\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「世界の中心で、愛をさけぶ」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「世界の中心で、愛をさけぶ」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「世界の中心で、愛をさけぶ」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『世界の中心で、愛をさけぶ』ってどんな作品?

ベストセラーとなった、片山恭一さんの小説を『GO 』の行定勲監督が実写化し、日本中に“セカチュー”ムーブメントを巻き起こした青春ラブストーリー

主人公である朔太郎と初恋の相手のアキの間に起こった、甘く切ない純愛物語を中核にし、原作にはなかった大人になった朔太郎と婚約者の物語が加わり、異なる時間軸が交差しながら描かれていきます。

そして、成長した朔太郎と婚約者・律子を大沢たかおさん柴咲コウさんが、高校時代の朔太郎とアキを森山未來さん長澤まさみさんが、それぞれ演じています。

そんな本作の見どころは、朔太郎の初恋相手アキとの忘れることのできない恋物語です。

続けたくても続けることのできなかった、大切な2人の限られた時間の尊さと残酷さを教えてくれる素敵な作品となっています。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「世界の中心で、愛をさけぶ」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「世界の中心で、愛をさけぶ」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月30日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「世界の中心で、愛をさけぶ」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『世界の中心で、愛をさけぶ』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

世界の中心で、愛をさけぶの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「世界の中心で、愛をさけぶ」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年7月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpFODプレミアムの4つのサービスで「世界の中心で、愛をさけぶ」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「世界の中心で、愛をさけぶ」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「世界の中心で、愛をさけぶ」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の作品情報

      基本情報

      作品名世界の中心で、愛をさけぶ
      原題
      原作
      制作年2004年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)東宝
      公開年(公開日)2004年5月8日
      上映時間(話数)138分
      公式サイトhttps://web.archive.org/web/20040609163453/http://aiosakebu.yahoo.co.jp/
      公式Twitter
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      映画『世界の中心で、愛をさけぶ』は、2004年5月東宝系にて公開され、「セカチューブーム」として社会現象になった作品です。

      原作は片山恭一さんの青春恋愛小説で、口コミで徐々に話題になっており、女優の柴咲コウさんが雑誌『ダ・ヴィンチ』に投稿した書評が火付け役となって100万部を突破

      その後本作が公開されたことで、相乗効果となり300万部突破し、大ベストセラー作品となりました。

      主人公の初恋の相手であった彼女との忘れたくても忘れることのできない大切な思い出を、現在の婚約者が見つけた1本のカセットテープから、遡り巡っていくストーリー展開となっています。

       

      2003年、朔太郎は律子という女性と婚約をしました。

      そこで、新居へ引っ越すために2人は荷造りをしていると、1っ本のカセットテープを律子が見つけます。

      律子はそのカセットテープに残されたメッセージを聞こうと、カセットテープを聞くためのウォークマンを購入しました。

      そのメッセージを聞いた律子は、涙を流し「探さないでください」と置手紙を残し、何も言わずに朔太郎のもとから姿を消してしまったのです。

      律子の行き先もわからぬまま、TVの台風情報を見ていた朔太郎は、偶然にもそこ律子が移っているのを発見します。

      そして、律子が自分の故郷であ四国の木庭子町に向かっていることに気づいた朔太郎は、律子を追って高松へと向かいました。

      その道すがら、朔太郎は律子の残したカセットテープを聞いてみると、そこからは朔太郎の初恋の相手・亜紀の声が流れてきたのです。

      あれは1986年、同じ学校に通う亜紀は、勉強もスポーツも出来て朔太郎にはまぶしすぎる高嶺の花でした。

      しかし、ある日、朔太郎が獏に乗っていると、亜紀が急に話しかけてきたのです。

      朔太郎は学校には内緒でバイク通学をしていたので、それを先生にチクられてしまうのではないかと考えました。

      しかし亜紀は、朔太郎のバイクの後ろに乗り込んだのです。

      そう、これが朔太郎と亜紀が仲良くなったきっかけだったのでした。

       

      本作は、興行収入85億円観客動員数620万人を記録しており、この年の実写映画No.1になっています。

      また実写邦画歴代興行収入第9位となり、主題歌である平井堅さんの「瞳をとじて」も大ヒットしました。

      さらには、初恋の相手アキを演じた長澤まさみさんの出世作としても知られています。

      そんな本作での見どころは、長澤まさみさん演じる亜紀と森山未來さん演じる朔太郎の思い出の数々と悲しすぎる別れの演技です。

      日本中を涙の渦に巻き込んだ2人の演技は、どれも必見ですよ!

      キャストとスタッフ

      映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 松本朔太郎:大沢たかお
      • 藤村律子:柴咲コウ
      • 広瀬亜紀:長澤まさみ
      • サク・高校時代の朔太郎:森山未來
      • 重蔵:山崎努
      • 大木龍之介:宮藤官九郎
      • ジョニー:津田寛治
      • 松本綾子:木内みどり
      • 高校時代の朔太郎の姉:尾野真千子
      • 高校時代の龍之介:高橋一生
      • 少女時代の律子:菅野莉央
      • 亜紀の父:杉本哲太
      • 亜紀の母:長野里美
      • 少女時代の律子の母:田中美里
      詳細を見てみる

      本作の主人公・松本朔太郎を演じたのは、大沢たかおさんです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      kaho(@kaho5180)がシェアした投稿

      大沢さんは、専修大学在学中にスカウトされモデルとして活動を開始しており、『MEN’S NON-NO』を始めとするファッション誌、パリ・コレクションでも活躍しています。

      その後、1992年に鶴田真由さんと共演した日本石油のテレビCM「レーサー100」が話題となり、俳優に転向。

      ドラマ『君といた夏』で注目を集め、ドラマ『星の金貨』でブレイクをしています。

      そんな大沢さんと言えば、2019年に公開された『キングダム』での王騎役が話題となっていました。

      ちょっと癖の強い大柄な王騎なのですが、大沢さんは体作りもかなりされていたようで、役に近づけるためにかなりムキムキになっていたんですよね。

      スマートで知的な役が多い印象が強かった大沢さんですが、こんな役も出来ちゃうんだ!と驚いたと同時に役者魂を感じさせられました。

      そんな大沢さんが今後またどんな役を演じてくれるのか、今から楽しみで仕方ありません。

      本作の主人公の婚約者・藤村律子を演じたのは、柴咲コウさんです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      柴咲コウ (@ko_shibasaki)がシェアした投稿

      柴咲さんのデビューは、1998年7月4日に放送された番宣番組『倶楽部6』でした。

      その後1999年に放送されていた「ポンズ・ダブルホワイト」CMでの「ファンデーションは使ってません」という台詞で注目されます。

      そこから、映画『バトル・ロワイアル』や『GO』での演技が評価され、数々のテレビドラマや映画に出演しています。

      そんな柴咲さんと言えば、種苗法改正案に対し反対意見を表明したことで、SNSで大きな議論を呼んだことがあったんです。

      ただ、この柴咲さんの発言があってなのかはわかりませんが、ブランド果樹や新品種の苗木などの海外流出を防ぐ「種苗法」改正案について、今国会での成立を見送ったということがありました。

      このことから、柴咲さんが日本の大切な宝である「種苗法」を守ったと多くの声が上がってたんですよね。

      女優さんでありながら、政治に対しても目を向けてる知的で行動力のある発言にとても感銘を受けた出来事でした。

      そんな幅広い視野を持つ柴咲さんの、今後の活躍にも期待しています。

      本作の高校時代の朔太郎・サクを演じたのは、森山未來さんです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      akiko24(@akiko24chan)がシェアした投稿

      森山さんは、15歳の時に舞台『BOYS TIME』で本格デビューしています。

      2003年には、連続ドラマ『WATER BOYS』にメインキャストとして出演しており、これで一気に知名度と人気が高まりました。

      そして2004年に、本作の主人公・松本朔太郎の高校生時代を演じ、映画各賞を受賞しています。

      そんな森山さんは、2020年公開予定の竹葉リサ、エルラン・ヌルムハンベトフ共同監督による日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』にも出演をしているんです。

      森山さんにとって初の海外主演映画となっており、まだ公開は決まっていませんが、今から公開が待ち遠しい作品となってます。

       

      本作のヒロイン・広瀬亜紀を演じたのは、長澤まさみさんです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      charu君(@_19870603___)がシェアした投稿

      長澤さんは、母親やその友人らの勧めで第5回 東宝「シンデレラ」オーディションに応募

      なんと35,153人の中から当時史上最年少の12歳でグランプリに選ばれ、芸能界入りを果たしました。

      また、同年公開の『クロスファイア』で映画デビューしており、その後はティーン雑誌『ピチレモン』の専属モデルとなっています。

      そんな長澤さんは、その後演技が評価され、数々の賞を取っています。

      また本作のヒロイン・亜紀の演技でも高い評価を受け、第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など多くの映画賞を受賞しました。

      そして、2020年7月23日公開『コンフィデンスマンJP -プリンセス編-』でも長澤さんは主演をしており、絶賛上映中となっています。

      こちらでは、イタズラっぽくキュートに笑う頭脳明晰のダー子役をしており、本作より大人になって更に素敵になった長澤さんを見ることができますよ!

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:行定勲
      • 原作:片山恭一
      • 脚本:坂元裕二、伊藤ちひろ、行定勲
      • 製作:本間英行
      • 製作統括:島谷能成、近藤邦勝、安永義郎、亀井修、細野義朗、伊東雄三
      • 撮影:篠田昇
      • 美術:山口修
      • 録音:伊藤裕規
      • 照明:中村裕樹
      • 編集:今井剛
      • 音楽:めいなCo.
      • 主題歌:平井堅
      詳細を見てみる

      本作の監督を務めたのは、行定勲さんです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      《公式》坂本美雨のディアフレンズ(@dearfriends80)がシェアした投稿


      行定監督は、小学校の時に熊本城で黒澤明監督の映画である『影武者』の撮影現場を目にし、映画を作る人になりたいと思ったそうです。

      高等学校を卒業後は、映像系の専門学校へ進み、在学中から制作会社へと入社しています。

      そして岩井俊二監督のテレビドラマの助監督を、林海象監督のインディーズ系映画の助監督等を経て、岩井俊二監督の劇場映画『Love Letter』『スワロウテイル』や、ハル・ハートリー監督の『フラート』等に助監督として参加していました。

      OPEN HOUSE』長編映画初監督を務めた頃から一部業界関係者から注目され始めます。

      その後『ひまわり』劇場公開監督デビューしています。

      また『GO』第25回日本アカデミー賞作品賞最優秀主演男優賞最優秀助演男優賞最優秀助演女優賞という成功をおさめ一躍脚光を浴びました。

      そこから、『世界の中心で、愛をさけぶ』『北の零年』『春の雪』などの監督作品でヒットメーカーとなっていきました。

      そんな行定監督ですが、2020年公開予定だった『劇場』『窮鼠はチーズの夢を見る』が、新型コロナウイルスの流行により公開延期になてしまいまったんです。

      しかし、さすがは名監督、この窮地に作品作りを諦めてはいけないと、伊藤ちひろさんと共同脚本によるリモートでの映画製作に取り組んでいました。

      そして、現在までYouTube Liveにて新作短編映画第1弾『きょうのできごと a day in the home』と、第2弾『いまだったら言える気がする』を製作しています。

      思うように映画館で映画を楽しめない今だからこそ、違った形であっても作品を世に出してくれるというのは嬉しいですよね。

      そして、これからも新たな作品と表現方法を見出してくれるに違いないと、期待してしまいますね!

      口コミ・感想・評価

      「世界の中心で、愛をさけぶ」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも世界の中心で、愛をさけぶを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      とても切ない作品です。ゆっくりした時間の中で観たい作品。

      無意識のうちに涙が流れる。。。

      切なくて、切なくて、涙なしでは見れない映画です。誰しも大人になった時に、昔好きだった人、付き合っていた人を思い出す事があると思います。ただ、その思い出が切なくて悲しい。思いを馳せる大沢たかおさんの表情がまた見る人を引きつけます。高校生役の森山未來さんの必死さ、歯がゆさが胸に響きます。若い二人を見守る両親の心配や愛情。それをきちんとわかっている朔太郎とアキ。主人公達全てが愛に詰まっているからこそ、余計に切ない映画です。自然に囲まれ、一昔前の開襟シャツの制服。さびれた街角、全てがノスタルジックに包まれた世界は、自分自身の若い頃も思い出してしまう映画です。また平井堅さんの歌声メロディーがまた一層世界観とマッチして涙を誘う素敵な映画です。
      yuki(40代・女性)
      詳細を見てみる

      恋人同士で観るオススメ映画

      懐かしい気持ち

      純粋に人を好きになるという感情を思い出させてくれた映画です。この映画を観ていると、自分がまだ学生の頃、けがれがなくピュアで真っ直ぐに人を好きになれていた気持ちを思い出しました。大人になると色々な感情や知識が邪魔をし、純粋に人を好きになるって事が出来ないと思うので、尚更この映画には心を動かされましたね。熱い恋愛がしたい、愛したいし愛されたい。そう思いました。愛情の強さや愛が深いが故に切なさと儚さ、色々な感情が垣間見れ、心が痛いほどでした。見終わった後、自分には何が出来るか自分の周りの大切な人に何をしてあげれるか、そう考えるようになり、後悔しないように周りの人に今自分が出来る精一杯の事をしていこうと思うようになりました。
      龍1121(30代・男性)

      どの年代にも受け入れられる、清純ラブストーリー

      初々しさと切なさが涙を誘う名作

      「世界の中心で、愛をさけぶ」は、小説を原作に映画化された作品です。私は小説を読んだ後に映画を観ましたが、「イメージと違ったら嫌だな」と少し心配でした。ですが、映画を観た後、そんな心配は杞憂だったことが分かりました。主人公達の初々しさ、透明感が見事に映像化されていました。今やベテラン俳優の森山未來と長澤まさみですが、若手だった当時の演技も素晴らしいです。心が通い合った喜び、理不尽な運命に対する悲しみや怒り、自暴自棄になってしまいそうな危うさ等、様々な感情が伝わってきます。そして、病気の彼女を連れ出すものの彼女が倒れてしまうシーン。必死に主人公が助ける名シーンですが、観ていて涙が止まりませんでした。
      Cindy8983(30代・女性)

      小説通りの爽やかで切ない作品

      イメージ通りの配役

      初めて読んだ恋愛小説が映画化されるということでわくわくしながら見た作品でした。主人公の朔太郎を森山未來さんが演じており、イメージ通りの配役だったおかげで小説の世界観を壊すことなくじっくり楽しむことができました。とても素朴で、もの静かで、それでいてあきを懸命に愛する姿が心に残りました。あきを演じるのは長澤まさみさんで、初めてこの映画で知った女優さんでしたが、そのまっすぐな演技にとても心惹かれました。明るくかわいく魅力的なあきそのものだったと思います。そして最も印象に残ったのは朔太郎があきを抱きながら、助けてくださいと空港で叫ぶシーンです。小説と同じように涙が止まりませんでした。高校生たちの爽やかで切なく、悲しい恋を存分に楽しめる作品です。 初めて読んだ恋愛小説が映画化されるということでわくわくしながら見た作品でした。主人公の朔太郎を森山未來さんが演じており、イメージ通りの配役だったおかげで小説の世界観を壊すことなくじっくり楽しむことができました。とても素朴で、もの静かで、それでいてあきを懸命に愛する姿が心に残りました。あきを演じるのは長澤まさみさんで、初めてこの映画で知った女優さんでしたが、そのまっすぐな演技にとても心惹かれました。明るくかわいく魅力的なあきそのものだったと思います。そして最も印象に残ったのは朔太郎があきを抱きながら、助けてくださいと空港で叫ぶシーンです。小説と同じように涙が止まりませんでした。高校生たちの爽やかで切なく、悲しい恋を存分に楽しめる作品です。
      まみ(20代・女性)

      不治の病である亜紀の願いや夢を叶えるため、朔太郎が一生懸命努力する姿や、夢を絶たれた時の二人の絶望感など、自分のことのように夢中になって鑑賞できる映画です。

      人生の後始末

      誰にでも初恋の思い出はあると思いますが、その思い出があまりにも辛くて悲しい体験だと、新しい恋にも躊躇してしまう程の影響があるということを感じました。朔太郎が、学生時代の初恋の思い出を実家で見つけたウォークマンとカセットテープで懐かしむ姿。まるでタイムスリップしたかのように目を閉じると亜紀との当時の思い出が映像のように頭の中で次から次へと流れていく情景。朔太郎が、過去の思い出から立ち直れない葛藤に苦しむ姿。現実と過去を行ったり来たりして、鑑賞する側も映画の中にどんどん吸い込まれてしまいます。また、女性であれば、自分の愛する人と結婚したい、それを叶えたい、でも何故彼がこの結婚に立ち止まっているのか?その真実を自分の目で確かめてみたいという気持ちを朔太郎の婚約者律子が演じているのも、映画に惹きつけられていきます。彼の悲しい過去を理解する姿。二人の新しい人生を進むために、過去の人生の後始末として協力する姿など、お互いを思いやる真実の愛について考えさせられるオススメの映画です。
      みどど(50代・女性)

      話題にたがわぬいろんな人が見やすい感動作

      色彩の対比が美しい作品

      当時非常に話題になっていましたね。ストーリーの概要だけは耳に入ってきていたので、小説で見た方が面白そうだなと思っていたはずなのに先に映画を見る流れになりました。結果としては割と良かったなという印象。現代と当時とが、晴れやかな景色と雨雲に包まれた映像とでわりとわかりやすい対比で描かれているので、映像映えもしていていいなと感じました。正直こういった感動ストーリーはあまり好きな分野ではないのですが、きらびやかな想いでの彼女との記憶の部分の美しさなどはなかなか良かったなと思います。ただ、原作を読んだ後で考えると、主人公のどうしようもない自分に対してのもどかしさなんてものではない強い感情の叫びとしてはあのシーンはちょっと間が抜けていたように感じました。演技自体は素晴らし方のですが、シチュエーションがちょっと。
      mimi(30代・女性)

      涙なしには見れない切ない作品

      長澤まさみさんと森山未來さんが初々しい

      主人公・アキを演じる長澤まさみさんの初々しさ、かわいらしさと儚さがとっても印象に残っています。森山未來さん演じる・サクとのカセットテープでやり取りするボイスメールの声がまたいいです。昔、これを真似しまして友達とやり取りしました。映画の予告で、悲しい結末を知っていたので、映画の中盤から涙が止まりませんでした。空港で意識を失ったアキを抱きしめ、大声で助けを呼ぶサク。誰かを呼びたいと言うだけでなく、神様にアキを助けてと懇願しているようにも見えて、涙がボロボロ出ました。ラスト、広大なオーストラリアで、アキを願いを叶えてあげる二人と平井堅さんの「瞳を閉じて」。今でもこの曲を聞くと反射的に涙が出ます。それくらい印象的な映画でした。
      にししば(40代・女性)

      一途な純愛に感動する作品

      純愛オブ純愛のふたりに泣ける……

      一世を風靡した、セカチュー。この映画はなんと言っても、朔太郎とアキ、まだ幼いふたりの純愛に泣けます。一見元気で明るいけれど、重い病気を抱えているアキ、そしてそれを一生懸命に想う朔太郎。ふたりの幸せな時のシーンなどを見てると、切ない気持ちが溢れてきます。病院を抜け出して、オーストラリアへ連れていこうとするシーンは号泣間違いなしです!病気の子を連れ出して行くなんて……とも思いましたが、この行動も朔太郎がアキを想うが故のことです。弱っている子を連れ出してしまう、判断がどこか甘いのも、彼がまだ子供だから……。でも若さゆえの一途な所にグッときます。もしかしたら、アキに終わりが近い事がわかっていたから、今しかない!絶対に連れて行きたいんだ!と思っていたからなのかな?と深読みすると、尚更その想いに泣けてきちゃいます。切なくて、ちょっと悲しいけれど、見終わった後はなんだか温かい気持ちになれます。
      ばたさん(30代・女性)

      色あせない

      色あせない映画

      ヒロインが大病を発症した、田舎町の恋愛って設定は、当時も古い気がしましたがその映画の本編、恋愛での機微やザ・青春という憧れをささやかに描いてこれからヒロインが死んでしまうというラストを桜が舞ってしまうはかなさのように優しく描いていたように思います。今見ても、綾瀬はるかさんと、山田孝之さんのお二人は現代的な顔立ちで古臭さを感じないのに、どこか田舎の雰囲気もマまとっている、支えてあげたい感じがあるので、今の10代でも栄華が好きな人なら、きっと自然な感覚で見ることが出来る作品の一つのように思います。時間がたっても色あせないこんな映画ってなかなか巡り合うことのできない名作です。時間がその時に引き戻されるような感じだと思います。
      こん(20代・女性)

      トゥーマッチすぎるリア充作品

      リア充なら楽しめます

      リア充向けの映画と言えるでしょう。そしてこんな青春ありますか?と言えるような、まあまあ非現実的な内容です。長澤まさみみたいな子と付き合える時点で非常にハッピーですし、しかも相手のことを大切にしたいということから無人島でもセックスをせずに我慢した、みたいな描写も不自然すぎます。純愛=セックスをしない、ではないので。。海外でのシーンもどこか演出的というか、トゥーマッチです。説明的なシーンが多く、食傷気味になりました。しかもそれを20年以上引きずっているって。さらに柴咲コウという婚約者がいる中でこの状況というのは、忘れられない恋というよりも、ただ煮え切らない人、というイメージしかなく、なぜこんなにヒットしたか不明です。子供向けの映画ですねえ。ただ長澤まさみは可愛いです。
      ギャラガー(30代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『世界の中心で、愛をさけぶ』とあわせて、『世界の中心で、愛をさけぶ』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      森山未來のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のまとめ

      「世界の中心で、愛をさけぶ」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「世界の中心で、愛をさけぶ」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【11月30日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。