の映画祭でグランプリ6冠を含む計13冠を受賞しました。

今田美桜さんが主演を務め、たった39分06秒という短い時間の中に、ピュアな恋心とLGBTの抱える問題が繊細に描きこまれています。

追加上演希望が相次いだそうで、短編映画では異例の133日という超ロングラン上映を達成しました。

観た人がほとんど必ず皆に観て欲しいと言う本作は、異例のヒットを記録した『カメラを止めるな!』に続く作品とも言われています。

リピーターの間では『カランコエの花』を劇場に観に行くことを「水やり」と呼ぶそうですよ。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「カランコエの花」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「カランコエの花」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

\本日から【11月19日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

『カランコエの花』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

カランコエの花の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「カランコエの花」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
×
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVの2つのサービスでカランコエの花の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 無料登録後はすぐにカランコエの花が視聴できる
  • カランコエの花が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • 無料トライアルの登録も解約もとっても簡単

U-NEXTの最大の魅力は、なんといっても業界No1の圧倒的な作品数。

しかも、31日間の無料トライアルが用意されているので、業界ナンバーワン!の見放題作品を思い存分楽しめます!

ちなみに、U-NEXTでは、

  1. 見放題作品(無料コンテンツ)
  2. ポイント作品(有料コンテンツ)

の2種類のコンテンツが用意されており、カランコエの花は1つ目の見放題作品(無料コンテンツ)に該当します。

よって、

  1. 31日間無料トライアル登録
  2. カランコエの花を無料視聴

の2ステップで、カランコエの花を簡単に無料で楽しむことができるうえ、無料登録時にタダでもらえる600ポイントで本来課金が必要な新作も実質0円で見れるんです。

\解約OK!簡単無料登録♪/

※無料期間中の解約で→0円。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければいつでも解約可能ですので、安心して動画見放題の世界をお気軽に体験してみてください。

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

人気ドラマ
人気アニメ・キッズ
  • アナと雪の女王2
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 鬼滅の刃
  • あひるの空
  • NARUTO-ナルト-
  • 僕のヒーローアカデミア

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

\人気作品も豊富/

 

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「カランコエの花」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVがおススメ。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    映画『カランコエの花』の作品情報

    基本情報

    作品名カランコエの花
    原題
    原作
    制作年2016年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)株式会社SDP
    公開年(公開日)2018年7月14日
    上映時間(話数)39分
    公式サイトhttps://kalanchoe-no-hana.com/
    公式Twitterhttps://twitter.com/kalanchoe_movie
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    高校生の一ノ瀬月乃、新木裕也たちのクラスにLGBTの授業が行われたことから物語が展開していきます。

    39分06秒というとても短い短編映画の中に、LGBTというものを今田美桜さんが演じる一ノ瀬月乃や笠松将さんが演じる新木裕也たち高校生が、どのようにとらえ行動していくのかが描かれています。

     

    高校生の新木裕也は、ちょっとクラスのお調子者。

    そんな新木裕也のいるクラスで、LGTBの授業が行われました。

    しかし、自分たちのクラスにだけLGTBの授業が行われていたことを知ります。

    もしかしたら自分たちのクラスには、LGBTの人がいるのではないかという考えが浮かびます。

    そこへ新木裕也のクラスメイトの一ノ瀬月乃が、友達とお昼を食べて教室に戻ってきました。

    一ノ瀬月乃は、新木裕也と同じクラスメイトの佐伯洋太からレズなんだろうと言われます。

    クラスメイトたちは誰も相手にしません。

    授業をさぼって保健室へ向かう新木裕也と佐伯洋太。

    保健の先生になぜLGBTの授業をしたのか理由を問いますが、他のクラスとは授業をする都合が合わなかっただけだと言われます。

    実は新木裕也はLGBTの存在をあまり良く思っていないのでした。

    次の日、新木裕也の担任の先生と保健の先生が一緒に教室にやってきました。

    LGBTの授業をしたことで、クラスの中にLGBTの生徒がいるのではないかという疑念が生まれていたので、その誤解を解くために来たようでした。

    しかし、クラスの担任の先生は嘘をつくとき鼻を擦る癖があることを知っている新木裕也。

    クラスの担任の先生が鼻を擦ったことで、逆に新木裕也の疑念が深まる結果となります。

    新木裕也はクラスの誰がLGBTなのかと追求し始めます。

    クラスの生徒の中には、新木裕也がLGBTが誰なのか探そうとする行動にプライバシーの侵害だと批判する生徒もも出てきました。

    しかし新木裕也は、自分のしていることを悪いことだとは認めません。

    放課後、一ノ瀬月乃は友達の葛城沙奈からクラスメイトの小牧桜がLGBTではないかということを聞いてしまったと相談されます。

    帰る途中、一ノ瀬月乃は小牧桜と出会いました。

    別れ際に、小牧桜が一ノ瀬月乃に何かを話したそうにしていました。

    一ノ瀬月乃はLGBTのことかと思いますが、結局小牧桜は何も話しませんでした。

    次の日の朝、一ノ瀬月乃は赤いシュシュを付けようか悩んでいました。

    すると、一ノ瀬月乃の母親が「あなたを守る」というカランコエの花言葉を教えてくれました。

    赤いシュシュを付け高校へ向かう一ノ瀬月乃。

    一ノ瀬月乃は、教室に入り黒板を見て驚きます。

    そこには、小牧桜がレズビアンだと大きく書かれていました。

    小牧桜は気にせず席に座ります。

    小牧桜を嘲笑う佐伯洋太に向かい一ノ瀬月乃は、小牧桜はレズビアンではないと言います。

    しかし、小牧桜は教室から走って行ってしまいました。

     

    高校生の時期は、少なからずみんなと違う個性を変だと感じてしまう思春期特有の感情がありますね。

    それとは別に自分の個性がその他大勢と違うと知ったとき、そのことをどう自分で受け入れていくのか本当に難しい問題が描かれています。

    そして大人はLGBTという個性を高校生たちにどう伝えていけばいいのかとても考えさえられる作品です。

    キャストとスタッフ

    映画『カランコエの花』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • 一ノ瀬月乃:今田美桜
    • 葛城沙奈:永瀬千裕
    • 新木裕也:笠松将
    • 佐伯洋太:須藤誠
    • 小牧桜:有佐
    • 梶原千里:堀春菜
    • 矢嶋みどり:手島実優
    • 月乃の母:石本径代
    • 小嶋花絵:山上綾加
    • 生徒:古山憲正
    • 加藤健一:イワゴウサトシ
    詳細を見てみる

    主演を務めるのは、現在様々な映画やドラマ・バラエティでご活躍中の今田美桜さん。

    この投稿をInstagramで見る

    今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

    高校2年生の時にスカウトされ、福岡のモデル事務所に所属し、2016年(19歳)で現在の事務所にスカウトされ上京。

    同年、本作を撮影したそうで、まだ公式サイトも開設されていない頃だったそうです。

    趣味は語学の勉強で、中国語検定2級もお持ちとのこと。ちなみに特技は博多弁の早口言葉だそうですよ。

    最近の出演作は、映画『ヲタクに恋は難しい』『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』やテレビドラマ『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』、アニメ『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』や映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の吹き替えに加え、CM・イメージキャラクター、さらに写真集など、驚くほど多方面でご活躍されています。

    そして次に注目すべきは、新木裕也を演じる笠松将さん。

    この投稿をInstagramで見る

    笠松将(@show_kasamatsu_official)がシェアした投稿

    2020年の映画『花と雨』長編映画初主演を務める笠松さんは、今でこそ多くの作品にご出演されていますが、18歳で上京後、20歳まではアルバイトをしながら映画のエキストラに応募する日々を送っていたそうです。

    2019年には連続ドラマ、映画出演数18本で20代男優1位になりました。

    最近だと、映画『仮面病棟』やドラマスペシャル『不協和音 炎の刑事 VS 氷の刑事』などに出演されています。

    ちなみに余談ですが、ご実家が喫茶店で、ご自身はアイスコーヒーを1日6~7杯愛飲しているそうですが、豆にこだわりは無いようです。(笑)

    スタッフ

    スタッフ
    • 監督:中川駿
    • 脚本:中川駿
    • 企画:木佐優士、柴田徹也、 中川駿
    • プロデューサー:山野淳、木佐優士
    • 撮影:伊藤弘典
    • 録音監修:治田敏秀
    • 録音:内田達也
    • 編集:中川駿
    • 助監督:柴田徹也
    • 制作:戸塚美早紀
    • ヘアメイク:CHimuu Yayoi CB
    • スチール撮影:宇田川俊之
    詳細を見てみる

    監督・脚本・編集は中川駿さん。

    この投稿をInstagramで見る

    🦋林田隆志 takashi “cub” hayashida(@takashi.hayashida19)がシェアした投稿

    大学卒業後、イベントの制作会社で勤務。その後独立し、イベントディレクターとして活動しながら、ニューシネマワークショップにて映画制作を学んだそうです。

    現在はフリーランスのイベント/映像ディレクターとして活動中の中川監督。イメージビデオなども製作しつつ、短編映画を自主制作されたりもしています。

    本作『カランコエの花』の制作費120万円はご自身で全て賄われたそうです。「投資だと思って」とのこと。

    製作するうえでLGBTは繊細な題材だと思うこと自体がそもそも差別的だということに気づいた、この作品は答えを提示している訳ではなく一つの失敗例を作品として見せている、といったことを含め「この映画は僕の反省文」と語っています。

    他の彼の作品には、『尊く厳かな死』『time』『UNIFORM』など。

    『尊く厳かな死』は中川さんの祖父を実際に尊厳死で見送った実体験に基づく短編映画。また、後者2作品はYouYubeにて本編を無料公開しているようですよ。

    口コミ・感想・評価

    「カランコエの花」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそもカランコエの花を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    同性愛者の苦しみを描いた映画

    LGBTについてよく描かれた秀作

    同性を愛してしまう人間の苦悩と葛藤を巧みに描いた作品だと思いました。高校の一クラスでLGBTについての理解を深める授業が行われますが、クラスメイトたちは自分のクラスの中にLGBTの人がいるんじゃないかと、まるで魔女狩りのように調査を始めます。その過程で気持ち悪いなどの言葉が飛びかい、レズビアンである女生徒の心を切り裂いていきます。異端のモノに対する嘲笑や差別などの人間の醜く幼稚な部分が描かれており、同性を愛してしまう人の苦しみがしみじみと伝わってきました。はやし立てていた男子生徒が、LGBTの該当者が思いを寄せていた女生徒だったと知った時には掌を返して彼女を庇い始めます。思春期の子供の醜さが良く描かれていました。
    tato(30代・男性)
    詳細を見てみる

    切ないラブストーリーです。

    向けられる気持ちの先に

    女子高生の同性愛の話です。同性愛に限らずLGBTを扱う映画というと、「社会から偏見を持たれて精神的に追い詰められる」と言うような切り口で描かれることが多いと思います。しかしこの作品はあくまで切ない恋愛映画になっているのです。そして同性の相手を好きになってしまう側ではなく、好かれる側の視点で描かれているのも珍しい感じです。物語は美しい映像の中で日常を丁寧に描いていくことから始まっています。そこに突然「私はクラスの女子に好かれているのかも?」という非日常性が入り込んできます。特に大きな争いが送るわけではありません。しかし好意を持つ側と持たれる側の複雑な心情が痛いほど伝わってきます。感情移入して観てしまう先に、心の底に陽だまりが当たるような素敵なラストシーンが待っています。
    半生(50代・男性)

    高校を舞台にしたLGBTについての話。

    切ない

    LGBTについては、言わない自由も絶対にあって、恥ずかしいことじゃないからとか、なんも悪いことしてないんだからと言っていいとかじゃないと思います。保健の先生の配慮が足りない話だったと思いました。なんか、漫画とかだと、もう噂が流れていて本人が自分から学級会だと開いて自分から言ったとかならわかるけどと切なくなりました。なんだかんだいって、思春期の子には重い話だし、普通にしろというのも無理かもしれないのになあと思います。みんないろいろ傷ついていて、かわいそうでした。10代の女の子の心の動きが繊細に描かれていてとてもよかったです。そうそう、思春期の時ってこんな感じだったなと思いました。短い映画でしたが、中身の濃い話だったと思いました。
    マイ3(30代・女性)

    潜在的差別の話でした。

    「人と違う」を理解するのは難しいです。
    「LGBT」という言葉が普及し始めたのは最近ですが、まだ理解が深まっているわけではないでしょう。学校の授業やメディアで積極的に周知させるのが、本人にとって必ずしも救いになっているとも限りません。偏見の目を持ってはいけない、という言葉こそ、傷つけている可能性もあるのです。差別しないように気を使えば使うほど、普通ではないというメッセージを相手に届けてしまう事だってあります。特に田舎の高校生ってまだ閉鎖的なので「人と違う」という事に敏感になっている年頃ですよね。もし自分が彼女たちの立場だったらどう思うのかな…と考えると、少し苦しくなります。とはいえ私自身もLGBTについてよく知らずに見たので、知る良いきっかけにはなりました。
    ゆうい(20代・女性)

    LGBTに関心がない人にこそ観てほしい作品

    本当の意味で守るとはどういうことか

    短い作品ですが、内容は非常に濃く、ぜひ観るべきだと思います。LGBTを題材とした作品です。設定に妙にリアリティがあり、似たような経験や悩みがある人は特に、観ていて胸が苦しくなる場面も多いことと思います。しかし、この作品に描かれている、LGBTを取り巻く偏見や差別、それらから逃れようとする当事者の言動、それに対する周囲の人々の反応は、現代の日本における状況そのものと言っても過言ではないと思います。また、LGBTの問題だけでなく、社会的にマイノリティとされている人々を取り巻く状況にも置き換えることができます。観終わった後は、自分自身が無意識に持つ偏見や差別意識について深く考えさせられる、そんな作品です。
    ゆう(20代・女性)

    今の時代ならではのテーマで気付きの多い作品

    LGBTをテーマにした作品

    「LGBT」についての授業をした先生が、もっとしっかりした知識を持って自分と違う立場の人をきちんとフォローできるのでなければ、安易にあの授業をするべきではなかったと思いました。ほとんどの人に悪意はないのですが、結果的に生徒を追い詰めていくことになってしまったのは、ほんとに切なかったです。今田美桜さんが、とても可愛かったと思いました。微妙な心情の動きをとても上手く演じていて、良かったと思いました。性的マイノリティに対する社会の理解は現在では、かなり進んだものになっていると思いますがやはり完全に受け入れている人ばかりではないと思うので、難しい問題だと思いました。生徒たちの反応がわざとらしくなく自然で透き通った雰囲気が漂っていると思いました。
    もちうさぎ(50代・女性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる


    あわせて見たいおススメ作品

    ここでは『カランコエの花』とあわせて、『カランコエの花』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
    笠松将のおススメ関連作品

    これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

    ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

    映画『カランコエの花』のまとめ

    「カランコエの花」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

    本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

    超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \31日間無料トライアルキャンペーン中/

    ※無料期間中の解約で→0円。

    ※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。