007/死ぬのは奴らだ|映画無料視聴フル動画(字幕/吹替)!あらすじキャスト感想評価も
提供元:U-NEXT

007/死ぬのは奴らだのフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、007/死ぬのは奴らだのフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します。

\作品概要はコチラをタップ/

映画『007/死ぬのは奴らだ』ってどんな作品?

1962年に第1作目が公開され、202011月には最新作が公開予定の大人気シリーズ「007」。今回は、シリーズ第8作目となる1973年公開の「007 死ぬのは奴らだ」をご紹介します。

新作が公開するたび大ヒットを記録し、多くのファンがいるスパイアクション映画「007」シリーズ。

この8作目からは、3代目ジェームズ・ボンド役にロジャー・ムーアが抜擢。これまでとはまた違ったユーモア溢れるキャラクターを見事に演じ、アイディアも面白さもパワーアップしています。

さらにポール・マッカトニー&ウィングスが歌う主題歌がとても合っていて、この作品の魅力の一つとなっていますね。

シリアスなだけでなく、コメディー要素もあり、楽しめる作品「007 死ぬのは奴らだ」を無料視聴する方法や、あらすじ&感想評価もあわせてご紹介します。

結論からお伝えすると

「007/死ぬのは奴らだ」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「007/死ぬのは奴らだ」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

\本日から【10月24日】まで無料!/

『007/死ぬのは奴らだ』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

007/死ぬのは奴らだの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)10社について、007/死ぬのは奴らだの配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpの3つのサービスで007/死ぬのは奴らだの無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 無料登録後はすぐに007/死ぬのは奴らだが視聴できる
  • 007/死ぬのは奴らだが見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • 無料トライアルの登録も解約もとっても簡単

U-NEXTの最大の魅力は、なんといっても業界No1の圧倒的な作品数。

しかも、31日間の無料トライアルが用意されているので、業界ナンバーワン!の見放題作品を思い存分楽しめます!

ちなみに、U-NEXTでは、

  1. 見放題作品(無料コンテンツ)
  2. ポイント作品(有料コンテンツ)

の2種類のコンテンツが用意されており、007/死ぬのは奴らだは2つ目のポイント作品(有料コンテンツ)に該当します。

よって、本来は視聴するのに課金が必要ですが、U-NEXTでは初回無料登録時に600ポイントがタダで貰えるので、

  1. 31日間無料トライアル登録
  2. 無料トライアルポイント600ポイント付与
  3. ポイント利用で007/死ぬのは奴らだを無料視聴

の3つのステップで、007/死ぬのは奴らだを簡単に無料で楽しむことができるんです。

\解約OK!簡単無料登録♪/

※無料期間中の解約で→0円。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、ご覧ください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料トライアル期間が業界トップクラスの31日間
無料トライアル期間中に600ポイントがタダでもらえる
無料トライアル期間中に解約OK
毎月もらえるU-NEXT会員ポイント1,200ポイント
1つの契約で最大4人でシェアできる(ファミリーアカウント)
フルHD画質/4K画質&高音質(DOLBY DIGITAL PLUS)
マルチデバイス対応(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)
コンテンツのダウンロードOK
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
最新作がすぐに視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

人気ドラマ
人気アニメ・キッズ
  • アナと雪の女王2
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 鬼滅の刃
  • あひるの空
  • NARUTO-ナルト-
  • 僕のヒーローアカデミア

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

\人気作品も豊富/

 

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「007/死ぬのは奴らだ」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『007/死ぬのは奴らだ』の作品情報

      基本情報

      作品名007/死ぬのは奴らだ
      原題Live and Let Die
      原作イアン・フレミング
      制作年1973年
      製作国イギリス、アメリカ合衆国
      制作会社(配給会社)ユナイテッド・アーティスツ
      公開年(公開日)1973年7月28日
      上映時間(話数)121分
      公式サイト
      公式Twitterhttps://twitter.com/007movie_jp
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/JamesBond007JP/
      公式Instagramhttps://www.instagram.com/007/?hl=ja
      主題歌

      あらすじ

      映画『007 死ぬのは奴らだ』は、3代目ジェームス・ボンドことロージャー・ムーア初登場する、シリーズ第8作の娯楽大作。

      初代ボンド、ショーン・コネリーが作り上げたレガシーをいかに継承するか。

      ムーアはこの難題に“軽妙洒脱なダンディズムとユーモアの拡張”とも言うべき、独自のアプローチで望みます。

      そうして生み出された新たなジェームス・ボンドは、多くの観客を魅了。興行成績世界第4位の大ヒット(1973年)を記録したのです。

       

      北米やカリブ海で英国情報局MI6の諜報部員が次々と殺害される事件が発生。部員たちはカリブの島国“サン・モニーク”の独裁者Dr.カナンガを調査中でした。

      上司“M”の司令を受け、007(ジェームス・ボンド)はニューヨークへ飛び立ちます。 到着するやいなや、ボンドは車の事故に巻き込まれ、何者かが彼の命を狙っていることを察知します。

      わずかな手がかりをもとに、行き着いたハーレムのレストラン “フィレ・オブ・ソウル” に侵入したボンドは、あえなく捕らわれてしまいます。

      そこでオーナーのMr.ビッグと対面。また、Mr.ビッグに仕えるソリテアという美しいタロット占い師にも出会います。

      Mr.ビッグはレストランをチェーン展開し、全米に麻薬をばら撒くという陰謀を企てていました。

      CIAエージェントのストラッターに助けられ、Mr.ビッグの配下、ティー・ヒーの鋼鉄の義手から逃れたボンドはサン・モニークに向かいます。

      CIAエージェント・ロージーの寝返りに合いながらも、ボンドはDr.カナンガの別荘でソリテアと再会します。

      カードのトリックを使い、純真なソリテアを落としたボンドは彼女と一夜を過ごします。 処女をなくし、霊感を手放すことになったソリテアは、ボンドと行動を共にすることを決意します。

      ボンドとソリテアは、ブードゥーの魔力にカモフラージュされたケシ畑を見つけます。ヘロインの原料となるケシ…。

      次々と迫りくる追っ手をかわし、ボンドとソリテアはニューオーリンズを目指すのでした。

       

      気になる主題歌ですが、本作ではあのポール・マッカートニー&ウィングスが受け持ちました。

      全英7位、全米2位を記録したこの曲は、007歴代の主題歌として初めて英米両チャートのトップ10入りを果たしたそうです。

      “空飛ぶモーターボート”“飛行機8機の同時爆破”など、当時としてはかなり大掛かりなアクションに、ブードゥー教やタロットカードと言ったオカルト的なスパイスを施したこの作品。

      新ボンド、ムーアの甘いマスクと、思わず笑ってしまうユーモアも見逃せません。

      見どころ盛りだくさんの本作を、ぜひお楽しみください!

      キャストとスタッフ

      映画『007/死ぬのは奴らだ』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ジェームズ・ボンド :ロジャー・ムーア
      • Dr.カナンガ/Mr.ビッグ : ヤフェット・コットー
      • ソリテア -:ジェーン・シーモア
      • ロージー・カヴァー : グロリア・ヘンドリー
      • サメディ男爵 :ジェフリー・ホールダー
      詳細を見てみる

      今回の作品で初のジェームズ・ボンドを演じたロジャー・ムーアです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      小副川智也(@tomoya_osoegawa)がシェアした投稿

      イギリス出身のロジャー・ムーアは、1940年代エキストラとして映画に出演。その後第二次世界大戦中はイギリス軍に入隊し、除隊後に再び俳優として復帰。モデルや、マネージャーなどを経験し、1950年代に入ってからはアメリカに渡り、数々のドラマに出演。

      1954「雨の朝巴里に死す」で契約俳優となり、1962テレビシリーズ「セイント天国野郎」に出演し、注目を浴びるようになりました。本作の「死ぬのは奴らだ」で今までとは違うボンド役を演じ、さらに人気を博し、スターの地位を得ることとなりました1985年の「007美しき獲物たち」まで7作品に出演。ボンド俳優の中で最も多い出演本数になりました。

      日本では7代目トヨタ・コロナのCMキャラクターも務め、来日した時には、あの人気番組「笑っていいとも」に出演し、会場を爆笑させていました。

      そんな世界を魅了したロジャー・ムーアですが、2017年(享年89歳)この世を去りました。

      今回の作品のボンドガールを務めたのは、数々の作品で賞を受賞しているジェーン・シーモアです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      Jane Seymour(@janeseymour)がシェアした投稿


      幼少からバレエを習い、13歳の時にロンドン・フェスティバル・バレエ団でダンサーとして活動。1970年に映画デビューし、それからテレビ出演も多くなりました。1973年本作の「007 死ぬのは奴らだ」でボンドガールのソリテア役を演じ、一躍脚光を浴びました。

      その後1988年のTV映画「海運王オナシス 世界で最も富を得た男」でエミー賞助演女優賞を受賞。1981年の「エデンの東」ではゴールデングローブ賞主演女優賞、1993~1998年のドラマ「ドクター・クイン 大西部の女医物語」でも1996年の主演女優賞に輝いていて、演技でも高い評価を受けています。

      2019年公開した作品「アルツハイマーと僕 グレン・キャンベル 音楽の奇跡」では製作総指揮を務めています。

      右目がヘーゼル、左目がグリーンのオッドアイでも知られるジェーン・シーモアですが、そのすい込まれそうな瞳と、いつまでたっても変わらない美貌も本当に魅力ですね。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督 :ガイ・ハミルトン
      • 製作 :ハリー・サルツマンアルバート・R・ブロッコリ
      • 脚本 :トム・マンキーウィッツ
      • 音楽 :ジョージ・マーティン
      詳細を見てみる

      今回監督を務めたのは、「007」シリーズで4作品手掛けた、ガイ・ハミルトンです。


      イギリスの映画監督ガイ・ハミルトンは、第二次世界大戦が勃発した時イギリス海軍に入隊。終戦後キャロル・リード監督の下で助監督を務め、1952年「The Ringer」で監督デビュー。

      その後、007シリーズの「ゴールドフィンガー」の監督を務め、世界的大ヒットを記録。アクション映画監督の地位を築き、その他「ダイヤモンドは永遠に」そして本作の「死ぬのは奴らだ」「黄金銃を持つ男」の計4作品を手掛けています。

      007シリーズの後はアクションから離れますが、1986年「レモ/第一の挑戦」でまたキレのいい作品を作り上げて健在ぶりを示していました。

      そんな素晴らしい監督ですが、2016年(享年93歳)この世を去りました。

      この作品で音楽を担当したのは「5人目のビートルズ」と称されたジョージ・マーティンです。


      ロンドンで生まれ、8歳から独学でピアノを学び、ギルドホール音楽演劇学校に入学。音楽の基礎を学びながら、オーボエとピアノを専攻。オーボエ奏者として活動した後、1950年EMIへ入社し、アビー・ロード・スタジオで多くのレコーディングに携わりました。

      1955年からはコメディーのレコード制作を多く手掛け実績を積み、1962年あの世界的バンドのビートルズを見出し、プロデューサーとして大注目を集め、EMIから独立。その後もジェフ・ベック、ポール・マッカートニーなどのプロデューサーを務めています。

      1998年にはビートルズのトリビュート盤「イン・マイ・ライフ」を息子とともにプロデュースしており、名だたるシンガーが参加しています。1999年にはプロデューサーを引退していますが、音楽界への貢献でイングランド国王からナイトの勲章を授与されるなど素晴らしい功績を残しています。

      音楽界にとって本当に偉大なジョージ・マーティンなのですが、2016年(享年90歳)この世を去りました。

      口コミ・感想・評価

      「007/死ぬのは奴らだ」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも007/死ぬのは奴らだを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      無駄にコミカルで爆破も多くてといった知っちゃかめっちゃかの作品

      ロジャームーア版最初の作品

      ロジャームーア版はコミカルすぎます。シリアスで大人な雰囲気のポンドが好きだったので、正直あまり良いとは思えませんでした。どうやらお金はかかってそう、何しろ飛行機に車に船と、どれもこれもぶっ壊れすぎです。爆破シーンで派手さを演出しているのでしょうか。やたらと強力磁石の腕時計に頼りすぎているし、あれもこれもと突っ込みたくなるのです。バンバン破壊しながらどんどんストーリーが展開して行けばそれも面白いのですが、いらないシーンが多すぎます。テンポの悪さも好みではありません。今回の悪役は全員黒人、これは時代背景もあるのでしょうか。批判も多かったのではと心配になります。ロジャームーアデビュー作ながらひどい出来です。
      のこの(40代・女性)
      詳細を見てみる

      ハラハラするスパイ映画を見たい方へお勧めです。

      ロジャームーア初登場、いきなりの名作

      冒頭のニューオーリンズの葬式のシーンからして、怖かった。これがスパイ映画というものなんだな、と思ったのを覚えています。全体的にブードゥー教のムードが漂っていて、それも緊張感につながっていると思います。あと、ポールマッカートニーが作った、テーマソングは、ボンド史上のなかで一番いい曲だなと思います。この曲の魅力と映画がすごく合っている。片一方の手が義手で、はさみになっている悪役が怖かったなあ。あとガジェット系では腕時計がとても印象的な作品です。いろいろ要所要所で出てくるから。由緒正しいジェームスボンドを味わえるという意味でも、名作です。ロジャームーア大冒険したんだと思います。ショーンコネリーを引き継ぎつつ、変化をもたらしたという意味で。
      オオデ(40代・男性)

      いい意味で予想を裏切り続けるコミカルな作品。

      暗いスパイものからはだいぶ離れたジャンルに位置する異端作。

      007のシリーズの中でも、ゴールドフィンガーやスペクターなどの雰囲気とはだいぶ違う作品です。ジェームズ・ボンドと言えばいつも博士にもらった発明品を借りて、任務に突っ走っている印象が強いと思います。特に最近の007はだいぶ科学的でハイテクノロジーな要素がたくさん出てきます。もちろん昔の007のシリーズもそうなのですが、今作だけはむしろだいぶ神秘的な作風になっています。なんせ占い師や呪術師といった怪しいキャラばかり出てきます。個人的にはダークな印象はあまりなく、ちょっとロマンティックでコミカルな印象の作品だったなという感想です。なんでそんな展開になると突っ込みたくなる場面が結構出てくるので、スリルいっぱいで怖いところを想像しながら見ると意外なところで面食らう事があると思います。怖い映画が苦手な人でも楽しめる映画です。
      ゴルゴよりボンド(20代・女性)

      絶体絶命のピンチを切り抜けるスパイ映画

      死を宣告されても死なない男

      陽光きらめくカリブ海に浮かび上がる架空の小国、サン・モニークはまさにこの世の楽園のようで美しかったです。この地で不審な死を遂げた同僚たちの真相を探るべく、危険を省みることなく単身で乗り込んでくるジェームズ・ボンドも勇ましいですね。初対面のボンドに対して死の運命を予言しながらも、いつしか彼を愛してしまう女性占い師・ソリテアも魅力的なボンドガールでした。グロテスクなワニの群れの餌にされそうになったり、走行中の列車から突き落とされそうになったりと最後まで息つく暇もありません。初代ボンドのショーン・コネリーと比べると3代目のロジャー・ムーアには泥臭さが足りないために、1点マイナスした4点評価で充分でしょう。
      fu(30代・男性)

      コミカル路線に入った007

      ちょっと期待外れ・・・

      007が盛り下がってきていた頃の作品です。求められていないコミカル路線に走っていて、これを求めているわけじゃない!っていう感想ですかね。ストーリーでのトリックもなんていうかありきたりで全体的にチープなんですよね。リアルさがないから、かっこよさとか憧れが抱きにくいんです。スパイ映画は観ていて憧れるのが醍醐味だと思っているので、この作品には期待を外されてしまいました。ただ、主題歌はめちゃくちゃカッコいい。ポールマッカートニーの歌なのですが、聞いた後耳から離れないくらいの名曲です。演出やストーリーさえもっと凝っていればとてもよくなる作品だと思います。007の迷走時代を見たい人は一度見てみることをお勧めします。
      こーへい(20代・男性)

      興奮の緊張のバランスが良い作品でした!

      超ド派手のアクションシーンは裏切りませんね!

      設定もストーリーもシンプルで単純なので、007を知らない人でも楽しめる作品だと思います。ロジャーボンド始まって迷走気味ではありましたが、アクションシーンとスピード感は群を抜いて最高でした。いきなりベッドインからの登場だったので、冒頭から見る者を惹きつけましたね。かといって出オチになる事もなく、どんどん面白い展開になっていくのが、流石の007シリーズでした。少し間抜けに見えてしまう感じも、目新しさを感じられるので良かったです。ワニを渡ったりタロットカードが出てきたりと、小道具を使ったカットがいちいち印象的でした。ワニの背中を渡るシーン、怖いけど私もいつかやってみたいですね。一つの娯楽として楽しめます。
      ゆいきい(20代・女性)

      その他ネットの口コミ・評価・感想

      詳細を見てみる


      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『007/死ぬのは奴らだ』とあわせて、『007/死ぬのは奴らだ』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『007/死ぬのは奴らだ』のまとめ

      「007/死ぬのは奴らだ」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも007/死ぬのは奴らだを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。