「バイオハザード状態」中国での死者360人に SARSを上回る【新型コロナウイルス】

中国での死者360人になり、2003年に流行した新型肺炎「SARS」の死者数を上回りました

報道内容とネットの反応をまとめます。

あわせて読みたい

報道内容

新型のコロナウイルスの感染拡大が続く中国の保健当局は、感染して死亡した人が新たに57人増えて361人になったと発表し、2003年に流行した新型肺炎「SARS」の死者の数を上回りました。また新たに感染が確認された患者の数も2829人増えて1万7205人となりました。

中国の保健当局、国家衛生健康委員会は3日、新型のコロナウイルスに感染して死亡した人の数が2日の発表から湖北省を中心に新たに57人増えて、361人になったと発表しました。

2003年に流行した新型肺炎「SARS」の中国での死者は349人でしたが、これを上回りました。また患者の数は2829人増えて1万7205人となりました。

このうち感染拡大が最も深刻な湖北省では重体の患者が478人に上っています。

湖北省の武漢では新型のコロナウイルスに感染した患者を専門に治療する病院が完成し、2日、中国軍の医療チームに引き渡されましたが、現地では依然として医師や医療施設の数が不足していて、急増する患者への対応が喫緊の課題となっています。

 

感染者数が2829人増、死者数が57人増と感染者数、死者数とも急激に増加しています。

ネット上では、中国ではもはや正確な数字を把握できていないのでは?という声も多く、公表された数字より多いことが懸念されています。

 

今からでも、中国全土からからの入国制限を求める声も出ていますね。

 


これまで一部メディアや日本政府からも「過度の心配は不要」という公表がありましたが、こちらのコメントにあるとおり「警戒しすげて丁度いい」という意見にはものすごく賛同ですね。

今後も各自で感染拡大を防ぐべく、引き続き予防対策などしっかりやっていかないといけないですね。

あわせて読みたい

ネットの反応