\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「007/私を愛したスパイ」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「007/私を愛したスパイ」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「007/私を愛したスパイ」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『007/私を愛したスパイ』ってどんな作品?

1977年に公開された映画『007/私を愛したスパイ』

大ヒットスパイアクション映画『007』シリーズ開始から15周年かつ第10作というメモリアルな作品で、ボンド役のロジャー・ムーアも出演した3作のなかで一番のお気に入りだとか。

制作費も前作の2倍の1400万ドルをかけた超大作になりましたが、世界興行成績も前作の約2倍である1億8540万ドルを記録し、インフレ率を勘案しなければ過去最高です。

しかし同年は競合が多く、『スター・ウォーズ』『未知との遭遇』『サタデー・ナイト・フィーバー』に次ぐ4位でのランクインでしたが、同年の日本映画配給収入の1位と2位を凌ぐ記録となりました。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「007/私を愛したスパイ」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「007/私を愛したスパイ」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月22日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

『007/私を愛したスパイ』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

007/私を愛したスパイの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「007/私を愛したスパイ」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
×
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVの2つのサービスで007/私を愛したスパイの無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 無料登録後はすぐに007/私を愛したスパイが視聴できる
  • 007/私を愛したスパイが見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • 無料トライアルの登録も解約もとっても簡単

U-NEXTの最大の魅力は、なんといっても業界No1の圧倒的な作品数。

しかも、31日間の無料トライアルが用意されているので、業界ナンバーワン!の見放題作品を思い存分楽しめます!

ちなみに、U-NEXTでは、

  1. 見放題作品(無料コンテンツ)
  2. ポイント作品(有料コンテンツ)

の2種類のコンテンツが用意されており、007/私を愛したスパイは2つ目のポイント作品(有料コンテンツ)に該当します。

よって、本来は視聴するのに課金が必要ですが、U-NEXTでは初回無料登録時に600ポイントがタダで貰えるので、

  1. 31日間無料トライアル登録
  2. 無料トライアルポイント600ポイント付与
  3. ポイント利用で007/私を愛したスパイを無料視聴

の3つのステップで、007/私を愛したスパイを簡単に無料で楽しむことができるんです。

\解約OK!簡単無料登録♪/

※無料期間中の解約で→0円。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければいつでも解約可能ですので、安心して動画見放題の世界をお気軽に体験してみてください。

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

人気ドラマ
人気アニメ・キッズ
  • アナと雪の女王2
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 鬼滅の刃
  • あひるの空
  • NARUTO-ナルト-
  • 僕のヒーローアカデミア

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

\人気作品も豊富/

 

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「007/私を愛したスパイ」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVがおススメ。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    映画『007/私を愛したスパイ』の作品情報

    基本情報

    作品名007/私を愛したスパイ
    原題The Spy who Loved Me
    原作わたしを愛したスパイ
    制作年1977年
    製作国イギリス
    制作会社(配給会社)ユナイテッド・アーティスツ
    公開年(公開日)1977年12月10日
    上映時間(話数)125分
    公式サイト
    公式Twitterhttps://twitter.com/007movie_jp
    公式Facebookhttps://www.facebook.com/JamesBond007JP/
    公式Instagramhttps://www.instagram.com/007/?hl=ja
    主題歌

    あらすじ

    シリーズ15周年目のメモリアルイヤーに制作された本作は、3度目の登板となったロジャー・ムーアの一番のお気に入りということもあって、かなり思い入れの深い作品のようです。

    007シリーズと言えば、これまで1~2年おきに制作されてきたのですが、今回は3年というブランクを経ての制作になりました。

    ストーリーは秘密兵器とアクションを大掛かりにした、スペクタクル・アドベンチャーとしての魅力をふんだんに押し出したものとなっています。

     

    ある日、核ミサイルが搭載された英潜水艦「レンジャー」とソ連の潜水艦「ポチョムキン」がレーダーから突如消息を絶ってしまいます。

    その調査を命じられたボンドは、エジプトのカイロへと飛ぶことになりました。

    そこで同じ目的で派遣された、ソ連の美しい女スパイのトリプルXことアニヤ・アマソワKGB少佐と出会います。

    そんな2人は、現地の情報源へと接触を試み動き出します。

    しかし、謎の暗殺者からの襲撃を受けてしまったのです。

    ここから英ソの利害が一致したということで、ボンドとアニヤは行動を共に任務へと当たることになりました。

    だが事件の直前、アバンタイトルでボンドはソ連の殺し屋に狙われてしまいます。

    ボンドは、難なく返り討ちにすることに成功したのですが、このソ連の殺し屋はアニヤの恋人だったのです。

    これを受けアニヤは、「この任務が終わったら、あなたを殺すわ」と言い、ボンドと共にアメリカ海軍の潜水艦へと乗り込み、ストロンバーグ海運の大型タンカー「リパラス」が怪しいとにらみ接近します。

    しかし怪信号による攻撃を受けてしまい、潜水艦の全機能が失われ、緊急浮上強いられてしまったのでした。

     

    本作は、制作されるまで様々な問題を抱えていたようです。

    共同プロデューサーであるハリー・サルツマンの無断離脱してしまったり、ショーン・コネリーさんとケヴィン・マクローリーさんによる『サンダーボール作戦』のリメイク訴訟問題。

    前作である『黄金銃を持つ男』の興行不振を理由に大株主となったUAがムーアの降板を要求してきたりと、制作までにかなりの困難を強いられてしまったようです。

    そのかいもあってか、あらゆる意味でシリーズ初の完全オリジナルストーリーの構築がなされ、シリーズを通して最大の評価を受けた作品となっています。

    また今作からオリジナルのストーリー展開となっているのも特徴で、今まで以上にスリリングで迫力あるアクションは必見です。

    キャストとスタッフ

    映画『007/私を愛したスパイ』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • James Bond:ロジャー・ムーア
    • Anya:バーバラ・バック
    • Karl:クルト・ユルゲンス
    • Jaws:リチャード・キール
    • Naomi:キャロライン・マンロー
    • M:バーナード・リー
    • Miss Moneypenny:ロイス・マクスウェル
    • Q:デズモンド・ルウェリン
    • Gogol:ウォルター・ゴテル
    • Girl in Austrian ski chalet:スー・バナー
    詳細を見てみる

    3代目となるジェームズ・ボンドを演じるのは、ロジャー・ムーア

    この投稿をInstagramで見る

     

    James Bond 007(@007)がシェアした投稿

    1962年のテレビドラマ『セイント 天国野郎』の主演を務めたことで、一躍スターに。その後『ダンディ2 華麗な冒険』などのテレビ番組でも活躍します。

    ムーアは英国文学界の世界的二大キャラクターシャーロック・ホームズジェームズ・ボンドの両方を演じた唯一の俳優であり、2007年にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに星を獲得しました。

    また、俳優として活動する一方で、ユニセフ親善大使を務めるなどボランティア活動にも精力的で、2003年にはナイトの称号を与えられています。ユニセフ親善大使は、オードリー・ヘプバーンが勧めたのだという話も。

    また、1983年シリーズ13作目の『007/オクトパシー』に先駆けて来日した際には日本のテレビ番組『笑っていいとも!』にボンドガールのモード・アダムスとともに出演し、終始ジョークを連発していたとか。

    数々のアクション映画で主演を務めるムーアですが、自他ともに認める運動音痴なのだそう。スタント・パーソンを多用したという話もあります。

    様々な場面で見られるユーモアたっぷりの受け答えにもムーアの人柄がにじみ出ていますね。

    スタッフ

    スタッフ
    • 監督:ルイス・ギルバート
    • 脚本:クリストファー・ウッド リチャード・メイボーム
    • 原作:イアン・フレミング
    • 製作:アルバート・R・ブロッコリ
    • 撮影:クロード・ルノワール
    • 水中撮影:ラマー・ボーレン
    • 美術:ケン・アダム ピーター・ラモント
    • メインタイトル・デザイン:モーリス・バインダー
    • 音楽:マービン・ハムリッシュ
    • 主題曲:カーリー・サイモン
    • 編集:ジョン・グレン
    • 特殊効果:デレク・メディングス
    • 字幕監修:高瀬鎮夫
    詳細を見てみる

    監督を務めるのはルイス・ギルバート

    この投稿をInstagramで見る

     

    Julie Walters Brasil(@juliewaltersbrasil)がシェアした投稿

    興行師の家に生まれたことから子役としてキャリアをスタートしたギルバートですが、アルフレッド・ヒチコック監督の『巌窟の野獣』にアシスタントとして参加したのを機に、監督を志すようになります。

    第二次世界大戦中は英国空軍に従軍しドキュメンタリー映画を製作していましたが、戦後次第にジャンルの幅を広げ、『The Little Ballerina』で長編映画デビューを果たします。

    また、恋愛映画『アルフィー』で第19回カンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞し、第39回アカデミー賞では作品賞を含む5部門でノミネートされました。

    他にも英国アカデミー賞作品賞を受賞した『リタと大学教授』や、『旅する女 シャーリー・バレンタイン』などの秀作を生み出したギルバートはその功績を讃えられ、1997年には大英帝国勲章、2001年には英国映画協会最高の栄誉であるフェローシップ賞を授与されました。

    『007』シリーズでは本作の他に『007は二度死ぬ』『ムーンレイカー』の計3作を制作しています。この3作はシリーズの中でも屈指の壮大なスケールを持った作品だと言われているんです。

    2018年に97歳で逝去されているのですが、60年に渡る長年のキャリアの中で、彼が手がけた映画はなんと40本以上にもなります。

    口コミ・感想・評価

    「007/私を愛したスパイ」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそも007/私を愛したスパイを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    最強のボンドガール、最強の敵を得てロジャー・ムーアの個性が生きた傑作

    けんかするほど仲が良かったスパイ

    ジェームズ・ボンドの好敵手と言える力量のソ連のスパイを登場させた映画です。それもバーバラ・バック演じる女スパイ。最初は同じマイクロフィルムを狙い、共通の敵を前にすると協力するけれど、二人になると相手を出し抜こうとします。自分の方が上だというところを示そうとする意地の張り合いがおかしいです。イギリスとソ連の共同作戦ということになって仲良くし始めたかと思うと、ボンドが女スパイの恋人を殺したばかりであることが判明して、ボンドは、任務が終わったら殺すと宣言されます。しかしこの二人には「好色」という共通点があると思わざるを得ません。クルト・ユルゲンス演じる敵は、単なる悪者とか狂気の人物というよりは、確固たる美意識にしたがって地上の文明の破壊をもくろんでいるようで、シリーズ全体の中でも興味深い敵役ではないでしょうか。そして金属の歯で何でもかみ切る巨漢のジョーズも登場し、シリーズ中で上位の傑作でしょう。
    じゃやーなか(50代・男性)
    詳細を見てみる

    深海の海底基地など、SFチックの007作品

    シリーズ第10作目記念!

    超人気007シリーズの第10作目を記念して製作された本作は、過去作の中でも大ヒットを記録しました。イギリスの原潜と、ソ連の原潜が消息不明となりボンドとKGBの女スパイは共同で捜査に出向き、世界征服を狙う秘密組織と闘います。水中に潜る水陸両用カー・ロータスエスプリや海中の巨大秘密基地、鋼鉄の歯をギラつかせる不死身の殺し屋ジョーズなど、個性的な敵の登場やアッと驚く秘密兵器など娯楽性タップリの007作品です。3代目ボンド、ロジャー・ムーアのボンドぶりもかっこよく、二人のボンドガール、バーバラ・バックとキャロライン・マンローの見事な曲線美が鮮烈な印象を残します。ラストに浮上する海中からの大要塞浮上シーンは、圧倒的なスケールの場面です!
    マリオ(40代・男性)

    007の集大成といった豪華さ

    待望のギルバート監督作

    ルイス・ギルバート監督が復帰、ロジャームーア作品よりもやはり彼のものの方が好きです。007は決してふざけてはならないのです。すべてにこだわって作られた、大人な紳士な作品こそが魅力、今までの雑な演出は家族で力を抜いてみるならまあ良しとしますが個人的に本当に007を楽しみたいという時には邪道です。アクションもストーリーもとても面白かったです。カーアクションが迫力抜群、CGも使われていない大昔の作品とはとても思えません。その時の限界よりも更に上を行っている気がします。どうやらたっぷりお金もかけているようで、カイロにアラビア・ナイル川や古代遺跡と世界中を飛び回ってくれます。ポンドガールたちの美しさにも圧倒されてと、見ごたえがあります。
    のここ(40代・女性)

    見終わった後でスッキリする、快感型スパイ映画です。

    悪役ジョーズ登場、印象に残るムーアボンドの一作

    ガジェットカーである、ロータスエスプリが思い出深いです。水の中を走っちゃうの!?と初見の時は本当に驚きました。カーアクションあり、どうやっても倒せない強敵あり、重々しい悪の黒幕あり、いろいろ印象に残っています。ジョーズというのが、なかなかしぶとい悪役で、なかなかやっつけられないというのが、一つのギャグになっていくところが、新しいキャラの登場だなと思いました。なんだか製作者側も楽しんで作ったんじゃなかろうか、と思ってしまいます。エンターテインメント。美人のボンドガールも登場。あと途中で、絶妙のタイミングで、あのテーマソングのデンデケデーンデンデンが流れるところがあって、そこはなんというか拍手喝采したくなる感じです。
    ハンバーグ(40代・男性)

    娯楽スパイ映画の金字塔

    これぞ娯楽大作

    何を隠そう、ロードショー公開当時、親父にねだって映画館まで見に行った思い出があります。スーパーカーブーム真っただ中だったので、実は私のお目当てはジェームズボンドではなく、白いロータスエスプリ見たさでしたが。いつもなら面倒臭いと言って連れて行ってくれない親父が「007なら見に行くか」と意外にも二つ返事で連れて行ってくれました。なのでまだ幼かった私が覚えているのはロータスヨーロッパのシーンのみです。海の中に潜ったら、ちゃんと水中使用になるところに感動しました。確か、海からクルマごと上がった後、驚いて見ている一般人に車内に入り込んだ魚(だったと思います)を渡すボンドがブラックで面白いなと笑ったのを覚えています。
    さるすべり(50代・男性)

    007らしい映画です

    設定がよかったです

    当時の冷戦時代を考えると設定が非常に斬新だと感じました。東西として民主主義と社会主義が対立していた時代にイギリスとソ連の諜報部員がまさかの共闘して事件の発端となった両国の原子力潜水艦の行方不明となった真相を探るというストーリーがよく、二人が徐々に真相に迫るにつ入れて意外な陰謀が起こっていたといういかにもスパイ映画らしい展開だったから非常に楽しめました。また、ソ連の諜報部員が今回のボンドガールになっており、ソ連の美人スパイという響きにもそそられてよかったです。そして、終盤のシーンがアクション映画らしく、主人公とヒロインが協力して悪に挑むんでより信頼関係を育むという感じが007らしくて面白かったです。
    マルチネス(30代・男性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    あわせて見たいおススメ作品

    ここでは『007/私を愛したスパイ』とあわせて、『007/私を愛したスパイ』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!

    これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

    ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

    映画『007/私を愛したスパイ』のまとめ

    「007/私を愛したスパイ」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

    本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

    超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \31日間無料トライアルキャンペーン中/

    ※無料期間中の解約で→0円。

    ※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。