\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『劇場版 機動戦士ガンダムⅡ哀・戦士編(作品名)』ってどんな作品?

「機動戦士ガンダムシリーズ」劇場用三部作の第二弾として制作された「起動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」は、1981年に上映され興行収入13億8000万円を突破した大人気アニメーション映画です。

地球に辿り着けば解放されると信じていたアムロたち少年兵の願いも虚しく、彼らは地球連邦軍本部ジャブローへとそのまま向かわされてしまいます。

航行中の激しい戦いで多くの犠牲者を出し、アムロたちは深い悲しみに沈むのですが…。

キャラクターデザイン兼アニメーション監督を安彦義和さんが、総監督を富野由悠季さんが務めます。

仲間や敵の死を通し、アムロたち少年兵の成長を描く感動の青春アニメーション作品「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」をどうぞお見逃しなく!!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【1月4日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年9月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpTELASAの4つのサービスで「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編)』の作品情報

      基本情報

      作品名劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編
      原題
      原作矢立肇、富野喜幸
      制作年1981年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)松竹
      公開年(公開日)1981年
      上映時間(話数)134分
      公式サイトhttp://www.gundam.jp/movie/index.html
      公式Twitterhttps://twitter.com/gundam_bd
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      「起動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」は、「ガンダムシリーズ」の劇場用三部作の第二弾として制作された、重要な見どころ満載の作品です。

      1981年に上映され興行収入13億8000万円を記録しました。

      人型兵器(モビルスーツ)”ガンダム”の優秀な操縦士アムロは、仲間と共に地球連邦軍本部ジャブローへと向かうことになります。

      航行中の激しい戦いで多くの犠牲者を出し、アムロたち乗組員は深い悲しみに沈みますが…。

      自分の意志とは関係なく戦いに利用されるアムロたち少年兵の成長を描く、感動の青春アニメーション作品「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」をどうぞお楽しみ下さい。

       

      ジオン公国の独立宣言を機に勃発した”一年戦争”は終わりが見えず、激さを増すばかりでした。

      ジオン公国を支配するザビ家のガルマ・ザビの国葬で、ギレン・ザビはジオン国民に総決起と地球連邦打倒を呼び掛けます。

      左遷されたシャア・アズナブル(声:池田秀一さん)に代わって連邦軍戦艦ホワイトベース討伐を命じられたランバ・ラル(声:広瀬正志さん)は、妻ハモン(声:中谷ゆみさん)や部下たちの生活の為に任務を渋々引き受けるのでした。

      地球連邦軍の将軍レビル大将(声:村松康雄さん)は、ジオンに反撃するために「オデッサ作戦」という大規模な軍事作戦準備を進めていました。

      ランバ・ラル隊は砂漠地帯でホワイトベースを襲撃しますが、逆に撃退され捕虜にされてしまいます。

      アムロ・レイ(声:古谷徹さん)は人型兵器(モビルスーツ)”ガンダム”の優秀な操縦士として着々と腕を上げていました。

      しかしホワイトベース艦長ブライト・ノア(声:鈴置洋孝さん)の命令を無視し、独断で行動するようになります。

      そんなアムロを見かねたブライトは、彼にガンダムの操縦を控えさせようと考えます。

      ブライトの考えを知ったアムロはホワイトベースから脱走し、砂漠の街に辿り着きます。

      そこで偶然にもランバ・ラル部隊に遭遇します。

      ホワイトベースの居場所を突き止めたランバ・ラル隊が襲撃に向かおうとしていることを知ったアムロは、ガンダムを操縦し阻止しようとします。

      何とかランバ・ラル部隊の襲撃を止めることに成功したアムロはホワイトベースに戻りますが、軍規違反で罰されて独房に収監されてしまうのでした。

      隊長のランバ・ラルは反撃の為ホワイトベースに潜入しますが、司令官マ・クベからモビルスーツの着用を認められず、非常に危険な状態でした。

      彼はそこで”ジオン建国の父”と呼ばれるジオン・ズム・ダンクンを父に持つ少女セイラ(声:井上瑶さん)に出会います。

      ランバ・ラルの父はジオン・ズム・ダンクンの部下だったという縁もあり、親しみを感じつつ共に戦います。

      しかしモビールスーツの着用が許されない危険な状態での戦いに勝ち目はなく、ランバ・ラルは自ら手榴弾を抱え爆死するという壮絶な最後を遂げるのでした。

      敵でありながらもかすかに憧れの念を抱いていたランバ・ラルの死に、アムロは衝撃を受けます。

      ジオン地球部隊の司令官マ・クベは新型機”ドム”を操るエースパイロット部隊をホワイトベースに向かわせランバ・ラルの仇を討たせようとします。

      しかしホワイトベースから脱出することは叶わず、地球連邦軍が勝利しました。

      マ・クベは危機を感じ、即座に地球から脱出します。

      しかしこの戦いのせいでアムロの憧れの女性マチルダ(声:戸田恵子さん)やホワイトベースクルーのリュウ・ホセイ(声:飯塚昭三さん)たちが命を失いました。

      マチルダや仲間を失ったアムロたち少年兵は、深い悲しみに沈みます。

      戦いに嫌気がさしていたカイ・シデン(声:古川登志夫さん)は、連邦軍を辞めようと考えていました。

      そんな中カイは、ミハル(声:間嶋里美さん)という女性と出会います。

      実はミハルはジオン軍のスパイで、復権していたシャアに依頼されホワイトベースを調査していたのでした。

      何も知らないカイはミハルの家に招かれます。

      そこで、彼女が貧しい戦災孤児だったこと、幼い兄弟たちを養うために仕方なくスパイの仕事をしていることに気が付くのでした。

      その後ミハルは新しい任務を任されホワイトベースに潜入します。

      そこでホワイトベースの目的地が連邦軍本部のジャブローであることを知ります。

      ミハルの報告により、ジオン軍が再び攻撃を仕掛けてきました。

      ホワイトベースに戻っていたカイも戦いに参戦します。

      カイに出会ったことで自らのスパイ行為を恥じるようになっていたミハルは、ジオン軍を裏切り自らの命と引き換えにカイを助けるのでした…。

      ミハルの死に深く打ちのめされたカイは、もうこれ以上彼女のような犠牲者を出さないためにも戦いを終わらせようと決心するのですが…。

       

      多くの犠牲者を出してしまった激しい戦いでしたが、まだまだ終わる気配はありません。

      敵であるランバ・ラルの壮絶な死を目の当たりにしたり、憧れの女性マチルダや仲間を失いアムロはどう立ち直っていくのでしょうか

      まだまだ少年であるアムロの人間としての成長から目が離せません

      復権したシャアが今後しぶとく反撃してくるのは目に見えていますが、これ以上犠牲者を出さない為にも一日も早く戦いが終わると良いですね…。

      大人気アニメーション映画「機動戦士ガンダム」シリーズの第二弾にあたる本作には、見逃せない重要なシーンが数多く存在しています

      それぞれの理由で否応なしに戦いを強いられる人々の悲しい運命と生き様を描く「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」は、時空は違えど考えさせられることが多い名作です。

      前作に引き続き、どうぞ最後までじっくりとご堪能下さい!

      キャストとスタッフ

      映画『劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編)』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • アムロ・レイ:古谷徹
      • ブライト・ノア:鈴置洋孝
      • リュウ・ホセイ:飯塚昭三
      • カイ・シデン:古川登志夫
      • ハヤト・コバヤシ:鈴木清信
      • ミライ・ヤシマ:白石冬美
      • セイラ・マス:井上瑤
      • フラウ・ボゥ:鵜飼るみ子
      • ミハル・ラトキエ:間嶋里美
      • マチルダ・アジャン:戸田恵子
      • ウッディ・マルデン:岡部政明
      • レビル:村松康雄
      • エルラン:仲木隆司
      • ランバ・ラル:広瀬正志
      • クラウレ・ハモン:中谷ゆみ
      • マ・クベ:塩沢兼人
      • クランプ:二又一成
      • フラナガン・ブーン:蟹江栄司
      • コズン・グラハム:兼本新吾
      • ガイア:徳丸完
      • ウラガン:佐藤正治
      • パイロット:笹岡繁蔵
      • スレッガー・ロウ:井上真樹夫
      • セキ:藤本譲
      • 文官:丸山詠二
      • 育児官:近藤多佳子
      • ゴップ:細井重之
      • ボラスキニフ:池田勝
      • コノリー:沢りつお
      • ステッチ:稲葉実
      • ラサ:戸谷公次
      • マーカー・クラン:船木浩行
      • オスカ・ダブリン:酒井克也
      • オムル・ハング:村田光広
      • ジョブ・ジョン:三輪禎大
      • 士官A:大矢兼臣
      • 士官B:山田俊司
      • ナレーター:永井一郎

      スタッフ

      スタッフ
      • 総監督:富野喜幸
      • 監督:藤原良二
      • 製作:岸本吉功
      • 企画:山浦栄二、 伊藤昌典
      • プロデューサー:渋江靖夫、 岩崎正美
      • 原作:矢立肇、 富野喜幸
      • 脚本:星山博之、 荒木芳久、 山本優 、松崎健一
      • キャラクターデザイン:安彦良和
      • メカニカルデザイン:大河原邦男
      • アニメーションディレクター:安彦良和
      • アートディレクター:中村光毅
      • オーディオディレクター:浦上靖夫
      • アニメーター:青鉢芳信 、伊東誠、 兵頭敬、 吉永尚之 、板野一郎、 中村清 、前島和子 、服部あゆみ、 石垣真弓、 浜津守 、戸川俊信、 茨田佳子、 吉橋節、 藤岡正宣 、君島直美、 竹ノ内節子 、徳倉美枝、 真野鈴子、 輿水好子 、福井享子、 村田桃子、 ささきとしこ、 田中健一 、小池あゆみ、 吉浜久美子
      • 色指定:満江敬雄
      • 特殊効果:土井通明
      • 撮影:三沢勝治 、斉藤秋男 、平田隆文
      • 編集:鶴渕友彰 、片石文栄
      • 効果:松田昭彦
      • 調整:中戸川次男
      • 音楽:渡辺岳夫、 松山祐士
      • 主題歌:井上大輔
      • 制作進行:西河稔 、渡辺努
      • プロデューサー補:植田益朗、 吉井孝幸
      • フロアーディレクター:関田修
      • 演出協力:藤原良二 、貞光紳也 、又野弘

       

      口コミ・感想・評価

      「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      テンポが良い作品。子供から大人までオススメ

      マチルダさんが…

      序盤はホワイトベース対ランバラル隊の戦いがメインです、この途中でアムロがホワイトベースを抜け出します。この時流れる音楽[風にひとりで]がこの場面にとてもあってると思います。アムロが戻りランバラルを倒しますが、この時の戦いはなかなか熱いです。この後は黒い三連星と戦います。テレビ版では2回に分けて戦いますが、映画版では1回で決着します。個人的にはテンポが良くなったので良いのではと思います。その後今度はカイがホワイトベースを抜けだし、戻ってズゴックを倒しますが、テレビ版でのガンダムとゴッグの戦いは無くなってます。この辺りもテンポを良くしてて良いと思います。最後はジャブローでシャアのズゴックと戦います。これも1度で決着しますが、テンポが良くなってて良いと思います。劇場版3部作の中で1番アムロが成長した作品だと思います。
      のさ(40代・男性)
      詳細を見てみる

      戦い続けることの難しさを伝えていました。アムロの失跡、カイの下船は少年の悩みや苦しみの典型だと思います。

      哀・戦士編で命を落とした戦士たち。

      「哀・戦士編」の中で忘れられない登場人物はランバ・ラルです。アムロに深い影響を与えたジオン軍兵士です。ハモンという大変美しい妻もいます。ランバ・ラルは幼い頃のセイラを知っており、白兵戦をしかけたホワイトベースの中で偶然鉢合わせ、一瞬油断します。そしてそのせいで、痛手を負い死を決意した彼は「ランバ・ラル、戦いの中で戦いを忘れた」とハモンに言い残し、手榴弾で、自決します。ガンダムの手のひらで彼を受け止めたアムロは彼の死に様に、改めて戦争の残酷さを噛みしめるのです。見た目はおじさんなのですが、とにかく潔くてカッコいいランバ・ラルはガンダムファンのなかでも人気があります。今、ガソリンスタンドのエネオスで「エネキー作って給油の時短しよう」とガンダムの登場人物が語りかけてくる映像が流れています。アムロでもシャアでも心は動きませんでしたが、ランバ・ラルが語りかけてきた時は速攻でエネキーを作ってしまいました。さすがに説得力あります。「哀・戦士編」ではもう一人気になることがあります。ジオン軍のスパイとしてホワイトベースに乗り込み命を落としたミハルの幼い弟、妹たちのその後です。両親もなく、どうやって生きていったんだろう?と。アムロの初恋の人マチルダさんも、そしてブライト艦長より人望があったリュウも散って行きました。やはり、戦争は悲しいです。
      めるる(50代・女性)

      戦闘ロボットアニメとしては物足りないかもしれないが、この作品がないと、ガンダムの奥深さを知ることはできない。

      今後のシリーズにも登場するアムロの成長劇

      男なら知らない人はいないほどの人気作品「機動戦士ガンダム」の劇場版です。一番最初のガンダムを3部作に分けた総集編の第2弾です。今作品では、主に、主人公のアムロが精神的に成長していく姿が描かれています。アムロはこの作品以外でも様々な作品に登場しますので、ここで培われた基礎(背景や考え方)が今後の作品のセリフ、行動に反映されていきます。モビルスーツでドンパチが永遠続くというよりも、人間ドラマが繰り広げられますので、ガンダム=戦闘モノと考えている人には、少し物足りないかもしれません。この作品は、Ⅱというだけあって、この前のⅠでの導入、Ⅲのエンディングへ向けての展開へのつなぎですので、この作品だけ見てもガンダムの奥深さを感じることはできないかもしれません。ぜひ、3部作を一気に視聴することをオススメします。
      ZERORO(40代・男性)

      アムロ激闘編

      出会いと別れ、哀しい戦士たちの物語

      宇宙世紀0079。一年戦争の勃発から総人口の半数を失って既に9カ月が過ぎた泥沼の戦場。地球連邦軍はジオンに対してヨーロッパでの一大反抗作戦「オデッサデー」決起する。WBに執拗な攻撃を加えるランバ・ラルにハモン、そして黒い三連星たちの戦いに勝利するも、アムロたちもリュウ、マチルダと多大な犠牲を払ってしまう。何とか大西洋を渡り連邦本部ジャブローに辿り着いたWBだったが、ジオンの総攻撃がジャブローを襲う。アムロは混乱の中、一撃でGMを破壊する赤いMSを目撃する。「奴だ、間違いない」シャアの復活に戦慄するアムロだった。この時期は幾多の強敵と戦いながら経験値を上げていくアムロが印象的。一作目では終始シャアに押され気味だったがクライマックスではシャアと互角に渡り合うなど、小気味よい戦闘テンポが心地いい。劇場三部作の中では一番MSの種類が多く登場し、新たにコアブースターが登場するなどメカファン必見。ラルの自爆シーンではガンダムの顔にある「へ」の字の本数が三本だったのはご愛敬ということで。
      MatyuyaQ(50代・男性)

      人の可能性

      人類の新たな能力

      2作目ににして新たな概念のニュータイプという言葉がこの映画の中で登場してきます。ガンダムを見ている人たちにとっては馴染みの言葉となっていますが、そもそもこの概念は素人である少年が何故、軍の兵器を初めてでありながら操縦できたのかという疑問を一言で解決させるために生まれた設定だと思います。超人的な能力で初めてでも兵器の仕組みを一瞬にして理解して操ることの出来る能力と言う事が始まりだったと思います。この、ニュータイプという概念のおかけで物語の幅が広がって行って、後付けの設定ではあると思いますが、意志だけで他の人と誤解なく分かり合える能力として物語の基本的な骨格になって行ったと思います。このエスパーのような能力ですが、SF作品でありながらもファンタジーの要素を加える事の出来た設定だと思いました。
      ブレンドン(30代・男性)

      主人公アムロ・レイの男としてニュータイプとして戦士としての成長と葛藤。多くの悲しい死を背負って戦うことへの決意と戦争の恐怖。そして、舞台は再び宇宙へ。

      一年戦争地球編

      地球に降り立ったホワイトベースを襲うランバラル隊から始まり、ジャブロー攻防までを描いたファーストガンダム1年戦争の中編。ランバラルから学ぶ男としての生きざま。そのラルを思い特攻するハモン。それを身を投げて助けるリュウ。黒い三連星との壮絶な戦いとマチルダさんの死。多くの死を背負って男として成長していくアムロレイ。ジャブローでの激闘は、その成長を宿敵シャア・アズナブルに見せる機会となり闘いは過熱する。個人的には、ジャブローについたカツ・レツ・キッカが保護観察という安全に施設に隔離されるよりホワイトベースのクルーとして乗船する決意を示したシーン。大人になるにつれてそのシーンの重みを感じ、ワッケイン司令官の言葉が胸に刺さります。また、ミハルのけなげなシーンも好きでテレビ版を切り抜いた作品ですが。タイトルの哀・戦士はぴったりとはまります。当然、めぐりあい宇宙も続けてみたくなります。
      ふぁびお(40代・男性)

      再編集で改めてシリーズ中盤のターニングポイントを再確認できた作品

      アムロの成長が見られ始めるターニングポイント

      1981年に公開されたガンダムシリーズの劇場版としては2作目で所謂ファーストと呼ばれる「機動戦士ガンダム」の中盤戦にあたる16話~31話の内容を再編集したものになっています。名キャラクター・ランバ・ラルとの対決とその散り際やリュウやマチルダといった仲間の戦死、カイとミハルの悲しい別れなど、胸を打つエピソードが 怒涛の如く展開され、時期的にも激化する戦争の中でアムロが次第に成長を見せ、ニュータイプとしての開花が始まりかけるなど、ターニングポイント的としても見逃せない内容となっています。また、時期的にもジャブロー戦でモビルスーツ戦に関しても賑やかな勢いになっている状況で、逆にズゴッグのシャア専用は瞬殺ぶりが逆に意表を突かれると思います。
      Shinya0544(30代・男性)

      若いひとたちはストレートに、中高年以上のひとたちは自らの年齢的クライシスと向き合いつつ、それでも誰もがそれぞれに愉しめる作品。

      劇場版三部作の十字路に当たる作品で、出会いあり、別れありのまさに哀・戦士

      まさに哀・戦士。劇場版第一作で登場した人々も、初めて本作で出会えた人々も、様々な人々との別れが数多あります。そして生き残った人々はヒトの革新たるニュータイプとして、第三作、『めぐりあい宇宙』編へ。『月刊OUT』という雑誌に掲載されたパロディ・ポスターで、本作のキャラクターたちを『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』のキャラクターたちに置き換えたイラストがあったのですけど、確かに本作、独立した作品としても、シリーズ全体での位置づけから観ても、スター・ウォーズ・サーガにおける『帝国』の位置と非常によく似た位置にあります。まずモビルスーツなどのメカ的ガジェットでの掴みがあり、離れ離れになったプリンス/プリンセスの苦難という王道のドラマがあり、宇宙世紀に適応したヒトの革新=ニュータイプ、またはフォースを操るジェダイの騎士といったやや観念的な価値を体現した超人たちの決勝戦を経た上で、新たなる希望が提示される第三作へと繋がっていきます。意地の悪い見方をしてしまうと、非ニュータイプ、非ジェダイたちの予選敗退が描かれているわけで、ド派手な戦闘シーンが続く割りに、やはり“哀”しい作品なのです。
      mao9112(50代・男性)

      戦争を経験して成長していく青年たち

      戦争のリアルさを描いている。

      ガンダムの中でも、一番人との交流を含め、アムロたちのホワイトベースの乗組員の成長を描いている作品になります。地球に降り立ったホワイトベースだったが、意見のもつれからアムロが母親に会うシーンは、戦争がなければ平穏な再開であるはずが、結局別れなければならなくなり、リアル感があって何だか切なくなりました。ランバ・ラル隊との戦いでも敗れたラルの後を追うようにハモンも戦死と、かなり心に突き刺さりました。一番辛かったのは、カイと出撃したミハルが幼い兄弟を残しての戦死となったのは、印象深い部分です。他にも、マチルダやリュウ、ウッディといった連邦軍側も戦死者が多く描かれ、アニメながらに戦争のリアルさを表現している名作だと感じてます。
      さる(40代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編)』とあわせて、『劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編)』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      飯塚昭三のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編)』のまとめ

      「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【1月4日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。