\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「ジュラシック・パーク」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「ジュラシック・パーク」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「ジュラシック・パーク」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『ジュラシック・パーク)』ってどんな作品?

マイケル・クライトンの同名小説をスティーブン・スピルバーグ監督が実写映画化し、1993年当時興行収入世界1位の恐竜スペクタクル『ジュラシックパーク』。

前代未聞の夢の大テーマパークになる予定が、安全装置が解除され脱走した恐竜と人間たちの戦いと脱出を、当時最先端のリアルなCG映像で描いています。

主演の古生物学者アラン・グラント役は「ピアノ・レッスン」のサム・ニール、グラントの研究助手で恋人役は「マリッジ・ストーリー」でアカデミー助演女優賞を受賞ローラ・ダーンです。

監督は「ジョーズ」や「未知との遭遇」などで世界的大ヒットを記録した、ハリウッドの巨匠スティーヴン・スピルバーグが務めます。

当時最先端のCG技術を駆使した、恐竜ティラノサウルス、ヴェロキラプトルたちのリアルな動きと恐怖を、ドキドキしながら体験してみてください!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「ジュラシック・パーク」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「ジュラシック・パーク」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【1月4日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ジュラシック・パーク」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『ジュラシック・パーク』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

ジュラシック・パークの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「ジュラシック・パーク」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年7月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpHuludTVTELASAの6つのサービスで「ジュラシック・パーク」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「ジュラシック・パーク」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ジュラシック・パーク」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『ジュラシック・パーク』の作品情報

      基本情報

      作品名ジュラシック・パーク
      原題Jurassic Park
      原作
      制作年1993年
      製作国アメリカ
      制作会社(配給会社)アンブリン・エンターテインメント、ユニバーサル/UIP
      公開年(公開日)1993年7月17日
      上映時間(話数)127分
      公式サイト
      公式Twitter
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      マイケル・クライトンの同名小説をスティーブン・スピルバーグ監督が実写映画化し、1993年当時興行収入世界1位の恐竜スペクタクルジュラシックパーク』が今作品です。

      前代未聞の夢の大テーマパークになる予定が、安全装置が解除され脱走した恐竜と人間たちの戦いと脱出を、当時最先端のリアルなCG映像で描いています

       

      恐竜の白骨の採取を行う生物学者グラントと恋人の古代植物学者サトラーは、大富豪ハモンドのコスタリカ沖孤島に建設した施設に招待されます。

      そこは、最新テクノロジーによってDNAからクローン再生された恐竜たちが生息する夢のテーマパークでした。

      グラントたちは数学者マルコムやハモンドの孫であるティムとレックスたちと一緒に、コンピュータ制御された車に乗り込んで島内ツアーに出発しました。

      一行は様々な恐竜の住処を回りますが、病気のトリケラトプス以外に会うことはありませんでした。

      島に暴風雨が迫りツアーは中止となります。

      しかし思わぬトラブルが続発し、檻から解き放たれた恐竜ティラノサウルス、ヴェロキラプトルたちが彼らに襲いかかるのでした。

       

      主演の古生物学者アラン・グラント役は「ピアノ・レッスン」のサム・ニール、グラントの研究助手で恋人役は「ワイルド・アット・ハート」、「マリッジ・ストーリー」でアカデミー助演女優賞を受賞のローラ・ダーンです。

      「ザ・フライ」のジェフ・ゴールドブラム、「大脱走」のリチャード・アッテンボローが脇を固めます。

      監督は「ジョーズ」や「未知との遭遇」などで世界的大ヒットを記録したハリウッドの巨匠スティーヴン・スピルバーグが務めました。

      第66回 アカデミー賞では視覚効果賞、音響賞、音響効果編集賞受賞しています。

      スピルバーグはハワイとユニバーサル・スタジオでの実写部分撮影終了後、次作「シンドラーのリスト」の撮影を開始するためポーランドに飛んだため、盟友ジョージ・ルーカスが視覚効果、音響効果、編集などを統括しました。

      ルーカスは本作のCGを見て、映像技術的限界を理由に延期していたスター・ウォーズ新三部作の製作に取りかかります。

      スター・ウォーズ製作の大いなる参考になったのでしょうね。

      大部分の恐竜のシーンはアニマトロニクス(生物を模したロボットを使って撮影する技術)を使って製作されており、スピルバーグが特にこだわったのが原寸大のティラノサウルス・レックスのアニマトロニクスでした。

      高さ6m・重量6トンの恐竜級のアニマトロニクスを完成させましたが、重量過多で油圧システムの故障が頻繁し、数々の困難がありながらも、キャストと恐竜が絡むシーンで絶大なリアリティ効果を発揮し、CG使用シーンと共に後のSF映画に革命的な進歩をもたらしました。

      公開20周年にあたる2013年には3D版に変換され再上映、IMAX 3D版でも公開されました

      映画をもとにしたテーマエリアやアトラクション「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」が世界のユニバーサル・スタジオ・テーマパークにあり、ジュラシック・パーク体験をすることができます。

      どの年代の方も楽しむことができる究極の娯楽映画ジュラシックパーク』、公開から20年以上が経過した現在でもなお、色褪せることのない名作をお楽しみください

      キャストとスタッフ

      映画『ジュラシック・パーク』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ジョン・ハモンド:リチャード・アッテンボロー
      • アラン・グラント:サム・ニール
      • エリー・サトラー:ローラ・ダーン
      • イアン・マルコム:ジェフ・ゴールドブラム
      • アレクシス・マーフィ:アリアナ・リチャーズ
      • ティモシー・マーフィ:ジョゼフ・マゼロ
      • マルドゥーン:ボブ・ペック
      • ドナルド・ジェナロ:マーティン・フェレロ
      • デニス・ネドリー:ウェイン・ナイト
      • レイ・アーノルド:サミュエル・L・ジャクソン
      • ヘンリー・ウー:B・D・ウォン
      • ルイス・ドジスン:キャメロン・ソア
      詳細を見てみる

      主演の古生物学者アラン・グラント役サム・ニールはイギリス、北アイルランド出身です。

      この投稿をInstagramで見る

       

      Sam Neill(@just.sam.neill)がシェアした投稿


      ヴィクトリア大学ウェリントン卒業後、政府が設立した「ニュージーランド・ナショナル・フィル・ユニット」で映画監督として活動します。

      1977年に俳優デビューし、オーストラリアに拠点に「わが青春の輝き」に出演。

      それを観た英俳優ジェームズ・メイソンのサポートもあり、スクリーンテストを受けて、「オーメン 最後の闘争」でアメリカに進出して活躍します。

      1980年には、「ポゼッション」の熱演で有名になり、TV映画「ケインとアベル」などで主演しました。

      スティーブン・スピルバーグ監督、最大のヒット作『ジュラシック・パーク』と、ジェーン・カンピオン監督の「ピアノ・レッスン」は代表作です。

      1991年に大英帝国勲章、2006年にニュージーランド・メリット勲章を授与されました。

      グラントの研究助手で恋人役のローラ・ダーンはアメリカ、ロサンゼルス出身です。

      この投稿をInstagramで見る

       

      The Female Quotient®(@femalequotient)がシェアした投稿


      1973年、母親の出演作品「白熱」に出演後、リー・ストラスバーグ演劇学校で演技を学びます。

      1980年の「フォクシー・レディ」で本格的デビュー。

      マスク」でロサンゼルス映画批評家協会賞(ニュー・ジェネレーション賞)を受賞

      デビッド・リンチ監督の「ブルーベルベット」で脚光を浴び、「ワイルド・アット・ハート」では主演を務めました。

      「ランブリング・ローズ」では、自身がアカデミー主演女優賞に、母のラッドも助演女優賞にノミネートされました。

      デヴィッド・リンチ監督作品の常連女優として知られ、「インランド・エンパイア」に主演、『ジュラシック・パーク』の古植物学者役でも有名で、同シリーズの第1・3作に出演しています。

      2014年、「わたしに会うまでの1600キロ」でアカデミー助演女優賞にノミネートされました。

      近年は「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」、TVシリーズ「ツイン・ピークス The Return」、「ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏」、「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」などがあります。

      マリッジ・ストーリー」では、主人公をサポートする女性弁護士で、アカデミー助演女優賞を受賞しました。

      スタッフ

      スタッフ
      • 原作:マイケル・クライトン
      • 監督:スティーヴン・スピルバーグ
      • 製作:キャスリーン・ケネディ、ジェラルド・R・モーレン
      • 脚本:マイケル・クライトン、デヴィッド・コープ
      • 撮影:ディーン・カンディ
      • プロダクション・デザイナー:リック・カーター
      • 編集:マイケル・カーン
      • 音楽:ジョン・ウィリアムズ
      • VFX:インダストリアル・ライト&マジック、ティペット・スタジオ
      • VFXスーパーバイザー:デニス・ミューレン
      • 恐竜スーパーバイザー:フィル・ティペット
      詳細を見てみる

      監督のスティーブン・スピルバーグはアメリカ、オハイオ州出身、ハリウッドの巨匠です。

      この投稿をInstagramで見る

       

      YUUYA(@yuuya0029)がシェアした投稿


      幼い頃から8ミリカメラで自主的に映画を製作します。

      カリフォルニアに遊びに行った時、ユニバーサル・スタジオで知り合った映像保管係のスタッフに通行証を作ってもらって人脈を作り、顔パスで入れるようになって映画監督のジョン・フォードと出会います。

      カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で映画を学び、21歳のときにデニス・ホフマンと知り合い、映画製作資金を提供してもらって初作品「アンブリン」を完成させ、ユニバーサルと契約。

      1971年、「構想の死角」で監督し、1972年、TV映画「激突!」で注目され、以後「続・激突! カージャック]、「未知との遭遇」、「レイダース 失われたアーク」は次々と記録破りの大ヒット、そして「ジョーズ」と「E.T.」は世界歴代興行収入1位を記録、ハリウッド随一のヒットメーカーとなりました。

      1993年には『ジュラシック・パーク』が自身最高の世界興行収入を記録し、さらに「シンドラーのリスト」で念願のアカデミー作品賞と監督賞を受賞します。

      1994年にドリームワークスを設立。1998年に「プライベート・ライアン」で、2度目のアカデミー監督賞を受賞

      2001年に英国王室(エリザベス2世)より、ナイト爵を授与されました。

      「メン・イン・ブラック」シリーズや「トランスフォーマー」シリーズなど人気ヒット作の製作総指揮も数多く務めます。

      2005年「ミュンヘン」、「リンカーン」でもアカデミー監督賞にノミネートされました。

      2013年2月には第66回カンヌ国際映画祭の審査委員長に就任。

      2015年、大統領自由勲章を受章しました。

      口コミ・感想・評価

      「ジュラシック・パーク」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもジュラシック・パークを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      迫力満点の恐竜映画

      リアリティ高い恐竜映画

      普及の名作です。恐竜が現代に蘇るというとファンタジーっぽいのですが、大昔の蚊から採取したDNAを使うという設定は現実にできそうです。餌の中に混ぜ込んだ成分が無いと自身の身体で作り出すことはできないので死んでしまう・オスしか生まれないなど、細かい要件がリアリティを高めるのです。とはいえ隠れて卵を生む恐竜たち・ロストワールドにも繋がりますし、彼らの方が一枚上手です。下手なホラーよりも何度叫んだことやら、大迫力の映像はテレビ画面だと勿体ない・映画館でこそ観たかったものです。いずれ死に絶えるだろうということではあっても、あの世界をそのままにして島を後にしたことにはちょっと違和感を感じました。責任を持ってどうにかしてほしかったです。
      ななこ(40代・女性)
      詳細を見てみる

      恐竜映画の代表作

      こどもの頃、夢に見たジュラシックパーク

      こどもの時に映画館で初めて見た時は本当にこんなテーマパークが世界のどこかにあるのではないかとワクワクしました。主人公たちが初めてジュラシックパークに入るシーンの恐竜たちの優雅さ、音楽の壮大さは思わずわーっと声が出てしまいそうでした。さすがスティーブン・スピルバーグの監督作品だなと納得の映像です。その後恐竜たちが暴れ出すのすにこの初めの優雅なシーンが忘れられず恐竜に会ってみたい触れてみたいと映画を観終わったあとしばらく夢に見ていました。恐竜たちの動きや表情まで本当にそこにいるかのように感じられるし、何より出てくる恐竜の数も多くて、恐竜映画の代表作と言って間違いない素晴らしい作品です。トイレでT-REXに襲われるシーンがトラウマでこどもの頃はこの映画を見た後トイレに行くのが怖かったです。ジュラシックパークのロゴも最高のデザインだと思います。
      セリ(30代・女性)

      すべての人類に贈る、新時代恐竜映画の決定版

      新体系恐竜映画の幕開け

      ズバリこれほどまでリアルに恐竜が動くのかとビックリした作品です。本当に生きているのではないかと思えるくらいで、それを観るだけでも価値があると思います。また、生物学の進歩で現代に恐竜を蘇らせるストーリーでしたが、琥珀の中に残存していた恐竜のDNAを使う設定で、これは荒唐無稽ではなく現実のバイオテクノロジーでも考えられる話ですので、その点でもリアルで想像が膨らみました。変わった数学者やどこか懐かしさを感じさせる古生物学者など、キャラクターのパーティも魅力的であり、恐竜に食われてしまう悪役、寸前のところで助かる子役など、ハラハラドキドキしながらもどこか安心できる展開ですので、カタルシスが十分に味わえました。新時代の恐竜映画の雛形となって、永遠に語り継がれる作品だろうと思います。
      マッキー44(40代・男性)

      子供から大人まで、誰でも楽しめる映画。

      リアルすぎる恐竜に驚き!!

      1993年にスティーブンスピルバーグ監督によって製作され、コンピューターグラフィックスやアニマトロニクスの技術を駆使し作り出された恐竜は、本物ではないかと錯覚させられるほどの完成度で、当時はかなりの衝撃を受けました。琥珀に残っていたDNAから恐竜を蘇らせ(この設定を思いつくのがすごいですね)恐竜たちとの触れ合いもできるテーマパークを作るという恐竜ファンならずとも一度は訪れてみたいと思わせるワクワク感ある前半と、その後のアクシデントで、解き放たれた肉食系恐竜から次々に襲われ、追い詰められていく人間たちのハラハラ感満載の後半の設定が秀逸です。遺伝子操作や、作り出したものを制御できない人間の無力さも描かれていて、何度見ても面白い作品になっています。
      okanoko(50代・女性)

      スリルと映像による感動が味わえる作品

      恐竜が大迫力

      まずこの頃から恐竜が昔の特撮映画の様なぬいぐるみではない、CGで描かれる様になってきたので結構リアルでございます。リアルなティラノサウルス達が動き回るのは迫力がありそれだけで楽しめます。ストーリーは本物の恐竜を見せ物にするテーマパークがある島から恐竜が逃げだして、人間達がその島から逃げるという単純なストーリーで分かりやすいです。ジョーズを思い出させるスピルバーグらしい追い詰められるハラハラ感がありますね。今回はジョーズより大きい恐竜なのでさらに恐怖が増しております。とはいえこの映画は1993年に作られた映画なので、アバターやジュラシックワールドなど現代のCGのクオリティーに見慣れた人は映像の面で若干物足りないかもしれません。
      のさ(40代・男性)

      カッコいい

      地球の始まり

      恐竜を題材にして、壮大なスケールで描かれた一本です。恐竜好きな方にはもちろん、そうで方でない型にもじゅうぶん楽しめる作品だと思います。怖さやファンタジー、また地球の創世記なども勉強できる一本ではないでしょうか?観ていて自然と引き込まれ、その圧倒的なスケールに見事にはまってしまいました。よく良い作品ほど視聴時間はあっという間、といいますが、その言葉がこれほど合う作品も少ないのでは?と思います。知らず知らずのうちに、恐竜マニアになり気づけば本屋さんで恐竜の辞典を購入するほどの恐竜マニアになっていました。またテーマパークでもアトラクションになるなど、その人気はとどまるところを知りません。ぜひお薦めしたい一本です。
      たか(50代・男性)

      家族みんなで楽しめる、アドベンチャー映画です

      20年以上前の作品とは思えない映像のすごさと迫力

      SF作家・脚本家であるマイケル・クライトンの同名小説をスピルバーグ監督が見事に映画化した作品です。この映画の脚本がさすがだなぁと思うところは、中盤あたりまで恐竜の全体像を目にすることができません。恐竜を楽しみにしている観客をじらしてじらして、そして突然現れるブラキオサウルス。その大きさとリアリティに、主人公のグラント博士と同じく、感動のあまり胸が熱くなります。スピルバーグ監督は本当に恐竜を再生したのか!?と思うほどにその映像に圧倒されます。しかし、感動するのもつかの間、凶暴性なティラノサウルスや、ヴェロキラプトルに追い回され、恐れおののくことになります。映画の後半は肉食恐竜から逃げ回る怒涛の展開になります。ビジターセンターで、脚立を使って天井裏に逃げるシーンでは、私も思わずのけ反ってしまいました。私個人としては、この映画の中でマルカム博士がとても良いアクセントになっていると思います。シニカルなセリフや人を小馬鹿にした行動など、なかなかにいい味出してます。劇中で、「生命とは決して他に抑え込まれたりはしない。苦痛を舐め、危険を冒しても自らの領域を広げていく」と言うマルカム博士のセリフこそが、シリーズ映画のコンセプトになっていると思います。恐竜が好きな人も嫌いな人もぜひ見てもらいたいです。家族で楽しめる映画です。
      にししば(40代・女性)

      ハラハラドキドキの、最高の恐竜映画

      流石のスピルバーグ監督作品

      恐竜映画といえばこれでしょ、と思うほど、物語も映像も壮大で、エンターテインメント性にあふれた作品です。科学技術によって、現代に恐竜を蘇らせるという設定がまずすごいと感じます。想像でしかなかった恐竜の存在が、自然の中で悠々自適に生きている姿には、主人公たちと同じくらい感動させられます。草食恐竜たちは巨大でもなんとなく安心感があるのですが、怖いのは肉食恐竜です。特に、パークのシステムがダウンしてしまってからは、最も恐ろしい存在として登場してきます。登場人物が食べられてしまうシーンは、正直トラウマになるレベルでした。車に取り残されてしまった子供たちが容赦なく襲われる場面も、見ていて生きた心地がしないほどです。リアリティに溢れているからこそ、自然をコントロールしようとする人間の傲慢さを突きつけられているようにも思いました。スピルバーグ監督の発想や映画撮影の技術が、最大限に活かされていると思います。
      りんご飴(20代・女性)

      誰がみても最高!絶対楽しめる作品

      最高の恐竜映画

      続編がいくつか出ていますが、このジュラシックパーク1の出来が最高すぎます。生物学者である主人公の博士が、ジュラシックパークで初めて恐竜達にあった時の驚きと感動のシーン。大きな恐竜が登場し、音楽がそれを盛り上げてくる興奮は忘れられません。作中では主人公と一緒に行動を共にする子ども達が、恐竜から逃げ回るのですが、子どもが恐怖に怯えたり泣き叫んだりすることで、こちらにも強く恐怖感が伝わってきます。子ども達だけで恐竜から隠れんぼしながら逃げようとするシーンは、恐竜の爪がカチャカチャいう音や息遣いなどが伝わってきて、何度見てもハラハラする出来になっています。現代のフルCG作品とくらべても、演出や音楽が素晴らしいので今見ても充分楽しめます。
      イワサキ(30代・女性)

      迫力が凄すぎて目が離せない作品

      ティラノサウルスかっこいい!

      恐竜の図鑑を毎日のように眺めてすごした私にとっては夢のようなストーリーです。ただ単に恐竜を復活させた!というお話ではなく、“琥珀の中の蚊が吸った恐竜の血”からDNA操作で復活させるという、未来で実現可能になりそうな設定がまた良いなと思いました。私は恐竜の中でもトリケラトプスとティラノサウルスが好きなのですが、ばっちり登場しました。ティラノサウルスに追いかけられるシーンは本当に迫力満点で、目が離せませんでした。人を襲っていたティラノサウルスですが、最後にヴェロキラプトルから主人公たちを助ける形となり、ホッとしたのと同時に、やっぱりティラノサウルスはカッコいいと思いました。恐竜の良さだけでなく、人間の技術への過信も浮き彫りとなっていた作品で、人工操作で性別を操作し、自然繁殖ができないようにしていましたが、カエルのDNAにより勝手に自然繁殖をしていたという内容があります。自然の摂理について考えさせられましたし、人間が滅んだ種を復活させるということは本当にしていいものなのだろうかと考えさせられました。中学生の頃に初めてこの映画を見たのですが、恐竜の復活は映画の中だけに留めて欲しいと思ったことを覚えています。それほど迫力もあり、子どもの頃には現実味もあるストーリーで面白かったです。
      ゆんやん(20代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『ジュラシック・パーク』とあわせて、『ジュラシック・パーク』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      ジェフ・ゴールドブラムのおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『ジュラシック・パーク』のまとめ

      「ジュラシック・パーク」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「ジュラシック・パーク」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【1月4日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。