【無料視聴】※必ず複製してからご利用ください※
提供元:U-NEXT
映画『海月姫』のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、映画『海月姫』のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要を知りたい方はこちらをクリック!/

映画『海月姫』ってどんな作品?

第6回ananマンガ大賞の大賞に選ばれ、ドラマ化もした『東京タラレバ娘』の作者『東村アキコ』による作品『海月姫』が2014年に実写映画化されました!

主人公のクラゲオタク・倉下月海を女優の『能年玲奈』さんが、謎の女装美男子・鯉淵蔵之介を人気俳優の『菅田将暉』さんが務めています。

テレビアニメ化もされている本作、『能年玲奈』さんがオタク姿で主人公を熱演し、『池脇千鶴』さん、『篠原ともえ』さん、『長谷川博己』さんといった豪華キャストが個性豊かなキャラクター達を見事に演じました。

若手実力派俳優である『菅田将暉』さんの完璧な女装姿も必見です!

ぜひこの機会にご覧ください!

結論から言うと、映画『海月姫』のフル動画を無料視聴するには、動画配信サービス『U-NEXT』の無料お試し期間を利用するのが一番おススメです!

\今すぐ見たい方はこちらをクリック!/

31日間無料トライアル中の解約で完全無料♪
U-NEXTは見放題作品業界No.1!

当記事では、なぜ『U-NEXT』がおススメなのか、その理由を丁寧に解説していきます。

その他にも、映画『海月姫』のネタバレなしの簡単なあらすじキャスト・スタッフ情報感想・評価をまとめるとともに、『U-NEXT』で視聴可能な『あわせて見たいおススメ作品』もご紹介していますので、是非参考にしてみてください♪

映画『海月姫』を今すぐ無料で見る!

映画『海月姫』のフル動画を無料視聴する方法をご紹介します。

映画『海月姫』の動画配信状況

映画『海月姫』が配信されている主要な動画配信サービスを確認してみました!

配信状況は以下のとおりです。

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

U-NEXT
Amazonプライム △(500円)
Hulu ×
Netflix ×
FODプレミアム △(888円)

この中でも新規登録で【31日間】の無料トライアルキャンペーンがあり、見放題作品数が業界No1の14万本以上配信されている『U-NEXT』がダントツオススメです!

へぇ~、『U-NEXT』っていうサービスがいいのかー。もっと詳しく知りたいな。

U-NEXTがダントツオススメな理由

『U-NEXT』がダントツオススメな理由はつぎのとおりです。

オススメポイント!
  1. 無料トライアル期間が31日間で、無料期間が一番長い!
  2. 無料トライアル中にすぐに600ポイントもらえる!(新作映画1本分が実質無料)
  3. 最新作もすぐに見れる!(DVD発売より前に見られる作品も)
  4. 見放題作品が140,000本以上と業界No.1
  5. 動画以外にも雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスも充実!
  6. マルチデバイス対応だから、お手持ちのパソコン、スマホ、タブレット、テレビでいつでも好きな時に見れる!
  7. Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、外出時に通信量を気にせず見れる!
  8. 1つの契約で最大4台まで同時視聴可能だから、家族とシェアもできる!
  9. 登録が簡単!
  10. 解約も簡単!

見放題作品が140,000本と業界No.1のうえに、雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスも充実。

始めの1本を見終えても、その後も見切れないくらい幅広い作品を楽しむことができますね♪

なるほど、これはいいかもね!無料トライアル期間が31日間もあるから、一度試してみようかな。登録は簡単なんだっけ??

無料視聴までの流れ

好きな映画を無料で視聴するまでの流れを簡単に説明します。

無料視聴までの流れ
  1. 31日間無料トライアルに登録する
  2. お好きな見放題作品を楽しむ
  3. 登録後31日以内に解約する ポイント追加料金は一切なし!

31日間の無料トライアル期間中に、残念ながら見たい作品がなくなったという場合は、期間内に解約をすれば一切料金はかかりません!

見放題の映画や、国内や海外ドラマ、そして漫画や雑誌まで、一通り気になる作品を試してみて、合うか合わないか判断してみるのが良いと思います!

U-NEXTのサービスが気に入って無料トライアル終了後も継続して理由する場合には、毎月1,200ポイントがもらえますので、ポイントを使って最新作が追加料金なしで見れたり、映画館のチケットに交換できたり、ポイントの使い勝手が良いのも魅力です♪

さらに登録時には、いつまでに解約すれば料金が発生しないのかを表示してくれているので、解約ミスも防ぎやすくなっています!

スケジュールアプリなどにメモしておけば、解約ミスは防げそうだな~

さらに詳しい登録方法&解約方法については、こちらの記事で画像付きで説明しています!

これさえ読めば、簡単にできちゃいますよ~♪

最新作はポイントを利用して視聴する

『U-NEXT』には、つぎの2種類の作品が用意されています。

  1. 見放題作品
  2. レンタル作品

このうち、『②レンタル作品』はU-NEXTのポイントが利用でき、1作品550ポイントほどで見ることができます。

見放題作品は無料で見れるけど、レンタル作品はお金がかかるってこと??

安心してください!無料で見れますよっ!

無料トライアルへの登録時点で600ポイントがタダでもらえるので、最新作も無料で見れることになります!

じゃぁ、新規登録すれば、最新作でも無料で見れるってことね!ここまでわかれば安心して登録できるね♪

無料動画投稿サイトYouTube/Pandora/Dailymotion/9tsu/MioMio/FC2/B9で見れる?

これらの無料動画投稿サイトのなかで、一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

ただし、次の理由からおすすめできません

  • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多く
  • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
  • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

といった事例が報告されています。

最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

んー、無料動画投稿サイトって怖いんだなー・・・

これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

目次に戻る

映画『海月姫』のあらすじと予告編PV

アニメ化もされた『東村アキコ』の人気コミック『海月姫』を、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロインを務めたことで有名になった『能年玲奈』さん主演で実写映画化!

 

母を亡くし、イラストレーターを志して上京した月海(つきみ)は大のクラゲオタク。

昭和レトロな外観の共同アパート「天水館(あまみずかん)」に住んでおり、他の住人も実家からの仕送りのみで生活するオタクニート達と個性的な人ばかり。

天水館に住む者達のモットーは「人生に男を必要としない」「オシャレ人間は天敵」、この事から自分たちのことを「尼~ず」と呼び、のほほんと楽しく暮らしていました。

ある時、行きつけのペットショップに寄った月海は、自分のお気に入りのクラゲが間違った飼育をされて死にかけているのを発見します。

愛するクラゲの為、意を決して店員に話をするものの全く取り合って貰えません。そんな時たまたま通りかかった美女が事情を聞き、月海に代わってクラゲを助けてくれたのでした。

月海は深く感謝し、美女はその日月海の部屋に泊まりました。しかし朝起きて月海が見るとなんと男の姿になっていたのです。

実は彼、近所にある豪邸に住む政治家一族の次男、蔵之介というれっきとした男でした。

男子禁制の天水館に男を入れてしまったと焦る月海ですが、蔵之介は天水館と月海を気に入り男であることを隠して頻繁に出入りするようになります。

ある日、”自分にオシャレは似合わない”と思い込んでいる月海を美しく変身させた蔵之介は、兄の修を誘って月海が行くという水族館に付いていきます。

月海は蔵之助の兄である修に初めての恋心のようなものを抱き、とまどいを覚えますが一方、蔵之介も月海と修が一緒にいるのを見るとなぜかモヤモヤするのでした。

そんな中、土地再開発による天水館取り壊しの話が持ち上がります。大切な場所を失うかも知れず他に行く当てもない、かといって自分たちで何とかしようとしない「尼〜ず」に業を煮やした蔵之介は「泣き寝入りかよ!」と一喝。

果たして月海達は「天水館」を守ることが出来るのでしょうか…!?

 

本作に登場する“枯れ専”オタク役を務めた『篠原ともえ』さんと主演の『能年玲奈』さん、このお二人実は大の仲良し。

近くで現場の能年さんを見てきた篠原さんはインタビューにおいて、「能年ちゃんか月海なのか、一瞬分からない時もあって。試写会の時、中盤くらいから鼻をすすっていたので『もう泣いてるの?』って思ったら『鼻炎なんです』って(笑)。もうキャラクターが出来上がってると思いましたね」と能年さんらしい“天然”なエピソードを語ってくれました。

目次に戻る

映画『海月姫』のキャストとスタッフ

映画『海月姫』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

映画『海月姫』のキャスト

キャスト
  • 倉下月海:能年玲奈
  • 鯉淵蔵之介:菅田将暉
  • ばんば:池脇千鶴
  • まやや:太田莉菜
  • ジジ:篠原ともえ
  • 千絵子:馬場園梓(アジアン)
  • 鯉淵修:長谷川博己
  • 鯉淵慶一郎:平泉成
  • 花森よしお:速水もこみち
  • 熱帯魚店店員:中村倫也
  • 稲荷翔子:片瀬那奈
  • 柏木:内野謙太
詳細を見てみる

主人公の倉下月海を演じたのは女優の『能年玲奈』さん。

この投稿をInstagramで見る

 

のん(@non_kamo_ne)がシェアした投稿


2006年開催の第10回ニコラモデルオーディションに応募し、グランプリを獲得したのち2006年~2010年までファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルを務めました。

2010年に話題となった日本映画『告白』で生徒役として女優デビューを果たし、2013年にはオーディションで1953人の中から選ばれて、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロインを演じています。

『あまちゃん』での演技が評価され、東京ドラマアウォード2013主演女優賞、第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を受賞し、劇中のセリフ「じぇじぇじぇ」は2013年新語・流行語大賞の年間大賞を受賞するなど『あまちゃん』ブームを巻き起こしました。

ちなみにデビューから本名の『能年 玲奈』で活動していた彼女ですが、2016年7月より独立し、『のん』と芸名を変えて活動しています。

鯉淵蔵之介を演じたのは俳優の『菅田将暉』さん。

この投稿をInstagramで見る

 

菅田 将暉 (Masaki Suda)(@masakisuda20)がシェアした投稿


2008年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場したことをきっかけに芸能界入りした彼。

2009年放送の特撮ドラマ『仮面ライダーW』の主演にシリーズ最年少の16歳で抜てきされ、連続テレビドラマ初出演・初主演を果たします。

その後、2017年公開映画『あゝ、荒野』で第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞するなど数々の出演・受賞を重ね、今や国民的人気俳優となりました。

映画『海月姫』のスタッフ

スタッフ
  • 原作:東村アキコ「海月姫」(講談社『Kiss』連載中)
  • 監督:川村泰祐
  • 脚本:大野敏哉、川村泰祐
  • 音楽:前山田健一
  • ドレスデザイン・スタイリスト:飯嶋久美子
  • 主題歌:SEKAI NO OWARI「マーメイドラプソディー」(TOY’S FACTORY INC)
  • 挿入歌:SEKAI NO OWARI 「スターライトパレード」「花鳥風月」
  • エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、鈴木伸育
  • プロデューサー:井手陽子、宇田充、松下卓也
  • 共同プロデューサー:鈴木俊輔、加茂義隆
  • アソシエイトプロデューサー:坪屋有紀
  • ラインプロデューサー:橋本竜太
  • 撮影:福本淳
  • 照明:市川徳充
  • 美術:笠井亜紀
  • 録音:小松将人
  • 編集:森下博昭
  • 装飾:渡辺大智
  • 助監督:成瀬朋一
  • 衣装:井手珠美
  • ヘアメイク:赤間直幸
  • スクリプター:中田秀子
  • テクニカルプロデューサー:大屋哲男
  • VFXプロデューサー:道木伸隆
  • 音楽プロデューサー:安井輝
  • 制作・配給:アスミック・エース
  • 制作協力プロダクション:ギークサイト
詳細を見てみる

今回メガホンを取ったのは日本の映画監督・テレビ演出家である『川村泰祐』さん。

2010年公開の『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』で映画監督デビューを果たし、2011年には香取慎吾主演で話題となった『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜』でも監督を務めました。

2014年に『剛力彩芽』さんと『山﨑賢人』さんを主演に迎えた映画『L♥DK』の監督でもあり、ラブコメ作品を多数手がけてきた川村監督が本作の『海月姫』も魅力的にみせます!

原作の漫画を描いたのは漫画家の『東村アキコ』さん。

1999年『ぶ〜けデラックス』NEW YEAR増刊の『フルーツこうもり』でデビューすると、シリアスな作風から徐々にコメディ色を強めていき、ギャグ漫画へと作風を転向させます。

2007年8月号から開始した育児エッセイ漫画『ママはテンパリスト』が100万部を売り上げる大ヒットとなり、主に若い女性から多くの支持を得ていきました。

本作『海月姫』は第34回 講談社漫画賞少女部門を受賞するなど、数々の作品がアニメ・ドラマ・映画化され有名になりました。

主な作品にはテレビドラマ化された『東京タラレバ娘』『美食探偵 明智五』などがあります。

目次に戻る

映画『海月姫』の口コミ・感想・評価は?

少女漫画が原作のファッションコメディ映画

東村アキコの漫画実写

東村アキコの漫画「海月姫」が原作となる実写コメディ映画です。ストーリーはオタクの仲間どうしがひょんなことからお洋服を作って収入を得なければいけなくなり、力を合わせてくらげのドレスを作ることから始まります。登場人物は漫画にでてきたキャラクターそのままで、独特の個性をみごとに実写でも表現していました。オタクならではのこだわりが皆さまざまで、そのこだわりや愛着の強さには圧倒されます。外に出ていくことが出来なかった彼女たちの才能を見出し、くらげのドレスを売ることを決めたのは、蔵之介という人物が来たからでした。外から来た蔵之介を最初は皆受け入れませんが、次第に親しくなってゆくなかで引きこもり続けていた彼女たちの才能も外に向かって開いてゆくのでした。蔵之介と海月を主役としたオタクの仲間たちは全く違う性格だからこそ仲たがいすることもあり、しかしながらお互いを助け合うことも出来るのだと思いました。この映画は少女漫画を原作にしていることもあり、とても可愛らしい映画になっています。原作を読んだことがある人にはもちろん、読んだことがなくても、お洋服を作ることが好きな人や内気な海月たちに共感でき勇気を貰いたいという人にはぜひおすすめです。
猫ちゃん(20代・女性)
詳細を見てみる

豪華出演者で飽きない面白さ!

お仕事あり恋愛ありのエンターテインメント

映画「海月姫」はたくさんオタクがでてくるという前評判がありましたので、電車男のような話しなのかと思って見てみたら、意外にもお仕事要素の多い真面目におふさげしているような映画です。さまざなプロフェッショナル(オタク)の内に向かうエネルギーを上手く利用するのが見ていて面白かったです。本当に女の子かと思ってしまう仕上がりの蔵之介役の菅田将暉さんにビックリしましたが、頭がキレる感じとリーダーシップが実際の菅田将暉さんもこういう感じの人なのではないかと思い役とリンクします。頭のキレる蔵之介ですが、月海に関してはなかなか積極的に行けないところがなんだか可愛いです。そして、月海役ののんさん(能年玲奈)は、ひたすら可愛いです。少し変わっている感じを見事に演じています。ベタですが、オタクでオシャレに興味がない月見が綺麗になっていくシーンは見ていて楽しかったです。また、ファッションショー前のわたわたもコメディタッチで面白かったです。いろいろと苦難はありますが、サクセスストーリーなので見ていて爽快感がありました。中村倫也さんが、熱帯魚の店員役でほんのちょい役で出演しているのも隠れた見どころです。アッという間に楽しく見れるのでオススメですよ。
トッシー(40代・女性)

シトシト雨の日に、お部屋でのんびりココアでも飲みながら観たいほんわか映画

ファッションショーが好きならオススメ!

安心して気軽に観られるコメデイです。意外性やスリル、奥深さはありませんが、そういったことがない分、観ていて全く疲れません。クラゲのようにほわ〜っと観られます。自分のカラに引きこもりがちな女の子たちが、菅田さん演じる真逆のイケイケキャラと出会うことで刺激され、自分たちで作った素敵な衣装をまとい、ランウェイでキラキラ輝くシーンはとにかくかわいらしくて、わくわくします。美しい菅田さんはじめ、天水館のオタク仲間たちなど、個性的なキャラクターがたくさん登場するのも面白いですが、個人的にやはりいちばん好きなのは、主演の能年玲奈(のん)さんです。最近でこそ、自力で活躍の場を巻き返し中でいらっしゃいますが、それでもまだ、能年さんの出演、それも主演でのご活躍が拝見できる作品は貴重です。彼女には、うもらせてしまうには惜しすぎるほどの魅力のある女優さんです。表現力と美貌もさることながら、能年さんが元々持っていらっしゃるギャップが、海月姫のヒロイン、月海のキャラと見事にはまっています。能年さんも、基本は飾らずほわっとした雰囲気なのですが、スイッチが入ると、はっとするほどまばゆい主演女優オーラ全開になります。主演を張れる女優さんは、おどけてみせていても常に女優オーラを纏っている方が多いのですが、能年さんは、そのオーラをためらいもなく脱ぎ捨てているように見えます。それがかえって人間味を感じ、ファンの心を掴んで離さないのかもしれません。そんな能年さんのほんわかした天性が活かされた作品が、海月姫だと思います。海をのんびりフワフワと漂うクラゲが力んでオーラを炸裂させたら、違う生き物になってしまいます。
ゆー(30代・女性)

ひとりひとりのキャラが立っているおもしろい映画

素敵なストーリー

あまちゃんの時から好きな、のんさんの映画だったので見ました。原作を書かれている東村アキコさんも好きなので、本当に楽しみで楽しみで。のんさんは言うまでもなくとってもかわいかったです。いつもの時とおしゃれした時のギャップが良くて、おしゃれした時はキラキラ感があります。他の出演者の方たちもいいですよ。菅田将暉さんの女装は美しいです。いろんな衣装やウィッグで楽しませてくれました。どれも似合うのがスゴい。からだの線もとてもキレイで、下手な女性よりキレイ。もちろん私よりは数段キレイ。女装姿見るだけでも見る価値アリです。尼ーズの方たちもそれぞれオタクっぷりが際立っていて良いです。後から「あ!この役はこの人だったんだ!」という気づきがありました。普段のイメージと違います。みんな役になりきっていていいです。そして、一番の私のお気に入りは菅田将暉さんのお兄さん役をされている長谷川博己さんです。今、「麒麟が来る」の主演をされていますが、そのイメージとは全く違って、かわいい役です。応援したくなります。ストーリーとしては、みんなで力を合わせてがんばるお話なので、みんなの一致団結が見ていて気持ちがいいです。恋愛のキュンキュンもあります。ぜひ見てみてください。
ゆな(40代・女性)

オタク女子たちのドタバタコメディ。

キャスティング100点。

海月が好きな女の子が、女装子と出会い、ファッションショーを開くという話です。原作は同名漫画で、もっともっと長い話です。原作を2時間にまとめているので、いろいろ抜けているところはありますが、それは仕方ないことです。原作の主人公の女の子は、おしゃれもよくわからなくて、海月が好きで変わった子でダサいときはダサいけど、着飾るとかわいいという難しい役です。その子を演じられる人がいるかなと考えた場合、のんちゃんしか思い付かないほど、ぴったりだなと思いました。あのおどおどした感じも、可愛らしい感じものんちゃんにしか出せないなと思いました。蔵之介についても、女装が女性より綺麗じゃないといけなくて、そんなの実写じゃ無理と思っていたら、菅田将暉さんが綺麗すぎました。すごいです。キャスティングについては100点だったのではないでしょうか。ファッションショーをするというストーリーも、女の子ならキラキラしたものを見れるだけで楽しいし、みんな、いろいろ考えて作っている姿はワクワクしました。原作もコメディよりですが、映画もちゃんとおもしろかったです。あのアパートの面々は奇抜すぎます。なかなかエモい作品だったと思います。
マイ3(30代・女性)

菅田将暉さんの女装が楽しめる作品

オタク祭り

とにかく様々なオタクさんたちが出てきます。水族館の幻想的な演出を見ていると特に、海月に魅せられるという気持ちは分かります。夢をかなえようと状況し、ぼろいアパートで似た境遇の人たちで暮らしているといった状況は東京のまた一部の姿として思い浮かびます。なんだか青春といった感じで、大学時代に寮生活で大勢でガチャガチャと暮らしていた日々を思い出しました。尼~ずという名前がいい、本当はモテたいけどリア充になれないからこそごまかして生きているんです。住民のキャラがとにかく濃くて、なかなか楽しませてもらったドラマでした。特に楽しんだと言えばやはり菅田将暉さんの女装でしょう。かっこいい方って顔立ちが整っているわけだからこそ、性別を変えられようともやっぱり素敵なのです。どちらが主役なのかというくらいにたっぷり魅せられて、でもファンとしては女装姿で自分よりも美人なのですから複雑な気分を味わっていたかもしれません。オタクって誤解されるけれど、一つのことに一生懸命な純粋な方たちなのです。ちょっとうじうじ感がめんどくさかったけれど、いやではありません。のんも可愛いし、良かったです。マンガの原作は見ていませんが、読んでみたいです。
のっこ(40代・女性)

その他ネットの口コミ・評価・感想

詳細を見てみる

目次に戻る

映画『海月姫』のまとめ

映画『海月姫』のフル動画配信をスマホで無料視聴する方法をご紹介してきました。

本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

31日間無料トライアル中の解約で完全無料♪
U-NEXTは見放題作品業界No.1!
目次に戻る