ボーンアルティメイタム|映画無料視聴フル動画(字幕/吹替)!あらすじキャスト感想評価も
提供元:U-NEXT

ボーン・アルティメイタムのフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、ボーン・アルティメイタムのフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します。

\作品概要はコチラをタップ/

映画『ボーンアルティメイタム』ってどんな作品?

大人気スパイ・アクション映画『ボーン』シリーズもついに3作目に突入!

2007年に公開された『ボーンアルティメイタム』をご紹介します。

アカデミー賞 編集賞・録音賞・音響効果賞などを受賞し、北米においては週末興行成績で初登場1位を獲得するなど、2作目の『ボーン・スプレマシー』に劣らない勢いを見せました。

主人公の暗殺者ジェイソン・ボーンを引き続きアメリカの大物俳優『マット・デイモン』が務めます。

スリリングなアクションが見どころの本作。記憶を失ったままの主人公ジェイソン・ボーンは、はたして記憶を取り戻し、自分が何者であるのかを悟ることが出来るのでしょうか…?

本シリーズ待望の続編です!ぜひこの機会にご覧ください!

結論からお伝えすると

「ボーン・アルティメイタム」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「ボーン・アルティメイタム」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

\本日から【10月24日】まで無料!/

『ボーン・アルティメイタム』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

ボーン・アルティメイタムの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)10社について、ボーン・アルティメイタムの配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpdTV、TELASAの5つのサービスでボーン・アルティメイタムの無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 無料登録後はすぐにボーン・アルティメイタムが視聴できる
  • ボーン・アルティメイタムが見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • 無料トライアルの登録も解約もとっても簡単

U-NEXTの最大の魅力は、なんといっても業界No1の圧倒的な作品数。

しかも、31日間の無料トライアルが用意されているので、業界ナンバーワン!の見放題作品を思い存分楽しめます!

ちなみに、U-NEXTでは、

  1. 見放題作品(無料コンテンツ)
  2. ポイント作品(有料コンテンツ)

の2種類のコンテンツが用意されており、ボーン・アルティメイタムは1つ目の見放題作品(無料コンテンツ)に該当します。

よって、

  1. 31日間無料トライアル登録
  2. ボーン・アルティメイタムを無料視聴

の2ステップで、ボーン・アルティメイタムを簡単に無料で楽しむことができるうえ、無料登録時にタダでもらえる600ポイントで本来課金が必要な新作も実質0円で見れるんです。

\解約OK!簡単無料登録♪/

※無料期間中の解約で→0円。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、ご覧ください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料トライアル期間が業界トップクラスの31日間
無料トライアル期間中に600ポイントがタダでもらえる
無料トライアル期間中に解約OK
毎月もらえるU-NEXT会員ポイント1,200ポイント
1つの契約で最大4人でシェアできる(ファミリーアカウント)
フルHD画質/4K画質&高音質(DOLBY DIGITAL PLUS)
マルチデバイス対応(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)
コンテンツのダウンロードOK
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
最新作がすぐに視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

人気ドラマ
人気アニメ・キッズ
  • アナと雪の女王2
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 鬼滅の刃
  • あひるの空
  • NARUTO-ナルト-
  • 僕のヒーローアカデミア

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

\人気作品も豊富/

 

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ボーン・アルティメイタム」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『ボーンアルティメイタム』の作品情報

      基本情報

      作品名ボーン・アルティメイタム
      原題The Bourne Ultimatum
      原作ロバート・ラドラム
      制作年2007年
      製作国アメリカ
      制作会社(配給会社)東宝東和
      公開年(公開日)2007年11月10日
      上映時間(話数)115分
      公式サイト
      公式Twitter
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンを『マット・デイモン』が務めた大人気スパイ・アクション映画。

      アカデミー賞など多数の受賞をはたし、アメリカの公開週末の興行成績で1位を獲得するなど優秀な成績を収めています。

       

      アメリカのCIAが計画した極秘の人間兵器作成プロジェクト「トレッド・ストーン作戦」の第1号として送り出されていた主人公ジェイソン・ボーンですが、ある任務において記憶を失い、状況が飲み込めないままCIA職員から追われることに…。

      相変わらず全ての記憶を思い出せないでいた主人公ボーン、最愛の恋人マリーを失い悲しみに暮れていてもCIAは執拗に彼を追います。

      残された手がかりを頼りに自分の記憶を取り戻す旅を続ける中、CIAとの闘いでその時の現場責任者コンクリンを恐喝し、その場を去ります。

      その後コンクリンは総責任者のアポットに暗殺されてしまい、アポットは責任を彼に押しつけると「トレッド・ストーン作戦」を中止し、新たに「ブラック・ブライヤー作戦」を開始しました。

      イギリスの新聞記者のサイモン・ロスは「トレッド・ストーン作戦」のことを嗅ぎつけ、世間に暴露しようとしますが、その前にCIAスナイパーに射殺されてしまいます。

      ロスが殺される前に彼に接触していたボーンは彼から「ブラック・ブライヤー作戦」が進行中だという情報を得ますが、CIAに存在を気づかれまたしても命を狙われることに。

      はたしてボーンの記憶は戻るのか、そして彼を追う物の正体とは…?

      衝撃の真実がついに明らかになります!

       

      様々なアクション映画が存在する中で、本作最大の特徴はその演出にあります。

      前作『ボーン・スプレマシー』と本作『ボーンアルティメイタム』で監督を務めたのは『ポール・グリーングラス』

      本編ではカーチェイス、銃撃戦、体術を使ったアクションとこの手の映画ではおなじみの内容が多く含まれますが、すごく派手なアクションというわけではないのに、そのリアリティある映像とスピード感には目を離せません。

      それもそのはず、本作演出の特徴はその細かいカット割り。通常のアクション映画が1000カット程などに対し、『ボーンアルティメイタム』はなんと4000カット超え!

      ジャーナリスト、ドキュメンタリー映画監督の経験を積んだグリーングラス監督だからこそ実現したリアリティあるカメラ回しと演出で、ハリウッド・アクションに大きな影響を与えたといわれています。

      よそ見する暇のない新しいアクションの見せ方にご注目です!

      キャストとスタッフ

      映画『ボーンアルティメイタム』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ジェイソン・ボーン:マット・デイモン
      • ニッキー・パーソンズ:ジュリア・スタイルズ
      • パメラ・ランディ:ジョアン・アレン
      • ノア・ヴォーゼン:デヴィッド・ストラザーン
      • エズラ・クレイマーCIA長官:スコット・グレン
      詳細を見てみる

      主人公のジェイソン・ボーンを演じたのは俳優、脚本家、映画プロデューサーとして活躍する『マット・デイモン』

      この投稿をInstagramで見る

       

      Matt Damon(@mattdamonteam)がシェアした投稿


      1988年にジュリア・ロバーツ主演の映画『ミスティック・ピザ』で端役デビューを果たした彼。

      無名時代に幼馴染のベン・アフレックと共に書いた脚本が『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』として映画化され、アカデミー脚本賞を受賞、アカデミー主演男優賞にもノミネートされました。

      また、2001年にジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットらと共に『オーシャンズ11』に出演。本シリーズで主演を務め大ヒットに導きました。

      2007年には『フォーブス』誌が選ぶアメリカ映画出演料当たり興収のランキングで、トム・ハンクスやトム・クルーズを凌ぎ高収益俳優としてトップに輝いた経歴もあり、今や世界のビッグ俳優の一人となっています。

      そしてニッキー・パーソンズを演じたのは女優の『ジュリア・スタイルズ』

      この投稿をInstagramで見る

       

      Julia Stiles(@juliastiles81)がシェアした投稿


      1996年公開の『プラトニック・ゲーム』でスクリーンデビューを果たし、続く『デビル』でハリソン・フォードの娘役を演じました。

      また、テレビシリーズ『デクスター 警察官は殺人鬼』シーズン5でゴールデングローブ賞助演女優賞、エミー賞ゲスト女優賞にノミネートされており、本シリーズに出演したことでも彼女の知名度を上げています。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:ポール・グリーングラス
      • 製作:フランク・マーシャルパトリック・クローリーポール・サンドバーグ
      • 製作総指揮:ジェフリー・M・ワイナーヘンリー・モリソンダグ・リーマン
      • 原作:ロバート・ラドラム
      • 原案:トニー・ギルロイ
      • 脚本:トニー・ギルロイスコット・バーンズジョージ・ノルフィ
      詳細を見てみる

      今回メガホンをとったのはイギリスの作家・映画監督の『ポール・グリーングラス』

      ジャーナリストとしてキャリアをスタートさせた彼は、ドキュメンタリーやテレビドラマなどの監督を務めた後、1998年に『ヴァージン・フライト』で映画監督デビューを果たします。

      1972年に起こったアイルランド紛争“血の日曜日事件”を描いた作品『ブラディ・サンデー』が2002年の第52回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞するに至りました。

      2004年に本シリーズ2作目『ボーン・スプレマシー』から監督を務め、手持ちカメラでの撮影を多く使用し、ジャーナリストの経験を活かしたドキュメンタリーテイストの彼の映像は作品をよりリアリティのある物へ仕上げています。

      またグリーングラス監督の演出は、従来のようなスローモーションや早回しでスピード感を出すのではなく通常スピードでカット割りを細かくし、リズミカルなアクションを展開させるのが特徴です。

      そして2006年公開、同時多発テロでハイジャックされたユナイテッド航空93便の機内を描いた映画『ユナイテッド93』が絶賛を受け、その年のアカデミー賞 アカデミー監督賞にノミネートされ、英国アカデミー賞でも監督賞を受賞しました。

      グリーングラス監督がメガホンをとった最後の『ボーン』シリーズです、こだわりのアクションシーンに注目してぜひお楽しみください!

      口コミ・感想・評価

      高度なアクション、心理戦を描いたハラハラする作品

      ボーンがなぜ記憶を失ったか、、、そしてボーンが導き出す結末!

      このボーンアルティメイタムはシリーズの3作品めで、その講演当時はこのアルティメイタムで最後の作品だと言われていました。実際この映画を最後まで見た時、誰もが納得するような終わり方をしていて、シリーズ完結としては自身は10点満点をあげたいようなアクション、ストーリー、迫真の演技だと思います。まずこのアルティメイタムは初代から続くヒロイン役の彼女がボーンの暗殺の巻き添えになり、死んでしますという驚愕で悲しいところから始まりました。このシーンを見た時、(あぁこのかんとくはのこぼーんシリーズを終わらせに来ている、寂しい)といった気持ちにもなりましたが、そんなことを忘れさせてくれるような激闘のアクションが今作も見ることができました。特に今回の名シーンといえば囮捜査を逆に利用した心理戦で、ボーンが長官と電話するシーンです。長官が嘘をつき今オフィスにいるといった時、ボーンが不思議そうにユーモアあふれる返答をした時には、思わず長官のうわっという気持ちが自身にも伝わってくるような誰もが驚愕するシーンだったと感動しました。そしてボーンが最後に選んだ答えがとても彼らしく紳士な対応で、誰も救われないが彼なりに、物語なりにすごくいい終わり方をして、おもわず終わった時におぉと声が出てしまうほどいい作品でした。
      TAO(20代・男性)
      詳細を見てみる

      スパイものと記憶喪失ものの良い部分をかけ合わせた贅沢な作品

      ボーンシリーズの3作目ボーン・アルティメイタムが面白い

      マット・デイモンも1作目からすると、かなり老けたなと分かるくらいの時間が経っていました。シリーズものはやはり1作目が良いと2本目3本目と見てしまうもので、結構その多くは駄作であったりします。これなら続編なんか作らなくてよかったんじゃないのと思う映画が多いなか、このボーンシリーズは見事に当たりでした。決して男前のイケメンというわではないマット・デイモンですが、ジェイソン・ボーン役は彼以外に考えられないほどはまり役だったと言えます。まず自分が何者なのかわからない状態のまま、元いたCIAから命を狙われてしまうというストーリー設定もこれまた面白いところで、数奇な運命を避けることのできないボーンが苦悩し、身を隠し、ときには戦うことになるのは、共感できるところでした。カーアクションや世界中の美しい都市が舞台なので見どころも枚挙にいとまがなく、息つく暇もないくらい手に汗握るシーンの連続で、スリル満点です。とくに、CIAが彼の行方を追っているときジェイソンが「おかしいな、俺も今CIA本部にいるのに」と言ったときの身の毛のよだち方はハンパではありませんでした。最終章にして最高傑作だったと言っても過言ではないです!
      ハルカ(30代・女性)

      ボーンシリーズを見たことが無い方へ、アクションが好きな方へ、ハードボイルドなスパイものが好きな方へおすすめ

      マットデイモンのかっこよさだけを味わう映画

      ストーリーが前作と似てるとか、そういう無粋な話はやめて、とにかくマットデイモンのかっこよさ、アクションのキレとかをひたすら楽しむ、脳内ジェットコースター映画なんだと思います。CIAのトレッドストーン計画が、違う名前にパワーアップして、ブラックブライヤー計画になって、相変わらず追われる身のマットデイモン。CIAの監視のテクノロジーは、ものすごく発達していて、世界中どこででも、マットデイモンが何かしたらすぐわかる。どこを歩いているかも、監視カメラを通してすぐわかるのに、いざ待ち合わせするとうまく捕まえられず、スルスルと裏をかかれて逃げられる。マットデイモンは常に一歩リード。アクションはやたら素早いです。CGっぽくない、リアルなアクションでは最速の動きに見えます。手品を見てるみたいに、こんなにたくさんの敵がいて、監視の目が合って、機械も総動員して、何とかして捕まえようという敵ばっかりがいるのに、みんなの目の前から姿を消すのがとにかくうまい。マットはかっこいい。このことを味わうための格好の映画だと思います。飛行機の中でみたりするのにぴったりの映画かもしれません。あっという間に時間が経ちそう。頭を空っぽにして楽しめます。
      レモネードトム(40代・男性)

      アクションシーン盛沢山の作品

      息をつかせぬアクションシーンの連続

      カーチェイスあり追跡シーンあり、のんびりとお食事を食べながら見てはいられない映画です。物語の初めからずっとなので、疲れている時に見るのは避けた方が良いでしょう。何しろ、自分自身は記憶を失って何も分からない状態なのに相手は国家なのです。よくぞまあ逃げられた、身体は忘れていないということです。アクションものが大好きという方にとっては面白いです。このシリーズ3作目とは思えないほどの出来でした。むしろ前作以上の仕上がりとなっています。カーチェイスでカメラを揺らしながらの撮影、高速カッティングと、のちの人たちに影響を与えたのではないでしょうか。10年以上前とは思えない迫力でした。主人公のボーンがいい、アメリカンな人物というとペラペラと喋って軽い男が多い印象ですが目で語るのがいいのです。日本の高倉健とか好きな人に合うのかもしれません。自身の失われた記憶を探し求める姿はリアリティに溢れていて、きっちりとした人物設定・ストーリー作りがされているのが分かります。ところで元CIAでありながら、これだけ派手なアクションを行っていて大丈夫なのでしょうか。最後もよくて、もう一度三作すべてを見返したいと思いました。
      のっこ(40代・女性)

      画面がやたら揺れる

      画面がやたら揺れる

      格闘シーン、追跡シーン、カーチェイスにはものすごく力が入ってて面白かったのですが、何やら画面のブレが目立ってしまいます。リアリティ出そうとしていたのは伝わりましたが、目が疲れます。序盤は前作の続きのような始まり方で、組織から延々と逃げ続けているといった流れです。僕自身が一番リピートしたのが、モロッコで刺客を追跡した後、隣の家屋へ窓を突き破って飛び移り、そこから戦闘を始めるシーンです。ここはあの手ぶれシーンもいい味を出していました。BGMを使わず効果音のみというのも、前作同様に真新しさや迫力が出ていました。身の回りのありとあらゆるものを武器にして戦うのは、ジャッキー・チェンの映画を思わせるものがありました。その他の内容としましては、自身が全体を見て思ったのは、登場人物が誰も笑わない。みんな険しい顔したり、無表情だったり。シリアス色が非常に強く、非常に重たい内容になっています。とにかく追跡シーンなどの動き回るシーンが非常に長く感じました。主人公が突然現れたと思ったら、突然消えたり。ラストシーンで、記憶を失っていた主人公が真の黒幕っぽい人物(ほんのわずかしか登場しません)と出会い、やっと記憶を取り戻します。最後に、敵キャラは冷酷ですが、みんな筋が通っている感じで、こいつクズだなっていうやつは一人もいなかったです。
      Servant30000(30代・男性)

      尻上がりに面白くなるシリーズの第三弾!

      安定感のある出来

      シリーズの第三弾ということで、シリーズのマンネリ化を懸念しながら観たのですが、むしろ面白さはより洗練されたものになっていました。ただ、ストーリーは前作を見ておかないと、さっぱりわからないものになっていますので、まずは前作を見てからの視聴をお勧めします。アクションに関してはこれまでの二作よりもさらにパワーアップしており、迫力が素晴らしいです。カットが数えきれないほど多く、息の詰まる展開と相まって手に汗握りながら見る事間違いなしです。。特に中盤にあるカーチェイスシーンは目を見張る出来ですので、これから見る人は楽しみにしていてほしいです。アクションに手を込んでいる作品というとストーリーがアバウトな出来になったりもするのですが、この作品はストーリーの練り合わせが良くできていて、二重の楽しみがあるのです。アクションの迫力に圧倒されながら、洗練されたストーリーに予想を何度も裏切られる。観ている間はずっとこの感じです。シリーズが進むごとにここまで尻上がりに面白くなる作品も珍しいと思うので、ボーンシリーズを見たことがないという人はこの作品をきっかけにでも見てもらって、シリーズにのめり込んできてほしいです。
      とまと(20代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『ボーンアルティメイタム』とあわせて、『ボーンアルティメイタム』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      ジュリア・スタイルズのおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『ボーンアルティメイタム』のまとめ

      ボーン・アルティメイタムのフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

      超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \31日間無料トライアルで完全無料/

      ※無料期間中の解約で→0円。

      ※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。