007/ダイヤモンドは永遠に|映画無料視聴フル動画(字幕/吹替)!あらすじキャスト感想評価も
提供元:U-NEXT

007/ダイヤモンドは永遠にのフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、007/ダイヤモンドは永遠にのフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します。

\作品概要はコチラをタップ/

映画『007/ダイヤモンドは永遠に』ってどんな作品?

1971年に公開されたガイ・ハミルトン監督の映画『007/ダイヤモンドは永遠に』は、大ヒットスパイ・アクション映画『007』シリーズの7作目で、イアン・フレミングの同名長編小説では第4作にあたります。

前作『嬢王陛下の007』ではジョージ・レーゼンビーが2代目ジェームズ・ボンドを演じたので、本作は初代ジェームズ・ボンドを務めたショーン・コネリーのボンド復帰作、かつボンド卒業作であり、同年の世界興行成績は、第3作『007/ゴールドフィンガー』以来4作・7年ぶりに第1位を記録しました。

アメリカでは前作よりチケットが1100万枚多く売れたそうです。

日本では、翌年の外国映画の興行成績で『ゴッドファーザー』に次ぐ第2位を記録しています。

これだけの記録を残している映画『007/ダイヤモンドは永遠に』、内容が気になりますね!

結論からお伝えすると

「007/ダイヤモンドは永遠に」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「007/ダイヤモンドは永遠に」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

\本日から【10月24日】まで無料!/

『007/ダイヤモンドは永遠に』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

007/ダイヤモンドは永遠にの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)10社について、007/ダイヤモンドは永遠にの配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpの3つのサービスで007/ダイヤモンドは永遠にの無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 無料登録後はすぐに007/ダイヤモンドは永遠にが視聴できる
  • 007/ダイヤモンドは永遠にが見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • 無料トライアルの登録も解約もとっても簡単

U-NEXTの最大の魅力は、なんといっても業界No1の圧倒的な作品数。

しかも、31日間の無料トライアルが用意されているので、業界ナンバーワン!の見放題作品を思い存分楽しめます!

ちなみに、U-NEXTでは、

  1. 見放題作品(無料コンテンツ)
  2. ポイント作品(有料コンテンツ)

の2種類のコンテンツが用意されており、007/ダイヤモンドは永遠には2つ目のポイント作品(有料コンテンツ)に該当します。

よって、本来は視聴するのに課金が必要ですが、U-NEXTでは初回無料登録時に600ポイントがタダで貰えるので、

  1. 31日間無料トライアル登録
  2. 無料トライアルポイント600ポイント付与
  3. ポイント利用で007/ダイヤモンドは永遠にを無料視聴

の3つのステップで、007/ダイヤモンドは永遠にを簡単に無料で楽しむことができるんです。

\解約OK!簡単無料登録♪/

※無料期間中の解約で→0円。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、ご覧ください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料トライアル期間が業界トップクラスの31日間
無料トライアル期間中に600ポイントがタダでもらえる
無料トライアル期間中に解約OK
毎月もらえるU-NEXT会員ポイント1,200ポイント
1つの契約で最大4人でシェアできる(ファミリーアカウント)
フルHD画質/4K画質&高音質(DOLBY DIGITAL PLUS)
マルチデバイス対応(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)
コンテンツのダウンロードOK
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
最新作がすぐに視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

人気ドラマ
人気アニメ・キッズ
  • アナと雪の女王2
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 鬼滅の刃
  • あひるの空
  • NARUTO-ナルト-
  • 僕のヒーローアカデミア

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

\人気作品も豊富/

 

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「007/ダイヤモンドは永遠に」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『007/ダイヤモンドは永遠に』の作品情報

      基本情報

      作品名007/ダイヤモンドは永遠に
      原題Diamonds Are Forever
      原作イアン・フレミング
      制作年1971年
      製作国イギリス、アメリカ
      制作会社(配給会社)ユナイテッド・アーティスツ
      公開年(公開日)1971年12月25日
      上映時間(話数)120分
      公式サイト
      公式Twitterhttps://twitter.com/007movie_jp
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/JamesBond007JP/
      公式Instagramhttps://www.instagram.com/007/?hl=ja
      主題歌

      あらすじ

      1971年に公開されたガイ・ハミルトン監督の映画『007/ダイヤモンドは永遠に』は、大ヒットスパイ・アクション映画「007」シリーズの7作目、イアン・フレミングの同名長編小説では第4作。

      本作品は初代ジェームズ・ボンドを務めたショーン・コネリーのボンド復帰作であり卒業作です。

       

      M(英国情報局秘密情報部M16の局長で、ボンドの上司)はボンドに南アフリカから発掘される200万ポンドにも及ぶ大量のダイヤモンドが何者かに盗難・密輸され、闇市場にも出ずに消失している事件のルートを突き止めるよう、アメリカ密輸シンジケートへの潜入を命じます。

      ボンドは偽の指紋を受け取って、手掛かりを得るためアムステルダムへ向かい、ダイヤの運び屋ピーター・フランクスという男に変装し、ティファニー・ケイスという女性に接触します。

      しかし、MI6に捕らえられていた本物のフランクスが脱走してティファニーに接触しようとしたため、ボンドはフランクスを殺害。

      とっさに自分の身分証を死んだフランクスの懐に入れて自分が殺されたことにしたのです。

      その遺体にダイヤを隠し、ロスへ持ち出します。

      ロサンゼルスに到着したボンドは、盟友であるCIAのフェリクス・ライターと接触、暗殺者の死体を火葬してダイヤを取り出しました。

      ところが不意を突かれたボンドは背後から襲われ、棺に入れられて火葬されそうになりますが、なんとか脱出します。

      取引のためラスベガスに入ったボンドは、カジノでプレンティ・オトゥールという若い女性と知り合い、その後ティファニーと再会しました。

      ティファニーはボンドにダイヤを山分けして持ち逃げする計画を仄めかしますが、ボンドは彼女にダイヤを渡してその動向を探ろうとします。

      ティファニーは行方をくらまし、プレンティはティファニーの身代わりで殺害されてしまいました。

      そして、ボンドは事件を調査していくうちに、謎の陰謀と凶悪な黒幕に挑むこととになるのでした。

       

      常に冷静沈着な立ち振る舞いのジェームズ・ボンドを演じるのは「アンタッチャブル」でアカデミー助演男優賞を受賞ショーン・コネリー

      計7作品でジェームズ・ボンドを演じています。

      今回のボンドガールはテレビシリーズ「失われた世界」、「ザ・プレイヤー」のジル・セント・ジョン

      監督は「007/ゴールドフィンガー」、「007/死ぬのは奴らだ」、「007/黄金銃を持つ男」、本作品の計4作を制作したガイ・ハミルトンが務めます。

      今作品はショーン・コネリー復帰のために破格の出演料が払われましたが、彼はその全額をスコットランド国際教育基金に寄付しました。

      もう一つの条件として、興行収入の10パーセントをコネリーの望む作品2本の製作費を提供することで、製作されたのが「怒りの刑事」だったそうです。

      前作の「女王陛下の007」は、原作に比較的忠実な作品でしたが、本作は娯楽性を重視した作品となっています。

      その為、ゲイの殺し屋が登場した

      り、宿敵スペクターのブロフェルド(チャールズ・グレイ)も女装するのでした。

       

      ショーン・コネリーのボンド復帰作であり卒業作『007/ダイヤモンドは永遠に』で渋い007に酔いしれてみてください!

      キャストとスタッフ

      映画『007/ダイヤモンドは永遠に』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ジェームズ・ボンド:ショーン・コネリー
      • ティファニー・ケイス:ジル・セント・ジョン
      • エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド:チャールズ・グレイ
      • フェリックス・ライター:ノーマン・バートン
      • プレンティ・オトゥール:ラナ・ウッド
      • ウィラード・ホワイト:ジミー・ディーン
      • ミスター・ウィント:ブルース・グローヴァー
      • ミスター・キッド:パター・スミス
      • M:バーナード・リー
      • Q:デスモンド・リュウェリン
      • マニーペニー:ロイス・マクスウェル
      • バート・サクスビー:ブルース・キャボット
      • シェイディ・トリー:レナード・バー
      • バンビ:ローラ・ラーソンサンパー:トリナ・パークス
      • スタント:ボブ・シモンズ
      詳細を見てみる

      なんと言っても注目すべきは初代ジェームズ・ボンドを演じるショーン・コネリー

      この投稿をInstagramで見る

      Sean Connery(@sir_sean_connery)がシェアした投稿

      『007』シリーズ第1作からジェームズ・ボンド役で計7作品に出演し、世界的に有名になりました。

      また『007』以外にも多くの作品に出演していて、『アンタッチャブル』でのアカデミー賞助演男優賞ゴールデングローブ賞助演男優賞をはじめとして、様々な作品で様々な賞を受賞しています。

      コネリーは2006年、アメリカ映画協会の生涯功労賞を受賞したことを機に引退を宣言しました。

      そして、本作のボンドガールティファニー・ケイスを演じるのは、ジル・セント・ジョン

      この投稿をInstagramで見る

      Jill St John(@jillstjohn19)がシェアした投稿

      ジルはロサンゼルス出身で、9歳で子役デビューし、テレビシリーズ『バッドマン』にも出演しています。

      テレビドラマやテレビ映画、映画と幅広いジャンルで活躍した後、1971年に本作のボンドガールに抜擢されました。

      なんと彼女、IQ162あるそうで、14歳でカリフォルニア大学ロサンゼルス校への入学を許可されたのだとか。

      眉目秀麗とはまさにこのことですね。

      他の出演作では『失われた世界』『ザ・プレイヤー』などが有名です。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:ガイ・ハミルトン
      • 製作:ハリー・サルツマン/アルバート・R・ブロッコリ
      • 脚本:トム・マンキーウィッツ/リチャード・メイボーム
      • 音楽:ジョン・バリー
      • 撮影:テッド・ムーア
      • 編集:バート・ベイツ/ジョン・W・ホームズ
      • 主題歌:シャーリー・バッシー
      • プロダクション・デザイン:ケン・アダム
      • 美術:ビル・ケニー、ジャック・マクステッド
      • 特殊効果:レスリー・ヒルマン/ウィッティ・マクマホン
      • 視覚効果:ウォーリー・ヴィーヴァーズ/アルバート・ウィットロック
      • メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
      詳細を見てみる

      メガホンをとるのは、イギリスの映画監督ガイ・ハミルトン

      この投稿をInstagramで見る

       

      THUNDERBALLS.ORG(@thunderballs007)がシェアした投稿

      1922年フランスのパリ生まれで、第二次世界大戦中はイギリス海軍に従軍。戦後は、アカデミー賞監督賞を受賞した『オリバー!』で知られるキャロル・リード監督のもとで助監督を務めるなどした後、『The Ringer』で監督デビューを果たします。

      今では『007』シリーズの監督として知られており、『007/ゴールドフィンガー』『007/死ぬのは奴らだ』『007/黄金銃を持つ男』に本作を含めた計4作を制作しました。

      そして主題歌を歌うのはイギリス・ウェールズの歌手シャーリー・バッシー

      この投稿をInstagramで見る

       

      #シャーリーバッシー #hbd

      隊長(@nekotaicho214)がシェアした投稿 –

      1950年代の中頃から活躍していて「20世紀後半後半のイギリスでもっとも人気のある女性歌手の1人」と言われており、英エリザベス女王から男性でいうナイトに当たる大英帝国勲章を授与されています。

      本作でのシャーリー・バッシーは『007』シリーズ2度目の起用であり、それについてガイ・ハミルトン監督は「僕は個人的に彼女の大ファンなので」と語っています。

      以降も、『007/ムーンレイカー』の主題歌も歌っていて、シャーリーはなんと複数のボンド映画のテーマ曲を歌った唯一の歌手だそうですよ。

      口コミ・感想・評価

      「007/ダイヤモンドは永遠に」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも007/ダイヤモンドは永遠にを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      笑えるし、ハラハラするし最高!

      月でのアクションは見どころ!

      ショーンコネリー最後の007です。ショーンのボンドがしっくりくるので、卒業は寂しく感じますね。ダイヤモンドは永遠にでは、貫禄のあるボンドが見れます。ぶっ飛んだ事ばかりするので、見ているこちらも拍子抜けする事が多かったです。コメディ-要素が強かったので笑顔で見れましたが、緊張感のあるシーンではハラハラ、ドキドキさせてくれました。カーアクションが好きなので、車を使った戦闘が多かったのも満足できるポイントの一つでした。ボンドガールはいまいちパッとしないけれど可愛いキャラクターでしたね。月面着陸など舞台が特殊だったので印象に残る作品だったと思います。最後まで楽しませてくれましたが、ラストは納得いかなかったです。
      たつぽむ(20代・女性)
      詳細を見てみる

      ショーン・コネリー卒業作、ダイヤの密輸を調査する話

      パターン化されちゃった。

      ショーン・コネリーさんはやはりかっこいいなと思いました。これが、ショーンコネリーボンドの最後の作品らしく、残念です。コメディに傾いたのもいいんだけど、ちょっと微妙だったなあと思います。ボンドは絶対死なないけど、いや、殺されるよってとこもあって、ご都合主義だなと思います。ラスト数分のシーンでボンドガールも死ななかったし、ハッピーエンドもいいんだけど、リアリティないなと思いました。敵の雰囲気はコミカルであり、不気味でもありなかなかよかったと思います。ダイヤモンドの仕掛けを大がかりにしたせいで、よくわからないところもありましたし、カーアクションも長かったなと思います。まあ、初代ボンドの最後の作品ってことでお決まりのパターンを入れたかったのでしょう。あんまりおもしろくなかったです。
      マイ3(30代・女性)

      007を子供で楽しめる作品

      笑って楽しめる007

      もっと硬派なお話なのかと思っていましたが、結構笑える場面が多くてびっくりです。何しろ、殺し屋二人はゲイのカップルです。手をつないで去っていくシーンが可愛らしいです。更には女装して逃げようとするプロフェルド、細身で可愛らしい姿の男性なら分かりますがさすがにかなり無理があるでしょう。ポンドも、月面車の操縦はお手の物なのにクレーンには苦戦していたりしてとツッコミどころ満載で親子で間違い探しのようにしながら楽しめます。ダイヤモンドの密輸事件、それもその裏にあるのは世界を揺るがす陰謀と壮大なるお話ながらもこんな展開で良いのか敵味方共に心配になってしまうのです。アクションシーンが思ったよりあっさりしていることもあり、予想とは違った作品です。
      なっぽ(40代・女性)

      007といえばコネリーが安定するといった時代性が感じられる映画

      やはり不可欠だった!?コネリー復帰作

      2代目ボンド役のジョージ・レーゼンビー氏から初代ボンド役のショーン・コネリー氏に代替わりしたシリーズ第7作めで、この流れからボンド役の流れが混迷している印象がありますが、全体の流れとしてはシュールなシーンがやたら目立ち、あまりシリアスな映画ではない印象でした(悪く言えばコントと取れそうな場面もありますし)。特に敵組織スペクターの首領・プロフェルト関連のシーンでシュールな場面がやたら目立ち。例えばプロフェルトが女装して逃げたり、プロフェルトをクレーンに括り付けて何度もぶつけるボンドなど、暗殺の効率いくらなんでも悪すぎでは!?っとなり(笑)、理屈ではなく、むしろシュールなシーンをツッコミつつ楽しむ感じになっています。一方でボンドガールのセクシーさはやたら際立ってる感じでした。
      Shinya0544(30代・男性)

      007のコメディ路線のはじまりともいえる作品なので、あまり突っ込まない方が楽しめます。

      最後のショーン・コネリーボンド

      ジェームズ・ボンドといえば、ショーン・コネリーというイメージが強いが思っているほどはでていない。こちらはその最終作品にあたります。007は殺しのラインセンスをもっているというのは、有名な話ですが、そりゃあれだけ激しい銃撃戦やアクションをしていれば当たり前と思われるかもしれません。しかし、今回は、自分が入れ替わった人間が姿を見せるの殺してしまうというダーティーなところが見られて、ちょっと印象が変わるかもしれません。しかし、現在のドラマのようにする変わるために殺すというよりは結果として殺してしまった感じがあります。このダイヤモンドは永遠にはそんな風にちょっとコミカルな感じがあります。ただ、決して悪くなくて、これからのシリーズにちらほら出てくることになります。
      さかなや(40代・男性)

      コネリーのラスト・ジェームズボンドを見逃すな

      コネリーの貫禄

      最初のお断りしておきますが1971年作品です。CGなんぞありません。しかも主演のショーン・コネリーも全盛期は過ぎています。体つきも、敏腕スパイとは思えない、緩い感じです。であるのにも関わらず、ショーン・コネリーの渋さの魅力で1本の作品として成り立っています。これはスパイ映画というよりは「ショーン・コネリー」を楽しむ映画のような気がします。あらすじはかなり荒いです。ポスターを今見返しても、少しおバカな感じさえします。でも、大役者ショーン・コネリーが動いているのを見ることが出来るだけでも有難く思います。彼の007作品復帰作でもあり引退作でもあります。こまかい粗は目をつむって楽しむべき作品だと思います。
      さるすべり(50代・男性)

      その他ネットの口コミ・評価・感想

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『007/ダイヤモンドは永遠に』とあわせて、『007/ダイヤモンドは永遠に』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『007/ダイヤモンドは永遠に』のまとめ

      007/ダイヤモンドは永遠にのフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。 007/ダイヤモンドは永遠にを楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

      超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      ※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。