\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「バケモノの子」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「バケモノの子」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「バケモノの子」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『バケモノの子』ってどんな作品?

映画『バケモノの子』は、『時をかける少女』、『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』を手掛けた細田守監督にとって、3年ぶりの新作となるオリジナルの長編アニメーション作品です。

渋谷の街とバケモノたちが住む「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を行き来しながら、バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描きます。

声優には、渋天街のバケモノである熊徹を役所広司さん、渋谷から渋天街に迷い込み、熊徹の弟子となり、九太と名乗ることになる主人公の少年に宮崎あおいさん(少年期)と染谷将太さん(青年期)、ヒロインとなる少女・楓に広瀬すずさんと豪華キャストが集結しています。

日本中を感動で包み込む新冒険活劇です!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「バケモノの子」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「バケモノの子」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月30日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「バケモノの子」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『バケモノの子』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

バケモノの子の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「バケモノの子」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年6月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpTELASAの4つのサービスで「バケモノの子」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「バケモノの子」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「バケモノの子」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『バケモノの子』の作品情報

      基本情報

      作品名バケモノの子
      原題
      原作細田守
      制作年2015年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)東宝
      公開年(公開日)2015年7月11日
      上映時間(話数)119分
      公式サイトhttp://www.bakemono-no-ko.jp/
      公式Twitterhttps://twitter.com/bakemono_movie
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/studiochizu
      公式Instagramhttps://www.instagram.com/bakemono_movie/
      主題歌

      あらすじ

      本作は、公開されるや全国映画動員ランキング第1位となり、観客動員数が400万人以上、累計興行収入は51億円を超える大ヒットとなりました。

      また、連動企画として渋谷ヒカリエにて「『バケモノの子』展」が開催されました。

      映画の絵コンテや背景美術など厳選された約300点のオリジナル作品の展示や、話題のクリエイターとコラボした体感型展示作品があり、来場者数は88,745人となり、こちらの企画も大好評でした。

       

      9歳の少年の蓮は、両親の離婚で父親と別れ、母親と暮らすことになりました。

      しかし、その母も交通事故で急死してしまい、両親がいなくなった蓮は親戚に養子として貰われることになります。

      蓮は引越しの最中に逃げ出し、渋谷の街を独り彷徨いました。

      ある夜、裏通りでうずくまっていた蓮は「熊徹」という名前の、見た目が熊のようなバケモノ(獣人)に出逢いますが、すぐに見失ってしまいました。

      「独りでも生きていきたい」と蓮は考え、バケモノに強さを求めて探していると、バケモノの世界である「渋天街」へ迷い込んでしまいます。

      バケモノ界の長老・宗師が引退することになり、後継者を決めることになります。

      後継者は最も武術と品格に優れた者がなることになっており、闘技会で勝利した者が次期宗師となることになっています。

      後継者の候補である熊徹は、闘技会に出場するための条件に、弟子を取ることを課せられていました。

      熊徹は、蓮には見込みがあると思い、蓮は熊徹の弟子となります。自身の名前を熊徹に伝えなかった蓮は、熊徹に「九太」と名付けられ、2人での生活を始まります。

      二人は性格がまるで合わず、最初はぶつかったりしましたが、修行の日々を重ね、お互いに心身とも成長し、やがて本当の親子のような関係が結ばれるようになります。

       

      この映画は渋谷を舞台にしています。

      細田監督は、渋谷は多くの人が集まり、常に変化している場所なので、冒険する場所にぴったりだった、とインタビューで答えています。

      慣れ親しんだ街にこそ、わくわくが隠れている、と考え、そのように描かれました。

      熊鉄役の役所さんは、アフレコをしていると、どんどん熊のようになっていく感じがして、「熊鉄はこんな声だったんだ」と、細田監督は不思議な錯覚に陥ったそうです。

      キャストとスタッフ

      映画『バケモノの子』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 熊徹:役所広司
      • 九太(少年期):宮崎あおい
      • 九太(青年期):染谷将太
      • 楓:広瀬すず
      • 猪王山:山路和弘
      • 一郎彦(青年期):宮野真守
      • 二郎丸(青年期):山口勝平
      • 九太の父:長塚圭史
      • 九太の母:麻生久美子
      • 一郎彦(少年期):黒木華
      • チコ:諸星すみれ
      • 二郎丸(少年期):大野百花
      • 宗師:津川雅彦
      • 百秋坊:リリー・フランキー
      • 多々良:大泉洋
      詳細を見てみる

      役所広司さんは、1979年に俳優デビュー。伊丹十三監督の「タンポポ」などを経て、1988年「アナザー・ウェイ D機関情報」にて映画初主演。

      この投稿をInstagramで見る

       

      Takamasa Sasai(@takamasa_sasai)がシェアした投稿

      1996年、「Shall we ダンス?」に出演し大ヒット。1997年に出演した「失楽園」も一大ブームになるほどのヒットとなりました。

      1997年、今村昌平監督の「うなぎ」に出演し、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞。以降、カンヌ映画祭の国際批評家連盟賞とエキュメニカル賞受賞作「EUREKA(ユリイカ)」をはじめ青山真治監督作品や黒沢清監督作品に多く出演しています。

      2006年のアカデミー作品賞ノミネート作「バベル」や、2012年モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ受賞作「わが母の記」などで国際的にも高い評価を得ています。

      2019年には「孤狼の血」に、3度目の日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を獲得。名実ともに日本を代表する俳優の一人です。

      宮崎あおいさんは、2006年、NHK連続テレビ小説「純情きらり」のヒロイン役で注目され、2008年のNHK大河ドラマ「篤姫」で、大河ドラマ史上最年少の22歳で主役に抜擢されました。

      この投稿をInstagramで見る

       

      aoi.miyazaki fan(@aoi_miyazaki.fan)がシェアした投稿

      日本アカデミー賞優秀主演女優賞を「少年メリケンサック」、「ツレがうつになりまして」、「舟を編む」、「怒り」それぞれで受賞しています。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:細田守
      • 原作:細田守
      • 脚本:細田守
      • 製作:中山良夫、齋藤佑佳、井上伸一郎、市川南、柏木登、中村理一郎、薮下維也、熊谷宜和
      • ゼネラルプロデューサー:奥田誠治
      • エグゼクティブプロデューサー:門屋大輔、高橋望
      • プロデューサー:齋藤優一郎、伊藤卓哉、千葉淳、川村元気
      • ラインプロデューサー:和気澄賢
      • アソシエイトプロデューサー:佐藤譲、伊藤整、鈴木智子
      • 作画監督:山下高明、西田達三
      • 美術監督:大森崇、高松洋平、西川洋一
      • 色彩設計:三笠修
      • CGディレクター:堀部亮
      • 美術設定:上條安里
      • 衣装:伊賀大介
      • 編集:西山茂
      • 録音:小原吉男
      • 音響監督:赤澤勇二
      • 音楽:高木正勝
      • 音楽プロデューサー:北原京子
      • 主題歌:Mr.Children
      • キャスティングディレクター:増田悟司
      • 制作:スタジオ地図
      詳細を見てみる

      監督・原作・脚本の細田守さんは、1991年、東映動画(現・東映アニメーション)に入社。アニメーターとして働いた後に、テレビアニメの演出家として「ゲゲゲの鬼太郎」、「ひみつのアッコちゃん」、「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」などを手がけました。

      劇場作品としては、1999年「デジモンアドベンチャー」、2005年「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」などを監督。2006年、フリーランスとなってからの第1作目「時をかける少女」にて、日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞や、フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭の長編部門特別賞などを受賞

      2009年、オリジナル脚本の「サマーウォーズ」を発表。日本国内でロングランの大ヒットを記録しました。また、アメリカ・アニー賞の最優秀監督賞にノミネートされました。

      2012年、「おおかみこどもの雨と雪」の製作を機に、プロデューサーの齋藤 優一郎さんと共に、スタジオ地図を設立。同作は世界34の国と地域での配給も決定し、スタジオジブリの宮崎駿監督に続くアニメ映画監督として、国内外問わず、期待と注目を集めています。

      口コミ・感想・評価

      「バケモノの子」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもバケモノの子を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      年代問わず、みんなが楽しめる作品

      暗い不良のような少年のヒーロー物語

      この作品は映画界の巨匠とも言うべき細田守監督の代表作です。みなが見たことある渋谷の風景や自然の風景、そこにある別世界でありながら繋がっている世界間が不思議で、ありおもしろいところです。どうしようもない少年とどうしようもない熊、日本語を話す熊ですが、この二人は見た目は違えどそっくりです。この二人はけんかばかりで、どうしようもない頑固者なのですが、二人とも実は正義感が強く、やるときはやる男です。最初は喜んで鍛えてもらうことになっていた九太は熊徹の言っていることがさっぱり分からないところがおもしろいです。二人とも頑固者なので感覚派なのでしょう。マニュアルとか全くなく、戦い方も適当なのに強いのが魅力的なところです。お互いに認めあって、けんかをしあいながらも強くなって、互いに高めあっていく姿には感動しました。監督が日本人なのが理由なのか、侍のような戦い方でとてもすごい刀の使い方をしていました。力業に見えて、実は相手のことを観察して弱点をつくような戦法もあって、ほんとうに飽きないです。見ていて、応援したくなるほど二人ともエネルギッシュで魅力的なキャラクターです。キャラクターだけでなく、声優さんも豪華で、セリフにとても活力があってキャラクターに命が吹き込まれているように感じ、とても印象的な作品だと思います。
      りんごちゃん(20代・女性)
      詳細を見てみる

      少年少女に見てほしい作品

      「強さとは何か」を考えさせられる作品

      キービジュアルからして魅力的な作品です。人間の少年の物語であるとともに、人外の大男の物語であることも感じられ、ワクワクしてしまいます。子供が、ふいに異世界に迷い込んでしまう。小さい頃からフィクション作品に触れてきた人なら、主に幼少期に、一度は自分に置き換えて想像するシチュエーションだと思います。しかしこの作品で、実際にその光景を目にすると、主人公の恵まれない境遇のこともあって、ゾクッとさせられてしまいます。そして、異世界に迷い込んだまま年齢を重ねていく点にも、さらにゾクゾクさせられます。この作品は、パンチがあるビジュアルがありながら、その実、人間の繊細な内面を描いた物語でもあります。人間の誰しもが心の中に持つ、「闇」の部分にスポットを当てた作品なのです。しかし、それは何も人間に限ったことではなく、人間からすれば異形の存在であるバケモノたちも同様でした。それらが巻き起こす騒動と解決を通して、私は「強さとは何か」を考えさせられました。そして、異世界もので避けられないのが、「主人公がどちらの世界を選ぶか」というポイント。この物語でも、その点が切なく、何とも言えないような後味を残してくれました。
      AI(20代・女性)

      主人公がいろいろな意味で強くなっていく成長物語

      主人公の成長が良い

      アクションが好きなので、たくさんアクションシーンがあったのが良かった。とくに、主人公が年齢を重ねていくにつれて、武力的に強くなっていくさまを見るのがおもしろかった。設定自体はファンタジーなのだけれど、そういう一人物の成長を眺められるという点においては、現実世界とリンクする感覚があり、話に共感できるところではないかと感じる。我々はときに、この世に一人きりであるかのように錯覚してしまうことがあるが、そんなことはないのだと、語りかけてくる映画だと思う。誰もがみんな、支え合い、寄り添いあって、互いを大切に思いながら生きていくこと、それがハッピーエンドを掴み取るコツなのだろう。また、我々は姿形にこだわって、異質なものを受け入れられないことがあるけれど、本当は姿形が大事なのではなくて、それが持つ心が、暖かさが大切なのだと感じた。至極当たり前だと思うことをやめて、視点や考え方を変えてみたら、世の中は思っている以上に新発見や驚きに満ちて、別の思考が生まれていくということも、伝わってきた。この映画は、アクションを見てスカッとしたい人にも、人の暖かさに触れて泣きたい人にも、どんな人にも染み入る映画なのではないだろうか。
      れあ(20代・女性)

      親子で成長していく作品

      血はつながっていなくとも本当の親子

      蓮が迷い込んできた化け物の世界である渋天街など、映像が美しくて幻想的でした。「バケモノ」とあるものの全然怖くはない、オオカミっぽさを感じたのは狼が人間の子供を育てたというジャングルブックを意識しているのでしょうか。ことあるごとに衝突しあう関係、でも興味関心が無いのであれば話もしないはずです。素の自分をさらけ出すことが出来る相手というなら、喧嘩していてもそれは仲が良いと言えるはずです。「人間を住まわせていたら心に闇を宿すこととなり大変なことになってしまう」、そんな言い伝えがあるのにそれでも受け入れた時点ですでに心は通い合っています。人間は敵だ、そう言われているのに自分たちの世界に受け入れたと言えば「モンスターズインク」も思い出しました。あの話だとモンスターであるマイクたちが女の子といたのはほんのわずかの期間だけ、でも九太達みたいにずっと一緒に暮らしていたらきっと親子になれていたことでしょう。そのままその世界で暮らしていくというのではなく、人間界の渋谷に戻りどちらもを行き来するという設定も面白いです。人間界にいるからこそ学べることもある、ただずっと一緒に暮らしているだけが親子では無いし血のつながりなんて関係ないと気づかせてくれました。
      ななこ(40代・女性)

      テンポよく爽快感があるアニメ

      見る人を選ぶアニメ

      映画「バケモノの子」は世界観に入り込めないと置いてきぼりにされてしまう作品だと思います。大衆娯楽のように見えて実はターゲットがコアなのかもしれないと感じます。居場所のない少年、蓮(九太)がバケモノの熊徹の弟子になり成長していく話ですが、似たもの同士の九太と熊徹の間には言葉は要らず武術で絆を深めていくあたりは、不器用な男性ならではといった感じで感動します。大多数の人は親からの愛情をもらい親から教育され成長していきますが、そうじゃなくてもいいんだという、そうじゃなくても成長できるということを示してくれる感じが希望が感じられます。また、与えられているようで、与えていることもあるということを描いています。人に厄介になることを肩身せまく思わないことが自己肯定感を育てるのだと思います。バケモノの子は自分のアイデンティティを探す物語です。人間界とバケモノ界の両方があるのは、自分の居場所を探してさまよっていることの象徴だと思います。昭和の日本は手の空いている近所の人が子育てを手伝ってくれることがありましたが、今は無くなってしまったのでそのような雰囲気を感じ懐かしいです。男児のいる母が親子で見るのにふさわしい映画だなと思います。さらに、ジャッキーチェンが活躍していた時代の香港映画が好きな人にもオススメです。同じような爽快感があります。
      トッシー(40代・女性)

      バケモノと人間の親子が織りなす成長物語

      親子愛に感動しました

      バケモノの世界に迷い込んだ主人公がそこで出会ったバケモノたちに育てられ成長していく物語で、母親との親子の絆を描いた前作とは対照的に父親との関係を描いた作品のように感じました。主人公と熊徹がいがみ合いながらも成長していく姿が微笑ましく、腕っぷしは強いものの独りよがりな性格の熊徹が子どもを育てることで自らも成長していく様子は親子の関係に近いものが見えた気がします。主人公の九太も現実世界に自分の居場所がなく、たまたま入り込んだバケモノの世界で暮らすことになりますが、そこには気の良い仲間たちがいていつしか自分の居場所ができるようになります。しかし九太は成長とともに外の世界に興味を示すようになり、自分がもともと居た人間の世界へと戻っていくことになるのですが、これらの描写も成長とともに子どもが独り立ちしていく様子が描かれているような気がして、一見すると人間とバケモノの世界が入り混じった冒険活劇のような作品なのですが、親子愛がテーマとして描かれていることで誰にとっても共感できる作品になっていると思いました。出てくるバケモノたちの愛くるしさや現実の渋谷の描写などもリアルで、また映画音楽も素晴らしく、クオリティの高い作品だと思います。
      あすか(30代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる


      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『バケモノの子』とあわせて、『バケモノの子』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      宮崎あおいのおススメ関連作品
      人気のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『バケモノの子』のまとめ

      「バケモノの子」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「バケモノの子」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【11月30日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。