富士フイルムが2月5日に発表したコンパクトデジタルカメラ『FUJIFILM X100V』。

その公式プロモーション動画としてYoutubeにアップされた動画が「気持ち悪い」「不快」「盗撮推奨?」と大炎上しています。

今回は、その大炎上してしまった公式プロモーション動画を確認するとともに、ネットの反応をまとめます。

X100Vの炎上PV動画

こちらが問題となった動画ですね。

富士フイルムが公開した公式プロモーション動画は、各国の有名なカメラマン6名による撮影シーンや作例が紹介されていたようですが、日本からは「ストリートスナップ」というスタイルで高い評価を得ているプロカメラマンの鈴木達朗さんが取り上げられました。

鈴木達朗さんの「生身の人間を撮りたい」という理由から、動画では街中で一般の歩行者などを被写体として撮影している姿が収められており、なかには明らかに撮られることを嫌がっている素振りを見せている方もいたことから、「自分がこんな撮影をされたら嫌だ」、「こんな動画を公式で発表する理由がわからない」と批判が相次ぐ事態となりました。

富士フイルム側はすぐに炎上に気づき、動画を投稿してから数時間で削除しています。

また、公式サイトでは「デジタルカメラ「FUJIFILM X100V」プロモーション動画の配信停止について」というタイトルで謝罪文を掲載しています。

「FUJIFILM X100V」プロモーションサイトにおいて、視聴者の皆さまに不快感を与える動画が掲載されましたことを深くお詫び申し上げます。
本日、当該プロモーション動画の配信を停止いたしました。

頂戴いたしました、多くのご意見・ご指摘を真摯に受け止め、今後このようなことがなきよう努めてまいります。
引き続き、写真の素晴らしさを多くの皆さまに共感をもって受け止めていただけるよう取り組んでまいります。

 

富士フイルムの対応は早かったように思いますが、ネット上ではすでに動画が拡散されており、「気持ち悪い」「不快」「盗撮推奨?」などの声が上がっています。


一方で、 もともと街撮りが好きだった方からは 「街撮りのイメージが悪くなる」といった残念がる声も多数上がっています。


個人的にもカメラが好きで、普段の何気ない日常の風景や、その瞬間をカメラに収めることができる「街撮り」のスタイルに魅力を感じていたので、今回の富士フイルムの公式動画は世間に「街撮り」の印象を悪くした感じがして、残念でなりませんね。

ネットの声