人間失格の濡れ場がヤバい!小栗旬と二階堂ふみ/沢尻エリカ/宮沢りえの濡れ場シーンまとめ!

この作品は、日本を代表する純文学作家・太宰治のドラマチックでスキャンダラスな愛の形を描き、妖艶な濡れ場が大きな話題となりました

自身の小説よりもずっとスキャンダラスな人生を送った太宰治役を、小栗旬さんが憂いたっぷりに演じています。

太宰と深い繋がりを持つ女性たちを宮沢りえさん、沢尻エリカさん、二階堂ふみさんがそれぞれの魅力を余すところなくさらけ出し、見事に演じ切ります

とにかく”ラブシーンがやばい”と言われていますが、どのように”やばい”のでしょうか?気になりますね。

メガホンを取った蜷川実花監督は、その研ぎ澄まされた独特なセンスでエロチックで妖艶なシーンを芸術的な域にまで高めることの出来る、数少ない監督です。

「人間失格の濡れ場がヤバい!小栗旬と二階堂ふみ/沢尻エリカ/宮沢りえの濡れ場シーンまとめ!」と題し、”やばい濡れ場”の内容に重点を置いてリサーチして行きたいと思います!

「人間失格」のあらすじ

天才人気作家の太宰治(小栗旬さん)は、身重の正妻・美知子(宮沢りえさん)と二人の子供がいながらも常に恋の噂が絶えません。

弟子である静子(沢尻エリカさん)と愛人関係になっておきながら、同時に未亡人の富栄(二階堂ふみさん)とも交際しています。

破天荒な生き方をする太宰は文壇から疎まれていましたが、次々とベストセラーを連発し人気作家の地位を確立していました。

妻の美知子は夫の才能を信じ、けなげに彼を支えます。

そんな妻の期待に応えようと、自分にしか書けない最高傑作に取り掛かる太宰でしたが…。

「人間失格」3人の女たちとの”やばい濡れ場”

太田静子(沢尻エリカさん)とのやばい濡れ場

この投稿をInstagramで見る

 

未知(@syaketsukin)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

未知(@syaketsukin)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

紅花大戲院(@lotus_films)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

躲在電影裡的詩人|TAIWAN(@cinemawriter_1)がシェアした投稿

太宰の弟子であり、愛人でもあった太田静子は資産家で開業医の娘でした。
「愛されない妻より一生愛される恋人の方がいい」と言い切る潔さと情熱的な面を持ち合わせ、太宰との間に一児をもうけます。

安定した生活よりも女として恋に生きる69年の生涯は、苦労の連続で波乱に満ちたものでした。

そんな彼女とのラブシーンはどこか火遊び的な印象も受けますが、激しく開放的なシーンが満載です。ヌードになったわけでも直接的なシーンがあるわけでもないのに、見せ方が巧いんですね。

沢尻エリカさんの醸し出すセクシーな雰囲気と蜷川実花監督の独特で淫靡な世界観が見事にマッチし、背徳感溢れるエロチックな雰囲気となっています。

例の一件で女優復帰はどうなるか分かりませんが、一般人として生きるにはあまりにも勿体ない資質を持った彼女です…。

山崎富栄(二階堂ふみさん)とのやばい濡れ場

この投稿をInstagramで見る

 

さとん(@saton_22fm)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

躲在電影裡的詩人|TAIWAN(@cinemawriter_1)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

Fumi Nikaido(@fumi_nikaido)がシェアした投稿

日本で最初の美容学校を設立した父を持ち、自身も美容師だった山崎富栄(二階堂ふみさん)は、結婚後するに夫を戦争で失くした不幸な未亡人です。

太宰から誘惑された際、「恋愛するなら死ぬ気でしたい」と答える彼女は、狂気と情熱を内に秘めたミステリアスで情緒的な女性です。

太宰が静子とも交際していることを知らず、彼女も太宰との間に一児をもうけています。

そんな彼女とのラブシーンは、いろいろな意味でまさに”やばいラブシーン”となっています

二階堂ふみさんはこの作品で惜しげもなくヌードを披露しており、かなり直接的で激しい濡れ場と言っても良いでしょう

”メンヘラ”の演技が恐ろしいくらいにハマリ役だと絶賛されていますね。

狂気を含んだ”メンヘラ”愛人・富栄と太宰のラブシーンは、まさに”やばいラブシーン”と呼ぶにふさわしい、淫靡で破滅的なものです。

二階堂ふみさんのラブシーンは以前から定評がありますが、直接的なシーンですらどこか文学的で下品にならないところが評価されている理由かもしれません。

 

人間失格はU-NEXTで配信中。
無料トライアルを利用すればタダで見ることができます。
濡れ場をすべて見たい方はU-NEXTでお楽しみください。
31日間無料キャンペーン中/
人間失格 太宰治と3人の女たち

 

正妻・津島美知子(宮沢りえさん)とのやばい濡れ場

正妻・津島美知子(宮沢りえさん)との”やばいラブシーン”は、残念ながらどこにも見当たりません。

二人の愛人とは対照的な存在で、奥ゆかしく健気で献身的、そのうえ聡明な女性です。

まさに理想の妻である美知子ですが、太宰にとっては逞しくて甘えられる母親のような存在だったのではないでしょうか。

そんな美知子ですが、ひたすら太宰の才能を信じて叱咤激励しつつも密かに悩みや苦悩もあったことでしょう。

破天荒でモテる旦那さんを持つ奥様はやはり大変ですね…。

この美知子を演じた宮沢りえさんには数々の絶賛の声が上がっています

特にセリフのないシーンで、表情と佇まいだけで気持ちを表現しているところが素晴しいです。

彼女自身も幼少期から様々な苦労があったと思いますが、その経験を活かし深みのある素晴らしい演技が出来る大女優となりました。

「人間失格」”やばい濡れ場”のネットの声は?

世間の感想と声を集めてみましたが、とにかく男女共にラブシーンに関しては”やばい”を連呼していますね。

観終わった後の全体的な評価はともかく、この映画を見た方は皆、作品全体に漂う退廃的で淫靡な作品世界から目が離せなくなってしまうようです。

「人間失格」”やばい濡れ場”以外の見どころ


”やばいラブシーン”にとても注目が集まっていますが、太宰治を演じる主演の小栗旬さんの演技を絶賛する声もとても多いです。

いくら妖艶で魅力的な女優さんたちを集結させても、受け止める力のある俳優さんがいなければ彼女たちを輝かせることは難しいように思います。

小栗旬さんだけでなく、錚錚たる脇役陣をキャスティングしていることでも話題となりました。

成田凌さん、千葉雄大さん、瀬戸康史さん、高良健吾さん、藤原竜也さんなど、皆さん主役級の俳優さんばかりです。

中でも一番の注目は、太宰と並ぶ人気作家である友人の坂口安吾を演じる藤原竜也さんです。

二人は私生活でも仲が良いようで、そんな二人が語り合うシーンには注目したいところです。

蜷川実花監督 過去の作品

\ HAPPY BIRTHDAY❗️ /

蜷川実花監督は、独特の色彩感覚と抜群のセンスで女性を中心に圧倒的な支持を得ています

そんな彼女が監督した過去の作品をいくつかご紹介します。

この投稿をInstagramで見る

Yuna(@yunamovieaccount)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

topscafeトップスカフェ京都駅八条口店(@topscafekyoto)がシェアした投稿

どの作品もとにかく独特な色彩センスで大胆に表現されていますね。

手掛けた作品も、一筋縄ではいかない個性的な作品ばかりです。

強い色同士を使った映像はどうしてもくどくなりがちですが、蜷川監督の手に掛かるとなぜか素晴らしくセンスよくまとまるんですよね…。

まさに色彩の魔術師といったところでしょうか。

今後も独特の感性でオリジナリティ溢れる映像作品をたくさん手掛けてほしいですね。

まとめ

今回は「人間失格のやばい濡れ場シーンまとめ!小栗旬×二階堂ふみ/沢尻エリカ/宮沢りえ!」と題し調査してみましたが、いかがだったでしょうか。

「人間失格」のラブシーンが”やばい”と言われるのは、キャストの見事な演技力と、監督はじめスタッフの方々の力量で巧みに演出された賜物だったのですね。

分かりやすいアダルトシーンなどないのに終始エロチシズムを漂わせているこの作品、カップルでご覧頂くもよし(初デートでは気まずい気がしますが…)、一人でじっくり堪能するもよし、どちらにせよ非常に見応えのる濃厚な作品であることは間違いありません。

 

ちなみに、今回ご紹介した「人間失格」や蜷川実花監督作品はすべてU-NEXTで配信中。

31日間無料トライアル&600ポイントプレゼントを利用すれば無料で観れますのでよろしかったらどうぞ。

 

31日間無料キャンペーン中/
人間失格 太宰治と3人の女たち