「なぜ2人が検査拒否!?」206人が帰国、13人に症状、うち2人が肺炎【新型コロナウイルス】

新型コロナウイルスについて、武漢の日本人206人が帰国し、13人に症状、そのうち2人が肺炎であることが発表されました。

病院に搬送された5人以外の201人のうち、199人に検査の同意が得られましたが、2人は検査拒否されたようです。


今回の速報について、概要およびネットの反応をまとめます。

速報概要

速報の概要は以下のとおりです。

新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・武漢市を含む湖北省に在留する邦人を帰国させるため、政府が武漢市に派遣した全日空のチャーター機が29日朝、206人を乗せて羽田空港に帰国した。東京都によると、5人に発熱やせきの症状があり、都内の病院で診察を受けた。このうち40代男性と50代男性は肺炎と診断されたが、容体は安定。新型コロナウイルスが原因かどうかは検査結果を待っているとしている。

厚生労働省によると、この5人以外に、8人に発熱、せき、鼻水、頭痛などの症状があり、頭痛の1人を除く7人が入院する予定だと発表した。

医療機関に搬送された5人以外の201人のうち、同意が得られた199人に対し、国立国際医療研究センター(新宿区)で診察などを行った。症状の有無を問わず199人に対し、新型コロナウイルスの検査を行っている。

政府は、陰性の場合でも2週間は外出を極力控えるよう強く求めている。症状がなく宿泊を希望する人については、千葉県勝浦市のホテルで経過観察する措置をとった。

また、厚労省は、帰国した邦人を含め武漢周辺に滞在歴がある中国からの入国者らの症状を一元的に把握する「健康フォローアップセンター」を設置した。空港や海港の検疫所で当事者から回収した質問票で滞在歴や有症者との接触歴などを把握し、最長2週間とされる潜伏期間の間に電話やメールで発熱やせきの有無などを確認する。

菅義偉官房長官は記者会見で、武漢市で重い肺炎を発症して入院中の60代の日本人男性について、28日時点で新型コロナウイルス陽性の疑いが強いと病院側から連絡があったと明らかにした。最終的な判定結果は確定していないとしている。

 

今回の報道で特に注目が集まっているのが「医療機関に搬送された5人以外の201人のうち、同意が得られた199人」ですね。

ネット上では、検査に同意しなかった残り2人について「なぜ検査拒否するのか?」と大炎上しています。

さらに、検査拒否した2人は自宅に帰宅する可能性が高いことから、それを許す日本政府に対しても批判が噴出している状態です。

この方が指摘しているとおり、なかには感染してしまうと命に係わるもいらっしゃるので、このような批判が出るのも無理はないですね。

自分にもまだ幼い2人の娘がおり、現在妻が3人目を妊娠中という状況なので、この気持ちがとてもよくわかります・・・。

しかも2人目の娘が生後2週間でRSウイルスに感染した際には、本当に命の危険にさらされたこともあったため、仮に同じような月齢の乳児が今回の新型コロナウイルスに感染してしまうと、同じように命の危険にさらされる可能性が高いと思います。

以前の記事でも指摘しましたが、ここまで日本中、もしくは世界中に影響がある今回の新型コロナウイルス肺炎について、そもそも「検査を受けるかどうか」「自宅に帰宅するかどうか」を個人の判断に委ねること自体が間違っているような気がしてなりません。

個人的には、北朝鮮やフィリピンのように、そもそも入国禁止や強制送還などの措置をとっても良かったのでは?と思います。

日本政府が責任を持って、国が主導してこの問題に取り組んでくれることを切に願います・・・。

ちなみに、この2人については「特定班」なる方が情報を探しているようです。

特定されるのも時間の問題かもしれません。

ネットの反応