\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円

>>無料で今すぐ「火花」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「火花」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「火花」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『火花』ってどんな作品?

映画『火花』は、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん著の第153回芥川賞を受賞した、ドラマ化もされた同名小説の映画化です。現役人気お笑いタレントの手がけた純文学小説として、話題になりましたよね。

原作は、累計発行部数が、単行本は253万部以上、文庫本は30万部以上で、芥川賞受賞作品として歴代第1位の売り上げだそうです。

売れない芸人・徳永を菅田将暉さん、熱海の花火大会で出会う先輩芸人を桐谷健太さん、また、2人を見守る神谷の同棲相手・真樹を木村文乃さんが演じています。

映画『火花』の、映画無料視聴フル動画、あらすじやキャスト、感想や評価をご紹介します!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「火花」のフル動画を見るならTSUTAYAディスカス/TVがおススメ!

TSUTAYAディスカス/TVでは30日間無料トライアル1100ポイントプレゼント実施中!

本来月額2417円の有料サービスですが、上記キャンペーンを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月23日】まで無料!/

『火花』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

火花の動画配信状況

TSUTAYAディスカス/TVを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「火花」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年5月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpHuluTELASAの5つのサービスで「火花」の無料視聴が可能です。

この中でも30日間の無料お試し期間1100ポイントのプレゼント、そして見放題作品が豊富TSUTAYAディスカス/TVがおすすめです。

『TSUTAYAディスカス/TV』のサービス概要や特徴

TSUTAYAディスカスTV公式サイト

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップクラスの30日間無料でお試しできます。

旧作DVDなら制限なしで借り放題、しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付きなので、本来課金が必要な新作も実質0円で見れちゃいます。

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な見放題作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    デメリットとしては、DVDレンタルの場合は配送時間がかかってしまいますが、北海道・九州を除き翌日の配達率が98%以上なので、「今すぐに見たい!」という方以外は問題なさそうです。

    また、30日間の無料期間中は「TSUTAYAディスカス」では新作DVDのレンタルができませんが、「TSUTAYA TV」で配信されていればタダでもらえる1100ポイントを利用して実質0円で見れるので、上手くデメリットが補われている印象ですね。

    いずれにしても、業界トップクラスの30日間の無料期間があり、好きな時に解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

     

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    『TSUTAYAディスカス/TV』で見れる動画コンテンツ

    「火花」以外に、TSUTAYAディスカス/TVで見れる人気の動画コンテンツをご紹介します。

    TSUTAYA人気邦画・ドラマ作品
    • SPEC
    • イタズラなKiss
    • アンナチュラル
    • きみはペット
    • JIN-仁-
    TSUTAYA人気洋画作品
    • ラ・ラ・ランド
    • キングスマン
    • バイオハザード
    • メイズ・ランナー
    • マトリックス
    TSUTAYA人気アニメ作品
    • 鬼滅の刃
    • スラムダンク
    • ドラゴンボール
    • 今日から俺は!!
    • 怪盗グルーのミニオン危機一発

    特に、大人気のジブリ作品は他の動画配信サービスでは配信しておらず、TSUTAYAディスカス/TVでしか見れないのも特徴のひとつ。

    これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、最新の情報はTSUTAYAディスカス/TVで確認してみてください♪

    \人気作品も豊富/

     

    『TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV』の口コミ

    「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    そんな方のために、実際に「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

    豊富な作品が見放題!

    他の動画配信サービスでは新作や話題作しか配信されていなくて、見たい作品や懐かしいアニメが無い…という事がありますが、TSUTAYA TVは旧作が豊富に揃っています。どの年代でも楽しめるので、家族の仲も深まるでしょう。無料お試し期間が30日もあるので、どれほどの魅力が詰まっているのか存分にたしかめる事が出来るのも嬉しいですね。ただ他のVODに比べるとオリジナル作品が無いのでコンテンツとしては物足りなく感じる事もあるかもしれません。
    ゆいぴぴ(20代・女性)
    詳細を見てみる

    動画時代にディスクの良さを

    最近は動画配信されている作品が多く、気軽に映画やドラマを楽しめる様になりました。
    わざわざディスクを借りて見るなんて面倒くさいと考える方もいるかもしれませんが、TSUTAYAディスカスだとかなりお得に新作、準新作を毎月最大8枚、旧作に関しては借り放題と映画好きには堪らない仕様になっている事をご存知ですか?
    流石TSUTAYAというだけあって、ラインナップも豊富。
    動画では味わえない映像特典や趣向が凝らされたメニュー画面も楽めます。
    郵便での配達となるので、その間待ちきれないという方はTSUTAYATVに合わせて加入するのがオススメ。
    毎月、TSUTAYATVとディスカス分のポイントが2000ポイント以上入るので、新作を実質無料で楽しめる他、ドラマのまとめ買いにも使用可能ですので、他のサイトでは有料のドラマも手軽に楽しめます。
    勿論、見放題作品も豊富で、新しめの作品や人気作品多数。
    映画、ドラマ好きな方にはかなりオススメのシステムだと思います。
    月に30本映画を見る私にとっては欠かせない日々の活力となっている事は間違いありません。
    無料お試しもあるので、迷っている方は是非。
    白鷺千聖(40代・女性)

    田舎暮らしの人には便利

    私は田舎暮らしをしていて、近くにCDショップやDVDを販売している店もなく車で時間をかけてお店に行かなくては行けません。またそこも商品が少ないため取り寄せ…。それからレンタルに頼るようになりました。近くにレンタルショップはあるのですが新作を沢山集めてるだけだったり、韓流ドラマのDVDばかりで見たいものも見れず。CDもほとんど取り扱っていなかったので何かいいものはないかとTSUTAYA DISCASを見つけて利用するようになりました。料金は直接借りるより高めですが、商品数も多いですし店に出向かなくていいので田舎暮らしで近くにお店が無いという人には本当にオススメです。
    ひなた(40代・女性)

    見たいものが必ずみつかる!

    韓国ドラマが好きでよく見ています。動画サービスは他にもたくさんありますが、比較的新しいものやヒットしたものはどこにでもあるものの、古いものやマニアックなものがなかなか無いんです。ある俳優さんの初期の作品が見たくて探しまわり、ツタヤディスカスでやっと見つけて見ることが出来ました。ドラマは全部見放題で見れたし、古い映画はレンタルで借りることが出来ました。レンタルもネットで申し込むとすぐに発送され、返却もポストに投函するだけなのでとっても便利でした。今まで見れなかった作品を見ることが出来て、とっても感謝しています。プランも色々あるので選べますし、ポイントもつくので見放題以外の話題の映画もついでに見ちゃいました。30日間無料お試しで、まずは試してみてることをお勧めします。
    ruchia(50代・女性)

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    映画『火花』の作品情報

    基本情報

    作品名火花
    原題
    原作又吉直樹「火花」
    制作年2017年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)東宝
    公開年(公開日)2017年11月23日
    上映時間(話数)121分
    公式サイトhttps://www.toho.co.jp/movie/lineup/hibana-movie.html
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    自身もお笑い芸人である又吉さんが描く本作は、笑いについて議論しながら、やがて各自の道へ向かって進んでいく魂の交流を描いています。「自伝」と思われがちですが、自伝的要素を含んだ完全なる「創作」であり、エンターテイメントの要素も含みつつ、純文学ファンをも納得させた傑作です。

     

    お笑いコンビ・スパークスというコンビを組み、なかなか芽が出ない芸人・徳永は、営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷と出会います。神谷の常識のワクからはみ出た漫才に魅了された徳永は、神谷に誘われて飲みに行き、その場で神谷に弟子入りを志願します。神谷は「俺の伝記を作ってほしい」という条件を提示し、それを受け入れます。徳永は神谷の言動を記録し始めます。

    やがて、大阪の大手事務所に所属していた神谷が、徳永のいる東京に拠点を移すことになります。神谷は真樹という女性の家で生活をしていますが、二人は交際していません。三人で会うようになり、徳永は、神谷と真樹が結婚すると思っていたのですが、やがて真樹は別の男性と交際し、去っていきます。

    人間味にあふれ、独特な発想力の持ち主でもある神谷に惹かれる徳永。神谷もそんな徳永に心を許し、2人は毎日のように飲みに出かけては、芸についての意見を交わし、仕事はわずかでも充実した日々を送るようになります。こつこつとスパークスの活動を続け、やがて深夜番組に出演したり、小さな記事ですが雑誌に取り上げられるようになります。しかし、いつからか二人の間に、わずかな意識の違いが生まれてきます……。

     

    神谷役の桐谷さん「これ実写化あったら健ちゃん神谷あるで」と原作を読んだ友人から言われたことがあったそうです。まさにイメージがぴったりの配役でしたね。

    映画の中で、先輩芸人として語る言葉に説得力を持たせるために、撮影の前に、相方の俳優さんと公園やカラオケボックスで練習したり、ヨシモトの舞台に立って、関係者の前で漫才やってみたりしたそうです。

    徳永役の菅田さんは、二人の日常のさりげない時間を新鮮さを大切に、丁寧に演じることを心がけたそうです。普段から信頼しあえる二人の関係性が滲んでいます。

    また、監督の板尾さんも自身が芸人であり、芸人のことを知り尽くしている方。監督としての言葉のチョイスが絶妙なのは、普段から言葉を操る芸人さんだからではないか、と主演の二人は分析しています。

    キャストとスタッフ

    映画『火花』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • 徳永:菅田将暉
    • 神谷:桐谷健太
    • 真樹:木村文乃
    • 山下:川谷修士(2丁拳銃)
    • 大林:三浦誠己
    • 鹿谷:加藤諒
    • 真樹の新しい男:高橋努
    • オーディション審査員:日野陽仁
    • オーディション審査員:山崎樹範
    詳細を見てみる

    菅田将暉さんは、2009年、「仮面ライダーW」の主演にシリーズ最年少の16歳で選ばれ、2013年に主演映画「共喰い」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し注目されました。

    この投稿をInstagramで見る

     

    @sudamasaki_fan_1がシェアした投稿

    「セトウツミ」「溺れるナイフ」、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した「あゝ、荒野」2部作などに主演。2019年は、ドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」が話題になったほか、歌手として「まちがいさがし」がヒットし、第70回NHK紅白歌合戦に初出場。

    2019年「アルキメデスの大戦」は第43回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞の候補となりました。

    桐谷健太さんは、2002年、TVドラマ「九龍で会いましょう」で俳優デビュー。2008年、ドラマ「ROOKIES」が大ヒットしブレイクし、以降、多くの映画、ドラマに出演。auの人気CM「三太郎」シリーズでは浦島太郎に扮し、CM内で歌われる楽曲「海の声」で2016年、第67回NHK紅白歌合戦に出場しています。

    この投稿をInstagramで見る

     

    ナオ★(@naox705)がシェアした投稿

    木村文乃さんは、2005年、映画「アダン」のヒロインオーディションで約3000人の中から選ばれて女優デビュー。2011年にちふれ化粧品など複数のCMに起用されて一気に注目され、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」に出演し脚光を浴びました。

    この投稿をInstagramで見る

     

    木村文乃ファン垢(@kimukimu__humi)がシェアした投稿

    NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では明智光秀の妻・煕子を演じています。

    スタッフ

    スタッフ
    • 原作:又吉直樹「火花」(文春文庫刊)
    • 監督:板尾創路
    • 脚本:板尾創路、豊田利晃
    • 製作:岡本昭彦、市川南
    • 共同製作:吉崎圭一、弓矢政法、松井清人、宮崎伸夫、髙橋誠、吉川英作、荒波修
    • エグゼクティブ・プロデューサー:藤原寛、上田太地
    • 企画・プロデュース:片岡秀介、臼井央
    • チーフプロデューサー:古賀俊輔
    • プロデューサー:鳥澤晋、西野智也
    • アソシエイトプロデューサー:谷垣和歌子、高田奈々子
    • キャスティング:星久美子
    • 協力プロデューサー:楠本直樹
    • 音楽プロデューサー:田井モトヨシ
    • 制作管理:橋本淳司
    • ポスプロプロデューサー:篠田学
    • 撮影:福本淳
    • 照明:市川徳充
    • 録音:久連石由文
    • 美術:宮守由衣
    • 編集:今井剛
    • 音楽:石塚徹
    • 主題歌:菅田将暉・桐谷健太「浅草キッド」
    • 衣装:宮本まさ江
    • ヘアメイク:徳田芳昌
    • 音響効果:柴崎憲治
    • 装飾:野村哲也
    • VFXスーパーバイザー:進威志
    • 監督補:増本庄一郎
    • 助監督:猪腰弘之
    • 制作担当:高見明夫
    • ラインプロデューサー:武石宏登
    • 配給:東宝
    • 制作プロダクション:ザフール、パイプライン
    • 制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー、東宝映画
    詳細を見てみる

    監督の板尾創路さんは、10代の頃にケーキを持ち、島田紳助さんの家にいきなり押しかけ、弟子入りを志願したことがあるそうです。紳助さんの勧めもあり、1985年、吉本興業のタレント養成所NSC大阪へ入学。

    この投稿をInstagramで見る

     

    #板尾創路 #ハニートラップ #DMナンパ

    のりよ うちうみ(@itokukannon)がシェアした投稿 –

    NSCでは「ホンコン・マカオ」というコンビを組みましたが、程なくコンビは解消しました。その時名乗っていた「ホンコン」の名前は、現在のほんこん(蔵野孝洋)さんに引き継がれているそうです。

    1991年「ダウンタウンのごっつええ感じ」にレギュラー出演したのをきっかけに、全国的に知られるようになります。

    独特な発想には定評があり、特に大喜利を得意とし、「ケータイ大喜利」では長く審査委員長を務めました

    俳優としても活動し、「ナイン・ソウルズ」、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」、「空気人形」、「電人ザボーガー」など多くの映画に出演。

    2009年には、自ら主演・脚本を担当した「板尾創路の脱獄王」で映画監督デビュー。監督として第2作目の「月光ノ仮面」はモントリオール世界映画祭に出品されました。

    その後も映画「あさひるばん」、ロマンポルノ「ジムノペディに乱れる」、NHK連続テレビ小説「まれ」、連続ドラマ「沈まぬ太陽」などで俳優としての評価を高めています

    口コミ・感想・評価

    「火花」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそも火花を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    お笑い芸人の裏の姿とそこにある感動。

    又吉さんすごいな、、

    又吉さんが手掛けた小説「火花」を、又吉さんの先輩の板尾創路さんが監督をして映画化された作品という事で、聞いただけで見てみたいと思っていました。小説を読むのは少し時間がかかりすぎるけど、この物語を知りたいと思っていた私にはとてもぴったりな作品でした。よくテレビで見るお笑い芸人たちは、人それぞれ違うオーラを出している事を気づく人が多いと思います。例えば、レギュラー番組の司会を何本も持ってる方はキラキラして立派に胸を張っていますが、名前の知られていない方々がバレエティに少し出る時などは、必死に地面から這い上がろうとしている姿、必死にテレビに放送されようともがいている姿、俺をみて私をみてと言ったオーラをしています。そんな、必死にもがいてるお笑い芸人達にスポットライトを当てた映画になっていて、今まで知らなかった触れてこなかった部分を知ることができました。みんな人を笑わせる事が大好きでしかたなくてその中でも生きていかなきゃいけないという葛藤がある事を教えてくれて感動しました。師匠と弟子という関係が描かれている事作品なのですが、出演者のエネルギーに満ち溢れた演技で圧倒されます。この作品を見終わった頃にはもっとお笑いが好きになりました。
    nano(20代・女性)
    詳細を見てみる

    人生について知りたい方

    ラストに感動

    ラストの漫才のシーンが最も感動します。序盤から終盤にかけてのストーリーがありそれを見てきたからこそラストの漫才のシーンで泣いたんだと思いました。何かを成し遂げるときには主人公のような葛藤があったりすると自分の身にも起きたことを映画で見ているので共感がしやすく面白い内容になっていました。2人でコンビを組んで上を目指す映画だと勝手に思っていましたが、コンビは組まないしそれぞれの道を歩んでいる姿を見ると現実味がありすごかったです。生きていると辛いことがたくさんありますがそれはバッドエンドではなく幸せもあると教えてられました。人間の醜さや素敵なところをしっかりと教えてもらえる人間味がある映画になっていて面白いです。売れることを夢見た漫才師は売れることはなくしかし引退することもない人生のいて辛いことを経験しているのに幸せそうでこんな人生を歩んでみたいと思いました。菅田将暉の演技が上手で魅入ってしまいます。こんなイケメンが役を演じ切れるのかと半信半疑でしたがしっかりと感情もこもっており映画にはなくてはならない存在になっていました。世間の切なさや熱をしっかりと感じ取ることができるので面白く素敵な映画です。
    すず(20代・女性)

    笑えて泣ける、でも深い。芸人の青春物語。

    面白いのに泣けてくる。最高です。

    言わずと知れたピース又吉直樹さんの小説が原作。芸人たちの青春ストーリーです。天才だと思ってついてきた先輩が、ずっと変わらないことをもどかしく思ったり、自分が成長したり、ステージが変わるにつれて、ちょっとしたすれ違いというか、違和感を覚えたりするのがとてもリアル。芸人さんならではのコンビという人間関係も、そこに複雑に絡んでいるのが面白いです。実際、自分があんまりピンときていない先輩を自分の相方が慕っていたりすると、やっぱり腹が立つんでしょうね。恋人とも夫婦とも友達とも違う、独特の距離感は、他の職業にはないものかもしれません。売れたいけど、自分が好きだと思う笑いをやっていると芽が出ない。やりたいことと売れることの矛盾に葛藤するのは、多くの芸人さんが経験することですが、これは映画を見て改めて思いましたが、結構つらいだろうなと。そもそも自分が面白いことを突き詰めるためにその職業を選んでいるのに、そこにNOを突きつけられる感覚。自分の全てを否定されているようなつらさがスクリーンからも伝わってきます。それで売れていったら売れていったで、魂を売ったように自分が思ってしまったり、過去の自分に呪われたり、それを不意に誰かに指摘されて、イライラしたり。それも含めて、芸人の生き様ということなんでしょうか。また、驚いたことは、俳優さんの漫才が想像以上にクオリティが高いことです。ここがグダグダすると全てが台無しになるから映画化は難しいんじゃないかなと思っていたので、いい意味で期待を裏切ってくれました。ものすごい練習をしたことが容易に想像できます。最後の解散ライブはもう、面白いのに泣けてきて・・・。感情が振り回されてある意味しんどかったです(笑)。夢を叶えた人にも、夢破れた人にも優しい目線が向けられていて、作っている全ての人が、芸人という職業そのものを深く愛していることがひしひしと伝わってきました。
    アルコー(30代・男性)

    芸人による芸人のための映画

    「芸人」菅田将暉の誕生

    芸人又吉直樹が描いた世界観を芸人板尾創路が表現した映画。「弟子にしてください」で始まる神谷と徳永を桐谷健太さんと菅田将暉さんが演じていますが、さすがネイティブ大阪弁の二人の会話はどこまでが台本なのかアドリブなのかわからないくらい自然です。自分の漫才コンビではボケ担当の徳永が神谷といる時にはツッコミになる姿を菅田さんがテンポよく演じています。個人的には、突拍子もない言動の神谷を桐谷さんがもうちょっとはじけて演じてくれたらなと思いましたね。NHKでのドラマ版の波岡一喜さんが良かった分、桐谷さんの神谷がかっこよすぎました。劇中所々に観客がツッコミたくなる場面もあって細かい笑いが用意されているのは板尾監督ならではかなぁと思います。神谷に出会った頃の夢を掴みにいくエネルギーに満ちた若き日の徳永から売れない日々を重ねて焦りでいっぱいになっていく姿を、菅田さんが振り幅大きく演じられていて、一人の芸人としての生きざまを感じさせてくれます。相方からコンビ解散を打ち明けられる場面での、驚きと絶望がないまぜになった横顔は美しすぎて見入ってしまいました。コンビでの最後の舞台も迫真の演技で魅せてくれます。神谷と徳永の久々の再開シーン、徳永の発する「俺たちは完全に世間を無視できないんですよ」の言葉は、今の世の中で生きづらさを感じる芸人さんたちの代弁にも聞こえました。エンドロールで流れる桐谷さんと菅田さんが歌う「浅草キッド」も素敵です。
    ALOHA(30代・女性)

    芸人の裏側を描いたヒューマンドラマ

    芸人さんの努力にほろり

    板尾創路監督のそれまでの映画を観たことがあったため、『火花』も彼の独特の感性で描かれるのかな?と思っていたのですが、大手配給の映画という印象で、ストレートに表現されていると感じました。やはり原作小説があまりにも話題になったため、板尾ワールド全開というわけにはいかなかったのだろうと察します。誰にも思いつかないような展開が待つ他の板尾作品が好きな人には物足りないかもしれませんが、その分大衆が楽しめるわかりやすい演出ではないでしょうか。とは言え、芸人さんたちの努力や葛藤、苦しみが辛辣に綴られていて、彼らが人を笑わせるためにこんなにも力を尽くしているのだと知ることが出来ました。日頃素人ではうかがい知ることのできない世界でで、人生に笑いをかけた若者たちが散っていく姿は胸にくるものがありました。原作も映像化した監督も芸人さんなので、この作品で描かれたような生き方が実在するのだろうと思い、素直に納得できました。また、主演の桐谷さん、菅田さんがネイティブな関西弁スピーカーであること、彼らの相方役を漫才経験のある川谷さんと三浦さんが演じたことによって、漫才シーンが作り物っぽくならなかった点が非常によかったと思います。今作を鑑賞して以降、芸人さんへのリスペクトの気持ちが強まりましたよ。
    17(40代・女性)

    芸人の人のすごさが分かる映画

    芸人の話ですが、泣ける内容です。

    映画「火花」は、2017年に公開された、又吉直樹さんの小説を映画化した作品で、とても面白かったです。主演には、菅田将暉さんと桐谷健太さんが務め、芸人役を演じていました。菅田将暉さんが演じた徳永は、桐谷健太さんが演じた神谷に憧れていました。神谷は、芸人の枠からはみ出した言動をする芸人で、徳永がそういった先輩に憧れるというのは私自身もとても共感できる事でした。それぞれ別のコンビでお笑いを続けていて、私生活などで飲みに行ったり親交を深めていて、良い先輩後輩の姿だなと二人を見て思いました。徳永が、運よく色々とテレビに出れるようになって、神谷の言動が少し変わってきて、徳永が神谷に対して変わってしまった事を残念がり、喧嘩をしていく姿は色々と感じさせてくれました。憧れていた人よりも、結果が出てうれしい自分もいたり、憧れていた人が自分の思っていた人とは変わってしまった時の感情というのは、切なくもあると思います。火花は、ドラマ化もされて人気でしたが、映画版が一番好きでした。映像化した雰囲気などがとてもしっくりきて、お笑いを仕事にする人たちの苦しみや、苦悩を感じる事もでき、面白くもあり感動する作品でした。
    hoit(30代・男性)

    その他ネットの口コミ・評価・感想

    詳細を見てみる

    あわせて見たいおススメ作品

    ここでは『火花』とあわせて、『火花』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!

    これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

    ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

    映画『火花』のまとめ

    火花のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

    本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『TSUTAYAディスカス/TV』でしたね!

    超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \30日間無料キャンペーン中/

    ※無料期間中の解約で、0円。

    ※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。