紅の豚(映画)動画フル無料視聴!脱アニポ/Dailymotion/Pandora

紅の豚のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、紅の豚のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します。

\作品概要はコチラをタップ/

『紅の豚』ってどんな作品?

月刊モデルグラフィックスに連載されていた漫画『宮崎駿の雑想ノート』中の「飛行艇時代」を原作として、1992年にスタジオジブリで制作された長編アニメ映画作品です。

イタリア・アドリア海の世界恐慌の時代を舞台にしており、飛空艇を乗り回す空賊と、そいつらを相手に賞金稼ぎで生計を立てる豚の姿をした退役軍人操縦士のストーリーとなっています。

監督は宮崎駿さんで、前作の『魔女の宅急便』に続き劇場アニメ映画の興行成績日本記録を更新しました。

またジブリ作品では初めて、ヒロイン役を演じた役者本人が主題歌を歌っているのも特徴となっています。

普段は子供向けの作品が多いジブリですが、宮崎監督も「疲れて脳細胞が豆腐になった中年男のためのマンガ映画」と語るなど、子供はもちろん大人も一緒に見て欲しい作品となっています。

結論から言うと、紅の豚のフル動画を無料視聴するには、動画配信サービス『TSUTAYAディスカス/TV』の無料お試し期間を利用するのが一番おススメです!

今すぐに動画を見たい方は、TSUTAYAディスカス/TVの公式サイトをチェックしてみてください。

 

当記事では、なぜ『TSUTAYAディスカス/TV』がおススメなのか、その理由を丁寧に解説していきます。

その他にも、紅の豚のネタバレなしの簡単なあらすじキャスト・スタッフ情報感想・評価をまとめるとともに、『あわせて見たいおススメ作品』もご紹介していますので、是非参考にしてみてください♪

『紅の豚』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

結論から言うと、紅の豚の見逃しフル動画は、TSUTAYA DISCAS/TV(ツタヤディスカス/TV)で視聴するのがおススメ!

CMなし・30日間無料・フル動画で、安心、安全、快適に視聴することができます。

TSUTAYAディスカス/TVは有料のレンタルDVD宅配サービス/動画配信サービスですが、30日間の無料お試し期間あり!DVD8枚まで無料レンタルできるうえ、1,100円分のポイントで新作も見れる!

もちろん、無料トライアル期間中に解約すれば、一切料金はかかりません!

\23万本以上の作品がレンタルできる/

※無料期間中の解約で、0円。

紅の豚の動画配信状況

TSUTAYAディスカス/TVを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)10社について、「紅の豚」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
×
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
×
30日間無料
月額1780円
×
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円

2020年7月時点で、「紅の豚」の無料視聴が可能となっているのはTSUTAYAディスカス/TVのみです。

『TSUTAYAディスカス/TV』のサービス概要や特徴

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

旧作DVDなら制限なしで借り放題、しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付きなので、本来課金が必要な新作も実質0円で見れちゃいます。

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    『TSUTAYAディスカス/TV』で見れる動画コンテンツ

    「紅の豚」以外に、TSUTAYAディスカス/TVで見れる人気の動画コンテンツをご紹介します。

    TSUTAYA人気邦画・ドラマ作品
    • SPEC
    • イタズラなKiss
    • アンナチュラル
    • きみはペット
    • JIN-仁-
    TSUTAYA人気洋画作品
    • ラ・ラ・ランド
    • キングスマン
    • バイオハザード
    • メイズ・ランナー
    • マトリックス
    TSUTAYA人気アニメ作品
    • 鬼滅の刃
    • スラムダンク
    • ドラゴンボール
    • 今日から俺は!!
    • 怪盗グルーのミニオン危機一発
    ジブリ作品
    • 天空の城ラピュタ
    • となりのトトロ
    • ハウルの動く城
    • 風の谷のナウシカ
    • 借りぐらしのアリエッティ
    • 千と千尋の神隠し
    • 魔女の宅急便
    • もののけ姫
    • 風立ち
    • 耳をすませば
    • かぐや姫の物語
    • 崖の上のポニョ
    • 思い出のマーニー
    • 紅の豚
    • ルパン三世 カリオストロの白
    • ゲド戦記
    • コクリコ坂から
    • 平成狸合戦ぽんぽこ
    • 火垂るの墓
    • 海が聞こえる
    • おもひでぽろぽろ

    特に、大人気のジブリ作品は他の動画配信サービスでは配信しておらず、TSUTAYAディスカス/TVでしか見れないのも特徴のひとつ。

    これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、最新の情報はTSUTAYAディスカス/TV公式ページで確認してみてください♪

    \人気作品も豊富/

     

    『TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV』の口コミ

    「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    そんな方のために、実際に「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

    豊富な作品が見放題!

    他の動画配信サービスでは新作や話題作しか配信されていなくて、見たい作品や懐かしいアニメが無い…という事がありますが、TSUTAYA TVは旧作が豊富に揃っています。どの年代でも楽しめるので、家族の仲も深まるでしょう。無料お試し期間が30日もあるので、どれほどの魅力が詰まっているのか存分にたしかめる事が出来るのも嬉しいですね。ただ他のVODに比べるとオリジナル作品が無いのでコンテンツとしては物足りなく感じる事もあるかもしれません。
    ゆいぴぴ(20代・女性)
    詳細を見てみる

    動画時代にディスクの良さを

    最近は動画配信されている作品が多く、気軽に映画やドラマを楽しめる様になりました。
    わざわざディスクを借りて見るなんて面倒くさいと考える方もいるかもしれませんが、TSUTAYAディスカスだとかなりお得に新作、準新作を毎月最大8枚、旧作に関しては借り放題と映画好きには堪らない仕様になっている事をご存知ですか?
    流石TSUTAYAというだけあって、ラインナップも豊富。
    動画では味わえない映像特典や趣向が凝らされたメニュー画面も楽めます。
    郵便での配達となるので、その間待ちきれないという方はTSUTAYATVに合わせて加入するのがオススメ。
    毎月、TSUTAYATVとディスカス分のポイントが2000ポイント以上入るので、新作を実質無料で楽しめる他、ドラマのまとめ買いにも使用可能ですので、他のサイトでは有料のドラマも手軽に楽しめます。
    勿論、見放題作品も豊富で、新しめの作品や人気作品多数。
    映画、ドラマ好きな方にはかなりオススメのシステムだと思います。
    月に30本映画を見る私にとっては欠かせない日々の活力となっている事は間違いありません。
    無料お試しもあるので、迷っている方は是非。
    白鷺千聖(40代・女性)

    田舎暮らしの人には便利

    私は田舎暮らしをしていて、近くにCDショップやDVDを販売している店もなく車で時間をかけてお店に行かなくては行けません。またそこも商品が少ないため取り寄せ…。それからレンタルに頼るようになりました。近くにレンタルショップはあるのですが新作を沢山集めてるだけだったり、韓流ドラマのDVDばかりで見たいものも見れず。CDもほとんど取り扱っていなかったので何かいいものはないかとTSUTAYA DISCASを見つけて利用するようになりました。料金は直接借りるより高めですが、商品数も多いですし店に出向かなくていいので田舎暮らしで近くにお店が無いという人には本当にオススメです。
    ひなた(40代・女性)

    見たいものが必ずみつかる!

    韓国ドラマが好きでよく見ています。動画サービスは他にもたくさんありますが、比較的新しいものやヒットしたものはどこにでもあるものの、古いものやマニアックなものがなかなか無いんです。ある俳優さんの初期の作品が見たくて探しまわり、ツタヤディスカスでやっと見つけて見ることが出来ました。ドラマは全部見放題で見れたし、古い映画はレンタルで借りることが出来ました。レンタルもネットで申し込むとすぐに発送され、返却もポストに投函するだけなのでとっても便利でした。今まで見れなかった作品を見ることが出来て、とっても感謝しています。プランも色々あるので選べますし、ポイントもつくので見放題以外の話題の映画もついでに見ちゃいました。30日間無料お試しで、まずは試してみてることをお勧めします。
    ruchia(50代・女性)

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    映画『紅の豚』の作品情報

    基本情報

    作品名紅の豚
    原題PORCO ROSSO
    原作宮崎駿
    制作年1992年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)スタジオジブリ、東宝
    公開年(公開日)1992年7月18日
    上映時間(話数)93分
    公式サイトhttp://www.ghibli.jp/works/kurenainobuta/
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    映画『紅の豚』は、1992年に日本のスタジオジブリで制作・公開された長編アニメ作品です。

    本作は当初、原作本『宮崎駿の雑想ノート』から『突撃!アイアンポーク』のアニメ化が進められていましたが、諸事情により中止となったため代案として企画されました。

    また日本航空40周年記念での機内上映用の30分の作品として製作が開始されたのですが、制作発表の際に「宮崎作品なら」と東宝徳間書店日本テレビが製作に加わり、長編化しての劇場公開が決まりました。

    舞台は、大恐慌時代と呼ばれたイタリア・シチリア海で、飛行船を乗り回す空中海賊賞金稼ぎで生きる豚の姿をした退役軍人操縦士の物語となっています。

     

    アドリア海にひっそりと浮かぶ孤島、そこはポルコという賞金稼ぎのアジトです。

    自然広がる島の中に溜まった海水で出来た湖があり、美しい深紅の翼を持ったサボイアS.21を停泊させ、ポルコは優雅に昼寝を楽しんでいました。

    そこへ突然電話が鳴り、空賊連合の核となるマンマユート団が出たという知らせを受けます。

    しかし気の乗らないポルコが出撃を渋っていると、結構な好条件を提示された為サボイアに乗り込みその島を飛び立ちました。

    問題のマンマユート団は、観光船を襲い金品を強奪し、更には乗船していた子供たちを身代金目的で連れ去ってしまいます。

    しかし、相手はやんちゃな子供たちまったく言う事を聞かず、手を焼くマンマユート団。

    挙げ句、見張り台まで出してしまう始末。

    苦戦を強いられる中、一人の子供が深紅の飛空艇を見つけます。

    そこで先制攻撃を仕掛けようとするマンマユート団でしたが、ポルコの先を越されエンジンをやられてしまったのです。

    巧みな操縦技術で旋回し狙撃・追撃をするポルコを前に、マンマユート団の飛行艇は海にと落ちてしまいました。

    圧倒的不利な状況に諦めたマンマユート団は、子供たちを解放し強奪した金品の半分を修理代として受け取り、その場を退散したのでした。

     

    本作の原案となったのは、月刊誌『モデルグラフィックス』の連載漫画『宮崎駿の雑想ノート』「飛行艇時代」でした。

    宮崎監督の生家が航空機産業に関係しており、幼い頃から空を飛ぶことに憧れ自分の夢として描いた作品だそうです。

    本編制作中にプロデューサーである鈴木敏夫さんの製作した宣伝用予告映像は、過激な空戦シーンを中心に繋いだ戦争映画さながらだったそうです。

    本編とは全く違うイメージで作られていたため、宮崎監督は猛烈に怒ったと言います。

    また借りぐらしのアリエッティ』製作時のインタビューで、本作の続編をやりたい「題名は『ポルコ・ロッソ 最後の出撃』」と宮崎監督は語っていたので、もしかしたらこの先続編を見ることができるのかもしれませんね。

    ジブリ作品としては珍しく大人向けの内容で、個人的には本作が初めて大人の男のロマンシャンソンというものを教えてくれ、子供ながらに大人ってかっこいいものなのだと教えてくれた思い入れのある作品です。

    子供には少しだけ素敵な大人の世界を見たような気持ちに、大人にはどこか懐かしく憧れや夢を彷彿とさせるストーリーはもちろん、その世界に流れる音楽とヒロイン・ジーナの歌声は何とも言い難い懐かしくも切ない気持ちにさせてくれるはずですよ。

    キャストとスタッフ

    映画『紅の豚』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • ポルコ・ロッソ:森山周一郎
    • マダム・ジーナ:加藤登紀子
    • ピッコロおやじ:桂三枝
    • マンマユート・ボス:上條恒彦
    • フィオ・ピッコロ:岡村明美
    • ミスター・カーチス:大塚明夫
    • バアちゃん:関弘子
    詳細を見てみる

    本作の主人公・ポルコ・ロッソの声を演じたのは、森山周一郎さんです。

    この投稿をInstagramで見る

     

    ベルジネ・タレント・エージェンシー(@vergine_talent)がシェアした投稿

    森山さんは愛知県名古屋市に生まれ、小学4年生から高校卒業まで犬山市に疎開し、劇団東芸第1期研究生でした。

    そんな森山さんは俳優業もしており、刑事ドラマ『特別機動捜査隊』にセミレギュラーの刑事役で出演したり、1970年代から90年代に全盛期だった時代劇やアクション系作品では、黒幕や暴力団幹部などの重厚な悪役として活躍していました。

    また、近年は老紳士の役などで、おもむきのある演技を見せてくれています。

    声優業としては、吹替草創期から数々の洋画吹替で活躍していました。

    中でもジャン・ギャバンスペンサー・トレイシーチャールズ・ブロンソンといった、いわゆるハードボイルド系の俳優の声を多数担当しています。

    アニメでは本作のポルコ・ロッソ役も有名ですが、他にも数多くのディズニー作品でも声を演じてきました。

    森山さんは「小学校2年生からこの声です」と語っており、その特徴的な濁声がかった低い音質の声は、一度聴いたら忘れられない渋く男前な声はとても印象的ですよね。

    本作でのポルコ・ロッソ役も、どこか孤独で不器用ながらに妙味のあるクールな印象のキャラクターだけに、森山さんの声がとてもマッチしていました。

    スタッフ

    スタッフ
    • 原作・脚本・監督:宮崎駿
    • プロデューサー:鈴木敏夫
    • 音楽:久石譲
    • 主題歌:加藤登紀子
    詳細を見てみる

    本作での主題歌・エンディングを歌われヒロインであるジーナの声を演じたのは、加藤登紀子さんです。

    この投稿をInstagramで見る

     

    Tokiko Kato(@tokiko1965)がシェアした投稿

    加藤さんは、シンガーソングライター作詞家作曲家女優と幅広いジャンルで活躍されています。

    他にも城西国際大学観光学部客員教授を経て、現在は星槎大学共生科学科の客員教授でもあります。

    そんな加藤さんの代表曲と言えば1987年 「百万本のバラ」で、テレビなどでよく聞く名曲ですよね。

    本作では声優として出演しており、主題歌である「さくらんぼの実る頃」、エンディング・テーマとなる「時には昔の話を」も担当されています。

    また同年に芸術文化活動における功績に対し、フランス政府から芸術文化勲章を授与されているんですよ。

    そんな輝かしい経歴を持つ加藤さんですが、以前事件に巻き込まれたことがありました。

    それは1995年に発生した函館空港の全日空857便ハイジャック事件です。

    この時、実母やバックバンドのメンバーらと一緒に搭乗しており、16時間余りの緊張を体験したのだそうです。

    これにより当日行われるはずだった函館のコンサートの予定が中止となってしまったが、翌日苫小牧のコンサートでは元気な姿を見せたというのですから驚きですよね。

    また、このライブ終了後に加藤さん達は、ハイジャック事件の状況について記者会見に応じたんだそうです。

    事件に巻き込まれても、動揺もせず机上に舞台に立つ加藤さんのプロ根性には、すさまじいものを感じずにはいられませんよね。

    そんな加藤さんが本作で演じるジーナですが、作中でもその歌声を披露してくれています。

    フランスを代表する歌手たちに愛されたシャンソンの名曲「さくらんぼの実る頃」を、加藤さんが流暢なフランス語でしっとりと歌い上げています。

    口コミ・感想・評価

    「紅の豚」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそも紅の豚を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    大人向けのジブリ作品

    名言も飛びだした名作

    1990年前後から毎年のように発表され、発表されるごとに大ヒット興行となったジブリ映画のひとつ。スタジオジブリとしては初めてだと思われる、完全に大人をターゲットにして制作された作品。この作品の発表前まででは、ジブリ映画というよりもアニメ映画というと、子ども向け、親子連れしか行かないもの、という固定概念が強かったのが、普通の大人もアニメを見に行っても良いんだ、と捉え方が変わってきた転換の作品だったとも言えます。戦前のファシスト思想が強くなっているイタリアの、親友を亡くしたことがきっかけで豚の顔になった、天才飛行艇乗りという、よく考えると奇妙な主人公のはずですが、冒頭からまったく違和感なくすんなりとストーリーに入り込むことができます。主役のポルコロッソ役の大塚周夫さんは俳優なので演技も渋いですが、残念なのはヒロインである、歌姫でジーナ役の加藤登紀子さんで、当然ながらシャンソン部分はとても素敵ですが、俳優でもないので、声が全般的に聞き取りづらいのです。その中でも、もっとも大切な場面のひとつで、ラストシーンにつながる大切なセリフがあるのですが、何度聞き返しても分からないことが、とても残念に感じます。
    はま(30代・女性)
    詳細を見てみる

    メカ描写がマニアック

    アウトローな主人公

    この映画は宮崎駿監督自らが執筆していた漫画がベースとなっている物語で、掲載誌が模型雑誌だった為か若干、マニアックな描写がある所が面白いと思います。主人公のポルコ・ロッソはかつてイタリア空軍のエースパイロットとしてマルコ・パゴットと名乗っていましたが、現在はすでに軍を退役していて、空賊相手の賞金稼ぎとしてアウトローな生活をしています。この辺りは過去の大戦で国や人間社会に対して物凄く不信感があって、そんな社会に嫌気がさして人間との距離を取っているような素振りも見せていました。ポルコ・ロッソが豚の姿になってしまった事については物語の中で深く言及はされていませんが、もしかしたら豚に姿を変えてしまった理由はその辺りにあると思います。そんなある意味人間不信に陥ってしまったような素振りを見せているポルコ・ロッソですが、カーチスとの一戦で飛行艇を大破させてしまい、修理に訪れた工場で飛行機設計技師のフィオ・ピッコロと出会う事になりますが、最初は信用していなかったポルコ・ロッソが次第にフィオ・ピッコロの事を信頼して自分の飛行艇の設計を任せたりする描写があって、自分にも信頼できる人物がいるという所を再認識させられる描写がとても良かったと思いました。
    ブレンドン(30代・男性)

    ドタバタ感と切なさの組み合わせが最高

    可愛くて渋い豚にメロメロ

    孤高かつ異色の存在である主人公のポルコが、とにかくおちゃめで渋くてカッコ良い映画です。過去の経験から自分に呪いをかけ、豚の姿のままでいることを望んでいる彼は、自由気ままに生きているようで愛する女性から少し逃げている面もあり、完璧なヒーローではないところに親しみを感じます。そんなある種ひねくれた彼の心を、純粋でまっすぐな少女フィオと触れ合うことで少しづつと解かしていく様は、見ていてクスッと笑えるシーンも多くて楽しめます。出てくるキャラクターに根っからの悪人がおらず、どこか可愛らしさや憎めなさがあるところも素敵です。賞金稼ぎであるポルコを敵視していた空賊やカーチスも、粗野でがさつなだけの存在かと思いきや、人質にとった子供を何気に気遣ったり、フィオの言葉に感銘を受けたりする少年のような心を持っていて可愛らしいと思いました。そんな空賊やカーチスとのドタバタ劇の裏で、古くからの付き合いであるジーナとの心理戦や恋模様が丁寧に描かれていて、見ていて思わず切なくなります。お互いを思いやるがためになかなか素直になれない二人ですが、最終的には上手く結ばれたのかな?と想像させるラストシーンがおしゃれでとても好きです。
    がみも(20代・女性)

    メカ好きにはお勧めな作品!

    監督の飛行艇愛炸裂!な映画

    昔のアナログな時代の飛行機(飛行艇)のメカニカルな構造、飛び方がリアルに描かれていて、メカ好きにはたまらない珠玉の一作!です。宮崎駿といえば「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」などの冒険活劇が代名詞。しかし、この映画は、渋みのある中年のポルコロッソ(豚の顔をした主人公)が、アドリア海の海を舞台に空賊や宿敵のカーチスとの面白おかしく描いた戦いもありつつ、豚だけど渋い男の活躍を描いています。戦闘はあるけど誰も死なないので、残酷シーンは一切なし。皆が笑いつつも最後には感動する、終了後の余韻まで楽しめます。本題の機械の部分については、描写が細かく、ポルコの飛行艇のエンジン始動のプロセスが事細かく描かれており、そのシーンを見るだけでも妙にリアルに感じてしまいます。飛行艇は本来水船の延長でエンジン・翼・プロペラなどを取り付けた構造のため、普通の水上に浮く飛行機とは構造や機体の特性が異なるといった点も細かく描かれていて、なんとなく飛行機が空を飛んで凄い戦闘シーンを描くのではなく、監督がこだわる緻密な設定の延長線上にリアルに動く機体が有るといった拘りを理解することができます。作中の舞台は多分、第一次世界大戦頃だと思いますが、当時のコンピュータの補助もない人間の技術で飛行機を飛ばしているリアルさが見どころの一つ!
    Taka(40代・男性)

    人生がもうちょっと複雑なのよ、と納得するアニメです

    何度見ても楽しめるアニメです

    ジブリ作品の中でも、何度も何度も観るくらい大好きな映画です。ブタが主人公って、どうなの!?って思うでしょ?最初は、私もそうでした。奇をてらい過ぎだとキャラクター設定だと斜に構えて映画に臨みました。でも、映画を観終わるとポルコがブタで良かったと思いました。変に男前のキャラクターだったら、こんなに何度も観るほど好きになっていなかったと思います。青い海と白い砂浜、優雅なプライベートでくつろぐブタ・・・オープニングから驚かされました。森山周一郎さんの声が渋くてかっこいいのも、いいアクセントです。軽快なBGMと飛空艇のスピード感、どんどん映像に引き込まれていく辺りはさすがジブリだと思います。作品中で、ヒロインのジーナがカーチスに「ここではあなたのお国より、人生がもうちょっと複雑なの」と言うのですが、まさにこの作品を象徴していると思います。単純に飛空艇乗りの決闘アニメとして楽しむこともできますし、幼馴染の二人の長い大人の恋物語を見た気分にもなったり、魔法をかけられた王子様を人間にもどすために奮闘する女の子の童話を読むような一面も感じることができます。ブタの人生も複雑なんだと納得します。私のお気に入りのシーンは、生まれ変わった飛空艇で、ポルコがフィオを乗せてピッコロ社の工場から離陸するシーンです。飛空艇はフィオそっくりのじゃじゃ馬。狭い通路をすり抜けて船にぶつかる瞬間にテイクオフ、飛行機の事はよくわからなくてもその臨場感に手に汗握ります。ところで、フィオの恋と、ジーナの恋、結果がどうなったかご存じですか?映画のラストで、ホテルアドリアーナを上空から見下ろすシーンがあるのですが、そこでよく目を凝らして見てみてください。一瞬なので見逃し注意ですよ。色々な驚きや感動を与えてくれる、見終わったときに気持ちが軽やかになる映画です。
    にししば(40代・女性)

    飛行艇のバトルシーンがかっこいい!

    ダンディな豚がかっこいいです。

    ずっと「飛べない豚はただの豚」という台詞だと思っていましたが、初めて作品を観ると「飛ばない豚はただの豚」だったことに衝撃を受けました。台詞は有名ですが、実際に観たことがなかったのでテレビで放映された時に気になって観てみました!豚が主人公なんてどうなんだろう?と思って避けていましたが、見てよかったです!飛べる豚ものすごくかっこいいです!あの見た目なのにポルコすごくダンディです。声優の森山さんもハマり役だと思いました。声が素敵でした。豚の姿でも女性に大人気でモテるのがわかります。戦争ではないから殺しはしないというポリシーもかっこいいです。かっこいい男性の代表格だと思いました。ヒロインのジーナさんはすごく美しい女性で、女性が憧れる女性だと思います。加藤登紀子さんの歌声セクシーで素敵でした。飛行艇の描写は乗ってみたいと思いました。どうやってあんなに遠くまで飛べるんだろう?どうやって操縦してるんだろう?と、飛行艇に興味津々になってしまいました。飛行艇同士での空賊との戦いのシーンがかっこいいですし、スリル満点です!ロマンがあります!シリアスなシーンもありますが、笑いに変えてくれているので楽しく見られます。
    ふたろ(20代・女性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    あわせて見たいおススメ作品

    ここでは『紅の豚』とあわせて、『紅の豚』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
    森山周一郎のおススメ関連作品
    人気のおススメ関連作品

    これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

    ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

    映画『紅の豚』のまとめ

    紅の豚のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

    本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『TSUTAYAディスカス/TV』でしたね!

    超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    >>TSUTAYAディスカス/TVの30日間無料トライアルを試してみる<<

    ※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。