仮面病棟ロケ地マップ!病院は北九州の田所病院が撮影場所?

現役医師でベストセラー小説家・知念実希人さんの大ヒット作『仮面病棟』の実写映画です。

啓文堂大賞を文庫部門で受賞し、興行収入は1億500万円。2020年3月の公開最初の週末に7万7000人を動員して、映画観客動員ランキング初登場2位でした!

ピエロの仮面を被ったコンビニ強盗犯が病院に立てこもる事件が発生し、当直の医師と負傷した女子大生、病院スタッフが次々見つかる謎に巻き込まれていく医療系脱出サスペンス映画です。

本作に出てくる『田所病院』は、複数の病院でのロケを組み合わせて作られているそうです。

この記事では『仮面病棟ロケ地マップ!病院は北九州の田所病院が撮影場所?』と題し、映画『仮面病棟』のロケ地をご紹介します。

映画『仮面病棟』とは?

シリーズ累計販売数110万部を突破した大ヒットミステリー『病棟』シリーズから『仮面病棟』が実写映画化されました。

主演の坂口健太郎さんは本作が初単独主演、またヒロイン瞳役の永野芽郁さんはミステリージャンル初挑戦でした。

高嶋政伸さん、大谷亮平さん、江口のりこさん、内田理央さんら豪華な実力派俳優陣が映画を盛り上げています。

原作者の知念実希人さんが脚本に携わっているとあって、原作ファンからもとても注目されました!

予告編PV

あらすじ

先輩医師から頼まれて一夜限りの当直をすることになった速水だったが、その夜、ピエロの仮面をつけた凶悪犯が病院に立てこもり、速水らは病院に閉じ込められてしまう。犯人に銃で撃たれて傷を負った女子大生の瞳を治療した速水は、瞳とともに脱出を試みるが、かたくなに通報を拒む院長や、院長とともに何かを隠している様子の看護師、さらには身元不明の入院患者や隠された最新鋭の手術室など、次々と不可解な事態に直面する。

映画『仮面病棟』のロケ地になった病院はどこ?マップは?

映画『仮面病棟』は、オール福岡県北九州市ロケでした!

原作に忠実な『田所病院』を作り上げるため、いくつもの病院でロケが行われたそうですよ。

ドアの向こうは、別の病院…そんな不思議な感覚が、医療系脱出ミステリーをさらに面白い作品にしてくれたような気がしませんか?

それでは、映画『仮面病棟』にゆかりあるロケ地をご紹介していきたいと思います!

田所病院の外観のロケ地は、北九州交通市営バス・若松営業所です。

この投稿をInstagramで見る

 

Toyo_K(@digitacho_toyo)がシェアした投稿

田所病院の外観は、北九州交通若松営業所が元になっています。

現在はバスの営業所なのですが、建物の一部は1997年に廃校になった響南(きょうなん)中学校の再利用しています。

雰囲気がある建物は、まさに『田所病院』ですね!

住所:福岡県北九州市若松区東小石町3番1号
その他情報(電話、FAX): 093-771-2765

 

物語の重要なシーンは、片野駅近くの旧松井病院がロケ地でした。


鉄格子のある階段は、この旧松井病院でロケが行われました!

他にもエレベーターや、スタッフステーションのロケ現場もこちらです。

北九州モノレールの片野駅に近く、地元に根差した病院なので『こんなところでロケが!』とビックリした方も多かったようです。

住所:福岡県北九州市小倉北区黄金2丁目9-14
その他情報(電話、FAX): 093-941-4550

あの最先端の手術室は、北九州市立八幡病院がロケ地です。

もう使っていないと聞かされていた手術室ですが、永野芽郁さん演じる川崎瞳がケガをして来たことで、状況は一変してしまいます。

謎ときのスタート地点と言っても過言ではないかと思います!

ほこり1つ落ちていない最先端の手術室は、病院の他の部分と比べた時に違和感があって、ストーリー展開に弾みをつけてくれました。

住所:福岡県北九州市八幡東区尾倉2丁目6番2号
その他情報(電話、FAX): 093-662-6565(代表)

速水が普段勤務している「調布第1病院」は、小倉きふね病院がロケ地でした。

先輩の代理で当直した速水が、普段勤務する『調布第1病院』として登場しました。

なんと、実際に小倉きふね病院に勤務されている方々がエキストラとなり、休診日にロケを実施したそうです!

さすが『不可能を可能にする映画の街』、驚きのエキストラ起用法ですね。

住所:福岡県北九州市小倉北区貴船町3番3号

元総理大臣・国平の演説のロケ地は、小倉駅前。


国平の演説シーンは、小倉駅前で400人の地元エキストラが参加して小倉城口側で撮影されました!

小倉駅はJRとモノレールの複合駅で、それぞれ異なる雰囲気があります。

さらに商業施設もあって、この辺りでロケを行った映画は『相棒 劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』や『ウルトラマンコスモ2 THE BLUE PLANET』などがあるそうです。

住所:福岡県北九州市小倉北区京町3丁目1

もう1つ、400人規模のロケが行われたAIM。

小倉駅と小倉記念病院のすぐ近くにある、アジア太平洋インポートマートAIMです。

輸入事業促進のために作られた複合施設ですね。海が近いので夕方の景色はとってもきれいな場所です。

400人規模のエキストラの方々が集まって、朝から夕方5時ごろまでロケをしていたそうですよ!

住所:北九州市小倉北区浅野3-8-1 AIMビル
その他情報(電話、FAX): 093-551-8828

学研都市ひびきのも、ロケ地になりました。

理工系の大学や研究機関が集まっているエリアで、幹線道路を封鎖して夜の交通事故のシーンを撮影しました。

エキストラとして駆けつけた消防隊は、本物の消防隊員だったそうです。

現役医師でもある知念さんが原作とあって、手際など、求められるリアルさもひと味違うのかもしれませんね。

住所:福岡県北九州市若松区ひびきの1-4

白川病院は『門司区伊川診療所』としてロケ地マップにも登場しています。

この投稿をInstagramで見る

 

北九州フィルム・コミッション(@kitakyushu_film_commission)がシェアした投稿

農漁村である近隣の方々を支える白石医院です。

映画のロケでは、患者さん役のエキストラの方々も入って撮影されたそうです。

速水役の坂口健太郎さんを外で見かけた方もいて、『背が高くて、足が長くて、イケメンだった!』とコメントしていました。

思わぬところで坂口健太郎さんのようなイケメン俳優さんがロケしているのを見かけたら、その作品は気になって見たくなってしまいますね!

住所:福岡県北九州市門司区伊川1013
その他情報(電話、FAX): 093-481-0061

まとめ

今回は『仮面病棟ロケ地マップ!病院は北九州の田所病院が撮影場所?』と題し、ロケ地をご紹介しましたが、いかがでしたか?

本作のロケ地となった福岡県北九州市は、年間で約20本通算では200本以上の映画やドラマが撮影されているそうで、製作者からは『不可能を可能にしてくれる映画の街』として高く評価されています。

原作の知念実希人さんも、病院ロケ現場を訪れ『美術さんの力も借り、イメージ通りの病院ができた』と太鼓判を押していました。

映画をまだご覧になっていない方は、ぜひ観ていただいて『田所病院』で次々見つかる謎と息をのむ脱出サスペンスを楽しんでください!

\U-NEXTの31日間無料トライアルで完全無料!/