4人組ロックバンド[Alexandros]ドラムの庄村聡泰さんが、2020年5月のベストアルバムリリースを最後にバンドを勇退することが公式サイトで発表されました。


その勇退の原因となったのが「局所性ジストニア」という病気。

この病気は音楽家やスポーツ選手などに多く発症することがあるそうです。

いったいどのような病気で、過去にも同じように「局所性ジストニア」を発症した芸能人・ドラマー・有名人がいらっしゃるのか調査してみました。

ドラムス庄村聡泰についてのご報告

まずは、庄村聡泰さんの所属事務所のホームページに、所属事務所およびご本人から勇退についてご報告がありましたのでご紹介します。

ドラムス庄村聡泰についてのご報告
– 2020/01/24 –
いつも[Alexandros]を応援していただき、誠にありがとうございます。

「局所性ジストニア」のため、昨年6月よりライブ活動をお休みさせていただいておりましたドラムス庄村聡泰が2020年5月のベストアルバムのリリースを最後に[Alexandros]を勇退することとなりました。

医師と相談の上、制限された中で活動を行っていく所存でしたが活動を継続していくことが困難な状況が続いており、[Alexandros]メンバー・スタッフで何度も話し合った結果、最終的に本人の意思を尊重し、このような決断をいたしました。
2010年4月1日の正式加入から、庄村聡泰と苦楽を共にした10年間はかけがえのない時間であり、庄村がここから歩む新たな人生に心からの敬意を表し、「脱退」ではなく「勇退」と発表とさせていただくこととなりました。

本日2020年1月24日(金)21:00から『[Alexandros] YouTube Channel(https://www.youtube.com/user/ALEXANDROSchannel)』での生配信にて、[Alexandros]メンバー全員より直接、皆様にご報告させていただきます。

[Alexandros]を応援してくださる皆様、今後とも [Alexandros]と庄村聡泰をあたたかく見守っていただけますと幸いです。

2020年1月24日
[Alexandros] 株式会社UKPM

みんなへ

この度、[Alexandros]とは別の道を歩ませて頂く事を決断致しました。

お休みを頂いてから、症状、並びにドラムと言う楽器と対峙するに充分な時間を頂戴する中に於いて、やれる限りの治療と思い付く限りの処置やリハビリ、勿論演奏も、試みておりました。
しかし、演奏面については残念ながら現在まで目覚ましい効果を実感できる事例や療法は見つかっておらず、腰の状態も含め日常生活は元気に送る事ができているのにドラムだけが上手く叩けない、と言う事実のみが残ってしまいました。

具体的に申し上げますと現在、10分弱の演奏で自分の右脚は上手く動かなくなります。
痛みは全くないのですが無意識下の震えや痺れ、痙攣や麻痺、言葉ではなかなか伝え辛いのですが時間の経過に伴って頭と脚が上手く連動できなくなり、頭で思う動きを脚は聞いてくれない。まるで脳からの命令、通達を脚が拒否しているかの様に、上手く動かす事ができなくなってしまいます。
その様な日々を過ごす内にどうしても演奏家ではない人生についての考えを無視できなくなってしまい、また、その気持ちが日増しに大きくなってきてしまい、ひいてはこの症状も自分の一部として受け入れた上で生きていきたいと思う様になりました。

この様な考えに至った所以は、
症状とドラムと、そしてそれら全てを引っくるめた今までのバンド活動、自分自身の人生そのものと言っていいのかも知れませんね。
そちらを改めて振り返ってみて、そして自分にはみんなから頂いた時間がありましたので、ゆっくりと、思い出せる一つ一つの場面と対峙してみました。
そこには悔いめいた思い、やり残した様な思い、そう言った感情が、本当にありがたい事に見つかりませんでした。
ドラムは叩けなくなってしまっているけれど、自分が人生をかけたバンド活動に一切の後悔はなく愛おしく大切な日々をみんなと共有できた、と言う事実のみが残っていました。

その時に自分はこう思ったんです。
こんなに幸せな事はない、と。

そう思って以降症状についてはある程度受け入れられる様になり、音楽や映画、本や服、アニメやゲームなど、自分が元々好きだった様々なものをより一層深く愛する事ができる様になりました。
そしてそう思えた今ならば、ドラムが叩けない自分の事もいつかきっと愛する事ができる様になる筈です。
今までみんなと共にした日々は、自分の誇りです。
なのでその誇りを胸に、[Alexandros]のドラマーではない自分も愛する事ができる様に、これからを生きていきたいと思っています。

復帰を心待ちにしてくれていたみんなには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
けれども今こうして前を向く気持ちを持てる様になったのは、みんなと過ごしたかけがえのない素晴らしい日々があったからこそなんです。

そして何よりその中で最も濃密な日々を共にしたのは、自分の人生に於ける師であり友でありだなんて言葉では全く足りないくらいの深く深い仲である、

自分とバンドのきっかけをくれた、まーくん。
あなたに出逢えたあの日があるから、こんなに素晴らしい経験ができました。

自分を信じる大切さを教えてくれた、ひろ。
あなたの部屋のベランダで、そんな熱い話をよくしましたね。

自分に背中を預けてくれた、洋平。
あなた越しに広がる景色は、いつも本当に美しかったです。

幸せなバンド人生を、本当にありがとう。
みんなのおかげです。
何らかの恩返しになる様なこれからを、歩んでいけたらと思っています。

それではまた、どこかでお会いできます様に。

庄村聡泰

 

ファンの方には申し訳ないのですが、今回の報道で初めて庄村聡泰さんという方を知りました。

このご本人の勇退の報告を見て、初めて知った分際ですが、とても感動してしまいました・・・。

本当に、これから進むであろう別の道も、バンド人生同様、幸せに歩んでいただけたらと願っています!

局所性ジストニアとは?

庄村聡泰も発症した「局所性ジストニア」は下記の通りです。

ジストニアは、特定の行為や動作を頻繁に繰り返す職業の人で発症しやすい。国内の推定患者数は約2万人。大半が局所性ジストニアと呼ばれるタイプで、ピアニスト、バイオリニスト、歌手、漫画家、スポーツ選手、理髪師などに多い。人気デュオ「コブクロ」の小渕健太郎さんが、この病気を患い、高音の曲が歌えなくなり、一時音楽活動の休止に追い込まれた。

数少ないジストニアの専門医の一人である国立精神・神経医療研究センター病院(東京都小平市)脳神経内科の坂本崇医長は「ジストニアは筋肉そのものに問題はないが、脳の異常により筋肉が緊張し過ぎて起こる異常な姿勢や運動のことです」と説明する。

この病気になると筋肉がこわばって、しゃべりにくくなる、指が動かなくなる、目を開けていられない、首が曲がるなどの症状が出る。そのため、話す、歌う、字を書くといった特定の行為や動作がうまく行えなくなる。発症のメカニズムははっきりとは解明されていない。

「コブクロ」の小渕健太郎さんも休止していましたが、「局所性ジストニア」の一種であるというこは知りませんでした・・・。

小渕健太郎さんの場合は半年ほどで復帰したようですが、100%完治するのは難しい病気のようです。

局所性ジストニアの芸能人・ドラマー・有名人は?

では、過去にはどのような方が局所性ジストニアを発症したのでしょうか?

  • コブクロの小渕健太郎さん
  • 気志團の白鳥雪ノ丞さん
  • ギターリストの田中義人さん
  • アルパ奏者の上松美香さん
  • ピアニストの児嶋顕一郎さん
  • 漫画家の高屋奈月さん
  • ドラマーの山口智史さん

などなど、やはり同じ動作を繰り返すことで発症する確率が高いため、調べてみた限りでも音楽家の方の割合が多かったですね。

ネットの反応

[Alexandros]ドラムの庄村聡泰さんが勇退されるニュースに関するネットの反応をまとめてみました。

どれだけファンの方々に愛されているかがわかる、温かいコメントの数々でしたね!

まとめ

今回は、2020年に勇退される[Alexandros]ドラムの庄村聡泰さんが発症した、局所性ジストニアについて調査してみました。

有名人の中で発症した方では、やはり音楽家の割合が多かったですね。

今回勇退される庄村聡泰さんには、バンド人生同様、別の道も幸せに歩んでいただけたらと願っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!