\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円

>>無料で今すぐ「映画ドラえもん のび太の日本誕生」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「映画ドラえもん のび太の日本誕生」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「映画ドラえもん のび太の日本誕生」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『ドラえもん のび太の日本誕生』ってどんな作品?

1989年に公開され、第7回ゴールデングロス賞にて優秀銀賞を獲得した、藤子・F・不二雄さん、描き下ろし原作による、長年愛され続けるアニメ「ドラえもん」の劇場版、第10作目です!

7万年前の日本を舞台に、嵐と雷を操る精霊王ギガゾンビに立ち向かっていく、のび太たちの奮闘を描いています。

本作に登場する、アニメでもお馴染みの旧キャラクター達の声を務めるのは、ドラえもん役の大山のぶ代さん、のび太役の小原乃梨子さん、ジャイアン役のたてかべ和也さん、スネ夫役の肝付兼太さんです。

そこにゲストとして、第4作「ゲゲゲの鬼太郎」にて鬼太郎役の松岡洋子さん、「サザエさん」磯野波平役の永井一郎さん、「名探偵コナン」妃英理役の高島雅羅さんなど、豪華大御所声優陣が声を担当しています!

オープニングは、言わずと知れた名曲「ドラえもんのうた」。

エンディングテーマを飾るのは、作詞に武田鉄矢さん、作曲に歌手の堀内孝雄さんが携わり、歌手に西田敏行さんを迎えた「時の旅人」。

7万年前の人の住まない日本を舞台にした今作は、ドラえもんの未来のさまざまな便利道具により、奇想天外ながらどこか心をくすぐる、子供たちだけの楽園を作っていく過程が描かれており、大人ながらに童心に戻れてしまいます。

その中で出会う、ククルという名の謎の少年との時代を超えた友情。

のび太の育てた架空動物の愛らしい仲間たち。

長い歴史の中で愛されてきた、大人も子供も楽しめる、わくわくやドキドキの詰まった素敵な作品です!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「映画ドラえもん のび太の日本誕生」のフル動画を見るならTSUTAYAディスカス/TVがおススメ!

TSUTAYAディスカス/TVでは30日間無料トライアル1100ポイントプレゼント実施中!

本来月額2417円の有料サービスですが、上記キャンペーンを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【12月22日】まで無料!/

『映画ドラえもん のび太の日本誕生』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

映画ドラえもん のび太の日本誕生の動画配信状況

TSUTAYAディスカス/TVを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「映画ドラえもん のび太の日本誕生」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
×
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
×
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年7月時点で、TSUTAYAディスカス/TVAmazonプライムTELASAの3つのサービスで「映画ドラえもん のび太の日本誕生」の無料視聴が可能です。

この中でも30日間無料トライアルキャンペーンがあり、見放題作品数が豊富TSUTAYAディスカス/TVがおススメ。

「TSUTAYAディスカス/TVって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

『TSUTAYAディスカス/TV』のサービス概要や特徴

TSUTAYAディスカスTV公式サイト

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップクラスの30日間無料でお試しできます。

旧作DVDなら制限なしで借り放題、しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付きなので、本来課金が必要な新作も実質0円で見れちゃいます。

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な見放題作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    デメリットとしては、DVDレンタルの場合は配送時間がかかってしまいますが、北海道・九州を除き翌日の配達率が98%以上なので、「今すぐに見たい!」という方以外は問題なさそうです。

    また、30日間の無料期間中は「TSUTAYAディスカス」では新作DVDのレンタルができませんが、「TSUTAYA TV」で配信されていればタダでもらえる1100ポイントを利用して実質0円で見れるので、上手くデメリットが補われている印象ですね。

    いずれにしても、業界トップクラスの30日間の無料期間があり、好きな時に解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

     

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    『TSUTAYAディスカス/TV』で見れる動画コンテンツ

    「映画ドラえもん のび太の日本誕生」以外に、TSUTAYAディスカス/TVで見れる人気の動画コンテンツをご紹介します。

    TSUTAYA人気邦画・ドラマ作品
    • SPEC
    • イタズラなKiss
    • アンナチュラル
    • きみはペット
    • JIN-仁-
    TSUTAYA人気洋画作品
    • ラ・ラ・ランド
    • キングスマン
    • バイオハザード
    • メイズ・ランナー
    • マトリックス
    TSUTAYA人気アニメ作品
    • 鬼滅の刃
    • スラムダンク
    • ドラゴンボール
    • 今日から俺は!!
    • 怪盗グルーのミニオン危機一発

    特に、大人気のジブリ作品は他の動画配信サービスでは配信しておらず、TSUTAYAディスカス/TVでしか見れないのも特徴のひとつ。

    これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、最新の情報はTSUTAYAディスカス/TVで確認してみてください♪

    \人気作品も豊富/

     

    『TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV』の口コミ

    「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    そんな方のために、実際に「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

    豊富な作品が見放題!

    他の動画配信サービスでは新作や話題作しか配信されていなくて、見たい作品や懐かしいアニメが無い…という事がありますが、TSUTAYA TVは旧作が豊富に揃っています。どの年代でも楽しめるので、家族の仲も深まるでしょう。無料お試し期間が30日もあるので、どれほどの魅力が詰まっているのか存分にたしかめる事が出来るのも嬉しいですね。ただ他のVODに比べるとオリジナル作品が無いのでコンテンツとしては物足りなく感じる事もあるかもしれません。
    ゆいぴぴ(20代・女性)
    詳細を見てみる

    動画時代にディスクの良さを

    最近は動画配信されている作品が多く、気軽に映画やドラマを楽しめる様になりました。
    わざわざディスクを借りて見るなんて面倒くさいと考える方もいるかもしれませんが、TSUTAYAディスカスだとかなりお得に新作、準新作を毎月最大8枚、旧作に関しては借り放題と映画好きには堪らない仕様になっている事をご存知ですか?
    流石TSUTAYAというだけあって、ラインナップも豊富。
    動画では味わえない映像特典や趣向が凝らされたメニュー画面も楽めます。
    郵便での配達となるので、その間待ちきれないという方はTSUTAYATVに合わせて加入するのがオススメ。
    毎月、TSUTAYATVとディスカス分のポイントが2000ポイント以上入るので、新作を実質無料で楽しめる他、ドラマのまとめ買いにも使用可能ですので、他のサイトでは有料のドラマも手軽に楽しめます。
    勿論、見放題作品も豊富で、新しめの作品や人気作品多数。
    映画、ドラマ好きな方にはかなりオススメのシステムだと思います。
    月に30本映画を見る私にとっては欠かせない日々の活力となっている事は間違いありません。
    無料お試しもあるので、迷っている方は是非。
    白鷺千聖(40代・女性)

    田舎暮らしの人には便利

    私は田舎暮らしをしていて、近くにCDショップやDVDを販売している店もなく車で時間をかけてお店に行かなくては行けません。またそこも商品が少ないため取り寄せ…。それからレンタルに頼るようになりました。近くにレンタルショップはあるのですが新作を沢山集めてるだけだったり、韓流ドラマのDVDばかりで見たいものも見れず。CDもほとんど取り扱っていなかったので何かいいものはないかとTSUTAYA DISCASを見つけて利用するようになりました。料金は直接借りるより高めですが、商品数も多いですし店に出向かなくていいので田舎暮らしで近くにお店が無いという人には本当にオススメです。
    ひなた(40代・女性)

    見たいものが必ずみつかる!

    韓国ドラマが好きでよく見ています。動画サービスは他にもたくさんありますが、比較的新しいものやヒットしたものはどこにでもあるものの、古いものやマニアックなものがなかなか無いんです。ある俳優さんの初期の作品が見たくて探しまわり、ツタヤディスカスでやっと見つけて見ることが出来ました。ドラマは全部見放題で見れたし、古い映画はレンタルで借りることが出来ました。レンタルもネットで申し込むとすぐに発送され、返却もポストに投函するだけなのでとっても便利でした。今まで見れなかった作品を見ることが出来て、とっても感謝しています。プランも色々あるので選べますし、ポイントもつくので見放題以外の話題の映画もついでに見ちゃいました。30日間無料お試しで、まずは試してみてることをお勧めします。
    ruchia(50代・女性)

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    映画『ドラえもん のび太の日本誕生』の作品情報

    基本情報

    作品名映画ドラえもん のび太の日本誕生
    原題
    原作藤子・F・不二雄
    制作年1989年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)シンエイ動画、東宝
    公開年(公開日)1989年3月11日
    上映時間(話数)100分
    公式サイトhttps://dora-movie.com/film_history/history_10.html
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    1989年に公開され、第7回ゴールデングロス賞にて優秀銀賞を獲得した、藤子・F・不二雄さん、描き下ろし原作による、長年愛され続けるアニメ「ドラえもん」の劇場版、第10作目です!

     

    学校でも家でも叱られっぱなしの、のび太は家出を決意。

    誰にもじゃまされない場所に自分達の楽園を作ろうと考え、のび太は仲間たちを誘いまだ人が住んでいない7万年前の日本へタイムマシンで訪れる。

    ジャイアンは建設大臣、スネ夫は農林大臣、しずかは環境長官、のび太はペット大臣としてさっそく国づくりにとりかかった。

    そこでなに不自由なく生活していたのび太たちは、急に今までの生活が恋しくなり、現代にもどることに。

    帰った矢先、時空乱流に巻き込まれ、現代の日本に流されてきた7万年前の原始少年・ククルに出会う。

    ククルは、中国にある“ヒカリ族”の子どもで、ヒカリ族の人々は凶暴な猿人に近い種族、クラヤミ族に襲われてしまったのだと言う。

    ドラえもんたちはさっそくククルと一緒にヒカリ族を助けに行くことにするのだが――。

     

    脚本と原作は「オバケのQ太郎」、「パーマン」などを手掛けてきた、藤子・F・不二雄さんが執筆。

    監督を務めるのは、「まじめにふまじめ かいけつゾロリ」の総監督を任され、長年ドラえもんの長編映画を担当してきた芝山努さんです。

    2018年、新声優となった「のび太の宝島」が公開されるまで、顧客動員数は本作が一位を記録していたそうです。

    その人気を表すように、公開直前のアニメ「ドラえもん」では、ドラえもん映画公開記念スペシャルとして「ドラミちゃんと日本誕生!」が放送されているほか、公開後には本作の続篇的内容のゲーム「ドラえもん ギガゾンビの逆襲」が発売されました。

    映画のオープニングに入る前に流れる、プロローグシーンのアバンタイトルでは、ククルが登場するのみでドラえもんたちが登場せず、時空乱流に吸い込まれたククルの後に地球の全景が現れ、どこからともなく「ドラえもーん!」とのび太の叫びが聞こえてオープニングに入るという独特な構成になっています。

    本作のエンディングテーマ、「時の旅人」を歌うのは俳優の西田敏行さん。

    作詞には、ドラえもん映画の曲を多く担当してきた俳優の武田鉄矢さん。

    作曲には歌手でアリスのグループに所属する、堀内孝雄さんという豪華メンバーが揃い、どこか懐かしさの感じる、温かいメロディーを歌いあげました。

    この曲は後に、作曲した堀内孝雄さんや作詞した武田鉄矢さんによってそれぞれカバーされ、堀内さんのバージョンはフジテレビ系作品「700年前の約束」のイメージソングとして使用もされました。

    今作は、映画内に登場するドラえもんの道具がとても魅力的で、のび太が作った子供心をくすぐるペガサス、ドラゴン、グリフィンの架空動物や、木に生ったカブを開けたら入っている美味しいそうなご飯、プリンのように洞窟を掘れるスコップなど、こんな道具が欲しかったという、夢のある未来の道具が見どころの一つです。

    そんなドラえもんの様々な道具により、ファンタジーでありながらも、原始時代という設定でリアリティーを生み出した不思議な世界を体感できる、色褪せない名作となっています!

    キャストとスタッフ

    映画『ドラえもん のび太の日本誕生』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • ドラえもん:大山のぶ代
    • のび太:小原乃梨子
    • しずか:野村道子
    • ジャイアン:たてかべ和也
    • スネ夫:肝付兼太
    • パパ:加藤正之
    • ママ:千々松幸子
    • ジャイアンの母:青木和代
    • 先生:田中亮一
    • ククル:松岡洋子
    • コンピューター:三ツ矢雄二
    • マンモス:大宮悌二
    • ツチダマ:高島雅羅
    • ギガゾンビ:永井一郎
    • タイムパトロール隊:橋本晃一
    詳細を見てみる

    ドラえもんの声を務めるのは、大山のぶ代さんです。


    1957「名犬ラッシー」の吹き替えでデビューし、「ハッスルパンチ」にて初主演します。

    その後、「ハリスの旋風」の石田国松や「無敵超人ザンボット3」の神勝平のようにハスキー声でやんちゃな喋り方をする演技が特徴的なキャラクターを演じました。

    代表作「ドラえもん」は1979年4月から2005年3月まで26年間担当。「ドラえもん」降板後は声質の変化もあり、ダンガンロンパシリーズのモノクマや「ゼウシくん」での、みの太などハイテンションで高く張りのある声で演じています。

    野比のび太の声を務めるのは、小原乃梨子さんです。

    「チキチキマシン猛レース」、「未来少年コナン」、「アルプスの少女ハイジ」、「タイムボカンシリーズ」など、多くの人気作品でレギュラーキャラクターを担当しました。

    1979年からは「ドラえもん」で、野比のび太を演じることとなり、高齢化に伴い2005年に全面リニューアルされるまでの約26年間のび太役を務めあげました。

    2007年に、第1回声優アワード功労賞を受賞、2013年には第7回声優アワードで森功至さん、大平透さん、岡本茉利さんと共にシナジー賞を受賞します。

    源静香の声を務めるのは、野村道子さんです。


    アニメの初レギュラーは「ドラ・チュウ助探偵」のチュウ助役

    19764月より山本嘉子さんの後任として「サザエさん」の磯野ワカメの声を担当し、1979年4月には「ドラえもん」のしずかちゃんこと源静香役に抜擢されました。

    この二つの役はいずれも国民的アニメの主要キャラクターであり、野村さんの声が広く知られるようになった作品でもあります。

    2016年に、第十回声優アワードで、千々松幸子さん、中村正さんとともに功労賞を受賞しました。

    剛田武を務めるのは、たてかべ和也さんです。


    どこか憎めないガキ大将的な役を多く担当しており、本人によれば、オーディションではなく、「たてかべには、こういう役が似合う」と推薦で決められたものがほとんどだったと語っています。

    「ドラえもん」ではジャイアンこと剛田武の声を26年間担当しました。

    また、ジャイアンが空き地でたびたび歌っていた「おれはジャイアンさまだ!」の歌詞はたてかべさんが製作したそうです。

    骨川スネ夫を務めるのは、肝付兼太さんです。


    海外ドラマ「地方検事」での暴走族の役がアフレコデビューとなります。

    国産のアニメが登場してからは「0戦はやと」、「ビッグX」、「エイトマン」等に端役で出演するようになるが、30歳直前に肝付さんのマネージャーが、藤子作品のキャスティングを担当することもあり、「オバケのQ太郎」のゴジラ役でアニメのレギュラーを獲得しました。

    肝付さんが、収録時に入れたアドリブにより、見学に来ていた藤子不二雄さんが手を叩いて喜ぶほど気に入り、これ以降、藤子不二雄作品には原作者の指名で役を貰い、必ずと言っていいほど出演するようになったそうです。

    2012年には、第六回声優アワードの功労賞を受賞しました。

    スタッフ

    スタッフ
    • 監督:芝山努
    • 監修:楠部大吉郎
    • 原作・脚本・製作総指揮:藤子・F・不二雄
    • プロデューサー:別紙壮一、山田俊秀、小泉美明、波多野正美
    • 作画監督:富永貞義
    • 撮影監督:斉藤秋男
    • 特殊撮影:三沢勝治
    • 美術監督:沼井信朗
    • 美術設定:川本征平
    • 音楽:菊池俊輔
    • 主題歌:大杉久美子、西田敏行
    詳細を見てみる

    監督を務めるのは、芝山努さんです。


    「アニメーションは演出の勉強になるから」と紹介された、現在は東映アニメーションに名前を変更した、東映動画の採用試験を受けたのがアニメ業界入りのきっかけでした。

    このとき同期入社には宮崎駿さんや林静一さんがいたそうです。

    1966年に現在のシンエイ動画であるAプロダクションへ移籍。

    Aプロシンエイ動画では「ムーミン」「天才バカボン「「ど根性ガエル」「元祖天才バカボン」など数々の名作の作画監督、演出を手がけています。

    「ドラえもん」の映画版大長編では、1983年の第4作から2004年の第25作までの22作で監督を務めあげました。

    2012年に、平成24年度文化庁映画賞(映画功労部門)を受賞しています。

    原作・脚本を担当するのは、藤子・F・不二雄さんです。


    1944年に、後に「藤子不二雄」として合作する安孫子素雄さんと出会います。

    1951年、安孫子さんと共に「毎日小学生新聞」に投稿した「天使の玉ちゃん」が採用され、17歳にして漫画家デビューを果たしました。

    「藤子不二雄」の合作ペンネームでプロ漫画家としての活動を始め、「オバケのQ太郎」、「パーマン」、「ドラえもん」などの国民的な大ヒット作をいくつも生み出しました。

    その後、コンビを解消し、藤子・F・不二雄に改名します。

    川崎市文化賞や、第27回小学館漫画賞の児童部門 、映画特別功労賞のゴールデングロス賞など数ある賞を受賞し、逝去後も藤子・F・不二雄ミュージアムが建設されるなど、多くの人々に愛され続けています。

    口コミ・感想・評価

    「映画ドラえもん のび太の日本誕生」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそも映画ドラえもん のび太の日本誕生を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    のび太たちが日本が始まる前の大陸に行くドラえもん映画

    家出のくだりが好き

    最初の家出のくだりがおもしろいです。そして、結局逃げ場が見つかると、家には帰るっていうのも、真理だなと思いました。でも、ほかの子はいいけど、ドラえもんの家出理由は解決してなかったと思いました。ハムちゃんがいる家に帰っていいんかいって感じです。たしかに、今広い空き地とかないし、のび太たちが昔にいって思う存分遊びたい、土地を使いたいってのもわかるなあと思いました。自分らでペットを交配したり、畑を耕したり楽しそうだったし、大根が料理になるのはワクワクしました。あの大根の種が欲しいです。物語は結構敵が強くてドキドキするものでした。土偶って不気味だなと思うようになったのもこの作品のせいです。ペットたちがあまり活躍しなかったのが、ちょっと残念かなって感じです。
    マイ3(30代・女性)
    詳細を見てみる

    時代背景にあった道具がたくさん出てきます。歴史の勉強にもなります。

    ドラえもんが神様?

    ドラえもんの秘密道具がたくさん出てきて大活躍!メジャーな道具以外にも機能的な物も多くて、ワクワクします。舞台は日本が誕生する前の中国大陸が舞台です。家出したみんなで、自分達の住処として洞窟を掘って家を造りました。この秘密基地みたいなシェアハウスも秘密が隠されていて面白いです。秘密道具を使いながらの時給自足の生活は自由で楽しそう。自分達で作った食べ物は、大根?と思いきや割るとご馳走が出てきます。畑のレストラン。グルメテーブルかけなど他にも道具はありますが、背景にピッタリ合っているし、お楽しみ感があって魅力的です。そんな平和な生活の中にも敵が襲ってきます。原始人のククルと友達になり、みんなで力を合わせて戦うのですが、ドラえもんの道具を見た住民が、ドラえもんを神様だと崇めます。その嬉しそうなドラえもんが可愛くて。この映画では道具が時代背景にも違和感がないデザインの物が多いし、実際に助けているので、神様です。
    はぴまる(30代・女性)

    最後まで目が離せない展開

    まさかの救世主現る

    「史上最大の家出」としてのび太達が向かった先は7万年前の日本。手付かずで広大な自然の中に自分たちの居場所を造り上げて楽しく過ごします。その様子はイキイキとしていて、憧れました。特に、巨大な大根からカツ丼などのご馳走が出てくるシーンは、羨ましかったです。一方その頃原始人の少年ククルは時空の歪みから20世紀にタイムスリップしてしまいました。帰宅したのび太達と出逢い、友情が芽生えます。彼の暮らす集落はギガゾンビという者に支配されていました。家族を助けたいというククルのために、のび太達は再び過去へ向かいます。人々を恐怖に陥れるギガゾンビや側近のツチダマの姿は観ている側がトラウマになるインパクトです。大昔の過酷な自然環境の中でのギガゾンビとの戦いは厳しいものとなります。のび太達はピンチに陥ります。しかし、最後で大どんでん返しが起こります。その瞬間のシーンは気分が高揚しました。ギガゾンビの正体や目的が解ると納得の救世主です。
    やっこ(30代・女性)

    ドラえもんなので誰でも安心して見れると思います。

    のび太君の活躍中

    元々、のび太君一行が家出の為に七万年に移動するというドラえもんならではの展開でしたが、その中で時空乱流という、摩訶不思議な事からククルという、ちょうど七万年前ののび太君達が家出した時代の少年に出会います。そのククルは未知の敵であるギガゾンビと言う敵に追われています。その時にのび太君達が共に戦う事を伝えますが、珍しくスネ夫君もノリノリだったのがびっくりしました。劇場版ではヘタレになるスネ夫君が!と思いました。さて、その中でギガゾンビに迫っていくわけですが、ドラえもん達では太刀打ちできないのが意外な展開だと思いましたが、タイムパトーロールによって事件は解決していきますがその展開は意外なものでした。最後の感動の別れもグッときます。
    迅(30代・男性)

    子供の冒険心をくすぐる感動いっぱいの作品

    個性豊かなキャラクターがいっぱい。

    ドラえもんの道具でのび太達が原始時代にタイムスリップして友好的な原始人民族であるヒカリ族と出会い交流の輪を広げていったり一緒に協力して対抗勢力のクラヤミ族と戦っていったりする作品。もともとのび太達が現代の生活に疲れを感じて太古の世界へ行ってみようという流れになったのがきっかけだがヒカリ族と出会いギガゾンビ率いるクラヤミ族との戦いに成り行きで戦うことになったりとどんどんスケールの大きい流れになっていくのが今作品の面白い所。ぺガ、グリ、ドラコというファンタジー要素いっぱいの動物キャラクターも登場するしツチダマという身体がバラバラになっても元通りに再生できる能力を持つ個性豊かな敵キャラなど登場キャラクターの個性がとても強い作品ですね。
    レビン(40代・男性)

    ギャグあり感動えり楽しい映画です。

    最後の結末はなるほどそうなのか

    みんなで家出の旅に、7万年前の日本へ。のび太の机が羨ましいです。あれで未来も過去も行けるのだから。7万年前だと流石に何もないですね。7年前てこんなんだったのかな。のび太は何も出来ないからペットを作るのですがこれがまた、可愛いです。よく考えましたね。ぺがにぐりにドラコみんな可愛い。畑から作るご飯一度食べてみたいですね。無理だけど。昔の服って何気に可愛い?ターザンみたいな格好てますよね。しずかちゃんよく似合ってますね。可愛いです。ドラえもん相変わらずまるっこい。ちょっと抜けてて面白いですね。一度帰ると男の子が。ククルと言い、どこから来たんだろう?と不思議に思いました。半ばごろ村人達が捕まってしまいハラハラしましたが良かった無事で。観ていて可愛くて楽しいアニメです。私はこの日本誕生が一番好きです。 みんなで家出の旅に、7万年前の日本へ。のび太の机が羨ましいです。あれで未来も過去も行けるのだから。7万年前だと流石に何もないですね。7年前てこんなんだったのかな。のび太は何も出来ないからペットを作るのですがこれがまた、可愛いです。よく考えましたね。ぺがにぐりにドラコみんな可愛い。畑から作るご飯一度食べてみたいですね。無理だけど。昔の服って何気に可愛い?ターザンみたいな格好てますよね。しずかちゃんよく似合ってますね。可愛いです。ドラえもん相変わらずまるっこい。ちょっと抜けてて面白いですね。一度帰ると男の子が。ククルと言い、どこから来たんだろう?と不思議に思いました。半ばごろ村人達が捕まってしまいハラハラしましたが良かった無事で。観ていて可愛くて楽しいアニメです。私はこの日本誕生が一番好きです。
    さと(30代・女性)

    親子でみるなら、絶対これ!

    最後は涙が、、

    全体の感想としては、子供の頃のやりたかったことがたくさん詰まった夢のような映画でした。自分が子供の頃に見た時は、家出したり、自分で動物を作ったり、その動物と冒険したりと次から次に夢が叶っていくストーリーが楽しくて、ワクワクしましたが、大人になって改めて見てみると、子供達が抱く大人への思いとか、動物や人に対する純粋な気持ちが描かれていて、最後には涙がこぼれました。誰かを助けたい、仲間を守りたいという子供ならではの純粋な気持ちだけでなく、子供を心配する親の気持ちも描かれていて、親になってから子供と見ると感情移入してしまって、その部分でも涙がでます。子供を独り立ちさせる瞬間は本当に心細いものですが、子供は子供なりに、色々考えて成長しているのだなと、しみじみ感じた映画でした。
    みーな(30代・女性)

    夢と希望の大地。こんな生活に憧れる。

    大昔の日本

    小さい頃、誰しもが思った家族への不満。思い切って家出をしてみようと思っても行くところ行くところ全て誰かの土地。ここは思い切ってまだ誰のものでもない大昔の日本へ行ってみようということでやって来た日本。大人になっても憧れると思います。誰の物でもない土地で好きなように冒険して疲れたら一休みして、ちょっと畑仕事をしてみたりといろいろな願望が詰まっています。でもそんな大昔の日本にも悪い奴らがいて物語の途中、のび太は氷河の吹雪のど真ん中で皆とはぐれてしまいます。そこで温かいスープが飲みたいと渇望します。すると本当に温かそうなスープが出てきてそれは本物なのか幻なのか?見ているこっちもちょっと温かいスープが飲みたくなってしまします。最初は皆の願望が詰まったお話になっていますが友情あり戦いあり別れがあり、そして成長ありの作品となっているので大人でも見応えがある作品になっています。
    すもも(30代・女性)

    子どもも大人もワクワク、感動できる映画

    大人が見ても感動!

    4歳の娘が見たいと言うので、見に行きました。結果、子どもよりも自分が感動(笑)25年ぶりくらいにドラえもんを映画館で見ましたが、子どもはもちろん、大人が見てもとても心動かされる、ドキドキとワクワク、そして感動的な内容となっています。今回はドラえもん50周年ということで、タイトルは「新恐竜」です。多分30代〜40代くらいの方は聞き覚えがあるかと思いますが、ドラえもんの映画第一作が恐竜ものなんですよね。そして、今回は「新恐竜」。もちろん脚本は当時と今回で全く異なるのですが、どこか懐かしく、また当時の展開を彷彿とさせるような演出も多々あったりして、とても楽しく、懐かしく鑑賞しました。特にCMとかでも出ている恐竜がめちゃくちゃ可愛いです!飼いたい(笑)ドラえもんの映画ならではの友情やのび太の成長、感動が随所に見られるので、興味ある方は見て損はない内容だと思います。
    tanpopooka(30代・男性)

    動物たちとの絆に大人でも感動できる作品

    動物愛に感動

    ドラえもんの劇場版といえば仲間との友情・絆が強く描かれ感動する作品が多いですが、本作品はのび太がドラえもんの道具で作り出した動物との絆に感動します。笑い合い、時にはすれ違いながらも動物たちと共に悪に立ち向かうのび太たちの姿に心打たれます。また、舞台は7万年前の日本ということで自然以外に何もないところから、のび太たちが過ごす家を自分たちで作ったり、畑で作物を育てたりと、一から自分たちの世界を作り上げるというワクワク感を感じます。子供の頃に基地を作ったり川で魚釣りをしたことを思い出します。物語の始まりはのび太たちの家出から始まりますが、どこの土地にも物語があることや、昔の日本は気温が低かったことなど、子供たちの勉強にもなるので感心します。
    まっち(30代・男性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    あわせて見たいおススメ作品

    ここでは『ドラえもん のび太の日本誕生』とあわせて、『ドラえもん のび太の日本誕生』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
    小原乃梨子のおススメ関連作品
    たてかべ和也のおススメ関連作品
    肝付兼太のおススメ関連作品
    人気のおススメ関連作品

    これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

    ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪