\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円

>>無料で今すぐ「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『ドラえもん のび太の恐竜2006』ってどんな作品?

この映画は、1980年に公開された「のび太の恐竜」を完全リメイクした作品です。

旧声優陣による、映画ドラえもんシリーズ1作目の「のび太の恐竜」から、26年の時を経て新たなスタッフと新しい声優陣によって、再びスクリーンに帰ってきました。

テレビシリーズが第2期にリニューアルして以降、初めて製作された作品で、2年ぶりの映画だったのにも関わらず、興行収入32憶8000万円とシリーズでも上位にランクインする結果を残しました。

ドラえもんシリーズが海外へ広まることの先駆けとなった作品でもあり、中国では初めて公開された日本のアニメ映画作品となりました。

ドラえもんファンなら見逃してはならない、傑作のひとつです。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」のフル動画を見るならTSUTAYAディスカス/TVがおススメ!

TSUTAYAディスカス/TVでは30日間無料トライアル1100ポイントプレゼント実施中!

本来月額2417円の有料サービスですが、上記キャンペーンを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【12月26日】まで無料!/

『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

映画ドラえもん のび太の恐竜2006の動画配信状況

TSUTAYAディスカス/TVを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
×
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
×
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年7月時点で、TSUTAYAディスカス/TVAmazonプライムTELASAの3つのサービスで「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」の無料視聴が可能です。

この中でも30日間無料トライアルキャンペーンがあり、見放題作品数が豊富TSUTAYAディスカス/TVがおススメ。

「TSUTAYAディスカス/TVって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

『TSUTAYAディスカス/TV』のサービス概要や特徴

TSUTAYAディスカスTV公式サイト

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップクラスの30日間無料でお試しできます。

旧作DVDなら制限なしで借り放題、しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付きなので、本来課金が必要な新作も実質0円で見れちゃいます。

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な見放題作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    デメリットとしては、DVDレンタルの場合は配送時間がかかってしまいますが、北海道・九州を除き翌日の配達率が98%以上なので、「今すぐに見たい!」という方以外は問題なさそうです。

    また、30日間の無料期間中は「TSUTAYAディスカス」では新作DVDのレンタルができませんが、「TSUTAYA TV」で配信されていればタダでもらえる1100ポイントを利用して実質0円で見れるので、上手くデメリットが補われている印象ですね。

    いずれにしても、業界トップクラスの30日間の無料期間があり、好きな時に解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

     

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    『TSUTAYAディスカス/TV』で見れる動画コンテンツ

    「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」以外に、TSUTAYAディスカス/TVで見れる人気の動画コンテンツをご紹介します。

    TSUTAYA人気邦画・ドラマ作品
    • SPEC
    • イタズラなKiss
    • アンナチュラル
    • きみはペット
    • JIN-仁-
    TSUTAYA人気洋画作品
    • ラ・ラ・ランド
    • キングスマン
    • バイオハザード
    • メイズ・ランナー
    • マトリックス
    TSUTAYA人気アニメ作品
    • 鬼滅の刃
    • スラムダンク
    • ドラゴンボール
    • 今日から俺は!!
    • 怪盗グルーのミニオン危機一発

    特に、大人気のジブリ作品は他の動画配信サービスでは配信しておらず、TSUTAYAディスカス/TVでしか見れないのも特徴のひとつ。

    これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、最新の情報はTSUTAYAディスカス/TVで確認してみてください♪

    \人気作品も豊富/

     

    『TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV』の口コミ

    「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    そんな方のために、実際に「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

    豊富な作品が見放題!

    他の動画配信サービスでは新作や話題作しか配信されていなくて、見たい作品や懐かしいアニメが無い…という事がありますが、TSUTAYA TVは旧作が豊富に揃っています。どの年代でも楽しめるので、家族の仲も深まるでしょう。無料お試し期間が30日もあるので、どれほどの魅力が詰まっているのか存分にたしかめる事が出来るのも嬉しいですね。ただ他のVODに比べるとオリジナル作品が無いのでコンテンツとしては物足りなく感じる事もあるかもしれません。
    ゆいぴぴ(20代・女性)
    詳細を見てみる

    動画時代にディスクの良さを

    最近は動画配信されている作品が多く、気軽に映画やドラマを楽しめる様になりました。
    わざわざディスクを借りて見るなんて面倒くさいと考える方もいるかもしれませんが、TSUTAYAディスカスだとかなりお得に新作、準新作を毎月最大8枚、旧作に関しては借り放題と映画好きには堪らない仕様になっている事をご存知ですか?
    流石TSUTAYAというだけあって、ラインナップも豊富。
    動画では味わえない映像特典や趣向が凝らされたメニュー画面も楽めます。
    郵便での配達となるので、その間待ちきれないという方はTSUTAYATVに合わせて加入するのがオススメ。
    毎月、TSUTAYATVとディスカス分のポイントが2000ポイント以上入るので、新作を実質無料で楽しめる他、ドラマのまとめ買いにも使用可能ですので、他のサイトでは有料のドラマも手軽に楽しめます。
    勿論、見放題作品も豊富で、新しめの作品や人気作品多数。
    映画、ドラマ好きな方にはかなりオススメのシステムだと思います。
    月に30本映画を見る私にとっては欠かせない日々の活力となっている事は間違いありません。
    無料お試しもあるので、迷っている方は是非。
    白鷺千聖(40代・女性)

    田舎暮らしの人には便利

    私は田舎暮らしをしていて、近くにCDショップやDVDを販売している店もなく車で時間をかけてお店に行かなくては行けません。またそこも商品が少ないため取り寄せ…。それからレンタルに頼るようになりました。近くにレンタルショップはあるのですが新作を沢山集めてるだけだったり、韓流ドラマのDVDばかりで見たいものも見れず。CDもほとんど取り扱っていなかったので何かいいものはないかとTSUTAYA DISCASを見つけて利用するようになりました。料金は直接借りるより高めですが、商品数も多いですし店に出向かなくていいので田舎暮らしで近くにお店が無いという人には本当にオススメです。
    ひなた(40代・女性)

    見たいものが必ずみつかる!

    韓国ドラマが好きでよく見ています。動画サービスは他にもたくさんありますが、比較的新しいものやヒットしたものはどこにでもあるものの、古いものやマニアックなものがなかなか無いんです。ある俳優さんの初期の作品が見たくて探しまわり、ツタヤディスカスでやっと見つけて見ることが出来ました。ドラマは全部見放題で見れたし、古い映画はレンタルで借りることが出来ました。レンタルもネットで申し込むとすぐに発送され、返却もポストに投函するだけなのでとっても便利でした。今まで見れなかった作品を見ることが出来て、とっても感謝しています。プランも色々あるので選べますし、ポイントもつくので見放題以外の話題の映画もついでに見ちゃいました。30日間無料お試しで、まずは試してみてることをお勧めします。
    ruchia(50代・女性)

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』の作品情報

    基本情報

    作品名映画ドラえもん のび太の恐竜2006
    原題Doraemon and the Little Dinosaur
    原作藤子・F・不二雄
    制作年2006年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)シンエイ動画、東宝
    公開年(公開日)2006年3月4日
    上映時間(話数)106分
    公式サイトhttps://doraeiga.com/2006/
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    この映画は、1980年に公開された「のび太の恐竜」を完全リメイクした作品です。

    旧声優陣による、映画ドラえもんシリーズ1作目の「のび太の恐竜」から、26年の時を経て新たなスタッフと新しい声優陣によって、再びスクリーンに帰ってきました。

    テレビシリーズが第2期にリニューアルして以降、初めて製作された作品で、2年ぶりの映画だったのにも関わらず、興行収入32憶8000万円とシリーズでも上位にランクインする結果を残しました。

     

    ある日、スネ夫は白亜紀に生息したと言われるティラノサウルスの爪の化石をジャイアンやしずかちゃんに見せました。

    のび太もそこにいましたが、スネ夫にいじわるされて手に取ることができず、怒ったのび太はやけになって恐竜まるごとの化石を見つけると豪語して家に帰ります。

    当然、恐竜のあてなんてなかったのび太は、家に帰って早速ドラえもんに泣きつきました。しかし、ドラえもんは日本にはティラノサウルスがいなかったことを伝え、たしなめました。

    諦めたのび太は、「化石の研究」という本を読み、わからないなりに自分で勉強を始め、ドラえもんもそれを見守ります。

    化石は古い地層から出てくるということを知ったのび太は、近所のガケを掘り進めていました。

    しかし、堀った土が近隣住民の迷惑になっていたことが判明し、そのお詫びとしてごみを捨てるための穴を掘ることにしました。

    そこを掘っていると、のび太は茶色く重たい物質を見つけます。

    これが恐竜の卵だと思ったのび太は、「タイムふろしき」を使って1億年前までさかのぼってみると現れたのは卵でした。

    のび太は布団でくるみ、ふ化を試みます。明け方、その卵のふ化に成功し、何とそこから出てきたのはフタバスズキリュウという恐竜だったのです。

    のび太はその恐竜をピー助と名付け可愛がることにしました。

    ピー助との出会いは、やがて大きな物語へとつながっていくのでした。

     

    のび太が恐竜の卵を見つけ、育てるという過去作品のリメイク作品ですが、声優が変わりストーリーもグレードアップされて、昔の映画を観たことがある人でも新鮮な気持ちで見ることができます。

    ドラえもん映画の中でも、今作はのび太の成長物語にフォーカスを当てている作品で、ピース助との絆は心が温かくなります。

    また、ジャイアンは映画になると優しくなることで有名ですが、今作も例にもれず彼の優しさがにじみ出ているので、ぜひ本編で堪能してもらいたいです。

    ドラえもんファンはもちろん、初めてドラえもん映画に触れる子供にもおすすめできる名作の一つです。

    キャストとスタッフ

    映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • ドラえもん:水田わさび
    • のび太:大原めぐみ
    • ジャイアン:木村昴
    • スネ夫:関智一
    • しずか:かかずゆみ
    • ピー助:神木隆之介
    • ママ:三石琴乃
    • パパ:松本保典
    • スネ夫のママ:高山みなみ
    • タイムパトロール隊員A:大橋卓弥
    • タイムパトロール隊員B:常田真太郎
    • おやじ/主婦A/リサイクル業者/レポーター/タイムパトロール長官:劇団ひとり
    • ドルマンスタイン:内海賢二
    • 黒マスク:船越英一郎
    詳細を見てみる

    ドラえもんの声を演じたのは、水田わさびさんです。

    この投稿をInstagramで見る

     

    《公式》坂本美雨のディアフレンズ(@dearfriends80)がシェアした投稿

    高校卒業後に、劇団すごろくでの舞台女優を経て、1996年に声優としてデビューしました。

    過去にジャイアン役をしていたたてかべ和也さんに勧められて応募したドラえもん声優オーディションに合格し、2005年に元祖ドラえもんの声を務めた大山のぶ代さんと交代しました。

    当時はドラえもんの新しい声に馴染めないファンが多く、苦悩や葛藤があったという水田わさびさん、粘り強く演じ続けた結果、今や「この声こそドラえもん!」というほどに定着していますね。

    水田わさびさんと言えばドラえもんが有名ですが、そのほかに「Yes!プリキュア5GoGo!」や「ONE PIECE」などの人気アニメ作品にも多数出演している声優さんです。

     

    今作で登場する恐竜のピー助を演じたのは、俳優の神木隆之介さんです。

    この投稿をInstagramで見る

     

    Ryunosuke Kamiki fan(@amuse_0519)がシェアした投稿

    CMの出演をきっかけに芸能界に入り、1999年にテレビドラマ「グッドニュース」で俳優デビューを果たしました。

    その後、様々なドラマや映画に出演し、神木さんの代表作に「桐島、部活やめるってよ」(2012年)や「バクマン。」(2015年)があります。

    俳優として有名な神木さんですが、2001年の「千と千尋の神隠し」で坊役を務めたことを皮切りに、「サマーウォーズ」(2009年)の小磯健二役や「君の名は。」(2016年)の立川瀧役を演じるなど数々のアニメ映画に引っ張りだこの声優さんでもあります。

    スタッフ

    スタッフ
    • 総監督:楠葉宏三
    • 監督:渡辺歩
    • 原作:藤子・F・不二雄
    • 脚本:渡辺歩、楠葉宏三
    • 作画監督:小西賢一
    • 美術監督:西田稔
    • CG監督:木船徳光
    • 撮影監督:熊谷正弘
    • 編集:岡安肇
    • 録音監督:田中章喜
    • 効果:糸川幸良
    • 音楽:沢田完
    • 主題歌:スキマスイッチ、夏川りみ
    詳細を見てみる

    「ドラえもん のび太の恐竜2006」の監督は、渡辺歩さんです。(写真左)

    1986年にスタジオメイツに入社し、1978年のテレビアニメ「ドラえもん」の動画制作に携わったことで、映画「ドラえもん」の原画・作画監督としての活動をスタートさせました。

    その後、1988年の「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」から、2009年の「ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」まで長きにわたり一貫してドラえもんの映画作品を手がけました。

    ドラえもんで有名な監督ですが、そのほか「恋は雨上がりのように」(2018年)や「メジャーセカンド」(2018年)など話題作の監督も務めており、アニメ界で知らない人のいない監督さんです。

     

    「ドラえもん」は、藤子・F・不二雄さんが原作者の国民的人気のSF漫画作品です。

    この投稿をInstagramで見る

     

    川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(@fujikomuseum)がシェアした投稿

    単行本は全46巻で、テレビアニメだけでなく舞台化なども行われ、日本以外では東アジアや東南アジアで圧倒的人気を誇る漫画作品です。

    日本漫画家協会賞や小学館漫画賞、そして1997年に手塚治虫文化賞を受賞するなどの快挙を成し遂げたことでも知られています。

    ちなみに今のドラえもんは丸くて可愛らしいフォルムをしていますが、初代のドラえもんはずんぐりむっくりの体形で、さらに大好物はどら焼きではなくオモチでした。

    この投稿をInstagramで見る

     

    My doragoods album🌈(@dora_knkch)がシェアした投稿

    今もなお、国民的人気を誇るキャラクター、ドラえもん。これからの映画作品にも期待できます。

    口コミ・感想・評価

    「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそも映画ドラえもん のび太の恐竜2006を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    のび太がかっこいい映画!

    のび太の愛情が素敵

    映画ドラえもんのび太の恐竜2006はドラえもん映画の中でずば抜けて感動します。のび太が恐竜と友情を経てお互いを大切な存在として認め合う姿が非常に感動的です。この作品ではドラえもんの個性的な秘密動画も沢山登場するのでドラえもんファンには堪らない作品です。またスネオやジャイアン、しずかちゃんなどのび太の仲間もたくましくて勇敢です。恐竜の世界と人間の世界という二つの世界の違いと共通点とそれぞれに対して考えさせられる内容になっていて深いです。映画の中ののび太くんは頼りがいがあってたくましい姿に成長していくのでラストシーンに近づけば近づくほど応援したくなります。世界観が素敵な作品なので何度でも見たくなる作品です。
    みんぽん(20代・男性)
    詳細を見てみる

    世代を超えて感動出来るヒューマンドラマ。観る世代によって感動の内容は様々に異なるはずですが、誰もが泣ける、親の立場では必ず子供達に観てほしい作品です。

    色あせない名作:私が小学生の時に観たオリジナルのリメイク作品です。

    のび太くんとドラえもん達がぴーすけと出会い、時空を超えて愛情溢れる友人、或いは家族とも言える関係を築く過程を描いたドラマ作品です。何か忘れかけていた懐かしい思いが去来する作品で、エンディングシーンは想像出来る範囲でありながら、そのエンディングで涙を堪えられない、という映画です。ネタバレになりますが、のび太とぴーすけは引き離される運命にありながら、ずっと一緒にいてほしい、と願わずにはいられませんでした。これから育つ子供たちにとっても、子供と一緒に観るであろう親にとっても、人間社会で忘れがちな大事な何かを思い出させてくれる作品でした。大人目線では、昔の自分はピュアだったのに、今はなぜ、こんな風になったのだろう…と。
    やす(40代・男性)

    あの感動作のリメイク作品。

    絵がなんか気になる。

    のび太の恐竜のリメイク版です。私はのび太がピー助を育てる前半が好きでした。今回ものび太が一生懸命ピー助を育てていてそれなりにおもしろかったです。でも、なんか絵柄が変でした。テレビアニメのほうはそこまで気にならないけど、なんでしょう?それ以上に今風の絵にしているのでしょうか。あと、動きも妙にクネクネしていました。ピー助をのび太が突き放すという展開がありますが、そこの演出も過剰です。あんり大袈裟だとこっちがのれないです。ドラえもんは昔の作品をよくリメイクしていますが、やはり昔の作品の方が面白いなと感じます。今のは、声に芸能人を使ったりするし、今回もピー助の声が変でした。芸能人の声作るとか、やめてほしいと思いました。
    マイ3(30代・女性)

    人間と恐竜の絆、素直に感動する物語です

    新生ドラえもん、固定概念を捨てて楽しもう

    大山のぶ代さんの声で育った世代ですので、新生ドラえもんにはやや否定的な立場で映画を観ました。でも、そんな些細なことは名作の前では不毛でした。オリジナル作品の良いところを活かしたまま、新生ドラえもんの物語になっていました。丁寧な描写や、書き足された映像、もはや言葉なんていらない感動。恥ずかしながら、終盤は涙が止まりませんでした。新しいのび太くん・大原めぐみさんの声が昔のダメダメのび太くんと言うより優しさが際立つ声で、個人的には好きです。「きみがいるから、がんばれる」という、キャッチコピーもこの映画にピッタリですね。のび太くんにとっても、ピー助にとっても。この文章を見ただけで映画を思い出して目頭が熱くなります。
    にししば(40代・女性)

    一番印象に残っている感動作品

    リメイク

    このリメイク前の作品を家族で見ていたのをとても印象に残っています。この映画をずっと兄と一緒に見ていて、まだビデオだった頃何度も再生していました。こんな風にのびたにはドラえもんがいて恐竜にもすぐに会えるし、桃太郎印のきび団子さえあれば恐竜を手なずけることも出来るのかと思うと、夢があっていいなと思いました。あんなに自分で温めて夜も一緒に眠っていたような自分の子供のような恐竜のピー助と最後はさよならをしなきゃいけないと思うと、悲しかっただろうし私でも我慢できないくらいに泣いてしまうだろうなと思いました。ピー助が段々大きくなっていき声が人間みたいに野太くなっていく姿にはリアルを感じましたしすごいなと思いました。
    すず(20代・女性)

    家族で楽しめる作品

    昔も今も変わらず良い

    昔公開されたのび太の恐竜のリメイク作品ということで、少し気になって見てみました。ドラえもんの声が変わってから大人になったということもあり、あまりドラえもんを見る機会がなくなっていましたが、昔見たのび太の恐竜はとても感動し好きな作品だったので、久々にドラえもんを見てみたのですが、前に見た時からだいぶ年月が経っているということもあり、とても新鮮な気持ちで楽しむことができました。声の変化もさほど気になることはなく最後まで違和感を感じることなく見れたので、私のようにドラえもんの声が変わるのをきっかけに見なくなっていた人は久々にドラえもんを見るきっかけにするにも良い作品だと思います。勇気や友情を感じることができるので、お子さんがいる人は親子で見るのが一番だと思います。
    ありー(30代・女性)

    動物愛。ペット飼ってる人はもう号泣だよ。

    のび太くんの涙にもらい泣き。大人になってからあらためて観たい映画

    いつの間にかのび太くんよりも、歳をとってしまったけれども昔のドラえもん映画を見ると子供の頃に感じたものと全然違う見方でのび太をみれます。ダメで出来損ないの、のび太と思ってたけど誰よりも優しく自己犠牲もいとわないいい子なんだわ。ピー助に大好物の刺身を、自分は食べないであげる優しさ、大人になってから見ると自分もこういう時期あったなぁとしみじみ。ピー助を過去に送り届ける時も、子供なりの強がりと優しさを感じて涙。ドラえもん映画は不思議な道具を使って理想の現実にするものだと思ってたけど、本当はどこにでもいそうなのび太みたいな子供が泣きながら苦労して、大人の階段を登る成長していく映画だと思います。ピー助を戦いながら守る姿勢におばちゃん号泣だわ。最後の別れも涙腺が。。。大人になってから是非観て欲しい映画です。
    るりる(30代・女性)

    冒険、友情、感動の3拍子揃ったドラえもん映画の屈指の名作。

    ドラえもん映画の原点にして頂点

    私は大人になってからこの映画を視聴したのですが、感動シーンの連続に何度も泣いてしまいました。ジャイアンの「俺はのび太と歩く!、のび太と一緒にな!」と危険な白亜紀の時代に北米から日本まで歩くと宣言するシーンがあります。悪者のひみつ道具の壊れたのび太たちに、のび太の可愛がっている恐竜の赤ちゃんと引き換えに、現代へ帰してあげようと迫るのですが、危険な冒険をのび太と遂げるという友情を選んだジャイアンにジーンときてしまいました。喧嘩ばかりしているのび太とジャイアンですが、強い絆で結ばれていることがわかる名場面でした。また、のび太が恐竜の赤ちゃんの幸せを願い、あとを追ってくるのを振り切ってお別れするエンディングでは、スキマスイッチのボクノートが流れて感情を揺さぶり、自然に涙が溢れてきます。このシーンはカラオケのPVでも使われているのですが、今でもカラオケでその場面になるたびに泣いて歌えなくなってしまうほどです笑。ドラえもんの映画の中で最も感動する映画だと思います。ドラえもんファンとしては、絶対にみて欲しい映画です!
    やまたく(20代・男性)

    大人も子どもも観れる良作アニメ

    主人公たちの優しさに胸打たれる

    ストーリーが分かりやすいので素直に観られる。のび太たちのやりとり(原作の鼻からスパゲティーをそのまま使ってあって、このご時世に心配になるよね!笑)、ドラちゃんの動きなどツッコミどころも結構あって大人でも楽しい!作画が漫画寄りなのもちょっとオシャレで可愛い。ドラえもんのアニメは子供の観ていたけど、大人になって観ると父母の気持ちの方に感情移入するようになっていて、不思議な感覚。のび太が相変わらず勉強せず、卵を孵化させるのに必死になっている場面は、お父さんは好きなようにさせてやりたい、お母さんは勉強しなさい!と怒っていて、両方の気持ちわかる〜!!!と思わず笑ってしまいます。スネ夫は意地悪なイメージだったけど、ピー助を助ける選択を泣きながら下すシーンがあったり、しずかちゃんは赤ちゃん恐竜を助けるためティラノサウルスの前に飛び出る勇敢なシーンがあったり、各キャラクターの意外な面が見られたり、見せ場があるので楽しく鑑賞できました。
    ドナルド(30代・女性)

    のび太君たちみんなが感動できる素敵な温かい作品です。

    恐竜時代にタイムスリップ

    ピー助が小さい時から見てくれていたのび太と共に他の仲間と帰っていくのが寂しかったです。ドラえもんっていい話でいつも感動させてくれます。のび太君は動物にいつも好かれていてきっとのび太君の暖かくて優しい気持ちって動物には伝わりやすいんだと思います。それをこの映画は動物と共存して楽しく暮らすということを教えてくれたようにも感じました。ピー助を盗もうとしてタイムマシンにまで追いかけていつもドラえもんの映画は盗もうとしてくる悪い奴らがいるのですが、ドラえもんも仲間のことになると一生懸命になってくれるのが良いです。のび太君は良い仲間がいます。ピー助の住んでいる世界は何億年も前のことだと思いますが、そういう時代があったのも見られて楽しく見ることが出来ました。
    ぴー(30代・女性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    あわせて見たいおススメ作品

    ここでは『ドラえもん のび太の恐竜2006』とあわせて、『ドラえもん のび太の恐竜2006』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
    木村昴のおススメ関連作品
    かかずゆみのおススメ関連作品

    これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

    ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

    映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』のまとめ

    「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。 「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

    超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \31日間無料トライアルキャンペーン中/

    ※無料期間中の解約で→0円。

    ※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。