\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円

>>無料で今すぐ「もののけ姫」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「もののけ姫」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「もののけ姫」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『もののけ姫』ってどんな作品?

「もののけ姫」はスタジオジブリ製作の長編アニメーション作品です。

宮崎駿監督の16年にも及ぶ構想期間をへて、1997年に公開されました。

観客動員数1420万人興行収入193億円を記録し、公開当時の日本映画の記録を塗り替え1位となりました。

日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめとする、多数の賞を受賞しており、公開から20年以上経った今もなお、日本のアニメーション映画を代表する作品のひとつと言えるでしょう。

古代の日本で、神々が宿った森の生き物たちと人間の争い。

呪いをかけられながらも、神々と、森と、共存しようとする主人公アシタカと、「もののけ姫」と呼ばれる少女サン。

宮崎駿監督の集大成とも言われている本作品。

石田ゆり子さん、田中裕子さん、美輪明宏さんなどの豪華な声優陣にも注目です!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「もののけ姫」のフル動画を見るならTSUTAYAディスカス/TVがおススメ!

TSUTAYAディスカス/TVでは30日間無料トライアル1100ポイントプレゼント実施中!

本来月額2417円の有料サービスですが、上記キャンペーンを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【12月25日】まで無料!/

『もののけ姫』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

もののけ姫の動画配信状況

TSUTAYAディスカス/TVを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「もののけ姫」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
×
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
×
30日間無料
月額1780円
×
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年7月時点で、「もののけ姫」の無料視聴が可能となっているのはTSUTAYAディスカス/TVのみです。

よって、無料で「もののけ姫」を楽しみたい方は、TSUTAYAディスカス/TVを利用しましょう!

「TSUTAYAディスカス/TVって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

『TSUTAYAディスカス/TV』のサービス概要や特徴

TSUTAYAディスカスTV公式サイト

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップクラスの30日間無料でお試しできます。

旧作DVDなら制限なしで借り放題、しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付きなので、本来課金が必要な新作も実質0円で見れちゃいます。

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な見放題作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    デメリットとしては、DVDレンタルの場合は配送時間がかかってしまいますが、北海道・九州を除き翌日の配達率が98%以上なので、「今すぐに見たい!」という方以外は問題なさそうです。

    また、30日間の無料期間中は「TSUTAYAディスカス」では新作DVDのレンタルができませんが、「TSUTAYA TV」で配信されていればタダでもらえる1100ポイントを利用して実質0円で見れるので、上手くデメリットが補われている印象ですね。

    いずれにしても、業界トップクラスの30日間の無料期間があり、好きな時に解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

     

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    『TSUTAYAディスカス/TV』で見れる動画コンテンツ

    「もののけ姫」以外に、TSUTAYAディスカス/TVで見れる人気の動画コンテンツをご紹介します。

    TSUTAYA人気邦画・ドラマ作品
    • SPEC
    • イタズラなKiss
    • アンナチュラル
    • きみはペット
    • JIN-仁-
    TSUTAYA人気洋画作品
    • ラ・ラ・ランド
    • キングスマン
    • バイオハザード
    • メイズ・ランナー
    • マトリックス
    TSUTAYA人気アニメ作品
    • 鬼滅の刃
    • スラムダンク
    • ドラゴンボール
    • 今日から俺は!!
    • 怪盗グルーのミニオン危機一発

    特に、大人気のジブリ作品は他の動画配信サービスでは配信しておらず、TSUTAYAディスカス/TVでしか見れないのも特徴のひとつ。

    これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、最新の情報はTSUTAYAディスカス/TVで確認してみてください♪

    \人気作品も豊富/

     

    『TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV』の口コミ

    「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    そんな方のために、実際に「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

    豊富な作品が見放題!

    他の動画配信サービスでは新作や話題作しか配信されていなくて、見たい作品や懐かしいアニメが無い…という事がありますが、TSUTAYA TVは旧作が豊富に揃っています。どの年代でも楽しめるので、家族の仲も深まるでしょう。無料お試し期間が30日もあるので、どれほどの魅力が詰まっているのか存分にたしかめる事が出来るのも嬉しいですね。ただ他のVODに比べるとオリジナル作品が無いのでコンテンツとしては物足りなく感じる事もあるかもしれません。
    ゆいぴぴ(20代・女性)
    詳細を見てみる

    動画時代にディスクの良さを

    最近は動画配信されている作品が多く、気軽に映画やドラマを楽しめる様になりました。
    わざわざディスクを借りて見るなんて面倒くさいと考える方もいるかもしれませんが、TSUTAYAディスカスだとかなりお得に新作、準新作を毎月最大8枚、旧作に関しては借り放題と映画好きには堪らない仕様になっている事をご存知ですか?
    流石TSUTAYAというだけあって、ラインナップも豊富。
    動画では味わえない映像特典や趣向が凝らされたメニュー画面も楽めます。
    郵便での配達となるので、その間待ちきれないという方はTSUTAYATVに合わせて加入するのがオススメ。
    毎月、TSUTAYATVとディスカス分のポイントが2000ポイント以上入るので、新作を実質無料で楽しめる他、ドラマのまとめ買いにも使用可能ですので、他のサイトでは有料のドラマも手軽に楽しめます。
    勿論、見放題作品も豊富で、新しめの作品や人気作品多数。
    映画、ドラマ好きな方にはかなりオススメのシステムだと思います。
    月に30本映画を見る私にとっては欠かせない日々の活力となっている事は間違いありません。
    無料お試しもあるので、迷っている方は是非。
    白鷺千聖(40代・女性)

    田舎暮らしの人には便利

    私は田舎暮らしをしていて、近くにCDショップやDVDを販売している店もなく車で時間をかけてお店に行かなくては行けません。またそこも商品が少ないため取り寄せ…。それからレンタルに頼るようになりました。近くにレンタルショップはあるのですが新作を沢山集めてるだけだったり、韓流ドラマのDVDばかりで見たいものも見れず。CDもほとんど取り扱っていなかったので何かいいものはないかとTSUTAYA DISCASを見つけて利用するようになりました。料金は直接借りるより高めですが、商品数も多いですし店に出向かなくていいので田舎暮らしで近くにお店が無いという人には本当にオススメです。
    ひなた(40代・女性)

    見たいものが必ずみつかる!

    韓国ドラマが好きでよく見ています。動画サービスは他にもたくさんありますが、比較的新しいものやヒットしたものはどこにでもあるものの、古いものやマニアックなものがなかなか無いんです。ある俳優さんの初期の作品が見たくて探しまわり、ツタヤディスカスでやっと見つけて見ることが出来ました。ドラマは全部見放題で見れたし、古い映画はレンタルで借りることが出来ました。レンタルもネットで申し込むとすぐに発送され、返却もポストに投函するだけなのでとっても便利でした。今まで見れなかった作品を見ることが出来て、とっても感謝しています。プランも色々あるので選べますし、ポイントもつくので見放題以外の話題の映画もついでに見ちゃいました。30日間無料お試しで、まずは試してみてることをお勧めします。
    ruchia(50代・女性)

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    映画『もののけ姫』の作品情報

    基本情報

    作品名もののけ姫
    原題PRINCESS MONONOKE
    原作「もののけ姫」宮崎駿
    制作年1997年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)スタジオジブリ、東宝
    公開年(公開日)1997年7月12日
    上映時間(話数)133分
    公式サイトhttp://www.ghibli.jp/works/mononokehime/
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    風の谷のナウシカ」や「となりのトトロ」など、数多くのヒット作を世に送り出してきた、宮崎駿監督による長編アニメーション映画の第7作目がこの「もののけ姫」です。

    公開当初から日本映画の興行収入記録を塗り替え、数々の賞を受賞した本作品。

    構想になんと16年制作に3年をかけたと監督自らが明かしている大作であり、常に人間と自然をテーマとしてきた、宮崎監督の集大成作品とも言われています。

    石田ゆり子さん小林薫さん美輪明宏さん森繁久彌さん、といった日本映画界のベテラン俳優さんたちが声優を務めた事も話題になりました。

     

    遠い昔の日本。

    東と北との間にあると言われている村で、エミシ一族として暮らす17歳のアシタカは、いずれは村の王となるべく育てられてきました。

    正義感の強いアシタカは、ある日、村を襲おうとしてきたタタリ神と呼ばれるものと戦います。

    なんとかしてタタリ神をやっつけますが、その代わりに呪いをかけられてしまいます。

    放っておけば、呪いが自分に死をもたらすと悟ったアシタカは、呪いを解くべく、相棒である大カモシカのヤックルを連れて旅に出ます。

    旅の途中で、鉄を作っている、タタラ場と呼ばれる村に行き着いたアシタカ。

    彼らは、鉄を作り出すために、自分たちが森や山などを破壊している事はわかっていましたが、”もののけ”と呼ばれる、神々が宿った生き物たちの事を快く思っていませんでした。

    ある時、タタラ城で村人たちをまとめている、エボシという名の女を狙って、「もののけ姫」と呼ばれる少女が襲ってきます。

    少女の名前はサン。

    人間の子でありながら、山犬の神に育てられたサンは、自らを山犬だと思い込み、森を破壊していく人間たちを深く憎んでいるのです。

    アシタカにも敵意をむき出しにするサン。

    しかし、他の人間とはどこか違うアシタカに、サンは次第に心を開いていきます。

    人間と森が争わずにすむ術はないのかと、胸を痛めるアシタカ。

    人と自然が共存できる時はくるのでしょうか。

    そしてアシタカとサンの未来は・・。

     

    日本のみならず、海外からも称賛を集めた本作品。

    「生きろ。」というキャッチコピーと共に、真っ赤な血で口を染めたサンが、犬神と一緒にこちらを鋭く睨んでいるポスターは、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

    物語の舞台のモデルとなっているのは、青森県の白神山地屋久島です。

    1993年に日本で初めて、世界自然遺産に登録されました。

    何千年も前から、ほとんど人の手が加えられていないまま、そこに存在している自然の佇まいは、映画さながら、もののけ達の声が聞こえてきそうです。

    キャストとスタッフ

    映画『もののけ姫』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • アシタカ:松田洋治
    • サン:石田ゆり子
    • エボシ御前:田中裕子
    • ゴンザ:上條恒彦
    • モロの君:美輪明宏
    • 乙事主(おっことぬし):森繁久彌
    • ヒイさま:森光子
    • ジコ坊:小林薫
    • 甲六:西村雅彦
    • トキ:島本須美
    • 牛飼いの長:名古屋章
    詳細を見てみる

    犬神に育てられた少女サンの声を演じているのは、女優の石田ゆり子さんです。

    この投稿をInstagramで見る

     

    石田ゆり子 Yuriko Ishida(@yuriyuri1003)がシェアした投稿

    1969年に東京で生まれた石田さんの芸能人生は、高校1年生の時に、自由が丘の亀屋万年堂の前でスカウトされたところから始まりました。

    芸能界に入るまでは本格的に水泳をやっていたそうで、父親の仕事で住んでいた台湾では、ナショナルチームに所属するほどだったそうです。

    2005年に公開された映画「北の零年」で、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しています。

    動物好きで、犬を1匹と猫を4匹飼っているそうです。

    近年では、恋ダンスが大流行となったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」での、ゆりちゃん役が記憶に新しいですよね。

    妹の石田ひかりさんも女優として活躍されています。

    タタラ場の長であるエボシの声を演じたのは、女優の田中裕子さん

    この投稿をInstagramで見る

     

    松浦 晃(@matsuura_5344)がシェアした投稿

    1955年大阪府生まれ。

    1979年に女優としてデビューした田中さんは、1981年に映画「ええじゃないか」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。

    その後1983年に、最高視聴率62.9%を記録した、連続テレビ小説「おしん」で主演し、日本のみならず世界的に有名になりました。

    プライベートでは1989年に、歌手の沢田研二さんと結婚しました。

    スタッフ

    スタッフ
    • 原作・脚本・監督:宮崎 駿
    • プロデューサー:鈴木敏夫
    • 製作:氏家斎一朗、成田豊
    • 製作総指揮:徳間康快
    • 音楽:久石 譲
    • 主題歌:米良美一
    詳細を見てみる

    原作、脚本、監督は、日本が誇るアニメーション映画監督宮崎駿さんです。

    この投稿をInstagramで見る

     

    山下勝也(@tokonavi)がシェアした投稿

    数えきれないほどの名作アニメーション映画を生み出し、世界中にも多くのファンを持つ宮崎駿監督。

    1979年公開「ルパン三世 カリオストロの城」で、映画監督デビューをします。

    4ヶ月半という驚くべき短期間で作り上げたというその作品は、現在でもたびたび再放送され、その人気は健在です。

    その後も「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」「魔女の宅急便」といった数々の名作を世に送り出しました。

    2001年に公開された「千と千尋の神隠し」で、ベルリン国際映画祭最優秀作品賞に値する金熊賞を、アカデミー賞では、アカデミー長編アニメ映画賞を受賞しました。

    2014年には、黒澤明さん以来日本人では2人目の受賞となる、アカデミー名誉賞を受賞しています。

    音楽を担当したのは、久石譲さんです。

    この投稿をInstagramで見る

     

    Joe Hisaishi(@joehisaishi.official)がシェアした投稿

    作曲家であり指揮者でありピアニストである久石さんですが、「風の谷のナウシカ」以降「風立ちぬ」まで、なんと29年もの間、宮崎駿監督の長編アニメーション作品の全ての音楽を担当しているという事です!

    ジブリ作品の音楽には、聴いただけですぐに映画の場面が浮かんでくるものが、たくさんありますよね。

    久石譲さんは、間違いなく宮崎監督作品にはなくてはならない存在と言えるでしょう。

    ジブリ作品の他には、北野武監督の「あの夏、いちばん静かな海。」など、合計7作品の北野映画の音楽も手がけており、幅広いジャンルの音楽を生み出していることがわかります。

    口コミ・感想・評価

    「もののけ姫」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそももののけ姫を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    アシタカを通して、人間の在り方を知ることができる作品

    生きるとは何か、考えさせられる作品

    宮崎駿監督作品の中では、個人的におすすめランキング1位2位を争う作品です。(対抗馬は「風の谷のナウシカ」)動物を含めた自然界と人間との軋轢、同共存していくかが大きな軸となって物語が進行しますが、作品の中に散りばめられた、様々な問題の描写は考えさせられるところが多いです。例えば、ストーリーの大きな軸となるタタラ場による環境破壊と動物たちの衰退ですが、そのことだけを考えると、環境を破壊して動物たちを死に追いやっているタタラ場と人間は悪となってしまいます。しかし、タタラ場の長であるエボシ御前は、病に苦しむ人々に仕事と生きる場所を与えてあげ、女性たちに仕事と尊厳を与えてあげています。エボシ御前自身が女性ということもありますが、現代でも男尊女卑が問題となるこの日本で、女性とはなにか考えさせられる描写でした。また、それらの問題を超えて、全てを救おうとしたのが主人公のアシタカです。タタラ場で作られた銃弾を食らったタタリ神からの呪いを受けながらも、森と動物たちとタタラ場(すなわち人間たち)が一緒に生きられることを望み、命がけで行動します。物語の結末としてはアシタカはタタラ場での生活を選び、サンは森での生活を選ぶのですが、それで別れるわけではなく、その上で共に生きることを選びます。現代社会でも自然破壊、ウイルスの驚異など色々な問題がありますが、白黒つけるというより、共存できるバランスが重要などだとしみじみ感じます。
    にゃんた(40代・女性)
    詳細を見てみる

    ちょっと大人向きでもある、子供にもいつか見てほしい作品

    人間の汚い心も綺麗な心も分かる作品

    ジブリの作品のなかではかなり大人向けの作品だなと思います。山を切り開いていって、その山に住んでいた動物たちがだんだんと人間に対して強い意思を持つようになり、人間は戦わなければならなくなります。なぜこうなってしまったのか、どうすべきだったのかを考えることもできますし、これって映画のなかだけではなくて現実問題でも考えられるところだなと感じました。見終わったあとは考えさせられる作品でしたね。それに、時代風景も描かれていて勉強になりました。疫病になってしまった人間たちが出てきたりだとか、昔ながらの文化だったりとか、歴史に残る部分が出てくるのでより一層リアルな話になりました。動物たちだったり、人間だったりの戦うシーンが多くて首がとんでしまうシーンもあったりするので子供にはまだ早いかな?と思いますが、歴史の背景だったり人間中心に考えてしまうとどうなってしまうのかだったり、自分ばかり儲けようとする人間の汚い部分や、助けたいし守りたいという人間の綺麗な部分も知ることができる作品なので、ちょっと大きくなったときには見せてあげたいなと思いました。また、強い女性がたくさん出てくるので「いつの時代も女性は強い!」とちょっと笑ってしまいます。
    みか(20代・女性)

    忘れていた大切なことを思い出させてくれる作品

    自然との共存、あなたの大切さを考えさせられました

    私は幼稚園の頃に初めて見ました。いきなり祟り神が出てきてスタートするオープニングはとても衝撃的だった事を覚えています。この映画での見どころはその世界観はもちろんのこと、自然と人間の共存と命の大切さだと思います。アシタカの訪れた「たたら場」、サンの住む山はとても対照的です。しかしどちらにも生き物がいて、生活して、それぞれの人生があると思うと、人間は身勝手だと思わずにはいられません。またシシガミ、こだま など不思議な生き物が多く、見たことがないはずなのに、現実にも存在しそうな不思議な雰囲気も魅力です。オススメの場面としては、サンとエボシが戦うのをアシタカが止めるシーン、たたら場を去るシーン、シシガミに首を返すシーンでしょうか?どのシーンも手に汗握るドキドキものです。また、モロとアシタカが会話してるシーンも見どころです。「サンを救えるか?」というモロの発言に対し真っ直ぐな目で、真っ直ぐな気持ちで答えるアシタカは本当にかっこいいです!生きるということ、命の大切さなど、とても深く重いものがテーマですが、見終わった後の感動は凄まじいです。「共に生きる」の答えも出ていないので、感じることは余計に人それぞれで、見た人分の答えがあると思います。
    ゆんやん(20代・女性)

    本来は、メッセージ性の強い作品なのでそこが見所です。しかし、「主人公の浮気」という観点で観ても面白い作品だと思います。

    主人公がクズ男

    この作品は普通に観てももちろん面白いのですが、私は好きすぎて何度か観ているうちに「主人公クズじゃん」という感想にいたってしまいました。故郷で生活していた主人公のアシタカは、ある日里を、許嫁を守るために祟り神を殺してしまいます。祟り神を殺したことによって呪いを受けたアシタカは、呪いの影響で故郷から旅立つことを余儀なくされます。旅立つ時、許嫁から黒曜石の御守りを受け取ります。この時許嫁から「どんな時も想っています」と伝えられます。しかしアシタカは、旅の中で辿り着いた地で少女と出会い、一目惚れしてしまいます。そしてなんやかんやあって、許嫁から受け取った黒曜石の御守りをこの少女にプレゼントしてしまいます。この少女がこの作品のヒロインです。私の感想は、「故郷を出なければならなくなったし、新天地で新しい女を見つけるのは、まあしょうがない、それはわかる。でも、もらった御守りをプレゼントするのはちょっとクズすぎない?」というものでした。そしてサンとなんだかイイ感じになったところでこの作品は終わりを迎えます。本来この作品は人間と自然との共存、戦い、そして生きろ、というメッセージ性の強い作品です。しかし、何度か観ていると、主人公のサブヒロイン(故郷の許嫁)の扱いが雑なのに気づいてしまう作品です。
    matsuko.(30代・男性)

    何度見ても新しい、自分の成長とともに違うことを感じることができる作品

    忘れてはいけないものを注ぎこんんだスケールの大きな寓話

    かつて映画館で当時小学生だった娘たちと見ました。時が経つのは速いもので今はその時の娘たちが母親になっています。子どもが見れば「こわい」と思うかもしれません。今の時代が失ってしまった不思議なこわさを感じるのではないかと思います。けれど、ただいたずらに怖がらせるためのものではない、悪意からのものでもない、そんな風にこわいものは、子どもの成長にとってとても大切なものなのではないでしょうか。信仰とは少し違うけれど、心の中にそういうものがあれば、人は大切な決断をしなければならないときに間違えないと思うのです。大人もまた、きちんと歴史を学んだ者でなければ知らなかった景色をみるでしょう。たたらばで暮らしている、売られた娘たちや体が腐っていく病の人たちは、ほんの少し時代をさかのぼっただけで日常にある風景でした。森の神たちが小さく愚かになっていくさま、社会から疎外されながらも懸命に生きるたたらばの人たち、そしてたたらばを利用し、森を壊し、戦に明け暮れる、ずるくて醜い人間たち。自分たちはどこから来て、どこに立っているのかと問われている気がしてなりません。大人は大人なりに、子どもは子どもなりに、心の奥底に不思議なメッセージを受け取ることでしょう。森とたたらばはともに生きることができるのか、それは今もこれからも問われ続けるのです。
    hirahira(50代・女性)

    生きることを教えてくれる名作映画

    何度観ても名作のアニメーション映画 何度観ても名作のアニメーション映画

    ジブリ映画の中で1番大好きな作品です。何度観ても新しい発見があり、感動するし、考えさせられる最高の映画です。久石譲さんの音楽と宮崎駿さんタックどの作品も良いですが、もののけ姫がやはり1番ですね。音楽聴いただけでどのシーンか浮かんできます。サンとアシタカの関係、周囲の人や生き物達の生き様に毎回グッときます。またなんと言ってもイラストが綺麗すぎて、リアルで本当にあった出来事を観ているかのようです。アニメだけどアニメじゃない、大人も真剣に見入ってしまいます。子供の頃に観た時も大好きな作品で何度もビデオを観た記憶がありますが、歳を重ねて何度も観ていくと違った見え方があったり、何年かに1回は必ず観るべき映画です。先日映画館での初ジブリ作品でもののけ姫を鑑賞しましたが、圧巻でした。アニメでこの迫力、自然の鮮明さ、音楽の素晴らしさ最高でした。上映期間中に何度観ても飽きなさそうです。ハラハラ、ドキドキ目を伏せたくなるほどの場面もありながら、やっぱり感動作品。現代のアニメ映画にはない題材と音楽が現代の人にも心に響くと思います。絶対に一生に一度は観るべき、観なきゃ損をする映画です。生きることを意味なども考えさせてくれる貴重な作品なので今後も時々映画館での放映をしてもらいたいです。
    ぱんだ(20代・女性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    あわせて見たいおススメ作品

    ここでは『もののけ姫』とあわせて、『もののけ姫』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
    松田洋治のおススメ関連作品
    田中裕子のおススメ関連作品

    これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

    ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

    映画『もののけ姫』のまとめ

    「もののけ姫」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。 「もののけ姫」を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

    超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \31日間無料トライアルキャンペーン中/

    ※無料期間中の解約で→0円。

    ※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。