\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「ラストレター」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「ラストレター」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「ラストレター」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『ラストレター』ってどんな作品?

「Love Letter」・「スワロウテイル」の岩井俊二監督が、原作・脚本・共同製作・編集・主題歌の作詞を担当し、2020年1月17日に公開された作品です。

岩井監督の故郷でもある宮城県を舞台に、手紙の行き違いから始まった2つの世代の恋愛模様と、心の再生・成長が描かれたラブストーリーです。

主人公・岸辺野裕里役を松たか子さん、未咲の娘の鮎美役と高校生時代の未咲役を広瀬すずさんがそれぞれ演じています。

他にも鏡史郎役を福山雅治さんが、高校生時代の鏡史郎役を神木隆之介さんが演じていたり、裕里の夫・宗二郎役として新世紀エヴァンゲリオンの監督で有名な庵野秀明さんが登場しており、豪華な俳優陣も話題にもなりました。

今だからこそあえての手紙でのやり取りは、その人の思いが伝わるものもあり、手紙だからこそ生じてしまう行き違いのもどかしさもある中で、最後には温かな気持ちが残るそんな作品となっています。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「ラストレター」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「ラストレター」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【12月23日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ラストレター」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『ラストレター』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

ラストレターの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「ラストレター」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年7月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpの3つのサービスで「ラストレター」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「ラストレター」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ラストレター」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『ラストレター』の作品情報

      基本情報

      作品名ラストレター
      原題
      原作岩井俊二
      制作年2020年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)東宝
      公開年(公開日)2020年1月17日
      上映時間(話数)121分
      公式サイトhttps://last-letter-movie.jp/
      公式Twitterhttps://twitter.com/lastletter0117
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/lastletter0117/?ref=py_c
      公式Instagramhttps://www.instagram.com/lastletter0117/
      主題歌

      あらすじ

      映画『ラストレター』は、2020年1月17日に公開された作品です。

      監督・原作・脚本・共同製作・編集・主題歌の作詞の全てを岩井俊二さんが担当しており、作品と舞台になったのも岩井監督の故郷である宮崎となっています。

      本作は、ある夏休みの間に起きた出来事で、2つの世代を超えた手紙をめぐる物語です。

      主人公がスマホを夫に壊されてしまい手紙を書くしかなくなるという設定で、そこから手紙を通して2つの世代恋愛模様から心の再生・成長が描かれていく作品となっています。

       

      7月、岸辺野裕里の仙台にある実家の遠野家では、裕里の姉である遠野未咲の葬儀が執り行われていました。

      未咲の死因は、世間的には病死とされていましたが、実のとこ自殺。

      だからこそ娘である鮎美は、母からの遺書を開封できずにいます。

      弔い後、息子の瑛斗と裕里は自宅へ帰えることにしました。

      しかし従妹の颯香は、夏休みだからということで実家に残ることになります。

      その帰り際、鮎美から母宛に同窓会のお知らせが来てると裕里は相談され、連絡しておくからとそれを持ち帰りました。

      姉の未咲は、7月に亡くなったと直接知らせるために高校時代の同窓会へと裕里は足を運びます。

      姉はマドンナ的存在だったためか、会場で裕里は姉と間違われてしまい、姉の死を切り出せずにそのまま姉の振りをしたまま、会場を後にしようとしていた時に声を掛けてきたのが、かつて裕里自身が憧れていた乙坂鏡史郎だったのです。

      そんな乙坂の誘いを振り切り、連絡先だけを好感した裕里。

      スマホで何回かメールのやり取りをしていたのですが、それを夫である宗二郎に見つかってしまい不倫を疑われてしまいます。

      そして怒った宗二郎は、裕里のスマホを壊してしまったのでした。

       

      冒頭でも触れたとおり、本作の主題歌の作詞も岩井監督が努めています。

      本作の主題歌を決める際に、多くのアーティストが候補として挙がっていました。

      しかし撮影中にカラオケで歌っていた森七菜さんの歌声を聞いた岩井監督が、”試しに”と歌ってもらったところ、本作のイメージと合うという事で、そのまま主題歌に抜擢されることとなったそうです。

      規格・プロデュースの川村元気さんいわく、「少年と少女の間をたゆたうようなフレッシュさと、他にはない力強さがあった」と語っていました。

      また当初よりこの映画から「どのような音楽が生まれるのか」を岩井監督と話し合っていたことから、岩井監督が歌詞を、音楽を担当している小林さんが作曲をする事に決まったと言います。

      この作品のために作られた音楽であり、詞である主題歌の「カエルノウタ」。

      どこか切なくストーリーを思わせる、優しい歌声とメロディと詞は、まさに本作のための曲と言える温かい曲となっていますので、ストーリーと合わせてぜ堪能してください。

      キャストとスタッフ

      映画『ラストレター』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 岸辺野裕里:松たか子
      • 遠野鮎美/遠野未咲(高校生時代):広瀬すず
      • 岸辺野宗二郎:庵野秀明
      • 岸辺野颯香/遠野裕里(高校生時代):森七菜
      • 波戸場正三:小室等
      • 岸辺野昭子:水越けいこ
      • 遠野純子:木内みどり
      • 遠野幸吉:鈴木慶一
      • 阿藤陽市:豊川悦司
      • サカエ:中山美穂
      • 岸辺野瑛斗:降谷凪
      • 郵便局員:矢部太郎
      • 乙坂鏡史郎(高校生時代):神木隆之介
      • 乙坂鏡史郎:福山雅治
      詳細を見てみる

      本作の主人公・岸辺野裕里役を演じたのは、松たか子さんです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      naoto hayasaka | 早坂直人(@naotografie)がシェアした投稿

      日本舞踊松本流名取の初代 松本 幸華の名も持つ松たか子さん。

      歌舞伎や新派、松本幸四郎さんが主演するミュージカルにも出演しており、蜷川幸雄さん演出『ハムレット』で初めて外部の舞台を経験しました。

      また野田秀樹さん串田和美さんなどの作品では、主役に抜擢

      そんな松さんは21歳の時の舞台『天涯の花』で、新橋演舞場史上最年少座長という記録を持っています。

      また1997年に歌手としてデビューしており、音楽プロデューサーの日向大介さんの第一印象は「ピアノが下手なプロより上手で、純粋な音楽家になれる素質があった」と賛辞していました。

      『第48回NHK紅白歌合戦』には今度は歌手として出場を果たし、女優業と並行しながら、ミュージシャンとしての精力的に活動をしています。

      松さんは2020年に、米映画界最大の祭典「第92回アカデミー賞授賞式」で、歌曲賞にノミネートされ、「アナと雪の女王2」の楽曲である「イントゥ・ジ・アンノウン」を各国のエルサ役の声優たちと共に、日本人として初めて歌唱しており、公の場での披露も今回が初めてでした。

      また2020年9月25日に公開が予定されていた『峠 最後のサムライ』で、おすが役を演じているのですが、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまったのが残念です。

      公開さされる日が、待ち遠しくて仕方がありませんね。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:岩井俊二
      • 原作:岩井俊二
      • 脚本:岩井俊二
      • 製作:市川南
      • 共同製作:岩井俊二、千葉伸大、杉田成道、村松俊亮、宮崎伸夫、広田勝己、森田圭、舛田淳、長谷川晋一、永田勝美、吉川英作、林誠、石垣裕之、田中祐介
      • エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
      • 企画:川村元気
      • プロデュース:川村元気
      • プロデューサー:水野昌、臼井真之介
      • 撮影監督:神戸千木
      • 美術:都築雄二、倉本愛子
      • スタイリスト:申谷弘美
      • 編集:岩井俊二
      • 音楽:小林武史
      • 主題歌:森七菜
      • 主題歌(作詞):岩井俊二
      • 主題歌(作曲):小林武史
      • キャスティング:田端利江
      • プロダクション統括:佐藤毅
      詳細を見てみる

      本作の原作・脚本・監督を務めたのは、岩井俊二さんです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      J-WAVE SEASONS(@seasons813)がシェアした投稿

      岩井監督は、学生の時から小説家を目指していたと言います。

      そのため、美術学科に入ったというのも、その道に影響すればいいと思ったからなのだそうです。

      あくまでも趣味で絵を描いており、マンガの持ち込みなどもしていたと言います。

      横浜国立大学教育学部美術学科卒ではあるのですが、卒業前になっても就職活動はせず映像関係の仕事につくために、とにかくアルバイトをしながら人脈を広げていったそうです。

      そんな岩井監督は、大学時代から自主映画を撮り始めていたそうで、映像に対する思いの深さを感じずにはいられませんよね。

      そして1991年にはTVドラマ「見知らぬ我が子」の演出でプロデビューをしています。

      そこからも順調で、1993年のテレビドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見る?」は、日本映画監督協会の新人賞を受賞しており、1995年には劇場での公開もされました。

      またベルリン国際映画祭で「Undo]がNETPAC賞を受賞、その後公開された「Love Letter」も日本だけでなく韓国をはじめとするアジアで大ヒットすることとなります。

      他にもインタネット上で展開した自身の小説「リリィ・シュシュのすべて」を映画化し、Webで配信されていた短編を基に制作された「花とアリス」など、国内外で高い評価をされてきました。

      最近では、オニバス映画である『ニューヨク、アイラブユー』の一編や、公開時期未定ではありますが海外制作の『Vampire』の制作も行っています。

      また、映画監督だけでなくプロデューサーとしても活躍をしており、次はどんな作品を生み出してくれるのかとても楽しみですね。

      口コミ・感想・評価

      「ラストレター」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもラストレターを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      究極にロマンチックなラブストーリー

      ロマンチックそのもの

      岩井監督の映画には、ロマンチック部門とグロテスク部門があると感じているのですが、今作は完全に前者でした。機械を通して意思疎通するこの時代に、手紙を綴ることや文通をする古風さと、登場人物の青春時代の初々しい恋愛模様が、自分の遠い記憶の片隅に響いてきます。特に美咲、裕里、鏡史郎の高校時代の三角関係は、甘い想いあれば苦い想いもあって、自分の10代当時を思わず重ねてしまうリアルさがありました。自分は完全に片想いに終わった裕里派の立場の人間ではありますが、鏡史郎が美咲にほの字になるシーンがあまりにもまばゆくて、彼の気持ちが乗り移ったかのように共感してしまいました。映画史に残る名シーンのひとつだと思います。岩井監督が繰り出すとびきりのロマンチックなストーリーが好きな方には、ドンピシャの作品ではないでしょうか。
      くれこ(40代・ 女性)
      詳細を見てみる

      最後の手紙に込められた初恋の話。

      2役がすごい。

      広瀬すずと、森七奈が、子供役と松たか子らの若い頃の2役を演じているのですが、顔は一緒だけど違う人にきちんと見えました。さすがだと思います。最初、姉の同窓会に姉と勘違いされて出席という話がありましたが、そんなことあるかなと思います。いくら姉妹でも顔が違うだろうだし、それなら双子設定で良かったんじゃないかなって感じです。今の時代に手紙というのもいいなと思いますし、全体的に優しい雰囲気のある映画でした。役者は先ほど述べた若手陣はもちろん、ベテラン勢もよかったです。松たか子さんは出ているだけで目を惹きつけられますね。庵野監督がまた出ていましたが、それはどうなんでしょうか。もう監督なんだし、わざわざ彼にする意味がわからないなと思いました。
      マイ3(30代・ 女性)

      不思議なストーリーラインであぶりだされる役者の本質が見どころの異色作。

      悪意とピュアと強かさとが並存する岩井俊二ワールド

      悪意とピュアと強かさとが混ざりあわずに並存している不思議かつリアルなテイスト。岩井俊二作品は初めてですがこれが作風なのでしょうかね?(アニメ映画の『打ち上げ花火』は観ましたが共通点が感じられたので)。福山雅治という役者がもしかして類い稀な存在なのではないか?とも感じる。福山雅治が演じているということは間違いないのだが、しかし、作品毎に全く雰囲気を違えてくるというこの不思議な演技の質はなんなのだ?。「いつでもどこでも同じ」という役者さんはよくいるけれど、これは滅多にお目にかかれない種類のものではないだろうか?。 松たか子のふてぶてしさ、広瀬すずの凛として咲く花の如き佇まい、森七菜の幼ならしさ等々、女優陣も見応えたっぷりです。
      ムネ(40代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『ラストレター』とあわせて、『ラストレター』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      岩井俊二のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『ラストレター』のまとめ

      「ラストレター」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「ラストレター」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【12月23日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。