「ゾッキ」映画化!ロケ地は蒲郡!出演者やキャスト・エキストラの情報まとめ
geralt @ Pixabay

竹中直人さん山田孝之さん齊藤工さんが映画監督として、漫画家・大橋裕之氏の最高傑作とされる「ゾッキ」の映画化に挑むことがわかりました。

ちなみにこちらの作品は、俳優のピエール瀧さんの復帰作としても話題になっています。

もともとは竹中直人さんが「ゾッキ」に惚れ込んだことがきっかけで、映画化が実現したそうです。

今回は、「ゾッキ」映画化についてロケ地の蒲郡や、出演者・キャスト・エキストラなどの情報についてまとめていきます。

漫画「ゾッキ」とは?

この投稿をInstagramで見る

 

カンゼン(@kanzenstadium)がシェアした投稿


漫画「ゾッキ」は、漫画家の大橋裕之さんが、漫画家初期の頃の自費出版時代に執筆した作品です。

「ゾッキA」と「ゾッキB」という上下巻からなる短編集で、漫画家や竹中さん含む俳優さんからも高評価を得ているようです。


短編集のため、多くの作品が含まれていますが、どのように映画化されるかはまだ公表されていません。

  • 伴くん
  • 秘密
  • Winter Love
  • プロレス
  • オサムをこんなうさんくさい道場に通わせたくありません
  • 犬死くん 第1話
  • 日本
  • アルバイト
  • 光走族について
  • 風習
  • プレゼント
  • 全部燃やせ
  • 37才

漫画「ゾッキ」の作者・大橋裕之とは?

この投稿をInstagramで見る

 

minmayu 민마유(@minmayu312)がシェアした投稿

大橋裕之プロフィール
名前:大橋 裕之
生年月日:1980年1月28日(40歳)
出身:愛知県蒲郡市
職業:漫画家、俳優
公式サイト:大橋裕之の告知

漫画「ゾッキ」の作者である大橋裕之さんは1980年1月28日生まれ、愛知県蒲郡市出身の40歳です。

今回映画化される「ゾッキ」のロケ地となる愛知県蒲郡市出身ですね。

もともと漫画を週刊誌に投稿していたのですが、なかなか賞に引っかからなかったため、2005年に自費出版で漫画家活動を開始されています。

「ゾッキ」は自費出版の頃の作品になりますね。

漫画の他にも、紙芝居や映画の撮影なども行っているようです。

2016年には俳優活動を開始されており、映画『あなたを待っています』で初出演、初主演を果たしています。

「ゾッキ」映画化!ロケ地の蒲郡とは?

この投稿をInstagramで見る

 

@oo9maがシェアした投稿


ロケ地の蒲郡は愛知県蒲郡市のことで、漫画「ゾッキ」の作者である大橋裕之さんの出身地ですね。

蒲郡市は岡崎市や豊川市に隣接していて人口約8万人の都市で、市内には4つの温泉郷があるほか、マリンレジャーやテーマパークもあり、海と山に囲まれた景勝地であり、県内屈指の観光地でもあるようですね。

おススメの観光スポットとしては「竹島水族館」が人気のようです。

この投稿をInstagramで見る

 

Play with Earth(@playwithearth)がシェアした投稿


特産物としては、温暖な気候を活かしたフルーツの栽培が盛んで、特に「蒲郡みかん」の生産が全国的にも有名で、出荷量も全国屈指です。

この投稿をInstagramで見る

 

yoshimaru🇯🇵(@nomad0901)がシェアした投稿

「ゾッキ」映画化!監督が超豪華で竹中直人さん、山田孝之さん、齊藤工さん!?

今回「ゾッキ」映画化するにあたり、なんと監督が3人!?

しかも皆さん超豪華な方ばかり!

竹中直人さん

この投稿をInstagramで見る

 

ソン・ヨンソン(@dlfqhsdj125)がシェアした投稿

コメント

まさかこんなときがくるなんて…
大ファンだった大橋裕之さんの作品を映画にすることが出来るなんて…
まるで夢のようなできごと…
夢のまたゆめのようなできごと…
ぼくが感じた大橋さんの世界をどこまで映像化出来るのか…
この思いに集まって来てくれた方々と夢中になって作ります!

プロフィール

映画監督として、1991年に主演も務めた初監督作『無能の人』がヴェネチア国
際映画祭で国際批評家連盟賞、第34 回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞したほ
か、監督作・出演作で受賞多数。監督作品は『119』『東京日和』『サヨナラCOLOR』など、本作が監督8作目。

exciteニュースより引用

山田孝之さん

この投稿をInstagramで見る

 

山田孝之 むーんぽた(@moonpota_21)がシェアした投稿

コメント

初めてゾッキを読んだ時の衝撃、感動、恐怖、希望。それらを自分なりの表現で伝える。怖くもあるけどゲボが出るほど楽しみです。監督のイメージはあるものの監督をしたことがない僕ですが、竹中監督、齊藤監督と協力して心を刺激する作品に仕上げたいと思います

プロフィール

2019年に映画『デイアンドナイト』をプロデュース。16年、シンガーソングライター・TEE の「恋のはじまり」ミュージックビデオを監督、映画は本作が初監督となる。

exciteニュースより引用

齊藤工さん

この投稿をInstagramで見る

 

naho(@naho.soria)がシェアした投稿

コメント

監督陣がやや派手な門構えに見えるかも知れませんが、作品至上主義の映画人が集まっていて、大橋裕之さんの最高過ぎる原作に忠実に、かつ実写ならではの裏切りを行いたいと思っております。このプロジェクトの発起人である竹中直人さん、そして、この作品に関わるきっかけをくださった前野朋哉さんに心から感謝
致します

プロフィール

多くのショートムービー・ミュージックビデオを監督。18年、19年に監督したHBO ASIAオムニバスドラマ「TATAMI」「Life in a Box」で「Asian Academy Creative Awards」3冠受賞。18年に長編デビュー作『blank13』で第20回上海国際映画祭でアジア新人賞部門最優秀監督賞を始め8冠を獲得。本作は、本年2月公開の『COMPLY+-ANCE』に続き劇場公開長編3作目となる。

exciteニュースより引用

「ゾッキ」映画化!出演者やキャストは?

現在、監督3名以外は公表されていないようです。

公表され次第、更新しますね。

「ゾッキ」映画化!エキストラの募集は?

現在、エキストラの募集は開始していないようです。

竹中直人さん、山田孝之さん、齊藤工さん3人の豪華監督ですし、原作者である大橋裕之さんの出身地でもあるため、人気がありそうですね!

もしかするとエキストラの募集が始まるとすぐに締め切られる可能性がありますので、すぐに応募できるようアンテナを張ってないといけないですね☆

「ゾッキ」映画化!ネットの反応は?

まとめ

孤高の天才と呼ばれる漫画家・大橋裕之の最高傑作を、竹中直人さん、山田孝之さん、齊藤工さんの豪華メンバーが監督として映画化する今回の映画「ゾッキ」。

これほど興味の湧く作品はなかなかないかもしれませんね(笑)

2021年公開予定ですが、今から待ち遠しいですね!

また新しい情報が入りましたら共有させていただきますね。

 

では今回はこの辺で!

最後までお読みいただきありがとうございました!