「また中国が嘘、虚偽隠蔽!」武漢市、流行初期にかん口令【新型コロナウイルス】
Cimberley @ Pixabay

2020年1月25日、中国の有力誌が、新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が拡大している湖北省武漢市で、肺炎の流行が始まった昨年末、市当局が事実の公表を抑えていたことを示唆する医師の証言を伝えたようです。

いったいどういうことなのか、情報の内容を確認するとともに、ネットの反応をまとめたいと思います。

あわせて読みたい

速報概要

速報の概要は以下のとおりです。

中国の有力誌・中国新聞週刊(電子版)は25日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が拡大している湖北省武漢市で、肺炎の流行が始まった昨年末、市当局が事実の公表を抑えていたことを示唆する医師の証言を伝えた。

武漢協和医院の医師が、同誌の取材に匿名で応じた。「流行が始まったばかりの時期、武漢市の方針は消極的だった」と指摘し、病院側から「許可を得ずに公共の場で感染状況を語ったり、メディアの取材を受けたりしてはならない」と通知されていたと明らかにした。

市が肺炎の流行を初めて公表したのは昨年12月30日だった。この医師はかん口令の期間中は「医師にできたのは患者に繰り返しマスク着用を勧めることだけだった」と振り返った。

市トップらに対してはこれまでも、情報公開や対応の遅れが指摘されていた。湖北省共産党委員会の機関紙・湖北日報の張欧亜(ジャンオウヤー)記者は24日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)への書き込みで市トップの対応を批判し、「交代を希望する」と主張した。

武漢市の党委書記や市長らトップは、上級組織の省党委にも名を連ねる地元の高級幹部にあたる。党機関紙記者が正面から批判するのは極めて異例だ。書き込みはまもなく削除された。

中国政府は、25日に大規模な医師団を派遣するなど、武漢市の防疫政策への関与を強めている。2月3日の完成を目指して24日に着工した1000床の臨時病院の整地作業も進んでいる。2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の際、北京市当局が郊外に1週間で完成させた「小湯山医院」に倣ったという。

 

取材に応じた医師は、「許可を得ずに公共の場で感染状況を語ったり、メディアの取材を受けたりしてはならない」と口封じをさせられていたような印象を受けますね。

また、「党機関紙記者が正面から批判するのは極めて異例だ。書き込みはまもなく削除された。」とありますので、こちらも同様でしょうか。

このような報道が出ると、「中国は他には何を隠してるの?」という疑いの気持ちしか湧いてこないですね・・・。

まぁ、日本政府も同じようなものかもしれませんが・・・。

この報道を機に、入国禁止を求める声も強まってきています。

いつになったら日本政府は動くのでしょうか?

ネットの反応